2020年第34回G3フラワーカップの予想 注目出走馬の分析

重賞レースの注目馬分析

2020年フラワーカップの注目馬を分析!

フラワーカップの特徴

第2回中山7日目に行われる3歳牝馬限定の芝1800mG3別定戦。桜花賞のトライアルレースではありませんが、ここで賞金を加算して桜花賞、或いはオークスを目指す馬が多く出走してきます。

また後のG1勝馬も多く、過去にはここを制したダンスインザムードとキストゥヘブンが桜花賞を、スマイルトゥモローやシーザリオがオークスを優勝しているなど、格はG3ですが出世レースとして非常にレベルの高い一戦です。

フラワーカップのレース&コースの攻略法

コーナーがきつく小回りの中山1800mコースは基本的に逃げ・先行が有利ですが、開催が進んでいるため内ラチぞいがやや荒れ始めています。1、2枠に入ると馬場が悪化した内ラチを通されるので道中スタミナをロスし、勝てる可能性が低くなります。

そのため逃げ、先行で雪崩れ込むにはスピードだけではなくパワーも必要。過去のレースの時計もかなりかかっています。また逃げ、先行同士で決まることは少なく、差し馬が1頭は絡んできます。ただし10番手以降から差し切れるほど甘くなく、それなりに前で運べる脚が必要です。

2020年フラワーカップ出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 エンジョイ トーセンファントム 牝3 横山和生 エスティファーム
田村康仁 (美浦) キングカメハメハ 54kg 島川隆哉
2 2 トリンカデイラ   Lope de Vega 牝3 坂井瑠星 Diomed Bloodstock Ltd
鮫島一歩 (栗東) Inchinor 54kg ゴドルフィン
3 3 チェスナットドレス ディープスカイ 牝3 石橋脩 辻牧場
西村真幸 (栗東) スピニングワールド 54kg 東海林貴大
3 4 アミークス   オルフェーブル 牝3 岩田康誠 スリーエイチレーシング
栗田徹 (美浦) Wildcat Heir 54kg ノーザンファーム
4 5 ナリノクリスティー トゥザワールド 牝3 石川裕紀人 ノーザンファーム
上原博之 (美浦) ブライアンズタイム 54kg 成塚清志
4 6 キングスタイル ディープインパクト 牝3 三浦皇成 藤原牧場
矢作芳人 (栗東) タイキシャトル 54kg 廣崎利洋HD
5 7 ショウナンハレルヤ キズナ 牝3 田辺裕信 森永聡
矢野英一 (美浦) クロフネ 54kg 国本哲秀
5 8 フラワリングナイト エピファネイア 牝3 M.デムーロ ノーザンファーム
金成貴史 (美浦) フジキセキ 54kg レッドマジック
6 9 ミアマンテ キングカメハメハ 牝3 丸山元気 ノーザンファーム
木村哲也 (美浦) Pulpit 54kg 吉田勝己
6 10 ポレンティア ハーツクライ 牝3 池添謙一 白老ファーム
田中博康 (美浦) Orpen 54kg シルクレーシング
7 11 クリスティ キズナ 牝3 吉田隼人 薪浦英稔
杉山晴紀 (栗東) クロフネ 54kg 荻伏三好ファーム
7 12 シーズンズギフト  エピファネイア 牝3 横山典弘 ノーザンファーム
黒岩陽一 (美浦) ゼンノロブロイ 54kg キャロットファーム
8 13 アブレイズ キズナ 牝3 藤井勘一郎 ノースヒルズ
池江泰寿 (栗東) ジャングルポケット 54kg 前田幸貴
8 14 レッドルレーヴ キングカメハメハ 牝3 L.ヒューイットソン ノーザンファーム
藤沢和雄(美浦) ディープインパクト 54kg 東京ホースレーシング

 

勝ち馬予想に役立つ!フラワーカップの注目馬分析

シーズンズギフト

エピファネイア シンボリクエスエス Kris S.
Tee Kay
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール
シーズンズベスト ゼンノロブロイ サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
シーズアン Zieten
Sunset Cafe

 

シーズンズギフトの父は菊花賞、ジャパンカップとG1を2勝したエピファネイア。父はG1を4勝したシンボリクエスエス、母は日米オークス馬のシーザリオと超良血で、エピファネイア自身も皐月賞、ダービーとも0.1秒差で2着しており非常にポテンシャルが高い馬でした。

シーズンズギフトの母の父に2004年の古馬秋の三冠を制し、その年の年度代表馬になったゼンノロブロイが入っています。ゼンノロブロイの父はサンデーサイレンスなので、シーズンズギフトはサンデーサイレンスのクロスを持っています。

牝馬にもかかわらず新馬戦で芝2000m、次走の中山芝1800mを共に上がり34.7で連勝しているように非常に能力が高い馬。血統から見ても桜花賞では忙しく、馬体はエピファネイアよりもその母のシーザリオに近いので、いかにもオークス向き。

ノーザンファーム生産馬で、その提携クラブであるキャロットファームの所属馬。シーズンズギフトの過去2戦の時計は平凡でも、一度このレースと同じ舞台で勝っている分だけ他馬よりアドバンテージがあります。

ミアマンテ

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ミスエーニョ Pulpit Madcap Escapade
Preach
Madcap Escapade ヘネシー
Sassy Pants

 

ミアマンテは420kg前後と非常に小柄な馬体ですが、昨年の中山、東京の1600mを新馬戦、1勝クラスと連勝。しかも重、不良と時計が掛かる馬場で共に上がり35.1の脚を使っているように非凡なパワーを備えています。

ミアマンテの父はキングカメハメハなのでパワーがあることは間違いありません。また母の父に入っているプルピットの父エーピーインディはアメリカの三冠馬・シアトルスルーとセクレタリアトを掛け合わせた生まれた馬で、BCクラシックをはじめG1を4勝した大種牡馬です。

プルピット自身にG1勝はありませんが種牡馬としてエーピーインディの能力を産駒に伝え、パワーが必要なダートを中心に米国でステークスウィナーや後継種牡馬を輩出しています。

ミアマンテの場合、3か月休養に当てたことでどこまで成長しているかがカギ。ノーザンファーム生産で、その代表である吉田勝己の所有馬なので重賞勝ちで箔を付け繁殖に上げたいところでしょうか。小柄で人気が落ち、当日雨で馬場が荒れれば買いでしょう。

レッドルレーヴ

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ラストグルーヴ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール

 

レッドルレーヴの父はNHKマイルカップ、ダービーを制したキングカメハメハ、母の父もダービーを制したディープインパクト。租祖母ダイナカール、祖母は共にオークスを制した活躍馬という、東京の2400mを走ってくれと言わんばかりの夢の良血です。

レッドルレーヴ全兄に昨年度のG3京成杯2着、G2青葉賞優勝のランフォザローゼスがいるので、この馬も重賞制覇の期待がかかります。

母のラストグルーブは父がディープインパクト。3億6000万円の高馬でしたが、体質が弱く新馬戦1勝で繁殖へ。祖母から香港G1クイーンエリザベス2世カップを制した種牡馬ルーラーシップ、エリザベス女王杯馬アドマイヤグルーヴの2頭のG1馬を輩出。活力ある母系です。

レッドルフレーヴは2戦1勝馬ですが鞍上は共にルメールで、生産はノーザンファーム。所属厩舎も兄と同じ藤沢厩舎なので、この血統では忙しい桜花賞をパスしてオークスを見据えての参戦か。メンツも他のトライアルレースより手薄なので、陣営としては勝ちたいところでしょう。

ポレンティア

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス
ポレーン Orpen On Air
Bonita Francita
On Air Chief Singer
Green Light

 

ポレンティアは前走中山1600mG3フェアリーステークスに出走し、5番人気で3着。父がハーツクライで、社台系の白老ファーム、社台と提携しているシルクレーシングの所有馬なので、重賞実績からも人気になる1頭です。

しかしフェアリーステークスを勝ったスマイルカナは、次走のチューリップ賞で阪神ジュベナイルフィリーズ組に完敗。ポレンティアのフェアリーステークス3着はレベルの低いレースの成績と言えるので過信できません。

またハーツクライ産駒は総じて飛びが大きく直線の短いコースは基本苦手。さらにポレンティアの母の父オーペンは大種牡馬ダンジグの血を引くとはいえ仏国の2歳短距離G1を1勝しただけ。以後勝ち星を上げられず種牡馬になった馬なので、ポレンティアも早熟の可能性があります。

エヴァーガーデン

アイルハヴアナザー Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア
Arch’s Gal Edith Arch
Force Five Gal
モエレカトリーナ ゴールドヘイロー サンデーサイレンス
ニアーザゴールド
シーワン タイトスポット
カリビアンブルー

 

エヴァーガーデンはこれまで5戦1勝2着3回とイマイチ勝ち切れませんが、ここ3戦は全て牡馬相手に0.2秒差以内の2着。非常に内容が濃い勝ち負けを演じています。

エヴァーガーデンの父のアイルハヴアナザーは種牡馬として新しいのでなじみはありませんが、米国三冠レースの内、ケンタッキーダービーとプリネークスステークスを制した2冠馬。3冠目のベルモントステークス直前に屈腱炎を発症し引退しています。

アイルハヴアナザーは日本でも短距離ダートで成功しているフォーティナイナー系ですが、シンボリクエスエスにもあるクリスエスの血があり、エヴァーガーデンも父のアイルハヴアナザーと同様に中距離以上で良績を残す可能性があります。

母の父ゴールドヘイローはサンデーサイレンスの直仔。逃げて中距離重賞3連勝したトウケイヘイローを輩出しています。アメリカ血統なでスピードとパワーに任せて押し切る一本調子のレースが向いています。時計の掛かる中山の1800mは有利。3着以内の可能性は十分あります。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました