【2020年度版】デイリー杯2歳ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るデイリー杯2歳ステークスの入賞馬

デイリー杯2歳ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 1 レッドベルジュール 牡2 55kg 1.34.5 ディープインパクト Unbridled’s Song
2 8 ウイングレイテスト 牡2 55kg 1.34.7 スクリーンヒーロー サクラユタカオー
3 3 ペールエール 牡2 55kg 1.34.8 ダイワメジャー Selkirk
2018 1 3 アドマイヤマーズ 牡2 55kg 1.35.4 ダイワメジャー Medicean
2 7 メイショウショウブ 牝2 54kg 1.35.5 ダイワメジャー キングカメハメハ
3 8 ハッピーアワー 牡2 55kg 1.35.9 ハービンジャー ディープインパクト
2017 1 3 ジャンダルム 牡2 55kg 1.36.3 Kitten’s Joy サンデーサイレンス
2 8 カツジ 牡2 55kg 1.36.5 ディープインパクト ホワイトマズル
3 5 ケイアイノーテック 牡2 55kg 1.36.9 ディープインパクト Smarty Jones
2016 1 6 ジューヌエコール 牝2 54kg 1.34.6 クロフネ アグネスタキオン
2 3 ポンセルヴィーソ 牡2 55kg 1.34.6 ダイワメジャー サクラローレル
3 7 サングレーザー 牡2 55kg 1.34.7 ディープインパクト Deputy Minister
2015 1 8 エアスピネル 牡2 55kg 1.35.9 稍重 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 8 シュウジ 牡2 55kg 1.36.5 キンシャサノキセキ Kingmambo
3 6 ノーブルマーズ 牡2 55kg 1.36.6 ジャングルポケット Silver Hawk
2014 1 8 タガノエスプレッソ 牡2 55kg 1.35.1 ブラックタイド キングカメハメハ
2 8 アッシュゴールド 牡2 55kg 1.35.2 ステイゴールド メジロマックイーン
3 2 ナヴィオン 牡2 55kg 1.35.4 ハーツクライ ラストタイクーン
2013 1 5 ホウライアキコ 牝2 54kg 1.33.2 ヨハネスブルグ サンデーサイレンス
2 6 アトム 牡2 55kg 1.33.2 ディープインパクト Rahy
3 6 ピークトラム 牡2 55kg 1.33.7 チチカステナンゴ スペシャルウィーク
2012 1 7 テイエムイナズマ 牡2 55kg 1.34.7 ブラックタイド Danzig
2 2 クラウンレガード 牡2 55kg 1.34.8 グラスワンダー エンドスウィープ
3 1 マイネルエテルネル 牡2 55kg 1.34.9 Tamayuz Piccolo
2011 1 1 クラレント 牡2 55kg 1.34.9 稍重 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2 6 タローネガ 牡2 55kg 1.35.0 ダイワメジャー ホワイトマズル
3 6 ゲンテン 牡2 55kg 1.35.3 Bernardini Numerous
2010 1 8 レーヴティソール 牝2 54kg 1.33.6 アグネスタキオン Highest Honor
2 3 アドマイヤサガス 牡2 55kg 1.33.8 スニッツェル サンデーサイレンス
3 5 メイショウナルト 牡2 55kg 1.34.0 ハーツクライ カーネギー

デイリー杯2歳ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 3 レッドベルジュール 新馬(中4か月) 2 1
2 7 ウイングレイテスト 未勝利(中3か月) 1 1
3 1 ペールエール 新潟2歳S 3 2
2018 1 1 アドマイヤマーズ OP(中3か月) 1 1
2 6 メイショウショウブ 未勝利(中2週) 2 1
3 5 ハッピーアワー OP(中3か月) 2 1
2017 1 5 ジャンダルム 新馬(中9週) 2 1
2 4 カツジ 新馬(中3週) 1 1
3 3 ケイアイノーテック 新馬(中5か月) 1 1
2016 1 2 ジューヌエコール OP(中7週) 1 1
2 8 ポンセルヴィーソ 未勝利(中5週) 3 1
3 4 サングレーザー 未勝利(中11週) 2 1
2015 1 2 エアスピネル 新馬(中9週) 1 1
2 1 シュウジ 小倉2歳S 1 1
3 7 ノーブルマーズ OP(中2週) 5 4
2014 1 5 タガノエスプレッソ 未勝利(中5週) 1 1
2 2 アッシュゴールド 未勝利(中3週) 1 1
3 1 ナヴィオン OP(中7週) 1 1
2013 1 2 ホウライアキコ 小倉2歳S 2 1
2 1 アトム 新馬(中8週) 1 1
3 4 ピークトラム 新潟2歳S 6 3
2012 1 6 テイエムイナズマ 未勝利(中8週) 6 1
2 3 クラウンレガード 小倉2歳S 6 2
3 2 マイネルエテルネル 小倉2歳S 2 1
2011 1 4 クラレント 新馬(中3か月) 2 1
2 1 タローネガ OP(中4週) 1 1
3 3 ゲンテン 新馬(中4週) 1 1
2010 1 1 レーヴティソール 新馬(中4週) 1 1
2 5 アドマイヤサガス 未勝利(中3週) 5 1
3 2 メイショウナルト OP(中4週) 1 2

デイリー杯2歳ステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 2勝2着3回3着2回、連対率5割、複勝率7割

2番人気 3勝2着1回3着1回、連対率4割、複勝率5割

3番人気 1勝2着1回3着2回、連対率2割、複勝率4割

1番人気は2勝も、連対率5割、複勝率7割と馬券になります。勝ち鞍は2番人気の方が多く、複勝率も5割。基本的に1、2番人気は馬券に入れた方が良いでしょう。一方、3番人気は連対率2割、複勝率4割と信用度では良くありません。

ただし、過去10で9回1~3番人気が馬連で馬券に絡んでいるので、基本的には上位人気を連軸にするのが賢明

例年出頭数が少ないこともありますが、過去10年で2桁人気が馬券に絡んだことはありません。馬券は8番人気以内で決まっており、馬券はかなり堅いレースです。

前走と馬券

新馬戦や未勝利戦から挑戦でも十分馬券になるレース。

新馬         5勝2着2回3着2回

未勝利        2勝2着5回3着1回

オープン・条件クラス 2勝2着1回3着4回

小倉2歳ステークス  1勝2着2回3着1回

新潟2歳ステークス  0勝2着0回3着2回

新馬戦からの挑戦が5勝と最多で、前走1、2番人気で勝ち上がった素質馬がほとんど。未勝利戦からでも2着5回と十分馬券になるので、前走の勝ち方を注視。またオープン、条件戦からも重賞タイトルが欲しいという思惑が働くのでそれなりに仕上げており、馬券には食い込みます。

一方、小倉2歳ステークス、新潟2歳ステークスからの挑戦馬の成績は今一つ前走重賞で馬券に絡んでいる馬は前走1、2着馬のみ勝ち切れるわけではありません。朝日杯を目指す素質馬が出てくるので、仕上がりが早いだけでこれまで2歳重賞に出走していたようなら軽視して良いでしょう。

馬券に絡んだ馬の83%は前走3番人気以内。新馬・未勝利は前走勝利が当然ですが、それ以外の条件であれば4着以内が条件。大負けからの巻き返しは期待できないレースです。

血統と馬券

ダイワメジャー   1勝2着3回3着1回

ディープインパクト 1勝2着2回3着2回

ただし、ディープインパクトの全兄のブラックタイドが2勝挙げているので実質はディープインパクトの血が強いことが分かります。他もサンデーサイレンス系の主要な種牡馬が強く、父サンデーサイレンス系が全体の6割、母の父まで含めると8割がサンデーサイレンスの血を持っています。

それ以外では父ノーザンダンサー系種牡馬が全体の20%逆に父スタープロスペクター系は2頭しか馬券に絡んでいません。

性齢と馬券

牡・騙馬 7勝2着9回3着10回

牝馬   3勝2着1回3着0回

もともと朝日杯フューチュリティステークスのたたき台のレースなので牝馬自体の出走は少ないのですが、牝馬が3勝も挙げています。勝った牝馬は前走重賞かオープンクラスを優勝しているので、それ以外の牝馬なら基本軽視で良いでしょう。

デイリー杯2歳ステークスのレース及びコースの攻略法

例年デイリー杯2歳ステークスは京都芝1600mで開催されますが、2020年度はコーナーを2つ回る阪神芝外回り1600mで開催されます。

スタートはスタンド向こう側の第2コーナーを回った辺りから。スタートから最初のコーナーまで444mあり、ポジション争いはさほど厳しくありません。内回りと違い阪神の第3コーナーはほぼ平坦。第4コーナーに入ると急な下り坂で加速がつけやすくなっています。

4コーナーは長い下り坂で、コーナーも緩やかなので加速が付けやすいコースです。最後の直線は473mと長く、さらにゴール前1ハロンのところに高低差1.8mの急坂が待ち構えています。基本的に差し、追い込み馬が有利ですが、今回は開催3日目と芝の状態が良いく、前残りには注意が必要です。

2020年デイリー杯2歳ステークスの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました