【2021年度版】中山金杯賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る中山金杯の入賞馬

中山金杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 4 トリオンフ 騙6 58kg 1.59.5 タートルボウル ダンスインザダーク
2 4 ウインイクシード 牡6 55kg 1.59.5 マンハッタンカフェ ボストンハーバー
3 1 テリトーリアル 牡6 56kg 1.59.6 Teofilo Street Cry
2019 1 6 ウインブライト 牡5 58kg 1.59.2 ステイゴールド アドマイヤコジーン
2 8 ステイフーリッシュ 牡4 56kg 1.59.3 ステイゴールド キングカメハメハ
3 1 タニノフランケル 牡4 53kg 1.59.3 Frankel タニノギムレット
2018 1 3 セダブリランテス 牡4 55kg 1.59.8 ディープブリランテ ブライアンズタイム
2 1 ウインブライト 牡4 56kg 1.59.8 ステイゴールド アドマイヤコジーン
3 6 ストレンジクォーク 牡6 54kg 1.59.9 メイショウサムソン アグネスタキオン
2017 1 3 ツクバアズマオー 牡6 56.5kg 2.00.6 ステイゴールド Giant’s Causeway
2 2 クラリティスカイ 牡5 57.5kg 2.00.7 クロフネ スペシャルウィーク
3 1 シャイニープリンス 牡7 56.5kg 2.01.1 キングヘイロー リンドシェーバー
2016 1 4 ヤマカツエース 牡4 56kg 2.01.2 キングカメハメハ グラスワンダー
2 5 マイネルフロスト 牡5 57kg 2.01.3 ブラックタイド グラスワンダー
3 6 フルーキー 牡6 57.5kg 2.01.4 Redoute’s Choice サンデーサイレンス
2015 1 1 ラブリーデイ 牡5 57kg 1.57.8 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2 2 ロゴタイプ 牡5 58kg 1.58.0 ローエングリン サンデーサイレンス
3 3 デウスウルト 騙7 55kg 1.58.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014 1 2 オーシャンブルー 牡6 57.5kg 2.00.1 ステイゴールド Dashing Blade
2 2 カルドブレッサ 牡6 54kg 2.00.2 ジャングルポケット サンデーサイレンス
3 4 ディサイファ 牡5 55kg 2.00.3 デープインパクト Dubai Millennium
2013 1 3 タッチミーノット 牡7 57kg 1.59.5 ダンスインザダーク Mr. Prospector
2 6 アドマイヤタイシ 牡6 55kg 1.59.8 シングスピール Dubai Millennium
3 5 ジャスタウェイ 牡4 57kg 1.59.9 ハーツクライ Wild Again
2012 1 6 フェデラリスト 牡5 55kg 1.59.4 エンパイアメーカー サンデーサイレンス
2 6 ダイワファルコン 牡5 56kg 1.59.4 ジャングルポケット サンデーサイレンス
3 3 コスモファントム 牡5 57.5kg 1.59.8 Stephen Got Even Paris House
2011 1 2 コスモファントム 牡4 56kg 1.59.8 Stephen Got Even Paris House
2 2 キョウエイストーム 牡6 55kg 1.59.9 スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
3 6 ナリタクリスタル 牡5 56kg 1.59.9 スペシャルウィーク ペンタイア

中山金杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 2 トリオンフ チャレンジC 8 2
2 6 ウインイクシード リミテッドクラス 2 2
3 11 テリトーリアル チャレンジC 9 12
2019 1 3 ウインブライト マイルCS 17 9
2 7 ステイフーリッシュ チャレンジC 5 3
3 9 タニノフランケル 1600万下 1 1
2018 1 1 セダブリランテス アルゼンチン共和 3 3
2 2 ウインブライト 福島記念 2 2
3 10 ストレンジクォーク 1600万下 7 1
2017 1 1 ツクバアズマオー OP 1 1
2 6 クラリティスカイ OP 4 5
3 4 シャイニープリンス OP 10 3
2016 1 3 ヤマカツエース 福島記念 2 1
2 5 マイネルフロスト 金鯱賞 8 4
3 1 フルーキー チャレンジC 1 1
2015 1 4 ラブリーデイ 金鯱賞 6 4
2 1 ロゴタイプ マイルCS 5 7
3 5 デウスウルト チャレンジC 9 2
2014 1 5 オーシャンブルー 金鯱賞 2 10
2 8 カルドブレッサ 朝日チャレジC 3 9
3 1 ディサイファ 福島記念 1 4
2013 1 2 タッチミーノット 毎日王冠 9 3
2 4 アドマイヤタイシ 朝日チャレンジC 4 2
3 1 ジャスタウェイ 天皇賞秋 8 6
2012 1 2 フェデラリスト 1600万下 4 1
2 4 ダイワファルコン OP 1 9
3 5 コスモファントム 中日新聞杯 11 1
2011 1 1 コスモファントム 中日新聞杯 6 2
2 11 キョウエイストーム マイルCS 18 14
3 5 ナリタクリスタル 新潟記念 5 1

中山金杯と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着1回3着3回、連対率4割、複勝率6割

2番人気 3勝2着1回3着0回、連対率4割、複勝率4割

3番人気 2勝2着0回3着0回、連対率2割、複勝率2割

一昔前は荒れる金杯として有名でしたが、ここ10年は3勝、複勝率6割とそれなりに馬券になります。また2、3番人気も勝率3割、2割と勝ち鞍はそこそこあります。

過去10年で1~3番人気が馬券から外れた年は1回しかないので、基本的に連軸は1~3番人気の中から選ぶことになります。ただし馬連で1~3番人気同士で決まった年は1回しかありません。

中山金杯は対抗がやや荒れで、10年中5回が6番人気以下。ただし、馬連で2桁人気が絡んだ年は1回しかありません。対抗は4~9番人気からピックアップすると高確率で中穴馬券が取れるレースです。

前走と馬券

マイルCS      1勝2着2回3着0回

チャレンジカップ   1勝2着3回3着3回

OP・リミテッド   1勝2着3回3着1回

3勝クラス         1勝2着0回3着2回

コース形態が似ている阪神のチャンピオンズカップからの転戦馬が馬券に絡みやすいレース。格より調子が重視されるハンデキャップ戦のため前走が重賞であれば前走で掲示板に載った馬か、人気だったのに惨敗した馬が馬券に多く絡んでいます。

ハンデキャップ戦ですが重賞経験がある程度必要で、前走オープや3勝クラスからの格上挑戦の勝率は2割。馬券的にも全体の2割を占めるに過ぎません。格上挑戦組で馬券に絡んだ6頭中3頭が前走1着なので、やはり調子が重要です。

マイルチャンピオンシップからの3頭馬券に絡んでいますが、その内2頭は過去に中山の2000mで勝っています。やはり距離実績は重要です。

血統と馬券

ステイゴールド  3勝2着2回3着0回

キングカメハメハ 2勝2着0回3着1回

ステイゴールド産駒強いレース。その他にキングカメハメハが2勝を挙げているように荒れた馬場と中山の急坂を上り切るパワーが必要なことが分かります。

そのため馬券に絡んだ30頭中、軽い馬場が得意なサンデーサイレンス系が40%と、スピード重視のミスタープロスペクター系が16.7%と他のレースに比べ占有率が低い傾向。一方でパワーとしぶとさが売りのノーザンダンサー系が全体の30%を占めています。

またノーザンダンサー系でもサドラーズウェルズの血を引く馬の活躍が目立っており、スピードよりタフな馬場を走り切るスタミナとパワーが必要なことが分かります。

性齢と馬券

4歳   3勝2着2回3着2回、占有率23.4%

5歳   3勝2着4回3着3回、占有率33.3%

6歳   3勝2着4回3着3回、占有率33.3%

7歳以上 1勝2着0回3着2回、占有率10.0%

ハンデキャップ戦らしく4~6歳馬が共に3勝。2、3着もそれぞれの年代に極端な差はありません。ただし7歳以上の成績はあまり良くなく、10%に低下します。7歳馬で馬券に絡んだ3頭中2頭が前走重賞で3着以内だったので、それ以外であれば基本無視して良い数字です。

なお過去10年で牝馬が馬券に絡んだことはありません。牝馬は冬に脂肪がつきやすく、さらにこの時期の中山の芝は時計が掛かります。切れ味重視の牝馬には分が悪く、牝馬が出走してきても無視して良いでしょう。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回、占有率0%

53~54kg   0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

55~56kg   5勝2着6回3着5回、占有率53.3%

57kg以上   5勝2着3回3着3回、占有率36.7%

ハンデキャッパーに評価された重ハンデの馬でも十分勝てるレース。実際に58kg、57.5kgの酷量を背負った馬が3勝2着2回3着2回と、勝ち抜くには格も必要。重ハンデを背負っても調教などで調子が良いようなら疑わずに買いです。

中山金杯のレース及びコースの攻略法

中山金杯は中山内回り芝2000mCコースで行われます。スタートはスタンド正面で第4コーナーを過ぎた地点から。スタートから最初のコーナーまで367m、Aコース使用より30m距離が短くなり先行争いはやや激しくなります。

ただし中山は小回りなのですぐにペースは落ち着きます。この時期の中山の芝は回復が遅くやや時計が掛かります。ただしAコースからCコースに変わっているため外目の芝はさほど悪くなく、時計は意外と早め。ただし古馬のレースとしては遅く勝ち時計は2分00秒±0.5秒前後。

中山のスタート後とゴール前で中山名物の急坂を2度登ることになるので、実際に走る距離よりスタミナが必要。またゴール前の直線が短いためある程度前で競馬をする必要があります。

過去10年で馬券に絡んだ30頭中6割が4コーナーを回った時点で5番手以内。ただし逃げ切り勝ちは無く、逃げ馬が馬券に絡んだのは2回のみ。一方10番低下だった馬が馬券に絡んだのも2頭しかなく共に3着。基本的に前までしぶとく粘る馬が強いレースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました