2021年第70回G3中山金杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

 

2021年中山金杯の注目馬を分析!

中山金杯の特徴

G3中山金杯は第1回中山開催初日に行われる4歳以上芝2000mで行われるハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

JRAのレースは通常週末の土日に開催されますが、金杯は基本的に1月5日に開催されます。そのため調教日程を調整する必要があり、当日の馬の仕上げ具合が成績を左右します。

↓過去10年の中山金杯の入賞馬データを見たい方はこちら↓

2021年中山金杯出走登録馬一覧表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ロードクエスト マツリダゴッホ 牡8 西村淳也 様似堀牧場
小島茂之 (美浦) チーフベアハート 56kg ロードホースクラブ
1 2 テリトーリアル Teofilo 牡7 石川裕紀人 ダーレー・ジャパン・F
西浦勝一 (栗東) Street Cry 56.5kg ゴドルフィン
2 3 ココロノトウダイ エイシンフラッシュ 牡4 丸山元気 ノーザンファーム
手塚貴久 (美浦) アグネスタキオン 53kg 星野壽市
2 4 マイネルサーパス アイルハヴアナザー 牡5 丹内祐次 TR・ラフィアン
高木登 (美浦) タマモクロス 56.5kg ビッグレッドファーム
3 5 ショウナンバルディ  キングズベスト 牡5 津村明秀 木村牧場
松下武士 (栗東) Redoute’s Choice 54kg 国本哲秀
3 6 カデナ ディープインパクト 牡7 三浦皇成 グランド牧場
中竹和也 (栗東) フレンチデピュティ 58kg 前田幸治
4 7 マウントゴールド ステイゴールド 牡8 内田博幸 社台ファーム
池江泰寿 (栗東)  Mt. Livermore 56kg 青芝商事
4 8 リュヌルージュ モンテロッソ 牝6 中井裕二 坂東牧場
斉藤崇史 (栗東) メジロマックイーン 52kg 窪田芳郎
5 9 ヒシイグアス  ハーツクライ 牡5 松山弘平 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) Bernstein 54kg 阿部雅英
5 10 アールスター  ロードカナロア 牡6 長岡禎仁 若林牧場
杉山晴紀 (栗東) サッカーボーイ 56kg KRジャパン
6 11 ディープボンド キズナ 牡4 和田竜二 村田牧場
大久保龍 (栗東) キングヘイロー 56kg 前田晋二
6 12 ロザムール  ローズキングダム 牝5 北村宏司 静内坂本牧場
上原博之 (美浦)  Caerleon 52kg 栗山良子
7 13 シークレットラン ダンカーク 牡5 横山武史 ノーザンファーム
田村康仁 (美浦) キングカメハメハ 54kg 亀井哲也
7 14 ヴァンケドミンゴ ルーラーシップ 牡5 藤岡康太 斉藤安行
藤岡健一 (栗東) アグネスタキオン 56kg 幅田昌伸
8 15 ダーリントンホール New Approach 牡4 M.デムーロ
 
Canning Bloodstock Ltd
木村哲也 (美浦) Pivotal 55kg ゴドルフィン
8 16 ウインイクシード マンハッタンカフェ 牡7 戸崎圭太 コスモヴューファーム
鈴木伸尋 (美浦) ボストンハーバー 56kg ウィン
8 17 バイオスパーク オルフェーブル 牡6 池添謙一 小島牧場
浜田多実 (栗東) マイネルラヴ 57kg 宮田直也

勝ち馬予想に役立つ中山金杯の注目馬分析

ディープボンド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ゼフィランサス キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
モガミヒメ カコイーシーズ
モガミポイント

ディープボンドはこれまで9戦2勝2着1回3着1回で、昨年のG2京都新聞杯の優勝馬牡馬クラッシク3冠全てに参戦し、皐月賞10着ダービー5着、菊花賞4着の実績の持ち主。

ディープボンドの父はキズナ。母ゼフィランサスは短距離からマイルを3勝の条件馬。近親に高松宮記念とスプリングステークスを勝ったローレルゲレイロがいます。母の父が短距離馬を多く出すキングヘイローなので、ディープボンド距離適性は父のキズナから。

ディープボンドは血統内にヘイローの4×4の濃いクロスをもっているので恐らく悍性が強いと考えられ、皐月賞→京都新聞杯→ダービーときつい日程にもかかわらず、ダービーで4着、血統的に距離が長い菊花賞でも4着に来ています。

今回は前走より距離が短縮され、父キズナが強い競馬をしている中距離に戻るのでディープボンドには有利。馬齢別の定量より1kg重い56kgを背負いますが、前走の菊花賞より1kg軽くなるので問題ありません。

中山芝2000mは皐月賞で10着大敗していますが稍重でのもの。京都の新馬戦でも重馬場で3着に敗れているので基本的に荒れた馬場は苦手と思われます。年明けでAコースからCコースに変わり内ラチの芝の状態も良好で、先行馬のディープボンドには有利です。良馬場なら勝ち負け。

ダーリントンホール

New Approach Galileo  Sadler’s Wells 
アーバンシー 
Park Express  Ahonoora 
Matcher 
Miss Kenton Pivotal  Pivotal 
Fearless Revival 
Do the Honours  Highest Honor 
Persian Secret 

ダーリントンホールは昨年の共同通信杯の勝ち馬。これまで7戦2勝3着2回で、皐月賞では6着、ダービーでは13着に敗退していますダービー後は菊花賞には向かわずチャレンジカップでの復帰を目指していたが、状態が伴わず中山金杯に標準をあわせてきました。

ダーリントンホールの父はマイルから中距離の欧州G1を5勝したニューアプローチ。その父はガリレオで、ガリレオ産駒の欧州最強馬フランケルの仔ソウルスターリングとモズアスコットが日本でG1馬になっているように、この血筋は日本の芝の適性も高いと思われます。

ダーリントンホールの母ミス・ケントンの近親に豪州長距離G1メルボルンカップを制したクロスカウンターがおり、底力がある血統です。父の血が濃ければ中距離路線が正解。父は3歳秋に底を見せず引退しているので、ダーリントンホールもまだ成長が見込めます。

重賞勝利がありながら馬齢の定量55kgで出走できるのは有利ですが、今回は半年ぶりの休養明けで走れるかがカギ。3歳春と古馬の重賞ではレースのペース配分が違います。いきなり勝ち負けは厳しいと考えられ、連下まで。

ヒシイグアス

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
ラリズ  Bernstein Storm Cat
La Affirmed
La Marlene Rainbow Corner
La Cardinale

ヒシイグアスはこれまで9戦4勝2着3回。重賞勝ちは無くスプリングスステークスでは3番人気5着、ラジオNIKKEI賞では1番人気に押されましたが9着に敗退しています。前走3勝クラスの芝2000mを勝ち上がり、中山金杯に駒を進めています。

イシイグアスの父はハーツクライ母ラズリはアルゼンチン産で同国G3・2勝を含む9勝を挙げた活躍馬。血統内にヘイローの3×5の濃いクロスを持っています。

中山芝2000mは未勝利戦で経験し、中山コースは5戦2勝2着2回。下級条件では勝ち上がっていますが、2勝クラスでは2着2回と勝ち切れていません一方で東京では2勝クラス、3勝クラスを連勝しています。恐らく父ハーツクライの影響が強いと考えられ大跳びで加速まで時間が掛かる馬。

直線の短い中山や福島では取りこぼしているように、小回りでコーナーを4つ回る中山金杯では脚質的に直線で置いて行かれる可能性があります。晩成型のハーツクライ産駒なので今後の活躍が見込まれ同世代のディープボンドより2kgも軽いので有利ですが、連下まで。

ヴァンドミンゴ

ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
アンフィルージュ アグネスタキオン サンデーサイレンス
ダイナカール
ウメノファイバー サクラユタカオー
ウメノローザ

ヴァンドミンゴはこれまで19戦4勝2着2回3着3回重賞勝ちはありませんが、昨年の七夕賞では6番人気で3着、前走福島記念で1番人気、タイム差無しで2着し、夏を越して本格化しています。

ヴァンドミンゴの父はルーラーシップ。母アンフィルージュはアグネスタキオン産駒で短距離の3勝馬。祖母ウメノファイバーはオークス馬です。ヴァンドミンゴの全兄に皐月賞2着のサンリヴァルがいます。

福島では6戦4勝2着1回3着1回と全て馬券になっているのに対し、中山は7戦0勝2着1回で1勝クラスでのもの。上級クラスでは掲示板にすら載っていません。恐らく坂のあるコースは苦手か。前走より1kgハンデが重くなるのも不利です。今回は見送り

バイオスパーク

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ナナヨーティアラ マイネルラヴ Seeking the Gold
Heart of Joy
ナナヨーストーム セレスティアルストーム
ナナヨーアトラス

バイオスパークはこれまで25戦5勝2着8回3着3回で、前走の福島記念で重賞初制覇昨年の函館記念でも3着しています。

バイオスパークの父はオルフェーヴル。母ナナヨーティアラはマイネルラヴ産駒で短距離の3勝馬。近親にオークス2着のナナヨーウイング、マーチステークス勝ちのナナヨーマワリなどがいますが、重賞善戦マンの勝ち切れない馬が多い母系。

直線平坦コースでは5勝2着4回3着1回と好成績ですが、坂のあるコースでは0勝2着2回3着2回と勝ち切れず、その2、3着も2勝クラスまでのもの中山は初出走で、全競馬場で一番ゴール前の高低差が激しい中山の急坂だと失速する可能性があります。

前走より2kgもハンデが重くなるのも不利。坂は走れないわけではありません強調できず、良くて3着までの評価が妥当か。

↓ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅢ中山金杯 […]

タイトルとURLをコピーしました