【2021年度版】中山記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る中山記念重賞の入賞馬

中山記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 3 ダノンキングリー 牡4 56kg 1.46.3 ディープインパクト Storm Cat
2 7 ラッキーライラック 牝5 55kg 1.46.3 オルフェーブル Flower Alley
3 4 ソウルスターリング 牝6 54kg 1.46.6 Frankel Monsun
2019 1 1 ウインブライト 牡5 57kg 1.45.5 ステイゴールド アドマイヤコジーン
2 3 ラッキーライラック 牝4 53kg 1.45.5 オルフェーブル Flower Alley
3 6 ステルヴィオ 牡5 57kg 1.45.5 ロードカナロア ファルブラヴ
2018 1 5 ウインブライト 牡4 56kg 1.47.6 ステイゴールド アドマイヤコジーン
2 8 アエロリット 牝4 55kg 1.47.6 クロフネ ネオユニヴァース
3 7 マルターズアポジー 牡6 56kg 1.47.6 ゴスホースケン Old Trieste
2017 1 1 ネオリアリズム 牡6 57kg 1.47.6 ネオユニヴァース Meadowlake
2 5 サクラアンプール 牡6 56kg 1.47.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 7 ロゴタイプ 牡7 58kg 1.47.8 ローエングリン サンデーサイレンス
2016 1 7 ドゥラメンテ 牡4 57kg 1.45.9 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 8 アンビシャス 牡4 55kg 1.45.9 ディープインパクト エルコンドルパサー
3 2 リアルスティール 牡4 55kg 1.46.0 ディープインパクト Storm Cat
2015 1 4 ヌーヴォレコルト 牝4 54kg 1.50.3 稍重 ハーツクライ スピニングワールド
2 6 ロゴタイプ 牡5 57kg 1.50.3 ローエングリン サンデーサイレンス
3 8 ステファノス 牡5 55kg 1.50.5 ディープインパクト クロフネ
2014 1 3 ジャスタウェイ 牡5 58kg 1.49.8 稍重 ハーツクライ Wild Again
2 5 アルキメデス 牡5 56kg 1.50.4 アドマイヤムーン Seeking the Gold
3 3 ロゴタイプ 牡4 58kg 1.50.4 ローエングリン サンデーサイレンス
2013 1 8 ナカヤマナイト 牡5 57kg 1.47.3 ステイゴールド カコイーシーズ
2 6 ダイワファルコン 牡6 56kg 1.47.3 ジャングルポケット サンデーサイレンス
3 5 シーポルト 牡8 57kg 1.47.3 ホワイトマズル サンデーサイレンス
2012 1 3 フェデラリスト 牡5 56kg 1.47.3 エンパイアメーカー サンデーサイレンス
2 1 シーポルト 牡7 57kg 1.47.4 ホワイトマズル サンデーサイレンス
3 2 リアルインパクト 牡4 57kg 1.48.1 ディープインパクト Meadowlake
2011 1 7 ヴィクトワールピサ 牡4 58kg 1.46.0 ネオユニヴァース Machiavellian
2 3 キャプテントゥーレ 牡6 58kg 1.46.4 アグネスタキオン トニービン
3 4 リーチザクラウン 牡5 58kg 1.46.4 スペシャルウィーク Seattle Slew

中山記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 1 ダノンキングリー マイルCS 2 5
2 2 ラッキーライラック 香港ヴァース 2 2
3 6 ソウルスターリング 府中牝馬S  
2019 1 5 ウインブライト 中山金杯 3 1
2 6 ラッキーライラック 秋華賞 2 9
3 2 ステルヴィオ マイルCS 5 1
2018 1 2 ウインブライト 中山金杯 2 2
2 5 アエロリット 秋華賞 1 7
3 6 マルターズアポジー マイルCS 6 15
2017 1 3 ネオリアリズム 香港マイル 3 9
2 8 サクラアンプール OP 5 2
3 7 ロゴタイプ 香港マイル 7 3
2016 1 1 ドゥラメンテ ダービー 1 1
2 4 アンビシャス 天皇賞秋 4 5
3 2 リアルスティール 菊花賞 2 2
2015 1 3 ヌーヴォレコルト エリザベス女王杯 1 2
2 2 ロゴタイプ 根岸S 3 8
3 4 ステファノス 富士S 2 1
2014 1 2 ジャスタウェイ 天皇賞秋 5 1
2 4 アルキメデス 朝日チャレンジC 1 1
3 3 ロゴタイプ 札幌記念 1 5
2013 1 2 ナカヤマナイト 有馬記念 5 7
2 3 ダイワファルコン 有馬記念 12 10
3 8 シーポルト 阪神C 5 14
2012 1 3 フェデラリスト 中山金杯 2 1
2 7 シーポルト 京都金杯 5 16
3 4 リアルインパクト 阪神C 1 10
2011 1 1 ヴィクトワールピサ 有馬記念 2 1
2 4 キャプテントゥーレ 天皇賞秋 9 13
3 3 リーチザクラウン 京都金杯 1 4

 

中山記念と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着0回3着2回、連対率3割、複勝率3割

2番人気 3勝2着2回3着0回、連対率5割、複勝率5割

3番人気 3勝2着1回3着2回、連対率4割、複勝率6割

1番人気は3勝も、連対率・複勝率共に3割と連軸には押せません。一方2、3番人気も共に3勝を挙げており、2番人気は連対率・複勝率5割、3番人気は連対率4割・複勝率6割と馬券は2、3番人気が妙味。

基本的に堅いレースで、過去10年以内に2桁人気が馬券に並んだことはありませんまた1~3番人気が馬連で1頭も絡まなかった年は1回のみ。3着まで8番人気以内で決まっています。

過去にG1出走経験があり、大阪杯や安田記念を目指す実力馬が多く出走するので上位人気は実力伯仲。ただし1番人気押される馬はG1馬が多く、春のG1出走が確実なのでた本気で仕上げてきません。

むしろG1出走に本賞金が足りない上位人気の実績馬の本気度が高いので、調教や当日の気配の良い馬から選ぶのが馬券の近道です。

前走と馬券

G1      7勝2着6回3着4回

中山金杯   3勝2着0回3着0回

その他重賞  0勝2着3回3着6回

OP・Lクラス 0勝2着1回3着0回

前走G1を使っていた馬が圧倒的に強いレース。前走のG1は様々ですが16頭中11頭が前走で5着以内と馬券になるにはそれなりに実力が必要。

金杯組が3勝を挙げていますが、ウインブライトが2勝ともう1勝はフェデラリスト。共に過去に中山芝1800mで勝利があり、コース巧者でした。

それ以外のクラスからでは勝ち切れず良くて2、3着。オープンからなど格上挑戦組は1頭しか馬券になっていないので、はやり馬の格がものを言うレースです。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   占有率53.3%

ノーザンダンサー系    占有率26.7%

ミスタープロスペクター系 占有率16.7%

その他          占有率3.3%

開幕週で芝の状態が良好という条件からサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が強いレースその中でもディープインパクトやステイゴールド系の血を持つ馬が強く、共に5頭が馬券になっています。サンデーサイレンス系であれば全ての現役時代中距離以上で実績のある馬です。

次にノーザンダンサー系が多く全体の1/4ノーザンダンサー系で馬券になった馬は全て逃げか2番手で先行する馬で、中山の急坂を上り切るパワーと粘り強さを兼ね備えた馬。

一方で日本の主流血統になりつつあるミスタープロスペクター系の成績が悪く、全体の1/5以下小回りのコーナーを4つ回る中山1800mだとスピードとパワーに秀でても一本調子が多いミスタープロスペクター系では能力が活かせないからと思われます。

性齢と馬券

4歳   5勝2着3回3着3回、占有率36.7%

5歳   4勝2着3回3着3回、占有率33.3%

6歳   1勝2着3回3着2回、占有率20.0%

7歳以上 0勝1着0回3着2回、占有率10.0%

馬券の中心は4、5歳馬で成績は拮抗。実力馬が揃う別定戦のG2なので斤量による差が出難く、年齢が上がるごとに競走能力が低下するため着順もそれに従い下がります。牝馬は1勝2着2回3着1回。どの馬も牝馬限定G1で1、2番人気に押されているので、それなりの実力が無ければ馬券になりません。

中山記念のレース及びコースの攻略法

中山記念は中山芝内回り1800mAコースを使用。スタートはスタンド正面、ゴール前の急坂途中から。スタートから最初のコーナーまで204mと短く、先行馬はテンから飛ばさなければならずポジション争いは熾烈。ただし中山はコーナーがきついのですぐに流れは落ち着きます。

中山の内回りは2周1667mあまりと小さく、ホームストレッチも333mと短め。第2コーナーから向こう正面中盤まで急な下り坂が続くので加速が付けやすいものの、加速に時間が掛かる大跳びの馬には厳しく全体的にスピード自体はあまり上がりません。

第4コーナーを回ると最後の直線は310mと短く、ゴール前に高低差2.2mの急坂が待ち受けます。開幕週なので芝の状態が良く、道中のスタミナロスは少なめ。スピード能力に秀でた先行馬なら勢いで坂を上れてしまうので逃げ、先行馬が有利

実際に馬券に絡んだ30頭中22頭が第4コーナーを回った時点で5番手以内逃げ切り勝ちはありませんが、2、3番手で追走していた馬がそのまま押し切ってしまうケースが大半です。そのため勝ち馬の上がりは34秒台が大半。先行馬を中心に馬券を組み立てるのが得策です。

↓2021年中山記念の注目馬分析はこちら↓

コメント

  1. […] 【2021年度版】中山記念入賞馬データ過去10年のデータから見る中山記念重賞の入賞馬 中山記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧 年 着 枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬 […]

タイトルとURLをコピーしました