2021年第56回G3京都牝馬ステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年京都牝馬ステークスの注目馬を分析!

京都牝馬ステークスの特徴

4歳以牝馬限定G3京都牝馬ステークスは第1回阪神開催3日目に芝1400mで行われます。本来であれば京都競馬場芝1400mのコースで行われますが、京都競馬場改修工事のため阪神競馬場で代替開催されます。

負担重量は4歳52kg、5歳以上53kg。過去の獲得本賞金により負担重量が加算され、1600万円毎に1kg増加します。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流雨競走に指定され、認定馬のみ2頭まで出走登録できます。

↓過去10年の京都牝馬ステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年京都牝馬ステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 カリオストロ エイシンフラッシュ 牝4 北村友一 タバタファーム
加用 正(栗東) フジキセキ 54kg HimRockRacing.H
1 2 ヤマカツマーメイド ロードカナロア 牝4 国分恭介 岡田牧場
池添兼雄(栗東) グラスワンダー 54kg 山田和夫
2 3 メイショウケイメイ  ワークフォース 牝5 古川吉洋 富田牧場
南井克巳 (栗東) デュランダル 54kg 松本好雄
2 4 イベリス ロードカナロア 牝5 酒井学 前田幸治
角田晃一 (栗東) ボストンハーバー 54kg 土居牧場
3 5 マリアズハート シャンハイボビー 牝5 藤井勘一郎 Sally J. Andersen
菊沢隆徳 (美浦) Maria’s Mon 54kg ノルマンディーTR
3 6 アンリミット  メイショウボーラー 牝6 城戸義政 千代田牧場
清水久詞 (栗東) マンハッタンカフェ 54kg 前原敏行
4 7 アイラブテーラー トーセンラー  牝5 岩田康誠 中西浩一
河内洋(栗東) ダンスインザダーク 55kg 富菜牧場
4 8 リリーバレロ  ロードカナロア 牝6 松山弘平 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) フレンチデピュティ 54kg キャロットファーム
5 9 ビッククインバイオ キングズベスト 牝4 武豊 ノーザンファーム
牧光二 (美浦) ゼンノロブロイ 54kg バイオ
5 10 アマルフィコースト   ダイワメジャー 牝6 幸英明 社台ファーム
牧田和弥 (栗東) High Chaparral 54kg 社台レースホース
6 11 アフランシール  ハーツクライ 牝5 秋山真一郎 ノースヒルズ
尾関知人 (美浦) サクラバクシンオー 54kg 前田幸治
6 12 シャインガーネット オルフェーヴル 牝4 田辺裕信 山口功一郎
栗田徹(美浦) Gone West 55kg ノーザンファーム
7 13 メイショウショウブ ダイワメジャー 牝5 国分優作 三嶋牧場
池添兼雄 (栗東) キングカメハメハ 54kg 松本好雄
7 14 ブランノワール  ロードカナロア 牝5 団野大成 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) シングスピール 54kg シルクレーシング
8 15 ギルデッドミラー オルフェーブル 牝4 福永祐一 ノーザンファーム
松永幹夫 (栗東) Tiznow 54 シルクレーシング
8 16 リバティハイツ キングカメハメハ 牝6 和田雄二 社台ファーム
高野友和 (栗東) Dubawi 56kg 社台レースホース

勝ち馬予想に役立つ!京都牝馬ステークスの注目馬分析

ギルデッドミラー

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
タイタンクイーン Tiznow  Cee’s Tizzy 
Cee’s Song 
Ensnare  Seeking the Gold 
トラップパス 

ギルデッドミラーはこれまで10戦2勝2着2回3着2回重賞勝ちはありませんが、昨年のNHKマイルカップでは優勝馬ラウダシオンに0.3秒差の3着。またアーリントンカップでは優勝馬タイセイトレイルに0.3秒差2着しています。

ギルデッドミラーの父はオルフェーヴル。母タイタンクイーンは米国産の未勝利馬。ギルデッドミラーの半兄でリーガルランサム産駒のストロングタイタンはG3鳴尾記念の優勝馬他にもアメリカのステークスウィナーを2頭輩出している活力ある母系です。

NHKマイルカップ以降はマイル戦を中心に間隔をあけて3戦しており、いずれも上位人気に押されていますが掲示板には載っていません。前々走、前走共に優勝馬から0.8秒、0.9秒と引き離されています。また今回は前走より3kg増と明らかにマイナス。

3歳春の実績を買われても、馬体の成長を促す休養期間が無いため頭打ちの可能性もあります。さすがに今回も厳しいと考えられ見送りが正解か。

リリーバレロ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ヴィートマルシェ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
キョウエイマーチ ダンシングブレーヴ
インターシャルマン

リリーバレロはこれまで9戦4勝2着2回3着1回重賞実績はありません。6歳馬ながら数を使っておらず、9戦して全て3番人気以内9戦中7戦であがり3番手以内とレースぶりも安定しています。

リリーバレロの父はロードカナロア母ヴィートマルシェはフレンチデピュティ産駒で1勝馬も、祖母は桜花賞他重賞4勝のキョウエイマーチ。またリリーバレロの半妹に地方で重賞2勝のマルシェロレーヌがおり活力ある母系。

前走長期休養明けの3勝クラスのマイル戦を2番手で押し切り勝ちと強い内容。前々走で東京芝1400mの2勝クラスを55kgの斤量を背負い1分20秒7の好時計勝ちしており、今回1kg減は本馬には有利。

京都牝馬ステークスは6歳馬の成績は落ちますが、数を使っておらず馬体の消耗度は実質5歳馬長期休養明けで中2週のローテーションで反動が心配も、疲れが残っていなければ能力的に勝ち負け。

リバディハイツ

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
ドバウィハイツ Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
Rosie’s Posy Suave Dancer
My Branch

リバディハイツはこれまで21戦3勝2着3回3着2回3歳時にG2フィリーズレビュー勝ちがあり、同年のターコイズステークスでも2着その後長らく不振でしたが、昨年の芝1200mのリミテッドクラスで久々の勝利前走のシルクロードステークスでは優勝馬シヴァージに0.3秒差4着しています。

リバディハイツの父はキングカメハメハ母ドバウィハイツは英国産で芝中距離G1・2勝を含む5勝馬。母の半弟に仏国2000ギニーとフォレ賞を勝ったメイクビリーヴがいる良血。

リバティハイツの血統内にミスタープロスペクターの3×5の濃いクロス、グリーンダンサーの5×4のクロスを持っておりややスピード偏重の構成。血統的には短めのマイラーか。

今回は負担重量56kgと前走より2kg増。過去に55kgを背負って掲示板に載ったことはありません。また持ち時計が無いため開幕2週目で芝が速い馬場は厳しいと言えます。今回は見送り。

アイラブテーラー

トーセンラー ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
プリンセスオリビア Lycius
Dance Image
タケショウレジーナ ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
タケショウティアラ ニホンピロウイナー
ベストプリンセス

アイラブテーラーはこれまで10戦5勝2着2回2019年の京阪杯で2着するも、昨年の高松宮記念では10番人気で殿負け。その後は休養に入り、年末の芝1200mリミテッドクラスでタイム差無し4着前走淀短距離ステークスでは2番人気も7.1秒差で再び殿負けしています。

アイラブテーラー父はディープインパクト産駒のトーセンラー。母タケショウレジーナはダンスインザダーク産駒で芝の短距離を5勝。近親は堅実に勝ち上がる馬が多いもののこれといった活躍馬はいません。距離適性は母系で影響力が強いニホンピロウイナーの血から。

アイラブテーラーは血統内にサンデーサイレンスの3×3の濃いクロス、ノーザンダンサーとリファールの5×5のクロスを持っている近親配合。底力はあるものの余り体質は強くない可能性が。

前走大敗はゲートで暴れて出遅れが原因。リミテッドクラス勝ちがあり、2走前も馬体を28kg増やして同クラスをタイム差無しなので重賞を勝てるだけの能力はあります。阪神芝1400mは2勝2着1回と得意なコース。出負けが無ければ今回は勝ち負け。

シャインガーネット

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ベルベットローブ Gone West Mr.Prospector 
Secrettame 
Verbasle Slewpy 
Verbality 

シャインガーネットは昨年のファルコンステークスの勝ち馬で、これまで6戦3勝昨年のNHKマイルカップでは7番人気で優勝馬に0.6秒差の6着と好走。その後は休養に入り、前走復帰戦のターコイズステークスで6番人気も優勝馬に0.7秒差9着に敗れています。

シャインガーネットの父はオルフェーヴル。母ベルベットローブはダートの3勝馬。シャインガーネットの半兄に地方G3北海道スプリントカップを優勝し、デイリー杯2歳ステークスで2着したアドマイヤサガスがいます。

前走はプラス12kg。今回は叩き2戦目で上昇の余地があり、ラウダシオンを負かしたファルコンステークスの勝ち時計も1400m戦となった過去9年で3番目に早い時計。また重賞勝ちがありながら54kgで出走できるのはプラス。前走より調教が良ければ今回は馬券圏内。

↓ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅢ京都牝馬S […]

タイトルとURLをコピーしました