2021年第69回G3毎日杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年毎日杯の注目馬を分析!

毎日杯の特徴

G3毎日杯は第2回阪神開催初日に行われる3歳限定芝1800mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬56kg、牝馬54kg。過去の獲得本賞金により重量が加算され、本賞金1800万以上の馬は1kg増。

国際競走に指定され外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走登録が可能です。

皐月賞へのトライアルレースに指定されていませんが、毎日杯で優勝すると本賞金で皐月賞への出走がほぼ確実になるため事実上の最終切。2017年にはアルアインがこのステップで皐月賞を優勝しています。

また入賞馬は今後の重賞路線で活躍する馬が多く、キズナがダービー、ブラストワンピースが有馬記念、キセキが菊花賞、インディチャンプが安田記念、スピルバーグが天皇賞秋を制すなど、今後を占う上で重要なレースです。

↓過去10年の毎日杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年毎日杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 プログノーシス ディープインパクト 牡3 藤岡佑介 社台ファーム
中内田充 (栗東) Observatory 56kg 社台レースホース
2 2 ディープリッチ ディープブリランテ 牡3 藤井勘一郎 ノーザンファーム
小島茂之 (美浦) Songandaprayer 56kg 宇田豊
3 3 レヴェッツァ   ドゥラメンテ 牡3 池添謙一 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) City Banker 56kg 早野誠
4 4 ルペルカーリア   モーリス 牡3 福永祐一 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) シーザリオ 56kg キャロットファーム
5 5 ダディーズビビッド  キズナ 牡3 浜中俊 上水牧場
千田輝彦 (栗東) フレンチデピュティ 56kg 田島大史
6 6 シャフリヤール ディープインパクト 牡3 川田将雅 ノーザンファーム
藤原英昭 (栗東) Essence of Dubai 56kg サンデーレーシング
7 7 グレートマジシャン ディープインパクト 牡3 C.ルメール ノーザンファーム
宮田敬介 (美浦) Sholokhov 56kg サンデーレーシング
8 8 ウエストンバート マジェスティックウォリアー 牡3 国分優作 谷川牧場
吉岡辰弥 (栗東) バブルガムフェロー 56kg ターフ・スポート
8 9 ロジローズ   ロジユニヴァース 牡3 団野大成 ノーザンファーム
大竹正博 (美浦) タニノギムレット 56kg 久米田正明

勝ち馬予想に役立つ!毎日杯の注目馬分析

シャフリヤール

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ドバイマジェスティ Essence of Dubai Pulpit
Epitome
Great Majesty Great Above
Mistic Majesty

シャフリヤールはこれまで2戦1勝3着1回。前走共同通信杯では2番人気でしたが、優勝馬から0.4秒離され3着。2着馬とはタイム差無し。優勝馬とは同じ上がり時計で、7着までしまい33秒台の脚を使った切れ味勝負となり位置取りの差。

シャフリヤールの父はディープインパクト全兄は皐月賞と大阪杯を制したアルアイン母ドバイマジェスティは米国産でG1BCフィリー&メアスプリントの優勝馬で全12勝という良血

シャフリヤールの兄もシンザン記念で敗退も次走の毎日杯で1着。兄は一瞬の切れ味が武器だったため、兄と同様に東京の長い直線は不利か。今回は東京よりゴール前直線が短い阪神に変わり本馬には有利。ディープインパクト産駒らしい切れ味を活かせれば勝ち負け。

グレートマジシャン

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ナイトマジック Sholokhov Sadler’s Wells
La Meilleure
Night Woman Monsun
Noveka

グレートマジシャンは東京の芝1800mを2戦2勝前走は1分46秒5と共同通信杯より1.5秒も早い時計での勝利で、しかもしまい33.3秒の早い上がりでまとめています。

グレートマジシャンの父はディープインパクト母ナイトマジックはドイツ馬でバーデン大賞と独オークスとG1を2勝グレートマジシャンの全兄に新潟ジャンプステークス勝ちのフォイヤーヴェルクがいます。

グレートマジシャンの母系を見る限り、距離はもっと伸びてよいタイプも、ここは走り慣れた1800mでいったん重賞狙いか。新馬、1勝クラスも1番人気で結果を出しており、ディープインパクト産駒は毎日杯が得意勝ち負け。

ルペルカーリア

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
シーザリオ スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペンガール
Kirov Premiere Sadler’s Wells
Querida 

ルペルカーリアは2戦1勝新馬、未勝利戦とも中京芝2000mで1番人気2戦目の重馬場で勝ち上がり、上り36秒はメンバー中最速です。

ルペルカーリアの父はマイルG1を6勝したモーリス。母は日米オークスを制したシーザリオ。半兄に菊花賞とジャパンカップを制したエピファネイア、朝日フューチュリティーステークス馬のリオディーズ、ホープフルステークと皐月賞を制したサートゥルナーリアがいる良血

ルペルカーリアは血統内にサンデーサイレンスの4×3、サドラーズウェルズの4×3のクロスを持っています。父はマイラーも、父の父はジャパンカップ馬だったので血統から考えれば距離はもっと伸びた方が良いタイプパワーはあるものの、今回は距離が短いか。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

  1. […] GⅢ毎日杯 […]

タイトルとURLをコピーしました