【2021年度版】レパードステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るレパードステークスの入賞馬

レパードステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 1 ケンシンコウ 牡3 56kg 1.49.2 不良 パイロ クリプティックラスカル
2 4 ミヤジコクオウ 牡3 56kg 1.49.6 ヴィクトワールピサ ブライアンズタイム
3 2 ブランクチェック 牝3 54kg 1.49.7 パイロ コロナドズクエスト
2019 1 4 ハヤヤッコ 牡3 56kg 1.51.3 キングカメハメハ クロフネ
2 8 デルマルーヴ 牡3 56kg 1.51.3 パイロ コマンズ
3 5 トイガー 牡3 56kg 1.51.4 ルーラーシップ アグネスタキオン
2018 1 4 グリム 牡3 56kg 1.52.0 ゼンノロブロイ サクラバクシンオー
2 8 ヒラボクラターシュ 牡3 56kg 1.52.0 キンシャサノキセキ ワイルドラッシュ
3 6 ビッグスモーキー 牡3 56kg 1.52.5 キングカメハメハ Smoke Glacken
2017 1 2 ローズプリンスダム 牡3 56kg 1.52.9 ロージズインメイ シンボリクエスエス
2 5 サウサディオーネ 牝3 54kg 1.53.1 ゴールドアリュール リンドシェーバー
3 3 エプカリス 牡3 56kg 1.53.2 ゴールドアリュール カーネギー
2016 1 5 グレンツェント 牡3 56kg 1.50.6 ネオユニヴァース Kingmambo
2 4 ケイティブレイブ 牡3 56kg 1.50.6 アドマイヤマックス サクラローレル
3 1 レガーロ 牡3 56kg 1.50.9 Bernardini Lemon Drop Kid
2015 1 5 クロスクリーガー 牡3 56kg 1.51.9 アドマイヤオーラ ブライアンズタイム
2 7 ダノンリバティ 牡3 56kg 1.52.0 キングカメハメハ エリシオ
3 7 タマノブリュネット 牝3 54kg 1.52.3 ディープスカイ ジェイドロバリー
2014 1 7 アジアエクスプレス 牡3 56kg 1.50.4 稍重 ヘニーシューズ Running Stag
2 5 クライスマイル 牡3 56kg 1.51.0 スクリーンヒーロー ホワイトマズル
3 3 ランウェイワルツ 牡3 56kg 1.51.0 ゴールドアリュール アフリート
2013 1 3 インカンテーション 牡3 56kg 1.50.3 稍重 シニスターミニスター Machiavellian
2 4 サトノブリンシパル 牡3 56kg 1.50.7 Bernardini Nureyev
3 6 ケイアイレーネ 牡3 56kg 1.50.9 ヘニーシューズ Marquetry
2012 1 7 ホッコータルマエ 牡3 56kg 1.51.8 キングカメハメハ Cherokee Run
2 8 ナムラビクター 牡3 56kg 1.51.8 ゼンノロブロイ エンドスウィープ
3 2 イジゲン 牡3 56kg 1.52.2 エンパイアメーカー Dixieland Band
2011 1 4 ボレアス 牡3 56kg 1.52.0 稍重 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 3 タカオノボル 牡3 56kg 1.52.3 ネオユニヴァース Touch Gold
3 6 タナトス 牡3 56kg 1.52.3 シンボリクリスエス サンデーサイレンス

レパードステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 7 ケンシンコウ ユニコーンS 11 3
2 2 ミヤジコクオウ ジャパンダートダービー 2 5
3 1 ブランクチェック 2勝クラス 1 1
2019 1 10 ハヤヤッコ OP(ダ) 6 8
2 1 デルマルーヴ ジャパンダートダービー 4 2
3 11 トイガー ユニコーンS 10 5
2018 1 5 グリム ユニコーンS 2 9
2 10 ヒラボクラターシュ 1000万下(ダ) 5 4
3 9 ビッグスモーキー 1600万下(ダ) 2 5
2017 1 11 ローズプリンスダム ジャパンダートダービー 6 8
2 12 サウサディオーネ 500万下(ダ) 2 1
3 1 エプカリス UAEダービー 2 2
2016 1 2 グレンツェント ユニコーンS 3 3
2 1 ケイティブレイブ ジャパンダートダービー 3 2
3 6 レガーロ 兵庫チャンピオンシップ 3 4
2015 1 1 クロスクリーガー ジャパンダートダービー 1 2
2 3 ダノンリバティ OP(芝) 4 8
3 11 タマノブリュネット 地方準重賞 1 1
2014 1 1 アジアエクスプレス ユニコーンS 1 12
2 7 クライスマイル 500万下(ダ) 1 1
3 9 ランウェイワルツ ジャパンダートダービー 3 5
2013 1 1 インカンテーション 1000万下(ダ) 1 1
2 4 サトノブリンシパル 1000万下(ダ) 2 1
3 2 ケイアイレーネ ジャパンダートダービー 5 3
2012 1 2 ホッコータルマエ ジャパンダートダービー 6 5
2 3 ナムラビクター 1000万下(ダ) 2 1
3 1 イジゲン 1000万下(ダ) 1 1
2011 1 1 ボレアス ジャパンダートダービー 4 2
2 2 タカオノボル 1000万下(ダ) 6 1
3 12 タナトス 地方A2 1 1

レパードステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着2回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 2勝2着2回3着1回 連対率4割、複勝率5割

3番人気 0勝2着2回3着0回 連対率2割、複勝率2割

1番人気は連対率5割、複勝率6割、2番人気は連対率4割、複勝率5割とほぼ拮抗。過去10年で1、2番人気が共に馬連で馬券を外したのは2回だけなので、どちらか一方を連軸に添えると高確率で馬券が取れます。一方で3番人気は連対率、複勝率共に2割なので信用できません。

過去10年で馬連が5番人気以内で収まった年は5回と堅い年は堅め。一方で過去10年の中2桁人気が馬券に絡んだ年は5回、内複数頭2桁人気が馬券に絡んだ年は2回、共に優勝しているので荒れる時は大荒れ。ただし、共に1番人気が絡んでいるので上位陣の実力は本物と見て良いでしょう。

前走と馬券

馬券に絡んだ30頭中約半分が前走地方か中央のダート重賞からの挑戦。その中でも多いのがジャパンダートダービー組、次いでユニコーンステークス組で、勝ち鞍の7割はこの2レースから。

ジャパンダートダービー 3勝2着3回3着2回

ユニコーンステークス  4勝2着0回3着1回

またほとんどの馬が前走2勝クラスで好成績を挙げて挑戦してくるので、現状古馬混合の2勝クラスで勝ち負けできないようなならレパードステークスで馬券になるのは難しいと考えて良いでしょう。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   9頭

APインディー系       6頭

ミスタープロスペクター系 5頭

ノーザンダンサー系    2頭

ロベルト系        2頭

その他          1頭

サンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が全体の30%に当たる9頭。うち、複数頭馬券に絡んでいるサンデーサイレンス系種牡馬はゴールドアリュール3頭、ネオユニバース、ゼンノロブロイが各2頭。

次に多いのがエーピーインディ系で、ここ2年はパイロが3頭も馬券に絡んでいるので注目。ミスタープロスペクター系の5頭中4頭はキングカメハメハの血を持っています。

性齢と馬券

過去10年で牝馬は1勝2着1回3着1回と苦戦馬券に絡んだ牝馬は前走でダート戦を勝ち上がっているので、それ以外なら軽視。

レパードステークスのレース及びコースの攻略法

レパードステークはコーナーを4つ回る新潟ダート1800mを使用。スタートはスタンド手前、第4コーナーを過ぎた辺りから。スタートから第1コーナーまで388.9mと非常に長く、先行争いは厳しくなりません。

さらにバックストレッチは415m、最後の直線も353.8mと非常に長く、レースは基本的にスロー。平坦コースですが時計は早くなりません。最後の直線が長く差し、追い込みが有利なコースですが、追い出しのタイミングが難しく、実は逃げ馬が馬券に絡みやすいレース。

実際に過去10年で6回も逃げ馬が馬連で馬券に絡んでおり、逃げ切り勝ちも2回あります。人気に関わらず逃げ馬は馬券に組み込む必要あり。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました