2021年第57回G2札幌記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年札幌記念の注目馬を分析!

札幌記念の特徴

G2札幌記念は第1回札幌開催4日目に行われる3歳以上芝2000mの定量戦です。負担重量は3歳牡馬54kg、同牝馬52kg、4歳以上牡馬57kg、牝馬55kg。

国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は認定馬のみ2頭まで出走可能です。

サマー2000シリーズの第4戦に指定され、1着12点、2着6点、3着5点、4着4点、5着3点、6着以下1点が加算されます。

夏競馬唯一の中距離G2競走で、G1優勝馬は本賞金が高額な馬でも加算重量がないというメリットがあります。そのため天皇賞秋のたたき台としてゆったりしたローテーションが組めるので天皇賞秋優勝を狙う有力馬が多数出走し、豪華なメンバーが揃います。

↓過去10年の札幌記念入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年札幌記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ステイフーリッシュ ステイゴールド 坂井瑠星 社台ファーム
矢作芳人 (栗東) キングカメハメハ 57kg 社台レースホース
2 2 サトノセシル Frankel 牝5 C.ルメール Faisal Meshrf Alqahtani
堀宣行 (美浦) Observatory 55kg サトミホースカンパニー
3 3 マイネルウィルトス スクリーンヒーロー 牡5 団野大成 TC・ラフィアン
宮徹 (栗東) ロージズインメイ 57kg ビッグレッドファーム
4 4 ラヴズオンリーユー ディープインパクト 牝5 川田将雅 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) Storm Cat 55kg DMMドリームクラブ
4 5 トーラスジェミニ  キングズベスト 牡5 横山和生 川上牧場
小桧山悟 (美浦) マンハッタンカフェ 57kg 柴原榮
5 6 バイオスパーク オルフェーブル 牡6 池添謙一 小島牧場
浜田多実 (栗東) マイネルラヴ 57kg 宮田直也
5 7 ペルシアンナイト ハービンジャー 牡7 横山武史 追分ファーム
池江泰寿(栗東) サンデーサイレンス 57 G1レーシング
6 8 ユーキャンスマイル  キングカメハメハ 牡6 藤岡佑介 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) ダンスインザダーク 57kg 金子真人H
6 9 アイスバブル ディープインパクト 牡6 水口優也 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) キングカメハメハ 57kg 金子真人H
7 10 ディアマンミノル オルフェーヴル 牡4 泉谷楓真 村下農場
本田優 (栗東) デヒア 57kg 吉岡實
7 11 ウインキートス ゴールドシップ 牝4 丹内祐次 コスモヴューファーム
宗像義忠 (美浦) ボストンハーバー 55kg ウイン
8 12 ブラストワンピース ハービンジャー 牡6 岩田康誠 ノーザンファーム
大竹正博 (美浦) キングカメハメハ 57kg シルクレーシング
8 13 ソダシ クロフネ 牝3 吉田隼人 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) キングカメハメハ 52kg 金子真人H

勝ち馬予想に役立つ!札幌記念の注目馬分析

ラヴズオンリーユー

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ラヴズオンリーミー  Storm Cat  Storm Bird
Terlingua
Monevassia  Mr. Prospector 
Miesque 

ラヴズオンリーユーは2019年のオークス馬。前走香港の国際G1クイーンエリザベス2世カップを優勝。これまで13戦6勝2着1回3着3回。重賞は他に京都記念勝ち、エリザベス女王杯は2年連続3着、ドバイシーマクラッシックでも3着と、メンバー中N01の実績

ラヴズオンリーユーの父はディープインパクト母ラヴズオンリーミーが未出走ながらその母はキングマンボの全妹母の父は大種牡馬ストームキャットという超良血。ラヴズオンリーユーの全兄はドバイターフを制したリアルスティールで、適距離は2000m前後。

札幌の洋芝は初ですが、母系にパワーとスピードを伝えるストームキャットの血があるのでこなせます。また海外で世界の強豪相手に勝ち負けしてきたので、全体的に格下のこのメンバーなら勝ち負け。

ソダシ

クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ブチコ キングカメハメハ Kingmanbo
マンファス
シラユキヒメ サンデーサイレンス
ウェイブウインド

ソダシは今年の桜花賞馬桜花賞まで5戦無敗で、桜花賞ではレースレコードのおまけつき。前走オークスでは1番人気でしたが、距離の壁で優勝馬から0.6秒差の8着に敗れています。

ソダシの父はNHKマイルカップとジャパンカップダートを優勝したクロフネ。キングカメハメハ産駒の母ブチコはダート中距離の4勝馬。母の半姉でクロフネ産駒のユキチャンがダート2100mの地方G3関東オークスを優勝し、NRA最優秀牝馬に輝いています。

前脚で掻き込む走法で、母の父キングカメハメハよりクロフネの影響が強い馬。札幌2歳ステークスを勝っていることから中距離までの適性は有りますが、クロフネ産駒が芝レースの重賞で好走するのは2000mまで。芝重賞で2000m以上を優勝した馬は出ていません。

前走のオークスでは5、6番手で折り合い、残り400mからの追い出しで先頭に並びかける勢いでしたが、残り200mで失速やはり距離に壁がありますオークスの2000mの通過ラップが2分00秒6なのでややスロー。息が入りやすかったため、多少勢いがもった印象。

洋芝は2勝しているように得意。また前走から3kgも軽くなるのは有利も、今回はG1級の古馬が相手。超人気馬ですが、2分を切るハイペースでは失速の可能性が。不安要素も多く、今回は連下。

ブラストワンピース

ハービンジャー Dansili デインヒル
Hasili 
Penang Pearl Bering
Guapa 
ツルマルワンピース キングカメハメハ Kingmambo 
マンファス 
ツルマルグラマー フジキセキ
エラティス 

ブラストワンピースは2018年の有馬記念馬。これまで17戦7勝3着1回で、他に中距離重賞を4勝2019年の札幌記念も優勝しています。昨年のAJCC優勝から絶不調で、有馬記念では心房細動で競走中止と不振をかこっていましたが、休養明けの前走鳴尾記念で久々の3着入賞。

ブラストワンピースの父はハービンジャー。母ツルマルワンピースはキングカメハメハ産駒で短距離の3勝馬。近親に日経賞勝ちで菊花賞と天皇賞春で2着のアルナスラインがいます。

前走鳴尾記念では3着とはいえ、優勝馬とは0.7秒離されています。ただしあがりはメンバー中最速と、復調の気配。父のハービンジャー、母の父キングカメハメハはこの舞台が得意当日気配が良さそうなら勝ち負け。

ウインキートス

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
イクスキューズ ボストンハーバー Capote 
Harbor Springs 
クリスティキャット Majestic Light 
Toll Booth 

ウインキートスは牝馬ながら前走G2目黒記念を優勝。これまで16戦5勝2着5回3着3回。昨年春以降、芝2000m以上のレースを使われており、牝馬ながら長距離適性が高い馬。札幌も条件戦ながら2戦し、1勝2着1回と得意です。

ウインキートスの父は今年のオークス馬を輩出したゴールドシップ。ボストンハーバー産駒の母イクスキューズはクリーンカップの優勝馬で3勝を挙げています。ウインキートスの半兄にマンハッタンカフェ産駒で中山金杯2着のウインイクシードがいます。

成績を見る限り父ゴールドシップの影響が強い馬。父の産駒は腰が甘く行き脚が付かないタイプが多いが、ウインキートスは先行し早い脚も使えるタイプ。16戦中13戦で上り3番手以内と末脚は安定しています。

前走目黒記念では52kgの軽ハンデがモノを言ったレース。2番手に付け、上り32.5秒、2着に0.3秒差を付け完勝。逃げ馬は殿負けですが、上位入賞馬は先行馬で且つ軽ハンデ馬。全体的にはスローペースに助けられて印象。

今回は55kgと前走よりハンデ3kg重くなるのはマイナス。しかも前走はG2とはいえ、メンバーはG3クラス。今回はG1の常連が相手なので一気にメンバーが強力になります。見送り。

トーラスジェミニ

キングズベスト Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Allegretta Lombard
Anatevka
エリモエトワール マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ステラーオデッセイ Northern Dancer
Queen Sucree

トーラスジェミニは前走七夕賞で重賞初制覇。これまで29戦8勝3着1回前々走の安田記念で5着に入っているように、ここにきて調子を上げています。

トーレスジェミニの父はキングマンボ産駒のキングズベスト。英2000ギニーの勝ち馬で、日本の産駒にダービーと天皇賞秋優勝のエイシンフラッシュ。マンハッタンカフェ産駒の母エリモエトワールはダート未勝利の1勝馬。近親に目立った活躍馬はいません。

典型的な逃げ馬で、7勝中6勝が逃げ切り勝ち。前走は2番手でしたが、逃げ馬と行った行ったの展開で、2着の逃げ馬とは首差だけ。稍重で芝が滑り、時計も2分2秒2とかかっているのであまり評価はできません。

今回はメンバーが一気に強化。目標にされやすく、楽には逃げられません。また5歳で29戦は出走過多で、能力的な上がり目は疑問今回は見送り。

ステイフーリッシュ

ステイゴールド サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ゴールドサッシュ ディクタス 
ダイナサッシュ 
カウアイレーン キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
シルバーレーン Silver Hawk 
Strait Lane 

ステイフーリッシュはこれまで24戦2勝2着5回3着7回3歳時の京都新聞杯勝ち。新馬戦以来重賞しか使っておらず、重賞22戦中16戦で掲示板、中13戦で馬券前走京都記念でも優勝馬ラヴズオンリーユーに0.2秒差2着と堅実に走ります。

ステイフーリッシュの父はステイゴールド。母カウアイレーンは5勝のマイラー。母の半姉にNHKマイルカップ馬のピンクカメオ、半兄にヌレイエフ産駒のブラックホークがスプリンターズステークスと安田記念を制しています。

中距離で活躍し、重賞で勝ち切れず、また函館や福島など力のいる馬場で馬券に絡むなどは父ステイゴールドの血が濃い証拠。父は晩成型なので、力の衰えはまだありません。前走から6か月の休み明けですが、ポン掛けもするタイプ。

洋芝は2019年の函館記念で3着、同年のブラストワンピースが優勝した札幌記念で9着。展開が向けば走ります。統計的に3着が多いため、三連複か3連単の3着付けで。

 

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました