2021年第56回G3北九州記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年北九州記念の注目馬を分析!

北九州記念の特徴

G3北九州記念は第4回小倉開催4日目に行われる3歳以上芝1200mのハンデキャップ戦です。国際競走に指定され外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方馬は認定馬のみ2頭まで出走登録が可能です。

北九州記念はサマースプリントシリーズの第4戦に指定され、着順により着順により1着10P、2着5P、3着4P、4着3P、5着2P、6P以下は1点が加算されます。

本年度はサマースプリントシリーズ第2戦のCBC賞が同じ小倉で開催されるので、その成績がダイレクトに反映されることが予想されます。↓過去10年の北九州記入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年北九州記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー  牡7 富田暁 白井牧場
池添学(栗東) サクラローレル 55kg 名古屋友豊(株)
1 2 エングレーバー  オルフェーヴル 牡5 浜中俊 ノーザンファーム
中内田充 (栗東) シンボリクリスエス 54kg キャロットファーム
2 3 コンパウンダー   アドマイヤムーン 53 荻野極 ダーレー・ジャパン・F
石橋守 (栗東) Manduro 56kg ゴドルフィン
2 4 ノーワン ハーツクライ 牝5 川又賢治 飛野牧場
笹田和秀 (栗東) Caerleon 53kg 藤田好紀
3 5 ロジクライ ハーツクライ 牡8 秋山真一郎 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) Machiavellian 56kg 久米田正明
3 6 ファストフォース ロードカナロア 牡5 鮫島克駿 三嶋牧場
西村真幸 (栗東) サクラバクシンオー 55kg 安原浩司
4 7 ジャンダルム Kitten’s Joy 牡6 福永祐一 North Hills Co. Limited
池江泰寿 (栗東) サンデーサイレンス 57.5kg 前田幸治
4 8 メイショウケイメイ  ワークフォース 牝5 藤懸貴志 富田牧場
南井克巳 (栗東) デュランダル 51kg 松本好雄
5 9 シゲルピンクルビー モーリス 牝3 和田竜二 天羽牧場
 渡辺薫彦 (栗東) High Chaparral 52kg 森中蕃
5 10 メイショウカリン ケイムホーム 牝7 酒井学 中脇一幸
笹田和秀 (栗東) デインヒル 51kg 松本好雄
6 11 アウィルアウェイ   ジャスタウェイ 牝5 松山弘平 ノーザンファーム
高野友和(栗東) キングカメハメハ 55.5kg 吉田勝己
6 12 モズスーパーフレア Speightstown  牝6 松若風馬 Alpha Delta Stabkes
音無秀孝(栗東) Christies Treasure  56.5kg キャピタル・システム
7 13 ファンタジステラ ダイワメジャー 牡7 藤井勘一郎 社台ファーム
音無秀孝 (栗東) Law Society 54kg グリーンファーム
7 14 レッドアンシェル マンハッタンカフェ 牡7 武豊 ノーザンファーム
庄野靖志 (栗東) Storm Cat 58kg 東京ホースレーシング
7 15 メイショウキョウジ ダイワメジャー 牡6 斎藤新 三嶋牧場
藤岡健一 (栗東) Kris S. 54kg 松本好雄
8 16 アスコルターレ ドゥラメンテ 牡3 藤岡康太 ノーザンファーム
西村真幸 (栗東) Danehill Dancer 52kg サンデーレーシング
8 17 ヨカヨカ スクワートルスクワート 牝3 幸英明 本田土寿
谷潔 (栗東) Danehill Dancer 51kg 岡浩二
8 18 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー  牡7 岩田望来 白井牧場
池添学(栗東) サクラローレル 55kg 名古屋友豊(株)

勝ち馬予想に役立つ!北九州記念の注目馬分析

モズスーパーフレア

Speightstown Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Silken Cat Storm Cat
Silken Doll
Christies Treasure Belong to Me Danzig
Belonging
Roses At Sunset Valid Appeal
Bid Gal

モズスーパーフレアは昨年の高松宮記念の優勝馬昨年の北九州記念でも2着しています。高松宮記念後休養し、北九州記念からスプリンターズステークスの日程は3年連続2年前は4着なので、この舞台は得意。

モズスーパーフレアの父は2004年ブリダーズカップ・スプリントを優勝したスパイツタウンで、ミスタープロスペクター系に名種牡馬ゴーンウエストを父に、カナダ2歳牝馬チャンピオン・シルケンキャットを母に持つ良血。

ハイペースで飛ばす逃げ馬で、最後まで息が持つかがこの馬の競馬スタートから長い下り坂が続き、直線は短く平坦という小倉芝1200mはこの馬にはうってつけの舞台です。今回はハンデ56.5kgと実質のトップハンデ。ただし、昨年も同斤量を背負い2着しているので斤量面の不安はありません。

ただし、本番は次走のスプリンターズステークスで、出走には賞金が足りているため叩き台の可能性も。抑えまで。

ジャンダルム

Kitten’s Joy El Prado  Sadler’s Wells 
Lady Capulet 
Kitten’s First  Lear Fan 
That’s My Hon 
ビリーヴ サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
グレートクリスティーヌ Danzig 
Great Lady M. 

ジャンダルムはこれまで21戦5勝2着1回3着3回2歳時にデイリー杯2歳ステークスを優勝し、ホープフルステークスでも2着3歳時に弥生賞で3着に入り皐月賞、ダービーに出走しましたが共に惨敗。以後はマイル重賞を中心に使われていますが、3着2回が最高。

ジャンダルムの父は米中距離G1を2勝したキトゥンズジョイで、米国で多くのG1馬を輩出していますが、日本での重賞勝ちは本馬のみ。母はサンデーサイレンス直仔でスプリンターズステークスと高松宮記念を優勝し2003年のJRA最優秀4歳以上牝馬に輝いたビリーヴ。

ジャンダルムの半兄にキングマンボ産駒のファリダットが安田記念3着、メダグリアドーロ産駒のフィドゥーシアがアイビスサマーダッシュ3着と、影響力は母系から。

前々走G1馬が多数参加しハイレベルだった阪急杯で優勝馬に0.3秒差3着に入り、前走距離短縮で臨んだ中山芝1200mのリミテッドクラスで1分7秒3という早い時計で優勝短距離適性の高さを見せており、今まで距離が長かった印象。

今回ハンデは57.5kgと前走より0.5kgプラス。馬体が500kg近いのでこの程度のプラスは問題ないものの、重賞勝ちが無いにも関わらず重賞勝ちでG1で3着の実績があるアウィルアウェイと同程度の評価はやや見込まれた印象。抑えまで。

アウィルアウェイ

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル Wild Again 
シャロン 
ウィルパワー キングカメハメハ Kingmanbo
マンファス
トキオリアリティー Meadowlake 
What a Reality 

アウィルアウェイは昨年のシルクロードステークスの優勝馬。これまで18戦4勝2着1回3着4回で、昨年のスプリンターズステークスでも3着に入っています。前走小倉で行われたCBC賞で実質トップハンデを背負い1分6秒2という早い時計で3着に入っています。

アウィルアウェイの父はジャスタウェイ。母ウィルパワーは4勝馬。アウィルアウェイの半兄に安田記念とマイルチャンピオンシップを勝ったインディチャンプがいる良血。祖母トキオリアリティーの血の影響が濃く、近親はほぼ短距離馬かマイラーです。

今まで早い時計で走ったことがありませんでしたが、時計が出やすい小倉で、1分6秒台前半で走破したのは収穫。しかも上りはメンバー中最速です。今年の小倉は連続開催で出芝が荒れていることが予想され、今回は時計が遅くなると思われます。

ハンデは前走と同じ55.5kgと据え置き。もともと短距離の追い込み馬なので、前が止まる展開なら本馬には有利。今年の北九州記念は例年より時計が掛かると考えられ、前が止まる展開なら出番。連下で。

ヨカヨカ

スクワートルスクワート Marquetry Conquistador Cielo
Regent’s Walk
Lost the Code Lost Code
Smarter By the Day
ハニーダンサー Danehill Dancer デインヒル
Mira Adonde
ハニーバン Unfuwain
Cocotte

ヨカヨカはこれまで9戦3勝2着2回重賞勝ちは有りませんが、新馬から小倉芝1200mで3連勝フィリーズレビューと葵ステークスで2着に入り、前走CBC賞でも5着に入賞。マイルの桜花賞ではブービー負けでしたが、それ以外は掲示板を外していません。

ヨカヨカの父スクワートルスクワートはミスタープロスペクター系の短距系種牡馬。スクワートルスクワート産駒の芝走破距離も1200m台で、2006年から日本で繋養されていますが未だに重賞勝ちは無し。

ヨカヨカの母ハニーダンサーはデインヒルダンサー産駒の短距離馬で、未勝利で引退。近母系から平地の活躍馬は出ていません。血統内にノーザンダンサーの5×5×4の濃いクロスとデインヒルの血があり本馬のスピード能力を押し上げています。

前走5着でしたが、1分6秒4で走破しているので改めてスプリント能力の高さを証明。ただし同世代でハンデキャッパーに同じハンデの評価を受け、シンザン記念勝ちがあるピクシーナイトからは0.2秒差を付けられています。

今回ハンデは前走と同じ51kg前走0.2秒差を付けられたアウィルアウェイも据え置きなので計算上の逆転の可能性は低いと言えます。また父の底力が弱いのも難点。今回は見送り。

 

シゲルピンクルビー

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ムーンライトベイ High Chaparral Sadler’s Wells
Kasora
ムーンライトダンス Sinndar
Style of Life

シゲルピンクルビーは今年のフィリーズレビューの優勝馬。これまで5戦2勝阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞に出走し共に2桁敗退。前走函館スプリントステークスでは2番人気でしたが、優勝馬から0.5秒離され9着に敗退しています。

シゲルピンクルビーの父はマイルG1を6勝したモーリス。母ムーンライトベイが未出走も、祖母ムーンライトダンスが英国芝2000mG3の勝ち馬、シゲルピンクルビーの半姉にダイワメジャー産駒で桜花賞2着、秋華賞3着のシゲルピンクダイヤがいます。

シゲルピンクルビーはロベルト系も、血統内にサドラーズウェルズの4×3、ノーザンダンサーの5×4×5のクロスを持っており、かなり重厚な配合。

フィリーズレビューの勝ち時計1分20秒7は過去10年で最も早い時計ですが、逃げ、2番手はどん尻負けなので相当ハイペース。7番手でなだれ込んだシゲルピンクダルビーは漁夫の利を得た格好。血統的にもマイル以上の馬なので、本質的にスプリンターではありません。

また前走惨敗したにもかかわらず、今回は前走よりプラス2kg。さらに今回はG1常連馬が相手と不利な条件が重なります。見送り。

ファストフォース

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ラッシュライフ サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
フレンドレイ デインヒル
マーチンミユキ

ファストフォースは前走初重賞だったCBC賞を優勝これまで15戦6勝2着2回3歳までに未勝利を脱出できず、地方競馬で3勝を挙げて中央への出戻りですが、休養前は地方・JRAを含め短距離で4連勝を飾っています。

ファストフォースはロードカナロア。サクラバクシンオー産駒の母ラッスライフは2歳重賞で2着2回がある短距離の2勝馬。ファストフォースの半兄にディープインパクト産駒のアデイインザライフが新潟記念を勝っています。

母系がサクラバクシンオー、デインヒルスピードタイプの血が重ねられ、父が短距離馬のロードカナロアと生粋のスプリンター血統。父も母の父も古馬になってからも力を付けています。

休養前2戦で人気に反して掲示板を外しているのは太目残りのため。前走休み明けで絞れて出走、ポン掛けで1分6秒0のコースレコードで優勝しているのでスプリンターとしての素質の高さが伺えます。

今回はハンデ55kgと、前走より3kgも重くなりますが、馬体が500kgを超えるので特に問題はないでしょう。また前走重賞を勝った古馬であるにもかかわらず、オープンクラスと同じ評価は恵まれた印象。

サマースプリントシリーズチャンピオンの期待がかかる一戦で、勝負かかっていると考えられ、今回も勝ち負け。

レッドアンシェル

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society 
Santa Luciana 
スタイルリスティック  Storm Cat  Storm Bird 
Terlingua 
Magnificient Style  Silver Hawk 
Mia Karina 

レッドアンシェルは昨年の北九州記念の優勝馬。これまで22戦6勝2着2回3着5回で、重賞は他に2019年のCBC賞勝ちがあります。

レッドアンシェルの父は長距離G1を3勝し万能系種牡馬のマンハッタンカフェ。レッドアンシェルの母スタイルリスティックは米国で芝のリミテッドクラスを2勝。母の父に快速馬ストームバードの血があり、レッドアンシェルのスプリント適正はこの馬から。

昨年スプリンターズステークで4番人気も、優勝馬から0.7秒離され6着。今年は高松宮記念に出走していますが、殿負けを喫しています。休養明けはあまり走らない叩き良化型。時計が出やすい小倉コースはスピード能力が落ちる7歳以上の馬の成績は良くありません。

ハンデも58kgと、昨年優勝時よりも1kg重くなります。不利な条件が多く、今回は見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました