2021年第57回G3新潟記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年新潟記念の注目馬を分析!

新潟記念の特徴

G3新潟記念は第3回新潟開催8日目に行われる3歳以上芝2000mのハンデキャップ戦です。国際競走に指定され、外国調教馬は9頭馬まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は2頭まで登録可能です。

サマー2000シリーズの第5戦で、着順により1着10点、2着5点、3着4点、4着3点、5着2点、6着以下は1点が加算されます。サマーシリーズ最終戦のためポイント争い上位陣の本気度が異なり、夏の新潟最終日を飾るのにふさわしいレースです。

↓過去10年の新潟記念入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年新潟記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 サトノアーサー ディープインパクト  牡7 石川裕紀人 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) Redoute’s Choice 57kg サトミホースカンパニー
1 2 ザダル トーセンラー 牡4 石橋脩 新冠橋本牧場
大竹正博 (美浦) Lemon Drop Kid 57.5kg キャロットファーム
2 3 ショウナンバルディ  キングズベスト 牡5 戸崎圭太 木村牧場
松下武士 (栗東) Redoute’s Choice 55kg 国本哲秀
2 4 レッドサイオン ロードカナロア 牡5 杉原誠人 ノーザンファーム
藤沢和雄 (美浦) アアグネスタキオン 53kg 東京レーシング
3 5 リアアメリア ディープインパクト 牝4 川田将雅 ノーザンファーム
中内田充 (栗東) Rockport Harbor 55kg シルクレーシング
3 6 パルティアーモ ワークフォース 牝5 横山武史 ノーザンファーム
池上昌和 (美浦) アドマイヤベガ 52kg サンデーレーシング
4 7 マイネルサーパス アイルハヴアナザー 牡5 柴田大和 TR・ラフィアン
高木登 (美浦) タマモクロス 56kg ビッグレッドファーム
4 8 ギベオン ディープインパクト  牡6 岩田望来 社台ファーム
藤原英昭(栗東) Ghostzapper 57.5kg 社台レースホース
5 9 アドマイヤポラリス ジャスタウェイ 牡5 三浦皇成 下屋敷牧場
友道康夫 (栗東) Unbridled’s Song 55kg 近藤旬子
5 10 ラーゴム オルフェーヴル 牡3 津村明秀 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) Candy Ride 53kg 林正道
6 11 ラインベック ディープインパクト 牡3 池添謙一 金子真人H
友道康夫 (栗東) キングカメハメハ 54kg ノーザンファーム
6 12 ヤシャマル  キズナ 牡4 菅原明良 船越伸也
尾形和幸 (美浦) アグネスデジタル 54kg 高橋文男
7 13 ラインベック ディープインパクト 牡3 横山典弘 金子真人H
友道康夫 (栗東) キングカメハメハ 54kg ノーザンファーム
7 14 エフェクトオン ディープインパクト  牡5 木幡巧也 社台ファーム
久保田貴 (美浦) Kalatos 53kg 社台レースホース
8 15 プレシャスブルー ディープインパクト 牡7 柴田善臣 石郷岡雅樹
相沢郁 (美浦) アンバーシャダイ 54kg 石瀬浩三
8 16 マイネルファロン ステイゴールド 牡6 M.デムーロ ビッグレッドファーム
手塚貴久 (美浦) ロージズインメイ 55kg TC・ラフィアン
8 17 トーセンスーリヤ ローエングリン 牡6 横山和生 エスティファーム
小野次郎 (美浦) デュランダル 57.5kg 島川隆哉

勝ち馬予想に役立つ!新潟記念の注目馬分析

サダル

トーセンラー ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
プリンセスオリビア Lycius
Dance Image
シーザシー Lemon Drop Kid Kingmambo
Charming Lassie
Magic Broad Broad Brush
Illeria

サダルは前走のエプソムカップで重賞初制覇3歳時は3連勝でダービートライアルのリミテッドクラス・プリンシパルステークスを制し、セントライト記念でも3着しています。これまで10戦5勝3着2回の実績。

サダルの父はディープインパクト産駒でマイルチャンピオンシップ勝ちのトーセンラー。2マイルの天皇賞春でも2着しています。母シーザシーは未勝利馬も、母の父レモンドロップキッドは米ダート中距離G1を4勝。

血統内にキングマンボの血を持ち、さらにミスタープロスペクターの4×4の濃いクロスがあるため、ややスピードとパワーが勝った配合です。

左回りの東京・新潟で5戦3勝3着1回と得意父がこのレースと相性が良いディープインパクト系なのはプラスです。

ただし、重賞勝ちは前走1回しか無いにかかわらず、オープン・リミテッドクラスを2勝しているのでトップハンデの57.5kgを背負い、前走より1.5kgも負担増とやや見込まれた印象。57kg以上を背負うのは2年前の菊花賞以来です。マイナス面もあり、今回は連下で。

トーセンスーリア

ローエングリン シングスピール In the Wings
Glorious Song
カーリング Garde Royale
Corraleja
トーセンガラシャ デュランダル サンデーサイレンス
サワヤカプリンセス
フェリアード ステートリードン
ユキグニ

トーセンスーリアは前走の函館記念で重賞2勝目昨年の新潟大賞典勝ちがあり、2走前の新潟大賞典でも人気薄で4着しています。これまで34戦6勝2着7回3着4回で、オープン昇格後は宝塚記念を含め全戦で8位入賞を果たしています。

トーセンスーリアの父はマイルG2勝ち4勝のローエングリン。デュランダル産駒の母トーセンガラシャは未勝利馬。母の半姉に半紙ジュベナイルフィリーズ勝ちでエリザベス女王杯2着のテイアムプリキュア、半兄に障害重賞3勝のテイエムハリアーがいます。

前走で1年ぶりの重賞勝利をおさめ、重賞2勝なので今回はトップハンデの57.5kg。前走より1.5kg増ですが、3勝クラスで57kgを背負い優勝し、宝塚記念でも58kgの斤量を経験済み前走の着差から考えても極端に成績が落ちるとは考えられません。調子落ちさえしていなければ実力的に勝ち負け。

リアアメリア

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
リアアントニア Rockport Harbor Unbridled’s Song 
Regal Miss Copelan 
Beer Baroness Mr. Greeley 
Lavish Numbers 

リアアメリアは昨年のローズステークス、一昨年アルテミスステークスと重賞2勝。これまで11戦3勝ですが、秋華賞で2番人気も13着に敗れて以来、1度も掲示板に載っていません。

リアアメリアの父はディープインパクト母リアアントニアは米国ブリダーッズカップ・ジュベナイルフィリーズの優勝馬。ミスタープロスペクターの3×5の濃いクロスを持っており、ディープインパクト産駒でもスピードに勝ったタイプ。

前走ヴィクトリアマイルでは8番人気で13着と精彩を欠いています。一息入れていますが、3歳時に活躍したディープインパクト産駒は古馬になって伸び悩むタイプが少なくなく、リリアメリアもそのタイプか。

近走不振も重賞2勝に実績から、牡馬なら57kgに相当する55kgでの出走。牝馬同士でもこの斤量で負け続けているので、強力牡馬相手ではやはり酷。今回は見送り。

 

ラーゴム

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
シュガーショック Candy Ride Ride the Rails
Candy Girl
Enthusiastically Distorted Humor
Unbridled Hope

ラーゴムは今年のきさらぎ賞の優勝馬。これまで6戦2勝2着2回で、皐月賞・ダービーに出走していますが、共に2桁着順で敗れています。

ラーゴムの父はオルフェーヴル母シュガーショックは米国産で、米国ダート中距離G3をはじめ5勝。母の父キャンディライドは芝・ダート兼用で、2002年当時芝マイル戦で世界レコードを叩き出したアルゼンチンの名馬。父、母の父を考えても適距離は2000m前後。

重量勝ちがありながら、今回は前走より4kgも軽い53kgで出走できるのはかなり有利。2018年には同様に春のクラシック路線で重賞勝利のブラストワンピースが54kgで新潟記念を制し、過去10年で唯一の3歳牡馬が絡んだ事例。同じく重賞勝ちがあり、さらに1kg軽いラーゴムにも勝機は十分。連下で。

クラヴェル

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
ディアデラマドレ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ディアデラノビア サンデーサイレンス
ポトリザリス

クラヴェルはこれまで11戦3勝2着2回3着2回重賞勝ちはありませんが、前々走初重賞のマーメイドステークスで2着、前走の中京記念で3着しているように、G3クラスなら勝ち負けできる実力があります。

クラヴェルの父はエピファネイアキングカメハメハ産駒の母ディアデラマドレは重賞3勝で、エリザベス女王杯3着の実績。祖母ディアデラノビアも重賞3勝で、G1で3着3回。一族も重賞で活躍する馬が多く、母の半弟ドレッドノータスも重賞で2勝しています。

クラヴェルは血統内にサンデーサイレンスの4×3の濃いクロスを持っており、父、母共大レースに強い血が重ねられています。今回のハンデは前走と据え置きの52kg近走不振のリアアメリアが55kgを背負うのを考えればかなり有利。長くいい脚を使える本馬には新潟コースが合っています。勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました