【2022年度版】京成杯入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る京成杯の入賞馬

京成杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2021 1 3 グラティアス 牡3 56kg 2.03.1 ハーツクライ Lizard Island
2 1 タイムトゥヘヴン 牡3 56kg 2.03.5 ロードカナロア アドマイヤベガ
3 5 テンバガー 牡3 56kg 2.03.7 モーリス スペシャルウィーク
2020 1 1 クリスタルブラック 牡3 56kg 2.0.2.1 稍重 キズナ タイキシャトル
2 8 スカイグルーヴ 牝3 54kg 2.02.2 エピファネイア キングカメハメハ
3 6 ディアスティマ 牡3 56kg 2.02.6 ディープインパクト ストリートセンス
2019 1 6 ラストドラフト 牡3 56kg 2.01.2 ノヴェリスト ディープインパクト
2 5 ランフォザローゼス 牡3 56kg 2.01.4 キングカメハメハ ディープインパクト
3 2 ヒンドゥタイムズ 牡3 56kg 2.01.4 ハービンジャー ディープインパクト
2018 1 8 ジェネラーレウーノ 牡3 56kg 2.01.2 スクリーンヒーロー ロックオブジブラルタル
2 3 コズミックフォース 牡3 56kg 2.01.3 キングカメハメハ ネオユニヴァース
3 1 イェッツト 牡3 56kg 2.01.4 カンパニー キングカメハメハ
2017 1 5 コマノインパルス 牡3 56kg 2.02.5 パゴ フジキセキ
2 6 ガンサリュート 牡3 56kg 2.02.5 ダノンシャンティ クロフネ
3 2 マイネルスフェーン 牡3 56kg 2.02.6 ステイゴールド ジェイドロバリー
2016 1 3 ブロフェット 牡3 56kg 2.01.4 ハービンジャー タニノギムレット
2 2 ケルフロイデ 牡3 56kg 2.01.6 キングカメハメハ Monsun
3 1 メートルダール 牡3 56kg 2.01.6 ゼンノロブロイ Silver Hawk
2015 1 8 ベルーフ 牡3 56kg 2.02.3 ハービンジャー サンデーサイレンス
2 4 ブラックバゴ 牡3 56kg 2.02.3 パゴ ステイゴールド
3 3 クルーガー 牡3 56kg 2.02.3 キングカメハメハ ディクタット
2014 1 6 ブレイアンドリアル 牡3 56kg 2.01.1 デュランダル ディンバーカントリー
2 8 キングズオブザサン 牡3 56kg 2.01.4 チチカステナンゴ サンデーサイレンス
3 6 ラデイインザライフ 牡3 56kg 2.01.4 ディープインパクト サクラバクシンオー
2013 1 5 フェイゲーム 牡3 56kg 2.02.3 ハーツクライ アレミロード
2 8 アクションスター 牡3 56kg 2.02.3 アグネスタキオン Loup Solitaire
3 6 ケイアイチョイス 牡3 56kg 2.02.5 ステイゴールド シンボリクリスエス
2012 1 4 ベストディール 牡3 56kg 2.00.6 ディープインパクト Loup Solitaire
2 8 マイネルロブスト 牡3 57kg 2.00.7 ゼンノエルシド メジロライアン
3 4 アドマイヤブルー 牡3 56kg 2.00.9 キングカメハメハ フジキセキ

京成杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2021 1 1 グラティアス 新馬(中3か月) 1 1
2 2 タイムトゥヘヴン 未勝利 3 1
3 6 テンバガー 未勝利 2 1
2020 1 7 クリスタルブラック 新馬(中5週) 3 1
2 1 スカイグルーヴ 新馬(中9週) 1 1
3 4 ディアスティマ 1勝クラス 2 3
2019 1 4 ラストドラフト 新馬(中7週) 1 1
2 2 ランフォザローゼス 500万下 1 2
3 7 ヒンドゥタイムズ 新馬(中6週) 3 1
2018 1 1 ジェネラーレウーノ 500万下 4 1
2 2 コズミックフォース 未勝利(中11週) 1 1
3 6 イェッツト 新馬(中4週) 6 1
2017 1 1 コマノインパルス 500万下 9 2
2 7 ガンサリュート 未勝利(中3か月) 1 1
3 3 マイネルスフェーン ホープフルS 8 2
2016 1 5 ブロフェット OP 2 5
2 7 ケルフロイデ ラジオNIKKEI京都2歳S 4 5
3 2 メートルダール 500万下 3 1
2015 1 3 ベルーフ 500万下 2 1
2 1 ブラックバゴ ホープフルS 9 3
3 6 クルーガー 500万下 6 2
2014 1 5 ブレイアンドリアル 朝日FS 2 7
2 1 キングズオブザサン 500万下 3 1
3 4 ラデイインザライフ 新馬(中3週) 1 1
2013 1 7 フェイゲーム 未勝利(中5週) 6 1
2 5 アクションスター ラジオNIKKEI杯 4 4
3 9 ケイアイチョイス 未勝利(中9週) 6 1
2012 1 2 ベストディール 500万下 1 1
2 5 マイネルロブスト 朝日FS 5 9
3 1 アドマイヤブルー ホープフルS 5 1

京成杯と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着3回3着1回、連対率6割、複勝率7割

2番人気 1勝2着3回3着1回、連対率4割、複勝率5割

3番人気 1勝2着0回3着1回、連対率0割、複勝率2割

1番人気は連対率6割、複勝率7割と連軸と信頼できる数字。2番人気も連対率4割あります一方で3番人気は連対率1割、複勝率2割と信頼できません。

過去10年で馬連が1、2番人気で決まったことは1度しかありませんが、1、2番人気とも馬連で外れたことは2度しかなく、馬券は堅め。また過去10年で2桁人気が馬券に絡んだことは1度もありません。

なお5番人気の2勝2着2回で連対率が4割、7番人気が2勝2着2回3着2回、連対率4割、複勝率6割なので、中穴狙いが妥当です。

前走と馬券

ホープフルS         0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

朝日FS            1勝2着1回3着0回、占有率6.7%

京都2歳S           0勝2着2回3着0回、占有率6.7%

オープン・リミテッドクラス 1勝2着0回3着0回、占有率3.4%

1勝クラス           4勝2着2回3着3回、占有率30.0%

新馬・未勝利         4勝2着4回3着5回、占有率43.3%

有力馬は1カ月ほど前に同じコース・距離で行われえる2歳G1ホープフルステースを使っているため、1勝クラスや新馬・未勝利からの出走組が強いレース。馬券全体の7割以上を格上挑戦組が占めます。格上挑戦組は前走の成績が直結し、全ての馬が前走馬券になっています。

次いで同じコースで行われるホープフルステークス組が全体の10%。こちらは全ての馬が同レースで掲示板に載っています。一方、同じ2歳G1の朝日杯フューチュリティステークス組は前走人気も惨敗した口。こちらは血統など距離延長がプラスになる馬がいれば買い。

血統と馬券   

サンデーサイレンス系   12頭

ミスタープロスペター系  6頭

ノーザンダンサー系    4頭

ロベルト系        3頭

その他          5頭

2000mの重賞ですが、過去10年で馬券になった30頭中、日本の主流血統であるサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬は30頭中12頭、全体の40%とやや少なめ。ただし母の父まで含めると非サンデーサイレンス系は1頭だけと、サンデーサイレンスの血は必須。

父サンデーサイレンス系であればディープインパクト系4頭やステイゴールド系2頭、ハーツクライ系2頭と長距離実績のある種牡馬。母の父のサンデーサイレンス系も同様で、現役時代にクラシックディスタンスで活躍した種牡馬が占めます。

ミスタープロスペクター系は全てキングカメハメハ系、ノーザンダンサー系4頭中3頭がハービンジャーと傾向がハッキリしています。スピードよりパワーとスタミナが必要なレースです。

性齢と馬券

2020年に1番人気だった良血牝馬のスカイグルーヴが2着に入りましたが、過去10年で牝馬が馬券に絡んだのはこの1頭のみ。よほど実力が抜きん出ていない限り、牝馬は無視して良いでしょう。

京成杯のレース及びコースの攻略法

中山金杯は中山内回り芝2000mCコースで行われます。スタートはスタンド正面で第4コーナーを過ぎた地点から。スタートから最初のコーナーまで367m、Aコース使用より30m距離が短くなり先行争いはやや激しくなります。

ただし中山は小回りなのですぐにペースは落ち着きます。冬の中山連続開催の後半のため芝は荒れ時計が掛かります。またスタート後とゴール前で中山名物の急坂を2度登ることになるので、実際に走る距離よりスタミナが必要です。

ゴール前の直線は310mと短くさらに中山名物の高低差2.2mの急坂が待ち受けます。中山は先行と言われますが、こと3歳の若駒が走る京成杯ではスタミナロスを避けるため後方に控えらえる馬の方が好成績を挙げています。

過去10年で逃げ切り勝ちは無く、優勝馬に限れば3、4コーナーで10番手近辺に控えていた馬が5頭、さらに馬券に絡んだ30頭中、第4コーナーで5番手以内が13頭、6番手以下が17頭なので差し有利な傾向。

また過去10年の勝ち時計で2分を切ったことはなく平均で2分01~02秒と遅めパワーとスタミナを兼ね備えた馬なら先行馬を差し切れます

 

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました