2022年第70回G2阪神大賞典予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2022年阪神大賞典の注目馬を分析!

阪神大賞典の特徴

G2阪神大賞典は第1回阪神開催12日目に行われる4歳以上芝3000mの別定戦です。負担重量は4歳牡・騙馬55kg、同牝馬53kg。5歳以上牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。過去の重賞勝利実績により負担重量が加算されます。加算条件は以下の通り。

2kg増・・・過去1年以内に牝馬限定を除くG1勝利馬。

1kg増・・・過去1年以内に牝馬限定G1勝利馬、同G2勝利馬。一年以上前に牝馬限定及び2歳G1を除くG1勝利馬。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は天皇賞(春)出走候補馬3頭まで出走登録が可能です。

阪神大賞典は天皇賞(春)へのステップレースに指定され、JRA所属馬であれば優勝馬に、地方所属馬であれば2着以内に入った馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられます。

↓過去10年の阪神大賞典入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2022年阪神大賞典出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ダンビュライト ルーラーシップ 騙8 松若風馬 ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) サンデーサイレンス 56kg サンデーレーシング
2 2 シロニイ   キングカメハメハ 牡8 団野大成 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) サンデーサイレンス 56kg 金子真人H
3 3 シルヴァーソニック オルフェーヴル 牡6 川田将雅 社台ファーム
池江泰寿 (栗東) トニービン 56kg 社台レースホース
4 4 トーセンカンビーナ  ディープインパクト 牡6 石川裕紀人 社台ファーム
角居勝彦 (栗東) Hawk Wing 56kg 島川隆哉
4 5 ゴースト  ハーツクライ 騙6 鮫島克駿 ノーザンファーム
橋口慎介 (栗東) Cozzene 56kg 西村健
5 6 キングオブドラゴン ハーツクライ 牡5 坂井瑠星 社台ファーム
矢作芳人 (栗東) コロナドズクエスト 56kg 窪田芳郎
5 7 アイアンバローズ オルフェーヴル 牡5 石橋脩 ノーザンファーム
角居勝彦 (栗東) Royal Anthem 56kg 猪熊広次
6 8 ユーキャンスマイル  キングカメハメハ 牡7 藤岡佑介 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) ダンスインザダーク 56kg 金子真人H
6 9 マカオンドール ゴールドシップ 牡4 吉田隼人 ノーザンファーム
今野貞一 (栗東) Darshaan 55kg 關陽彦
7 10 マンオブスピリット ルーラーシップ 騙5 池添謙一 ノーザンファーム
斉藤崇史 (栗東) サンデーサイレンス 56kg ホシノレーシング
7 11 ディープボンド キズナ 牡5 和田竜二 村田牧場
大久保龍 (栗東) キングヘイロー 57kg 前田晋二
8 12 アドマイヤアルバ ハーツクライ 騙7 原田和真 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) Bernstein 56kg 近藤旬子
8 13 サンアップルトン ゼンノロブロイ 牡6 松岡正海 ケイズ
中野栄治 (美浦) キングカメハメハ 56kg 加藤ステーブル

勝ち馬予想に役立つ!阪神大賞典の注目馬分析

ディープボンド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ゼフィランサス キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
モガミヒメ カコイーシーズ
モガミポイント

ディープボンドは昨年の阪神大賞典の優勝馬。これまで15戦4勝2着3回3着1回。重賞は他に京都新聞杯、フランスGⅡフォア賞を優勝し、昨年の天皇賞春と有馬記念で2着しています。

ディープボンドの父はキズナ。母ゼフィランサスは短距離からマイルを3勝の条件馬。近親に高松宮記念とスプリングステークスを勝ったローレルゲレイロがいます。母の父が短距離馬を多く出すキングヘイローなので、ディープボンド距離適性は父のキズナから。

今年はハンデ57kgも、天皇賞春で58kgを背負って接戦しており斤量負けはしません。スタミナ豊富で先行抜け出しが持ち味で、天皇賞春・有馬記念でもメンバー中2、3番手の脚を使っているように切れ味も兼ね備えています。

天皇賞春への叩き台で余裕残しも考えられますが、前走に比べればメンバーははるかに手薄実績を考えれば、勝ち負け。

マカオンドール

ゴールドシップ ステイゴールド サンデーサイレンス 
ゴールデンサッシュ 
ポイントフラッグ メジロマックイーン 
パストラリズム 
ミリオンウィッシーズ Darshaan Shirley Heights
Delsy
Moonlight’s Box Nureyev
Coup de Genie

マカオンドールはこれまで15戦4勝2着回3着4回重賞はラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス、京都新聞杯で3着の実績。今回は2勝クラスと長距離オープンの万葉ステークスを連勝して阪神大賞典に駒を進めています。

マカオンドールの父はゴールドシップ。ダルシャーン産駒の母ミリオンウィッシーズは英国産の3勝馬。母の半兄は欧州中長距離GⅠ5勝、日本で種牡馬として活躍するパゴ、半弟は欧州マイルGⅠ2勝のマキオンキスという良血。

15戦中12戦でメンバー中上り3番手以内、ここ4戦はメンバー中最速と父ゴールドシップ譲りの末脚が持ち味。前走はハンデ52kgでの優勝も、今回と同じ斤量で芝2600mを余裕勝ちしていることからも+3kgの斤量増は問題ないでしょう。連下で。

アイアンバローズ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

アイアンバローズはこれまで17戦4勝2着4回3着3回。過去に中長距離GⅡを5戦し、前走ステイヤーズステークスで2着に入り本賞金を加算しています。

アイアンバローズの父はオルフェーヴル。米国産の母パレスルーマーは海外で5勝。アイアンバローズの半兄にベルモントステークス他米国GⅠ2勝のパリスマリスがいます。母の父ロイヤルアートマンは中長距離GⅠ3勝。

平地重賞最長距離のステイヤーズステークスで逃げ粘っているように、祖父ステイゴールドから伝わるスタミナが持ち味。前走は逃げましたが、後方からでも競馬ができるため、ディープボンドにマークされるようなら後ろでマークする可能性も。連下で。

ユーキャンスマイル

キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector 
Miesque 
マンファス ラストタイクーン 
Pilot Bird 
ムードインディゴ ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
リープフォージョイ Sharpo 
Humble Pie 

ユーキャンスマイルは2020年の阪神大賞典の優勝馬で、昨年も2着。これまで25戦6勝2着4回3着1回。重賞は他にダイヤモンドステークスと新潟記念勝ちがあり、菊花賞3着、天皇賞春で2度掲示板に載っているように長距離は得意。

ユーキャンスマイルの父はキングカメハメハ。母ムーンインディゴはダンスインザダーク産駒で府中牝馬ステークスの優勝馬で秋華賞とローズステークスで2着している活躍馬。距離適性は母の父のダンスインザダークから。

昨年の阪神大賞典で2着に入っていますが、その後GⅡ1戦、GⅠ4戦して掲示板に載っておらず、いずれも優勝馬から1秒近く離され、自慢の末脚も鳴りを潜めています。長距離重賞では高齢馬が活躍も、近走実績を見ると既に燃え尽きている可能性が。今回は見送り。

トーセンカンビーナ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
カンビーナ Hawk Wing Woodman 
La Lorgnette 
Await  パントレセレブル 
Starring Role 

トーサンカンビーナはこれまで21戦4勝2着4回3着2回重賞勝ちはありませんが、2020年の阪神大賞典で2着、続く天皇賞春で5着、前走ダイヤモンドステークスで3着に入っており、3000m超えのレースで安定した成績を残しています。

トーセンカンビーナの父はディープインパクト母カンビーナはアメリカンオークスをはじめ重賞3勝の活躍馬。トーセンカンビーナの全弟ファルコニアがJRAで5勝。血統的には中~中長距離馬も、3000m超えのレースで実績を残しているは父の血が影響。

長距離の追い込み馬で、ほとんどのレースが最後方からの直線勝負。そのためレースの結果は展開次第。今回は先行馬が多く、後半切れ味勝負になった場合は台頭。抑えで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました