【2022年度版】アーリントンカップ入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るアーリントンカップの入賞馬

アーリントンカップの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2021 1 5 ホウオウアマゾン 牡3 56kg 1.34.2 キングカメハメハ アグネスタキオン
2 5 リッカンバッカー 牡3 56kg 1.34.4 ロードカナロア City Zip
3 6 レイモンドバローズ 牡3 56kg 1.34.5 ヴィクトワールピサ Medaglia d’Oro
2020 1 5 タイセイビジョン 牡3 56kg 1.34.3 稍重 タートルボウル スペシャルウィーク
2 7 ギルテッドミラー 牝3 54kg 1.34.6 オルフェーヴル  Tiznow
3 7 プリンスリターン 牡3 56kg 1.34.7 ストロングリターン マンハッタンカフェ
2019 1 5 イベリス 牝3 54kg 1.34.2 ロードカナロア ボストンハーバー
2 5 カトドラル 牡3 56kg 1.34.2 ハーツクライ ロックオブジブラルタル
3 6 トオヤリトセイト 牡3 56kg 1.34.2 ドリームジャーニー アドマイヤコジーン
2018 1 5 タワーオブロンドン 牡3 56kg 1.33.4 Raven’s Pass Dalakhani
2 1 バクスアメリカーナ 牡3 56kg 1.33.2 クロフネ サンデーサイレンス
3 7 レッドヴェイロン 牡3 56kg 1.33.6 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2017 1 6 ペルシアンナイト 牡3 56kg 1.34.1 ハービンジャー サンデーサイレンス
2 8 フェッドアンシェル 牡3 56kg 1.34.6 マンハッタンカフェ Storm Cat
3 2 ディバインコード 牡3 56kg 1.34.8 マツリダゴッホ ヘクタープロスペクター
2016 1 4 レインボーライン 牡3 56kg 1.34.1 ステイゴールド フレンチデピュティ
2 7 ダンツプリウス 牡3 56kg 1.34.1 ブライアンズタイム マンハッタンカフェ
3 8 ロワアブソリュー 牡3 56kg 1.34.1 ゼンノロブロイ Storm Cat
2015 1 6 ヤングマンパワー 牡3 56kg 1.35.9 スニッツェル サンデーサイレンス
2 4 アルマワイオリ 牡3 57kg 1.35.9 マツリダゴッホ ピルサドスキー
3 8 マテンロウハピネス 牡3 56kg 1.35.9 ダイワメジャー モンジュー
2014 1 8 ミッキーアイル 牡3 57kg 1.34.0 ディープインパクト ロックオブジブラルタル
2 6 タガノグランパ 牡3 56kg 1.34.6 キングカメハメハ スペシャルウィーク
3 3 フェルメッツァ 牡3 56kg 1.34.8 ディープインパクト トニービン
2013 1 6 コパノリチャード 牡3 56kg 1.34.8 ダイワメジャー トニービン
2 3 カオスモス 牡3 56kg 1.35.0 マイネルラヴ ファルブラブ
3 2 レッドアリオン 牡3 56kg 1.35.1 アグネスタキオン ダンシングブレーヴ
2012 1 8 ジャスタウェイ 牡3 56kg 1.36.3 ハーツクライ Wild Again
2 2 オリービン 牡3 56kg 1.36.4 ダイワメジャー Zilzal
3 3 アルキメデス 牡3 56kg 1.36.6 アドマイヤムーン Seeking the Gold

 

人気 馬名 前走 人気
2021 1 1 ホウオウアマゾン 朝日FS 3 9
2 10 リッカンバッカー 未勝利 1 1
3 7 レイモンドバローズ 1勝クラス 2 1
2020 1 1 タイセイビジョン 朝日FS 2 2
2 4 ギルテッドミラー 1勝クラス 1 1
3 5 プリンスリターン シンザン記念 5 2
2019 1 12 イベリス フィーリーズレビュー 9 4
2 7 カトドラル 京成杯 5 11
3 11 トオヤリトセイト 500万下 1 1
2018 1 1 タワーオブロンドン 朝日FS 2 3
2 3 バクスアメリカーナ 500万下 2 1
3 4 レッドヴェイロン 未勝利 1 1
2017 1 1 ペルシアンナイト シンザン記念 1 3
2 6 フェッドアンシェル 朝日FS 4 8
3 3 ディバインコード OP 1 2
2016 1 4 レインボーライン シンザン記念 7 6
2 9 ダンツプリウス OP 4 1
3 7 ロワアブソリュー きさらぎ賞 3 7
2015 1 9 ヤングマンパワー OP 4 3
2 5 アルマワイオリ 朝日FS 14 2
3 7 マテンロウハピネス 新馬 1 1
2014 1 1 ミッキーアイル シンザン記念 1 1
2 3 タガノグランパ 3歳500万下 1 1
3 6 フェルメッツァ 3歳500万下 2 5
2013 1 1 コパノリチャード 3歳500万下 1 1
2 2 カオスモス シンザン記念 2 4
3 4 レッドアリオン シンザン記念 4 5
2012 1 2 ジャスタウェイ きさらぎ賞 3 4
2 3 オリービン シンザン記念 3 7
3 6 アルキメデス きさらぎ賞 5 9

アーリントンカップと馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 6勝2着1回3着0回、連対率6割、複勝率6割

2番人気 1勝2着1回3着0回、連対率2割、複勝率2割

3番人気 0勝2着3回3着1回、連対率3割、複勝率4割

1番人気は6勝、連対率・複勝率共に7割と連軸として信頼。一方2番人気は連対率・複勝率共に2割と馬券的に信頼できません。3番に気も連対率3割、複勝率4割なので人気に割にイマイチの成績。1番人気の対抗で能力の比較無しで2,3番人気に推されているなら切り。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は2回。そのうち一回は優勝で3着も2桁人気。2桁人気が馬券に絡んだ年は1~3番人気が総崩れで大荒れ。ただし、1番人気が馬券になっている時は昨年を除き3着まで8番人気以内と比較的堅く収まっています。

当初からNHKマイルカップを目指してアーリントンカップで1番人気になっている馬は信用できますが、前走皐月賞トライアルで今一歩の成績でアーリントンカップに登録しているようなら、人気でも疲労度を疑った良いでしょう。

前走と馬券

朝日杯FS     3勝2着2回3着0回、占有率16.6%

シンザン記念  3勝2着2回3着3回、占有率26.7%

きさらぎ賞   1勝2着0回3着2回、占有率10.0%

その他重賞   2勝2着1回3着0回、占有率10.0%

OP・1勝クラス 0勝2着5回3着3回、占有率26.7%

新馬・未勝利  0勝2着1回3着2回、占有率10.0%

シンザン記念組が全体の1/3を占め、同レースがアーリントンカップと非常に親和性が高いレースだと分かります。シンザン記念組で馬券になった8頭は全て前走1桁人気で1桁着順。前走の成績が良い馬ほど、アーリントンカップ上位に来ます。

また朝日杯フューチュリティステークス組は前走で馬券になっているか、5番人気以内距離適性から当初から定量戦のアーリントンカップを叩きNHKマイルを目指すため、完調で出走して来ます。

一方、オープン・1勝クラスも全体の1/3を占めますが、こちらは2、3着が多い傾向。3着までに入らないとNHKマイルカップに出走できないので目一杯仕上げてきますが、厳しい流れを経験していない分、素質馬に比べ重賞では一歩足りない印象です。

なおオープンからの出走で馬券になった3頭は全てジュニアカップ組出走してきたら注意。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   16頭

ミスタープロスペクター系 10頭

ノーザンダンサー系      4頭

ロベルト系          2頭

馬券になった30頭中、サンデーサイレンス系の種牡馬を父持つ馬が16頭、全体の約半分。クラッシック路線のマイル重賞ではディープインパクト産駒が圧倒的に強いのですが、アーリントンカップではわずか2頭。

一方、ダイワメジャー3頭、ステイゴールド系3頭、アグネスタキオン2頭、マツリダゴッホ2頭、ハーツクライ2頭と、比較的パワーがある種牡馬や長距離志向の種牡馬が馬券になっています。

次点はミスタープロスペター系10頭で、全体の1/3。他の系統も比較的パワー系の種牡馬が並びますアーリントンカップが阪神開催最終週で馬場が荒れ、スピードよりパワーが優先の血統が有利。

性齢と馬券

牝馬は過去10年で優勝が1回のみ。前走桜花賞トライアルのフィリーズレビューで4着と桜花賞を目指していた馬で、桜花賞も前週なので調整しやすかった勝因。重賞出走歴があり、そこで勝ち負けできない牝馬なら軽視。

アーリントンカップのレース及びコースの攻略法

アーリントンカップはコーナーを2つ回る阪神芝外回り1600mのコースを使用。スタートはスタート向こう側。ホームストレッチの中央付近から。

スタートから最初のコーナーまで433mと十分な距離がるためポジション争いはスムーズ。また最初のコーナーまでほぼ平坦、第3~第4コーナーの径も緩やかでスピードを持続しながらコーナーを回れます。しかも第3コーナー手前から緩やかな下り坂が続きます。

阪神連続開催最終週なので内ラチは荒れて時計がかかるため、ほとんどの馬は芝の外側を走ります。そのため馬場を選んで走れる先行の1、2番手の逃げ馬、および外枠の馬が有利。実際に1枠に入った先行、差し馬は終始馬場の悪い所を走らされるため、過去10年で1頭しか馬券になっていません。

最後の直線は476mと長く、ゴール前1ハロンに高低差1.9mの急坂が待ち受けます。差し、追い込みが有利なコースですが、前述のとおり芝目の良いところを通れる1、2番手の成績が良く、第4コーナーを回った時点で5番手以内の馬が全体の6割を占めます。

過去10年で逃げ馬は3勝3着2回。2回に1回は馬券になっているので注意が必要。また瞬発力よりパワーが必要なので勝ち時計や上り時計はやや遅め。平均で1分34秒台の決着、上りも34秒台で十分勝負になります。しぶとい馬が勝つレースです。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました