2022年第66回G1大阪杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2022年大阪杯の注目馬を分析!

大阪杯の特徴

G1大阪杯は第2阪神開催4日目に行われる4歳以上芝2000mの定量戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、牝馬55kg。国際競走に指定され、外国調教場は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属場は出走資格のある馬のみ出走できます。

JRA所属馬は当年の中山記念と金鯱賞優勝馬、レーティング上位5頭までに優先出走権が与えられます。

↓過去10年の大阪杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2022年大阪杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 スカーフェイス ハーツクライ 牡6 岩田康誠 グランド牧場
橋田満 (栗東) クロフネ 55kg グランド牧場
1 2 レッドジェネシス ディープインパクト 牡4 藤岡康太 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Storm Cat 56kg 東京ホースレーシング
2 3 ヒュミドール   オルフェーヴル 騙6 M.デムーロ 宮内牧場
小手川準 (美浦) チチカステナンゴ 56kg サンライズ
2 4 ジャックドール モーリス 牡4 藤岡佑介 クラウン日高牧場
藤岡健一 (栗東) Unbridled’s Song 56kg 前原敏行
3 5 アカイイト キズナ 牝5 幸英明 辻牧場
中竹和也 (栗東) シンボリクリスエス 55kg 岡浩二
3 6 エフフォーリア エピファネイア 牡4 横山武史 ノーザンファーム
鹿戸雄一 (美浦) ハーツクライ 57kg キャロットファーム
4 7 ウインマリリン スクリーンヒーロー 牝7 松岡正海 コスモヴューファーム
手塚貴久 (美浦) Fusaichi Pegasus 56kg ウイン
4 8 ポタジェ ディープインパクト 牡5 吉田隼人 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Awesome Again 56kg 金子真人H
5 9 アリーヴォ ドゥラメンテ 牡4 武豊 ノーザンファーム
杉山晴紀 (栗東)  Harlan’s Holiday 54kg シルクレーシング
5 10 ヒシイグアス  ハーツクライ 牡6 池添謙一 ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) Bernstein 58kg 阿部雅英
6 11 ステラリア キズナ 牝4 福永祐一 白老ファーム
相沢郁 (美浦) Motivator 54kg 社台レースホース
6 12 ショウナンバルディ  キングズベスト 牡6 坂井瑠星 木村牧場
松下武士 (栗東) Redoute’s Choice 56kg 国本哲秀
7 13 キングオブコージ ロードカナロア 牡6 横山武史 白老ファーム
安田翔伍 (栗東) Galileo 56kg 増田和啓
7 14 レイパパレ ディープインパクト 牝4 川田将雅 ノーザンファーム
高野友和 (栗東) クロフネ 56kg キャロットファーム
8 15 アフリカンゴールド ステイゴールド 騙7 国分恭介 ゴドルフィン
西園正都 (栗東) Gone West 56kg ダーレー・ジャパン・F
8 16 マカヒキ ディープインパクト 牡9 岩田望来 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 金子真人H

勝ち馬予想に役立つ!大阪杯の注目馬分析

エフフォーリア

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
ケイティーズハート ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ケイティーズファースト Kris
Katies

エフフォーリアは昨年のJRA年度代表馬。これまで7戦6勝2着1回昨年は皐月賞、天皇賞秋、有馬記念とGⅠを3勝し、2着だったダービーもハナ差なので準パーフェクトの成績

エフフォーリアの父はエピファネイア。母ケイティーズハートはハーツクライ産駒でダート中距離の3勝馬。母の近親にJRA年度代表馬のアドマイヤムーン。血統内にサンデーサイレンスの4×3の濃いクロス、ヘイルトゥリーズンの5×5のクロスを持ちます。

父がエピファネイア、母の父がハーツクライなので血統的には中長距離馬。陣営が不安視していた有馬記念勝ちは不思議ではないものの、皐月賞、天皇賞秋で圧倒的なパフォーマンスを見せていることからも大阪杯の2000mは適鞍。

また有馬記念から比べるとGⅠ勝ち馬は昨年の覇者レイパパレ、エリザベス女王杯馬のアカイイト、既にピークが過ぎた9歳馬のマカヒキという前走に比べてもかなり手薄なメンバー唯一の不安は初の西下遠征で体調管理が問題。それ以外は負ける要素がほとんどありません。勝ち負け。

ジャックドール

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ラヴァリーノ Unbridled’s Song Unbridled 
Trolley Song 
Sous Entendu Shadeed
It’s in the Air

ジャックドールは前走金鯱賞を初重賞で優勝。これまで6戦2勝2着1回。3歳春のクラシック路線は出遅れで出走が叶いませんでしたが、昨秋から中距離に狙いを定め条件戦から金鯱賞まで芝2000mを5連勝しています。

ジャックドールの血はモーリス。アンブライドルズソングの母ラヴァリーノは米国産で英国にて2勝。祖祖母からストーミングホーム他海外GⅠ馬が多数出ています。また血統内にミスタープロスペターの4×3の濃いクロスを持ちます。

2戦連続で芝2000mを1分57秒前半で逃げ切り勝ちしており、前走もハンデ差があったとはいえレイパパレ、アカイイトと2頭のGⅠを退けています。また馬齢斤量であっても計算上2着のレイパパレに半馬身差で勝っている計算になるので、かなり強いと言えます。

4戦連続で逃げているように、今回もレースの主導権はジャックドール。ジャックドールの東京芝2000mも持ち時計はエフフォーリアより上であり、斤量を加味してもエフフォーリアより早い時計で逃げられます。

またエフフォーリアが初阪神なのに対し、ジャックドールは阪神芝2000mを2度経験しているアドバンテージがあります。あとはエフフォーリア、レイパパレ、アカイイトのマークをどう凌ぐか。自分のペースで走れればエフフォーリア完封の可能性もあります。対抗で。

レイパパレ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
シェルズレイ クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
オイスターチケット ウイニングチケット
ナムラビアリス

レイパパレは昨年の大阪杯の優勝馬。これまで11戦6勝2着1回3着1回。重賞は他にチャレンジカップ勝ち、宝塚記念でも3着前走金鯱賞では3戦振りに馬券に絡んで2着しています。

レイパパレの父はディープインパクト。母シェルズレイは3勝馬もチューリップ賞とローズステークスで2着。母の全弟にNHKマイル2着、ダービー3着のブラックシェル。またレイパパレの全兄はG2ホープフルステークス、G3CBC賞勝ちのシャイニングレイ。

母系を見る限りマイラーで、大阪杯・チャレンジカップ勝ち、金鯱賞2着と2000m実績はありますが基本的にはギリギリの距離。前走で早い時計に対応できたのは父の血のパフォーマンスがなせる業か。

今回は前走に比べ2kg軽くなるので、小柄なレイパパレには大きなアドバンテージです。ただし、今回主導権を握るジャックドールとは前走の着差では逆転できず、またエフフォーリアのマークもきつくなります。能力は高いものの、今回は抑えで。

アカイイト

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ウアジェト シンボリクリスエス Kris S.
Tee Kay
リーチトゥピース Mud Route
Waki Betty

アカイイトは昨年のエリザベス女王杯の優勝馬。これまで22戦5勝2着4回3着2回前走金鯱賞ではGⅠ馬にも関わらず5番人気と低評価でしたが、優勝馬ジャックドールから0.6秒差3着に食い込んでいます。

アカイイトの父はキズナ。シンボリクリスエス産駒の母ウアジェイトは芝マイルの2勝馬。近親に活躍馬はおらず、血統も5代先までクロスが無いアウトブリードです。

これまで22戦中19戦で上り3番手以内、さらに13戦で上り最速しかも5回も34秒を切る上りを繰り出しているように、基本的に末脚勝負の馬。直線一気型の競馬なのでレースの結果は展開次第で他力本願型。

今回もジャックドールが引っ張るため、このアカイイトの末脚が生きる展開が予想されます。ただし前走ジャックドール、レイパパレが上がり34.6秒であったの対し、アカイイトは34.7秒。先行している2頭よりも上りが遅いため、逆転はできません。今回は見送り。

ヒシイグナス

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
ラリズ  Bernstein Storm Cat
La Affirmed
La Marlene Rainbow Corner
La Cardinale

ヒシイグナスは昨年の中山金杯と中山記念を連勝。これまで13戦6勝2着4回前走香港カップでは日本馬として初めてブリダーズカップフィリー&メアターフを優勝したラブズオンリーユーに頭差2着しているように能力はGⅠ級です。

イシイグアスの父はハーツクライ。母ラズリはアルゼンチン産で同国G3・2勝を含む9勝を挙げた活躍馬。血統内にヘイローの3×5の濃いクロスを持っています。

体質が弱く、昨年中山記念勝ち以降は大阪杯に向かわず休養。秋初戦は天皇賞秋をぶっつけで使って5着。叩き2戦目の香港カップ2着しているように非常に高い能力を持っています。今回も4ヵ月の休養を取って万全の態勢で臨んできます。

とは言え、天皇賞秋ではエフフォーリアに0.8秒差と圧倒的な差上りも0.5秒差を付けられており、まだ成長途上のエフフォーリアを逆転できるかと言うとかなり疑問。またジャックドールが引っ張るレースなので、早い時計決着が無いヒシイグナスは苦戦が予想されます。抑えまで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました