2022年第36回GⅡセントウルステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2022年セントウルステークスの注目馬を分析!

セントウルステークスの特徴

2021年のGⅡセントウルステークスは第5回中京開催2日目に3歳以上芝1200mの別定戦で行われます。本来なら阪神競馬場での開催ですが、今年は京都競馬場改修工事に伴い中京競馬場で代替開催されます。

負担重量は3歳牡・騙馬54kg、同牝馬52kg、4歳以上牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。過去のGⅠ・GⅡの優勝歴により負担重量が加算され、1年以内GⅠ馬は2kg増、GⅡ及び牝馬限定GⅠ勝利馬は1kg増、1年以上前のGⅠ勝利馬は1kg増。

国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。地方所属馬はスプリンターズステークス出走候補馬3頭まで出走可能です。

セントウルステークスはサマースプリントシリーズの最終戦に指定され、着順により1着12P、2着6P、3着5P、4着4P、5着3P、6着以下1Pが加算されます。

またセントウルステークスはスプリンターズステークスのステップレースに指定され、同レースに優勝したJRA所属馬、及び2着までに入った地方所属馬にスプリンターズステークスへの優先出走権が与えられます。

過去10年のセントウルステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら

2022年セントウルステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ボンボヤージ ロードカナロア 牝5 川須栄彦 ASKSTUD
梅田智之 (栗東) ディープインパクト 54kg 廣崎利洋
2 2 シャンデリアムーン アドマイヤムーン 牝6 斎藤新 松田牧場
斎藤誠 (美浦) タイキシャトル 56kg 鈴木芳夫
3 3 ジャスパープリンス Violence 牡7 松山弘平 Hill ‘n’ Dale Equine H Inc
森秀行 (栗東) Bernardini 54kg 加藤和夫
4 4 メイショウケイメイ  ワークフォース 牝6 古川吉洋 富田牧場
南井克巳 (栗東) デュランダル 54kg 松本好雄
4 5 メイケイエール ミッキーアイル 牝4 池添謙一 ノーザンファーム
武英智 (栗東) ハービンジャー 55kg 名古屋競馬
5 6 タイセイアベニール ベーカバド 牡7 藤岡康太 松本信行
西村真幸 (栗東) ブライアンズタイム 56kg 田中成奉
5 7 サンライズオネスト ダイワメジャー 牡5 横山典弘 ヤナガワ牧場
河内洋 (栗東) ジャングルポケット 56kg 松岡隆雄
6 8 モントライゼ ダイワメジャー 牡4 川田将雅 ノーザンファーム
松永幹夫 (栗東) Nayef 56kg キャロットファーム
6 9 ダディーズビビッド キズナ 牡4 竹之下智明 上水牧場
千田輝彦 (栗東) フレンチデピュティ 56kg 田島大史
7 10 チェアリングソング マツリダゴッホ 牡5 坂井瑠星 岡田スタッド
青木孝文 (美浦) エアジハード 54kg ノルマンディーTC
7 11 ソングライン  キズナ 牝4 C.ルメール ノーザンファーム
林徹 (美浦) シンボリクリスエス 56kg サンデーレーシング
8 12 ファストフォース ロードカナロア 牡6 団野大成 三嶋牧場
西村真幸 (栗東) サクラバクシンオー 56kg 安原浩司
8 13 ラヴィングアンサー ダイワメジャー 牡8 菱田裕二 笠松牧場
石坂正(栗東) Rock of Gibraltar 56kg 江口雄一郎

勝ち馬予想に役立つ!セントウルステークスの注目馬分析

メイケイエール

ミッキーアイル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス
シロインジャー ハービンジャー Dansili
Penang Pearl
ユキチャン クロフネ
シラユキヒメ

メイケイエールは前走の京王杯スプリングカップ優勝で重賞5勝目。これまで11戦6勝昨年のスプリンターズステークスで4着、今年の高松宮記念でも5着短距離実績は出走メンバー中最右翼

メイケイエールの父はディープインパクト産駒でマイルGⅠ2勝のミッキーアイル。母シロイレンジャーは未勝利も、祖母ユキチャンはNRA最優秀牝馬。ソダシとは祖祖母が同じ。サンデーサイレンスの3×4、デインヒルの4×4の濃いクロスを持ちます。

前走の京王杯スプリングカップは1番人気に応え、走破時計は1分20秒1で標準的なタイム。もともと引っかかりやすい気性で、ベストより1ハロン延長でも結果を出しているのは能力がある証拠。そのため前走より距離短縮はプラス。

夏は休養に充て、今回はスプリンターズステークスへの叩き台で余裕残しが考えられますが、ポン駆けが利き、メンバーが手薄抑えが利かない気性なら、馬なりに走らせ能力的にここはすんなり勝利か。引っかからなければ勝ち負け。

ソングライン

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ルミナスパレード シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
ルミナスポイント アグネスタキオン
ソニンク

ソングラインは今年の安田記念の優勝馬。これまで11戦5勝2着2回3着1回3歳春はNHKマイルカップで2着し、関屋記念で3着富士Sでは古馬相手に優勝今年はサウジのGⅢ1351スプリントでも優勝しています。

ソングラインの父はキズナ。シンボリクリスエス産駒のルミナスパレードはダート短距離の4勝馬。母の半妹にクロフネ産駒のジューヌエコールが短距離重賞を2勝しています。

血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロス、ヘイルトゥリーズンの5×5のクロスがあるので爆発力ある馬。母系にシンボリクリスエス、アグネスタキオンとパワー型の種牡馬が重ねられています。

11戦中9戦が左回りで、右回り2戦は共に2桁着順明らかにサウスポー例年と違い、左回りの中京で開催される今年のセントウルSは本馬にとってはプラス。ただし1200mの出走歴はなく血統的にもスプリンターではありません。しかもメンバー中実質トップハンデの56kgを背負います

目標はあくまで秋のマイル戦で、本気でスプリンターズステークスを目指す馬に足元をすくわれる可能性が大。能力は上位も、抑えまで。

ジャングロ

More Than Ready サザンヘイロー Halo
Northern Sea
Woodman’s Girl Woodman
Becky Be Good
Goodbye Stranger Broad Brush Ack Ack
Hay Patcher
Prime Investor Deputy Minister
Starushka

ジャングロはニュージーランドトロフィーの優勝馬。これまで9戦4勝2着2回3着2回昨年末からニュージーランドトロフィーまでオープンクラス3連勝を飾っています。

ジャングロの父モアザンレディは米ダートGⅠを1勝のみも、種牡馬としてステークスウィナーを多数輩出。母ビーマイステレンジャーは米国産の未勝利馬。ジャングロの半兄のトムズレディが米ダート重賞3勝。

ニュージーランドトロフィー勝ちがありますが、マイル戦は3戦1勝。一方で1400m以下のスプリント戦は7戦3勝2着2回3着1回と馬券を外していません。さらに中京芝1200mはオープンクラス勝ちと、コース実績もあります。さらに前走より斤量2kg減はプラスです。実績からも勝ち負け。

ダディーズビビッド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ケイティーズギフト フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ケイティーズファースト Kris
Katies

ダディーズビビッドはこれまで16戦3勝2着4回3着2回重賞勝ちは無く今年のオーシャンステークスで4着が最高ここ2戦中京芝短距離オープン・リステッドクラスで2着2回、共に優勝馬から0.2秒差と好走しています。

ダディーズビビッドの父はキズナ。フレンチジュピティ産駒の母ケイティーズギフトはダート短距離の1勝馬。母の姉の子から2007年のJRA年度代表馬アドマイヤムーンが出ており、ダディーズビビッドの半兄でディープインパクト産駒のケイティプライドが函館記念で2着しています。

左回り短距離戦は8戦1勝2着3回3着2回と得意で、馬券になった6戦中5戦はオープン・リステッドクラスでのもの。ただし重賞に一歩届かない実力であることは変わりなく、GⅠ出走歴があるメンバーが多数揃った今回は、能力的に見劣りします。見送り。

ボンボヤージ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ディープインアスク ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
マーズプリンセス デインヒル
ディアーミミ

ボンボヤージは前走北九州記念で重賞初制覇。これまで20戦5勝1着1回北九州記念は最低人気も、51kgの軽ハンデを活かし、メンバー中上り2番目の33.5秒の末脚で、1分6秒9の好時計勝ちをしています。

ボンボヤージの父はロードカナロア。ディープインパクト産駒の母ディープインアスクは未勝利馬。ボンボヤージの全兄のファンタジストが短距離重賞2勝、セントウルステークスでも2着しています。

血統内にヘイルトゥリーズン4×4の濃いクロスがあるため、爆発力がある反面、気性的に安定していないと考えられます。そのため、オープン昇格後は北九州記念を制覇するまで7戦連続で掲示板は無く、内6戦で2桁着順。

前走も軽ハンデを活かしての勝利なので、前走から3kg増の今回は明らかに不利。セントウルステークスを勝てばサマーチャンピオンの目がありますが、前走よりメンバーが揃った本レースではさすがに厳しいと考えられます。見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました