2023年第71回GⅡ阪神大賞典予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2023年阪神大賞典の注目馬を分析!

阪神大賞典の特徴

GⅡ阪神大賞典は第1回阪神開催12日目に行われる4歳以上芝3000mの別定戦です。負担重量は4歳牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。5歳以上牡・騙馬57kg、同牝馬55kg。過去の重賞勝利実績で負担重量が加算されます。加算条件は以下の通り。

2kg増・・・過去1年以内に牝馬限定を除くGⅠ優勝馬。

1kg増・・・過去1年以内に牝馬限定GⅠ優勝馬、同GⅡ優勝馬。一年以上前に牝馬限定及び2歳GⅠを除くGⅡ優勝馬。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は天皇賞(春)出走候補馬3頭まで出走登録が可能です。

阪神大賞典は天皇賞(春)へのステップレースに指定され、JRA所属馬なら優勝馬に、地方所属馬なら2着以内に入った馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられます。

↓過去10年の阪神大賞典入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2023年阪神大賞典出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ボルドグフーシュ スクリーンヒーロー 牡4 川田将雅 社台ファーム
宮本博 (栗東) Layman 56kg 社台レースホース
2 2 ユーキャンスマイル  キングカメハメハ 牡7 石橋脩 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) ダンスインザダーク 57kg 金子真人H
3 3 ジャスティンパレス ディープインパクト 牡4 C.ルメール ノーザンファーム
杉山晴紀 (栗東) Royal Anthem 57kg 三木正浩
3 4 サンレイポケット ジャンブルポケット 牡8 坂井瑠星 様似共栄牧場
高橋義忠 (栗東) ワイルドラッシュ 57kg 永井啓弍
4 5 メイショウテンゲン   ディープインパクト 牡7 浜中俊 三嶋牧場
池添兼雄 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 松本好雄
4 6 ノーチカルチャート ジャスタウェイ 牡7 丸野勝虎 社台ファーム
角田輝也 (愛知) ファルブラヴ 57kg 会田裕一
5 7 ブレークアップ ノヴェリスト 牡5 松山弘平 谷川牧場
黒岩陽一 (美浦) クロフネ 58kg 阿部東亜子
5 8 アイアンバローズ オルフェーヴル 牡6 岩田望来 ノーザンファーム
上村洋行 (栗東) Royal Anthem 57kg 猪熊広次
6 9 ゼーゲン ディープインパクト 牡8 武豊 白老ファーム
堀宣行 (美浦) Monsun 57kg G1レーシング
6 10 メロディーレーン  オルフェーヴル 牝6 今村聖奈 岡田スタッド
森田直行 (栗東) Motivator 55kg 岡田牧雄
7 11 アフリカンゴールド ステイゴールド 騙8 国分恭介 ゴドルフィン
西園正都 (栗東) Gone West 57kg ダーレー・ジャパン・F
7 12 シロニイ   キングカメハメハ 牡9 酒井学 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) サンデーサイレンス 57kg 金子真人H
8 13 ディープボンド キズナ 牡6 和田竜二 村田牧場
大久保龍 (栗東) キングヘイロー 58kg 前田晋二
8 14 アケルナルスター トーセンラー 牡4 横山琉人 岡田スタッド
清水英克 (美浦) タイキシャトル 56kg 永見貴昭

勝ち馬予想に役立つ!阪神大賞典の注目馬分析

ボルドグフーシュ

スクリーンヒーロー グラスワンダー Silver Hawk 
Ameriflora 
ランニングヒロイン サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
ボルドグザグ Layman サンデーサイレンス
ライール
Belga Wood Woodman
Madame Belga

ボルドグフーシュはこれまで10戦3勝2着2回3着3回重賞勝ちはありませんが、京都新聞杯と神戸新聞杯で3着。切符を掴んだ菊花賞では優勝馬アスクビクターモアとハナ差2着。続く有馬記念でも2着に入っています。

ボルドグフーシュの父はスクリーンヒーロー母ボルドグザグは仏国芝GⅢを優勝した3勝馬。近親にこれといった活躍馬はいません。ボルドグフーシュは血統内にサンデーサイレンスの3×3の濃いクロスを持ちます。

末脚勝負の馬で有馬記念まで7戦連続メンバー中上り最速をマーク血統の割に距離が持つのは末脚に徹しているからか。能力的にGⅠ級も、重賞勝ちが無いため本レースと同じ阪神3000mで行われた菊花賞より1kg軽い56kgで出走できるのはかなり有利勝ち負け。

ディープボンド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ゼフィランサス キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
モガミヒメ カコイーシーズ
モガミポイント

ディープボンドは2021年、2022年と阪神大賞典を連覇。これまで20戦5勝2着4回3着1回。重賞は他に京都新聞杯、仏国フォア賞勝ちがあり、天皇賞春も2年連続2着2021年の有馬記念でも2着し、長距離戦は得意

ディープボンドの父はキズナ。母ゼフィランサスは短距離からマイルを3勝の条件馬。近親に高松宮記念とスプリングステークスを勝ったローレルゲレイロ母の父が短距離馬を多く出すキングヘイローなので、ディープボンド距離適性は父のキズナから。

前走有馬記念は8着に敗れましたが、その前の凱旋門賞が超重馬場で、同じレースに参戦したタイトルホルダーも有馬記念で沈んだため見えない疲れが残っていたか。昨年と同じローテーションで間隔を空けて疲れが抜けているかが勝敗のカギ。

阪神大賞典はリピーターが多いレースで、過去にはゴールドシップが3連覇を達成しています。長距離戦は経験がモノを言うので、6歳になった今年も十分好走できます。勝ち負け。

ジャスティンパレス

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

ジャスティンパレスは昨年の神戸新聞杯の優勝馬で、これまで8戦3勝2着1回3着1回2歳時にホーフルSで2着、菊花賞でも3着の実績。前走で有馬記念に参戦していますが、優勝馬イクノイックスから1.1秒離され7着に敗れています。

ジャスティンパレスの父はディープインパクト。母パレスルーマーは米国産で海外5勝。の父ロイヤルアンセムは芝中長距離G13勝。ジャスティンパレスの半兄でオルフェーヴル産駒のアイアンバローズはステイヤーズS、阪神大賞典で2着。血統的にステイヤー。

GⅡ勝ちがあるため今回は57kgで出走。一方で、菊花賞、有馬記念で先着を許したボルドグフーシュが56kgなので不利は否めません。連下で。

アイアンバローズ

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

アイアンバローズは昨年の阪神大賞典の2着馬。これまで23戦4勝2着5回3着3回重賞勝ちはありませんが、一昨年のステイヤーズSでも2着。昨年の天皇賞春5着、同ステイヤーズSでも4着と長距離戦は得意です。

アイアンバローズの父はオルフェーヴル。米国産の母パレスルーマーは海外5勝。アイアンバローズの半兄にベルモントステークス他米国GⅠ2勝のパリスマリス、半弟に神戸新聞杯勝ち、菊花賞3着の2着のジャスティンパレス。母の父ロイヤルアートマンは中長距離GⅠ3勝馬。血統的にスタミナ豊富。

昨年秋からGⅡを3戦するも、ステイヤーズS4着が最高で、勢いが落ちています。また馬券になっているのは500kg以下で、ここ3戦は500kgを超えており、スタミナロスに繋がっている可能性も。また本レースに登録している半弟のジャティンパレスに比べると決め手に欠ける印象。今回は見送り。

ブレークアップ

ノヴェリスト Monsun Königsstuhl
Mosella 
Night Lagoon Lagunas 
Nenuphar 
リトルジュン クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
ベストタッセルド キングズベスト
Tasseled

ブレークアップは昨年のアルゼンチン共和国杯の優勝馬。これまで18戦5勝2着3回3着3回。前走有馬記念では11番人気、タイトルホルダーを2番手で追走するも第4コーナー手前で力尽き、優勝馬から3.8秒も離され16着の殿負け。

ブレークアップの父は欧州芝2400mGⅠ3勝のノヴェリスト。クロフネ産駒の母リトルジョンは未勝利馬。近親に活躍馬はいませんが、母系を遡るとマイルGⅠ7連勝のロックオブジブラルタルやマイルチャンピオンシップ2年連続2着のフィエロを輩出。

アルゼンチン共和国杯では54kgの軽量を活かしての勝利。3着だったヒートオンビートが57kgで0.2秒差。同斤量だったら逆に0.3秒引き離されています。

GⅡ勝ちがあるため、今回ディープボンド同じ58kgでの出走。好成績は2200~2500mで、3000m超の長距離レースに出走歴はありません。父は長距離向きも、母系はマイラー系。本質的に長距離は不利。見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました