【2024年度版】シルクロードステーク入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るシルクロードステークの入賞馬

シルクロードステークの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 2 ナムラクレア 牝4 56.5kg 1.07.3 ミッキーアイル Storm Cat
2 5 ファストフォース 牡7 57.5kg 1.07.3 ロードカナロア サクラバクシンオー
3 5 マッドクール 牡4 56kg 1.07.4 Dark Angel Indian Ridge
2022 1 2 メイケイエール 牝4 55kg 1.08.1 ミッキーアイル ハービンジャー
2 8 シャインガーネット 牝5 54kg 1.08.2 オルフェーヴル Gone West
3 5 ナランフレグ 牡6 56kg 1.08.3 ゴールドアリュール ブライアンズタイム
2021 1 7 シヴァージ 牡6 56kg 1.08.3 First Samurai Indian Charlie
2 1 ライトオンキュー 牡6 57.5kg 1.08.5 Shamardal Raven’s Pass
3 6 ラウダシオン 牡4 57kg 1.08.5 リアルインパクト Songandaprayer
2020 1 4 アウィルアウェイ 牝4 55kg 1.09.0 ジャスタウェイ キングカメハメハ
2 3 エイティーンガール 牝4 53kg 1.09.0 ヨハネスブルグ アグネスタキオン
3 7 ナランフレグ 牡5 54kg 1.09.1 ゴールドアリュール ブライアンズタイム
2019 1 1 ダノンスマッシュ 牡4 56.5kg 1.08.3 ロードカナロア ハードスパン
2 4 エスティタート 牝6 53kg 1.08.5 ドリームジャーニー トニービン
3 8 ティーハーフ 牡9 57kg 1.08.5 ストーミングホーム Green Desert
2018 1 1 ファインニードル 牡5 57kg 1.08.3 アドマイヤムーン Mark of Esteem
2 4 セイウンコウセイ 牡5 58kg 1.08.6 アドマイヤムーン Capote
3 2 フミノムーン 牡6 55kg 1.08.7 アドマイヤムーン ダンダーガルチ
2017 1 5 ダノンデレクター 牡7 57.5kg 1.07.8 アルテバランⅡ サンデーサイレンス
2 7 セイウンコウセイ 牡4 55kg 1.07.8 アドマイヤムーン Capote
3 6 セカンドテーブル 牡5 56kg 1.08.0 トワイニング サンデーサイレンス
2016 1 1 ダノンデレクター 牡6 57kg 1.07.9 稍重 アルテバランⅡ サンデーサイレンス
2 4 ローレルベローチェ 牡5 56kg 1.08.1 サクラバクシンオー キングヘイロー
3 4 ワキノブレイブ 牡6 55kg 1.08.4 マイネルラヴ ブライアンズタイム
2015 1 2 アンバルブライベン 牝6 56kg 1.07.8 ルールオブロー スプレンディモーメント
2 1 サンドストーム 牡6 56kg 1.08.0 ストーミングホーム Green Desert
3 8 セイコーライコウ 牡8 57kg 1.08.1 クロフネ サンデーサイレンス
2014 1 1 ストレイトガール 牝5 55kg 1.07.4 フジキセキ タイキシャトル
2 1 レディオブオペラ 牝4 55kg 1.07.8 シングスピール Kingmambo
3 3 リトルゲルダ 牝5 53kg 1.07.8 Closing Argument Buddha

シルクロードステーク入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 2 ナムラクレア スプリンターズS 2 5
2 10 ファストフォース OP 5 4
3 1 マッドクール 3勝クラス 1 1
2022 1 2 メイケイエール スプリンターズS 7 4
2 7 シャインガーネット L 1 3
3 3 ナランフレグ OP 2 1
2021 1 4 シヴァージ 京阪杯 5 5
2 3 ライトオンキュー スプリンターズS 6 9
3 2 ラウダシオン マイルチャンピオンシップ 6 15
2020 1 3 アウィルアウェイ 京阪杯 6 4
2 6 エイティーンガール 3勝クラス 2 1
3 8 ナランフレグ 3勝クラス 3 1
2019 1 1 ダノンスマッシュ 京阪杯 1 1
2 11 エスティタート 京阪杯 8 5
3 12 ティーハーフ L 9 3
2018 1 4 ファインニードル スプリンターズS 6 12
2 5 セイウンコウセイ 京阪杯 5 7
3 15 フミノムーン スワンS 11 17
2017 1 3 ダノンデレクター 阪神C 6 4
2 4 セイウンコウセイ OP 4 2
3 7 セカンドテーブル OP 2 2
2016 1 2 ダノンデレクター 阪神C 5 2
2 5 ローレルベローチェ OP 1 1
3 11 ワキノブレイブ OP 4 8
2015 1 2 アンバルブライベン OP 3 2
2 3 サンドストーム OP 2 5
3 12 セイコーライコウ OP 2 3
2014 1 2 ストレイトガール OP 1 1
2 1 レディオブオペラ OP 1 1
3 13 リトルゲルダ OP 13 3

シルクロードステークと馬券の傾向

過去10年の集計より。2021~23年は中京開催。

人気と馬券

1番人気 1勝2着1回3着1回、連対率1割、複勝率2割

2番人気 5勝2着0回3着1回、連対率5割、複勝率6割

3番人気 2勝2着2回3着1回、連対率4割、複勝率5割

ハンデキャップ戦らしく1番人気が信頼できないレース。ただし、2・3番人気の数字が良く、2番人気が5勝も挙げ、3番人気の連対率は4割と1番人気並みの安定感勝ち鞍は10年で1~3番人気が8頭、残り2回も4番人気。連軸は1~3番人気のいずれかから出ています。

しかも過去10年で1~3番人気が3着に絡んだのはたったの3回。つまり3着が大荒れ。過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は6回で、2着2回3着5回。三連単や三連複を買う際には強気で2桁人気を絡めて良いレースです。

前走と馬券

スプリンターズS  3勝2着1回3着0回

阪神カップ    2勝2着0回3着0回

京阪杯      3勝2着2回3着0回

その他重賞    0勝2着0回3着2回

OP・Lクラス   2勝2着6回3着6回

3勝クラス     0勝2着1回3着2回

勝ち鞍は前走重賞経験馬2、3着は前走OPやLクラスからの格上挑戦組が多いレース。勝ち鞍は前走スプリンターズSと京阪杯の3勝が最多。前走GⅠやGⅡの馬なら前走の人気や成績は関係ありません。やはり前走で厳しい流れを経験している分、OPで頭打ちが多いここでは相手関係が楽。

短距離重賞のローテーションとして適当な京阪杯組も過去10年で全体の16.7%を占めますが、馬券になった5中4頭は前走掲示板、残り1頭も5番人気以内。同じクラスで上位に来るため位にはそれなりに実力が必要なことが分かります。

その他格上挑戦組で馬券になった17頭中16頭が前走掲示板に載っており、その内14頭が馬券に絡んでいます。格上挑戦組は昇り調子が条件です。

血統と馬券

ミスタープロスペクター系 13頭

サンデーサイレンス系    9頭

ノーザンダンサー系           6頭

その他               2頭

ミスタープロスペクター系の種牡馬を父に持つ馬が強いレースで、馬券に絡んだ30頭中13頭、全体の4割を占めます。

特徴的なのはアドマイヤムーン産駒が4頭も馬券に絡んでいます。平坦小回りでゴール前直線が短い馬場が荒れた冬の京都内回りの短距離戦なので、一本調子でもスピードとパワーに秀でた種牡馬を父に持つ馬が馬券に絡みやすいことが分かります。

性齢と馬券

4歳     4勝2着3回3着2回、占有率26.7%

5歳     2勝2着3回3着3回、占有率30.0%

6歳   3勝2着3回3着3回、占有率40.0%

7歳以上 1勝2着1回3着2回、占有率13.3%

勝ち鞍は4歳と6歳で分け合っていますが、馬券の中心は全体の4割を占める6歳馬3着は高齢馬ほど絡みやすい傾向にあります。ハンデキャップ戦なので、スピードよりパワー優先で、現時点で馬体が完成している5、6歳馬が強いと分かります。

また過去10年で牝馬が5勝2着3回3着1回で、勝ち鞍は五分で全体の3割なのでかなり多め。勝ち鞍は4歳馬に偏っており、牝馬の有力馬が出走してきたら買い。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回、占有率0%

53~54kg  0勝2着3回3着2回、占有率16.7%

55~56kg  7勝2着4回3着5回、占有率53.3%

57kg以上   3勝2着3回3着3回、占有率30.0%

実力を評価されている重ハンデ馬が強いいレース。OPクラスからの格上挑戦組が多いので、重賞で揉まれている馬なら多少ハンデを背負っても勝ち切ってしまうと考えられます。

一方でハンデキャッパーに実力を認められない極端な軽ハンデ馬が馬券ならず、せいぜい2、3着。軽ハンデ馬は調子が良ければ紐付けが正解です。

シルクロードステークのレース及びコースの攻略法

GⅢシルクロードステークスはコーナーを2度回る京都芝内回り芝1200mを使用。スタートはスタンド向こう側、3コーナー手前の上り坂の麓から。スタートから最初のコーナーまでたったの180mしかなく、しかも初めから2.7mの坂を上り、先行争は熾烈。

最初のコーナーを回ると今度は最終コーナーまで長い下り坂。スタートダッシュが利く馬はスピードを落とさず先行できます。ただし、京都内回りは最終コーナーが直角に近く、スピードを上げ過ぎると外に振られて距離ロスします。

最後の直線は平坦で320m余りと短め。逃げ・先行有利なコースですが、前半でオーバーペースになりやすく決まり手は先行5番手以内と10番低下で両極端

京都開催過去7年で馬券に絡んだ21頭中、最終コーナーで5番手以内が8頭、全体の47.6%10番低下が33.3%。また平坦短距離戦の割に勝ち時計が遅く、1分7秒後半から1分8秒台。逆に上りは33秒台が必須短距離の追い込み馬でも勝ち切れるレースです。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました