2023年第16回GⅢカペラステークス予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2023年カペラステークスの注目馬を分析!

カペラステークスの特徴

GⅢカペラステークスは第5回中山開催4日目に行われる3歳以上ダート1200mの別定戦です。負担重量は3歳牡・騙馬56kg、同牝馬54kg、4歳以上牡・騙馬57kg、同牝馬55kg。過去の重賞成績により負担重量が加算され

1年以内のGⅠ勝利馬3kg増

1年以内の牝馬GⅠ及びGⅡ勝利馬、1年以上前のGⅠ勝利馬2kg増

1年以内のGⅢ勝利馬、及び1年以上前のGⅡと牝馬限定GⅠ勝利馬1kg増

国際競走に指定され外国調教馬は8頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され4頭まで登録可能です。

↓過去10年のカペラステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2023年カペラステークス出走表

勝ち馬予想に役立つ!カペラステークスの注目馬分析

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ピンシャン Speightstown 牡6 石橋脩 Dream With Me Stables Inc.
森秀行 (栗東) Unbridled’s Song 57kg 冨士井直哉
1 2 メタマックス Into Mischief 牡3 菅原明良 Brookstone Farm & Lee.M
森秀行 (栗東) Not For Love 56kg 藤田晋
2 3 テイエムトッキュウ ロードカナロア 牡5 津村明秀 高昭牧場
木原一良 (栗東) サクラバクシンオー 57kg 竹園正繼
2 4 デュアリスト ミッキーアイル 牡5 三浦皇成 ノーザンファーム
安田隆行(栗東) End Sweep 57kg サンデーレーシング
3 5 ラプタス ディープブリランテ 騙4 幸英明 藤原牧場
松永昌博(栗東) ボストンハーバー 58kg ヒダカ・ブリーダーズ・U
3 6 アイスリアン キズナ 牝5 亀田温心 岡田牧場
高柳大輔(栗東) サウスヴィグラス 55kg 村上憲政
4 7 スズカコテキタイ ディスクリートキャット 牡4 岩田康誠 グランド牧場
奥村武(美浦) サウスヴィグラス 57kg 永井 啓弍
4 8 オーロラテソーロ Malibu Moon 牡6 佐々木大輔 John R.PSpendthift F
畠山吉宏 (美浦) Not for Love 57kg 了徳寺健二H
5 9 オールアットワンス マクフィ 牝5 石川裕紀人 ノーザンファーム
中舘英二 (美浦) ディープインパクト 56kg 吉田勝己
5 10 タガノクリステル ドレフォン 牝4 戸崎圭太 新冠タガノファーム
長谷川浩大(栗東) アグネスタキオン 55kg 八木良司
6 11 アティード サウスヴィグラス 牡5 田辺裕信 小林仁
加藤士津 (美浦) ロックオブジブラルタル 57kg 高瀬正志
6 12 ベルダーイメル オルフェーヴル 牡6 吉田豊 川島牧場
本田優 (栗東) スニッツェル 57kg ケーエスHD
7 13 チェイスザドリーム ロードカナロア 牝4 藤岡佑介 グランド牧場
矢作芳人(栗東) アドマイヤムーン 55kg ヒダカ・ブリーダーズ・U
7 14 オメガレインボー アイルハヴアナザー 牡7 横山和生 岡田スタッド
安田翔伍 (栗東) アグネスタキオン 57kg 原禮子
8 15 カイザーメランジェ サクラオリオン 牡8 江田照男 谷岡スタット
中野栄治(栗東) サクラプレジデント 57kg ライフエンタープライズ
8 16 リュウノユキナ ヴァーミリアン 牡8 柴田善臣 藤川ファーム
小野次郎 (美浦) クロフネ 56kg 蓑島竜一

パウオレ

ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat
Island Kitty
Meadow Flyer Meadowlake
Shortley
エイシンピカデリー ハードスパン Danzig
Turkish Tryst
Lady’s Laughter Distorted Humor
Lady Tap

パウオレはこれまで8戦4勝2着1回3着2回。重賞経験はありません昨年9月に中山ダート1200mで1勝クラスを脱出すると、間隔を空けながら3勝クラスまで3連勝。前走中山ダート1200mOPで1番人気に推されるのの、優勝馬タガノクリステルから0.5秒離され2着敗退。

パウオレの父はヘニーヒューズ。ハードスパン産駒の母エイシンピカデリーはダート短距離の未勝利馬。一族にこれといった活躍馬はいません。パウオレは血統内にダンジグの3×5のクロスを持ちます。

中山ダート1200mは4戦3勝2着1回と得意。ただし、前走で一気にオープンの壁を越えられなかったのはマイナス。また馬体重は470kg程度。牝馬としては大柄でも、この時期にダートを走るには馬格が足りません。またカペラSは過去10年で牝馬は3着が1回あるのみ。見送り。

テイエムトッキュウ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
アグネスナチュラル サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
アグネスアテーナー サンデーサイレンス
アグネスオーロラ

テイエムトッキュウはこれまで15戦5勝2着2回。昨年まで芝短距離路線でしたが2勝クラス止まり。今年からダート路線に変更すると中山ダート1200mで3戦2勝2着1回。Lクラス勝ちし、OPでも3着前走京都ダート1200mOPを優勝馬から0.1秒差5着と惜敗

テイエムトッキュウの父はロードカナロア。サクラバクシンオー産駒のアグネスナチュラルは芝短距離の4勝馬。祖祖母の姉は桜花賞馬のアグネスフローラ。遠縁にダービー馬のアグネスフライト、皐月賞馬のアグネスタキオンがいます。

父、母共に短距離馬。中山ダートでは連を外しておらず、Lクラス勝ちがあるのは高評価。また3勝クラスで58kgを背負い逃げ切り勝ち。馬体重も500kgあり、今回は叩き2戦め。カペラSの好走条件が揃っています。勝ち負け。

リュウノユキナ

ヴァーミリアン エルコンドルパサー Kingmambo
サドラーズギャル
スカーレットレディ サンデーサイレンス
スカーレットローズ
ネオカラー クロフネ フレンチデピュティ 
ブルーアヴェニュー 
ナギサ マークオブディスティンクション
ミデオンルビー

リュウノユキナは昨年と一昨年のカペラステークスの2着馬。これまで52戦10勝2着14回3着24回地方短距離GⅢの東京スプリント競争を2勝、クラスターC勝ちがあり、これまでJRA・地方を含めダート短距離重賞16戦3勝2着8回3着3回と抜群の安定度を誇ります。

リュウノユキナの父はダートGⅠ9勝のヴァーミリアン。クロフネ産駒のネオカラーは未出走馬。母の半姉のサウンドビーチがJRAダート6勝、地方GⅢTCK女王盃競争勝ちと、血統的にもダート馬。

既に8歳ですが、今年は地方短距離重賞5戦して1勝2着1回3着2回、前走地方GⅠJBCスプリント競争でも優勝馬イグナイターから0.4秒差3着に好走し、力の衰えはさほどありません。年齢的に勝つまではどうかも、カペラステークス2年連続2着の実績からも、馬券内。

タガノクリステル

ドレフォン Gio Ponti Tale of the Cat
Chipeta Springs
Eltimaas Ghostzapper
Najecam
タガノキャンドル アグネスタキオン サンデーサイレンス
アグネスフローラ
ブゼンキャンドル モガミ
ブゼンスワン

タガノクリステルはこれまで21戦5勝2着2回3着5回今年はダート短距離路線を7戦して2勝2着1回3着2回。3走前に地方GⅢ1600mスパーキングレディーで3着。次走の中山ダート1200mで3連勝中のパウオレを撃破。ただし、前走京都芝1200mでは7着と惨敗。

タガノクリステルの父は米ダート短距離GⅠ2勝のドレフォン。アグネスタキオン産駒のタガノキャンドルは芝マイルの1勝馬。祖母は秋華賞馬のブゼンキャンドルも、一族にこれといった活躍馬はいません。

今年は好成績も、好走しているのはいずれも脚抜きがいい重、不良前走京都は良馬場で、優勝馬から0.9秒も離されています。また冬の中山はダートがパサパサでパワーと馬格が必要。タガノクリステルは牝馬がなら490kgも、この時期の中山ダートでは力不足か。

また牝馬は過去10年で3着が1回のみ。見送り。

スズカコテキタイ

ディスクリートキャット Forestry Storm Cat
Shared Interest
Pretty Discreet Private Account
Pretty Persuasive
コテキタイ サウスヴィグラス エンドスウィープ
ダーケストスター
チアリーダー アサティス
ハミングダンサー

スズカコテキタイはこれまで16戦5勝2着2回昨年12月に東京ダート1400m1勝クラスで2着すると、中山ダート1200戦でOPまで一気に4連勝。前走5連勝を狙った中山ダート1200mLで1番人気に推されるのの、優勝馬テイエムトッキュウから1.1秒離され11着と大敗。

スズカコテキタイの父は米ダート1800mGⅠ勝ちがあるストームキャット系のディスクリートキャット。サウスヴィグラス産駒の母コテキタイは地方短距離路線で5勝。近親にこれといった活躍馬はいません。血統的にもダート馬で、距離適性は母系から。

前走はテイエムトッキュウの斤量が57kgに対し、スズカコテキタイは58kg。2走前にテイエムトッキュウと同斤量で負かしているので、能力的には互角。また時計が掛かる中山で好走しています。ただし今回は8カ月の休養明けで、いきなり好走するかは疑問。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました