2023年第68回GⅠ有馬記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

有馬記念の特徴

GⅠ有馬記念は第5回中山開催8日目に行われる3歳以上芝2500mの馬齢定量戦です。負担重量は3歳牡・騙馬55kg、同牝馬53kg、4歳以上牡・騙馬57kg、同牝馬55kg。

ファンの人気投票で出走馬が決まるレースで、ファン投票上位10位までの馬に優先出走権が与えらます。また国際競走に指定され、外国調教馬は6頭まで優先出走権が与えられます。

上記以外のJRA及び地方所属馬は通算獲得賞金+過去1年以内の獲得賞金+過去2年間のGⅠレースに於ける獲得賞金の金額の多い順に出走が可能です。

↓過去10年の有馬記念入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2023年有馬記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ソールオリエンス キタサンブラック 牡3 川田将雅 社台ファーム
手塚貴久 (美浦) Motivator 56kg 社台レースホース
1 2 シャフリヤール ディープインパクト 牡5 松山弘平 ノーザンファーム
藤原英昭 (栗東) Essence of Dubai 58kg サンデーレーシング
2 3 ホウオウエミーズ ロードカナロア 牝6 田辺裕信 社台ファーム
 池上昌和 (美浦) アグネスタキオン 56kg 小笹芳央
2 4 タイトルホルダー ドゥラメンテ 牡5 横山和生 岡田スタッド
栗田徹 (美浦) Motivator 58kg 山田弘
3 5 ドウデュース ハーツクライ 牡3 武豊 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Vindication 58kg キーファーズ
3 6 ディープボンド キズナ 牡6 T.マーカンンド 村田牧場
大久保龍(栗東) キングヘイロー 58kg 前田晋二
4 7 アイアンバローズ オルフェーヴル 牡6 石橋脩 ノーザンファーム
上村洋行 (栗東) Royal Anthem 58kg 猪熊広次
4 8 ライラック オルフェーヴル 牝4 戸崎圭太 杵臼牧場
相沢郁 (美浦) キングカメハメハ 56kg 芹澤精一
5 9 ヒートオンビート キングカメハメハ 牡6 坂井瑠星 社台ファーム
友道康夫 (栗東) ディープインパクト 58kg 社台レースホース
5 10 ジャスティンパレス ディープインパクト 牡4 横山武史 ノーザンファーム
杉山晴紀(栗東) Royal Anthem 58kg 三木正浩
6 11 ハーパー ハーツクライ 牝3 岩田望来 ノーザンファーム
友道康夫 (栗東) Jump Start 54kg エムズレーシング
6 12 ウインマリリン スクリーンヒーロー 牝6 L.モリス コスモヴューファーム
手塚貴久 (美浦) Fusaichi Pegasus 57kg ウイン
7 13 タスティエーラ サトノクラウン 牡3 R.ムーア ノーザンファーム
堀宣行 (美浦) マンハッタンカフェ 56kg キャロットファーム
7 14 プラダリア ディープインパクト 牡4 R.ムルザバエフ オリエント牧場
池添学(栗東) クロフネ 58kg 名古屋友豊
8 15 スルーセブンシーズ  ドリームジャーニー 牝5 池添謙一 ノーザンファーム
尾関知人(美浦) クロフネ 56kg キャロットファーム
8 16 スターズオンアース ドゥラメンテ 牝4 C.ルメール 社台ファーム
高柳瑞樹 (美浦) Smart Strike 56kg 社台レースホース

勝ち馬予想に役立つ!有馬記念の注目馬分析

タイトルホルダー

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
メーヴェ Motivator モンジュー
Out West
Top Table Shirley Heights
Lora’s Guest

タイトルホルダーは2021年菊花賞、2022年天皇賞春・宝塚記念とGⅠ3勝馬。重賞勝ちは他に弥生賞、2022・23年日経賞勝ち。前走ジャパンカップでは4番人気で5着優勝馬イクノイックスから1.3秒差を付けられています。本有馬記念が引退レース。

タイトルホルダーの父は牡馬春クラッシック2冠のドゥラメンテ。母は古馬OPまで出世したメーヴェ。タイトルホルダーの半姉でオルフェーヴル産駒のメロディーレーンも芝2600m戦OP勝ちがあり、スタミナ溢れる母系。

基本的にスタミナを生かした逃げ馬。切れる脚は無いので東京のようなゴール前直線の長いコースでは切れ負けすので苦手。それでも掲示板を確保しているのは基礎能力が高い証拠。そのため、ジャパンカップは叩き台で、本番は有馬記念。

有馬記念は3年連続の参戦で、一昨年は4番人気で5着、昨年は2番人気で9着と今一歩の成績。ただし、昨年は凱旋門賞からの直行で疲れが抜けなかった敗因はあります。ただし、有馬記念を除けば中山は9戦4勝2着2回。特に有馬記念と同じコースの日経賞を連覇し、コース適性はメンバー中随一。

今回はタイトルホルダーに競り掛けるような逃げ馬は存在せず有力馬はタイトルホルダーをマークする展開が予想されます。

ただし、今年の天皇賞春ではレース中に失速し、レース後右前肢跛行が判明。ピッチ走法なのでレース筋肉に疲労が溜まりやすく、年を重ねて筋肉が硬くなるので心肺機能が高くても、ペース次第では最後の踏ん張りが利かなくなる可能性があります。抑えまで。

スターズオンアース

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
サザンスターズ Smart Strike Mr. Prospector
Classy’n Smart
スタセリタ Monsun
Soignee

スターズオンアースは2022年桜花賞、オークスの二冠馬。これまで11戦3勝2着4回3着4回。古馬になってから大阪杯2着、ヴィクトリアマイル3着、ジャパンカップ3着と強力牡馬相手でも勝ち負けできる能力があります。

スターズオンアースの父は牡馬クラシック2冠のドゥラメンテ。英国産の母サザンスターズは海外1勝馬。祖母は米国エクリプス最優秀牝馬でGⅠ6勝のスタセリア、母の半妹でフランケル産駒のソウルスターリングが阪神ジュベナイルフィリーズ・オークスを優勝。

血統内にミスタープロスペクターの4×3の濃いクロスを持ちます。

オークス優勝、順調ではなかった前走ジャパンカップ3着からも分かるように、タイトルホルダー同様に父ドゥラメンテの血にあるトニービンのスタミナを受け継います。またオークス、秋華賞、大阪杯でメンバー中最速の脚を使っているように、牝馬特有の切れ味も持っています。

中山はフェアリーSで2着。基本的にマイラーではなく、コース適性があると考えらえます。また近年有馬記念では牝馬活躍。牡馬混合GⅠで好走しているスターズオンアースにも資格はあります。また相変わらず順調さを欠くものの、秋はジャパンカップ1走のみ。叩き2戦目で上昇も見込めます。連下で。

ソールオリエンス

キタサンブラック ブラックタイド サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート サクラバクシンオー
オトメゴコロ
スキア Motivator モンジュー
Out West
Light Quest クエストフォーフェイム
Gleam of Light

ソールオリエンスは今年の皐月賞馬。これまで6戦3勝2着2回3着1回。重賞は他に京成杯勝ち、ダービーとセントライト記念では1番人気で2着。前走菊花賞でも1番気に推されましたが、優勝馬ドゥレッツァから0.9秒差3着に敗退しています。

ソールオリエンスの父は中長距離GⅠ7勝のキタサンブラック。仏国産の母スキアはGⅢ勝ちがある3勝馬。ソールオリエンスの半兄にディープインパクト産駒で富士S優勝、ドバイターフ2着のヴァンギャルドがいます

父が菊花賞馬のキタサンブラックからスタミナがあるように思われますが、菊花賞での陣営のコメントが「対応できる」程度の評価だったので距離短縮は歓迎の口。中山は3戦2勝2着1回でパーフェクトも、セントライト記念で負けたように、本質的にスタミナ勝負の馬ではありません。

中山2500mは走破距離以上にスタミナが問われるため、タイトルホルダーが引っ張る展開で付いて行っても息切れする可能性が。また後方待機で控えたとしても、GⅠ馬が多数揃う本レースでは届かない可能性が大。見送り。

タスティーラ

サトノクラウン Marju ラストタイクーン
Flame of Tara
ジョコンダII Rossini
La Joconde
パルティトゥーラ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス
サトルチェンジ
フォルテピアノ フレンチデピュティ
キョウエイフォルテ

タスティーラは今年のダービー馬。これまで6戦3勝2着2回重賞は弥生賞勝ちがあり、皐月賞と菊花賞で2着。三冠レースは全て連対しています。

タスティエーラの父は宝塚記念馬のサトノクラウン。マンハッタンカフェ産駒の母パルティトゥーラはマイルの3勝馬。母系から天皇賞秋を制したトーセンジョーダン、カンパニーなどマイル~中距離の重賞で活躍する馬が多数。

前走菊花賞はぶっつけ本番で2番人気の2着。優勝馬ドゥレッツァから0.6秒離されましたが、皐月賞馬のソールオリエンスには0.3秒差を付けていますソールオリエンスが一度叩いての出走だったことからも、スタミナ勝負ではタスティーラの方が上。

また先行できる脚質も中山向き。重の皐月賞では先行抜け出しで最後まで粘ったことからも、スタミナは豊富と考えられます。少なくとも同期のソールオリエンスよりは先着する可能性が大。3歳で斤量2kg減の恩恵を考えれば、古馬相手でも好走可能。抑えで。

ドウデュース

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
ダストアンドダイヤモンズ Vindication Seattle Slew
Strawberry Reason
Majestically Gone West
Darling Dame

ドウデュースは昨年のダービー馬。GⅠは他に朝日杯フューチュリティーS勝ちがあり、これまで11戦5勝2着1回3着1回。今年は京都記念勝ちがありますが、ドバイターフで左前肢跛行のため出走取消。秋初戦も天皇賞秋では7着、前走ジャパンカップで4着しています。

ドウデュースの父はハーツクライ母ダストアンドダイヤモンズは海外重賞2勝を含む6勝馬。血統内に大種牡馬リファールの濃いクロスを持ちます。

ぶっつけだった天皇賞秋は鞍上の武豊がケガで戸崎に乗り替わり。ジャパンカップでも引き続き戸崎だったので能力を引き出せていない様子。さらに基本的に差し馬で、古馬になってから体形がややマイラー寄りに。

前走ジャパンカップでは3着スターズオンアースと0.1秒差も、ゴール前直が長い東京だったから。スタミナ勝負になりゴール前直線の短い中山2500mでは届かない可能性があります。見送り。

シャフリヤール

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ドバイマジェスティ Essence of Dubai Pulpit
Epitome
Great Majesty Great Above
Mistic Majesty

シャフリヤールは2021年のダービー馬で、2022年のドバイシーマクラシックも制しているGⅠ2勝馬。これまで13戦4勝2着1回3着3回。積極的に海外のレースを使っており、前走米芝2400mGⅠブリダーズカップでは5番人気ながら3着に好走しています。

シャフリヤールの父はディープインパクト母ドバイマジェスティは米国産でGⅠBCフィリー&メアスプリントの優勝馬で全12勝。シャフリヤールの全兄は皐月賞、大阪杯とGⅠ2勝のアルアインという良血。

距離は2000~2400mを中心に使われているのでスタミナ面は問題ないものの、好走はゴール前直線の長い左回りコースに偏っていますまたレースもためを利かせて直線勝負的なので、ゴール前直線の短い中山向きではありません。しかも中山は初。

また本来出走予定だった香港ヴァーズを現地で不整脈を発症して出走取消。競走能力には影響がないものの、慣れない環境を飛行機で往復、さらに調整面でも香港ヴァーズをピークに持って行っているはずなので、長く調子を維持できるか疑問。見送り。

ジャスティンパレス

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
パレスルーマー Royal Anthem Theatrical
In Neon
Whisperifyoudare Red Ransom
Stellar Affair

ジャスティンパレスは昨年の菊花賞、今年の天皇賞春の長距離GⅠ2勝馬。これまで12戦5勝2着2回3着2回。重賞は他に神戸新聞杯と阪神大賞典勝ち。天皇賞春秋制覇を狙った秋の天皇賞では6番人気も、優勝馬イクノイックスから0.4秒差2着と激走しています。

ジャスティンパレスの父はディープインパクト。母パレスルーマーは米国産で海外5勝。母の父ロイヤルアンセムは芝中長距離G13勝。ジャスティンパレスの半兄でオルフェーヴル産駒のアイアンバローズはステイヤーズS、阪神大賞典で2着。血統的にステイヤー。

3000m超えのレースで3勝阪神大賞典、天皇賞春である程度先行しながら、最後はメンバー中最速の脚で上がっているようにスタミナ豊富前走天皇賞秋ではジャックドールが作るペースについて来られなかったものの、最後は父譲りのメンバー中最速の脚で帳尻を合わせています

昨年の有馬記念では7人気7着と振るわなかったものの、馬体が完成した今なら通用可能か。本来的距離・適コースだと思われるジャパンカップを自重し、世界レコード決着のた前走から2ヵ月空け、基本末脚しか使っていないため疲れも残っていないと考えられます。

今回もタイトルホルダーを観ながらの競馬。相手は早い脚が無いため、ゴール前で競り合った時は切れ味のあるジャスティンパレスの方が上。勝ち負け。

ウインマリリン

スクリーンヒーロー グラスワンダー Silver Hawk 
Ameriflora 
ランニングヒロイン サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
コスモチェーロ  Fusaichi Pegasus Mr. Prospector 
Angel Fever 
Shorwon  Buena Shore 
April Wonder 

ウインマリリンは昨年の香港ヴァーズの優勝馬。これまで21戦6勝2着6回。重賞は他にフローラS、日経賞、オールカマー勝ちがあり、2020年のオークス、2022年のエリザベス女王杯で2着

ウインマリリンの父はスクリーンヒーロー。母コスモチェーロは1勝馬。ウインマリリンの半兄にマツリダゴッホ産駒のウインマーレライがラジオNIKKEI賞優勝。

本年度は4戦して馬券になっていませんが、前走米国牝馬限定芝2000mGⅠブリダーズカップ・フィリー&メアターフで4着に好走。また有馬記念と同じコースの日経賞勝ちやオールカマー勝ちがあり、天皇賞春で5着に入っているように牝馬でもスタミナ豊富。ただし競走馬のピークは昨年秋

今年は強力なメンバーが揃っているので、6歳のウインマリリンには厳しいか。見送り。

ドゥラエレーデ

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
マルケッサ オルフェーヴル ステイゴールド
オリエンタルアート
マルペンサ Orpen
Marsella

ドゥラエレーデは昨年のホープフルSの優勝馬。これまで10戦2勝2着2回3着1回。今年はUAEダービーで2着に入った後ダービーに出走も、スタート直後で落馬し競走中止。宝塚記念、セントライト記念では精彩を欠きましたが、前走チャンピオンズカップで3着と激走しています。

ドゥラエレーデの父はクラシック春二冠のドゥラメンテ。オルフェーヴル産駒の母マルケッサは未勝利馬。祖母マルペンサはアルゼンチンでGⅠ3勝。母の半兄はディープインパクト産駒で菊花賞、有馬記念を制し2016年度最優秀3歳馬に輝いたサトノダイヤモンド。

祖母マルペンサは菊花賞と有馬記念を制したサトノダイヤモンドの母であり、ドゥラエレーデの父はスタミナ豊富で長距離馬を多く出すオルフェーヴルなのでスタミナ面の問題はありませんまたダート適性の高さからも血の影響は父ではなくオルフェーヴルからか。

チャンピオンシップから中3週のローテーションが気になりますが、オルフェーヴルの血が目覚めれば、今回もあわやの展開も。穴で。

ディープボンド

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
ゼフィランサス キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
モガミヒメ カコイーシーズ
モガミポイント

ディープボンドは2021年の有馬記念2着馬。これまで25戦5勝2着5回3着2回。重賞は他に京都新聞杯、2021、22年阪神大賞典、2021年仏国GⅡフォア賞勝ちがあり、菊花賞2着天皇賞春3年連続2着というステイヤー。

ディープボンドの父はキズナ。母ゼフィランサスは短距離からマイルを3勝の条件馬。近親に高松宮記念とスプリングステークスを勝ったローレルゲレイロ母の父が短距離馬を多く出すキングヘイローなので、ディープボンド距離適性は父のキズナから。

今年の秋は京都大賞典から始動し1番人気3着、前走ジャパンカップで8番人気で10着。ただし、叩き良化型で目標はあくまで距離適性がある有馬記念、前走の成績は度外視。

切れる脚は無いものの、先行してレースを最後まであきらめない馬なので、タイトルホルダーが作るペースでスタミナ勝負になれば2、3着の可能性はあり。抑えで。

スルーセブンシーズ

ドリームジャーニー ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
マイティースルー クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
スルーオール Seattle Slew
Over All

スルーセブンシーズは今年の中山牝馬Sの優勝馬。これまで13戦4勝2着3回3着2回。重賞は他に紫苑Sで2着、今年の宝塚記念でイクノイックスに首差2着に激走。GⅢを1勝だけも、世界の強豪が揃う凱旋門賞では4番人気で4着と好走しています。

スルーセブンシーズの父は三冠馬オルフェーヴルの全弟で自身もGⅠ3勝のドリームジャーニー。クロフネ産駒のマイティースルーは芝マイルの4勝馬。スルーセブンシーズの半姉でルーラーシップ産駒のパッシングスルーが紫苑Sを優勝。

勝ち味に遅いものの、中山は7戦4勝2着1回3着2回と馬券を外さず、しかも中山では常にメンバー中2番目以内の末脚を使っています。また2走前の宝塚記念でもイクノイックスを0.2秒凌ぐ34秒6の脚で上がっており、あわや大金星という際取りレースをしています。

今回は凱旋門賞以来の出走で、疲れが残っていないかが問題。前走で時計が掛かる欧州芝で好走していることからもスタミナがあり、中山の2500mも十分対応可能。さらにここ数年有馬記念は牝馬の活躍が目立ちます。2、3着狙い。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました