2023年第18回GⅡ阪神カップ予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2023年阪神カップの注目馬を分析!

阪神カップの特徴

GⅡ阪神カップは第6回阪神開催7日目に行われる3歳以上芝1400mの馬齢定量戦です。負担重量は3歳牡・騙馬57kg、同牝馬55kg、4歳以上牡・騙馬58kg、同牝馬56kg。

国際競走に指定され外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され。2頭まで出走登録が可能です。

古馬混合重賞のGⅡクラスで定量戦は阪神カップと札幌記念だけなので、獲得賞金などで加算重量がかさむ馬にとって貴重なレースです。

↓過去10年の阪神カップ入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2023年阪神カップ出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ダノンスコーピオン ロードカナロア 牡4 団野大成 ケイアイファーム
安田隆行 (栗東) Sligo Bay 58kg ダノックス
1 2 ミッキーブリランテ ディープブリランテ 牡7 和田竜二 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) Dansili 58kg 野田みづき
2 3 エエヤン シルバーステート 牡3 M.デムーロ 須崎牧場
伊藤大士 (美浦) ティンバーカントリー 57kg ニッシンH
2 4 ウインマーベル アイルハヴアナザー 牡4 松山弘平 コスモヴューファーム
深山雅史 (美浦) フジキセキ 58kg ウイン
3 5 ルプリュフォール ロードカナロア 騙7 秋山慎一郎 社台ファーム
松永幹夫 (栗東) サンデーサイレンス 58kg 名古屋友豊
3 6 ピクシーナイト モーリス 牡5 B.ムルザバエフ ノーザンファーム
音無秀孝 (栗東) キングヘイロー 58kg シルクレーシング
4 7 ダディーズビビッド キズナ 牡5 浜中俊 上水牧場
千田輝彦 (栗東) フレンチデピュティ 58kg 田島大史
4 8 グレイイングリーン ディープインパクト 牡5 岩田望来 追分ファーム
池江泰寿 (栗東) Closing Argument 58kg 青芝商事
5 9 エイシンスポッター エイシンヒカリ 牡4 角田大河 木田牧場
吉村圭司 (栗東) Barathea 58kg 栄進堂
5 10 グレナディアガーズ Frankel 牡5 R.ムーア ノーザンファーム
中内田充 (栗東) Harlington 58kg サンデーレーシング
6 11 ホウオウアマゾン キングカメハメハ 牡5 坂井瑠星 ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) アグネスタキオン 58kg 小笹芳央
6 12 ララクリスティーヌ ミッキーアイル 牝5 菅原明良 土井牧場
斉藤崇史 (栗東) タニノギムレット 57kg 斉藤崇史 (栗東)
7 13 ママコチャ クロフネ 牝4 川田将雅 ノーザンファーム
池江泰寿 (栗東) キングカメハメハ 56kg 金子真人H
7 14 アグリ カラヴァッジオ 牡4 C.ルメール ノーザンファーム
安田隆行 (栗東) War Front 58kg 三木正浩
8 15 ロータスランド Point of Entry 牝6 岩田康誠 Dr. A.Sones & Dr. N.Yoshida
辻野泰之 (栗東) Scat Daddy 56kg 小林英一H
8 16 アグリ カラヴァッジオ 牡4 吉田隼人 ノーザンファーム
安田隆行 (栗東) War Front 58kg 三木正浩
8 17 ウイングレイテスト スクリーンヒーロー 牡6 松岡正海 コスモヴューファーム
畠山吉宏 (美浦) サクラユタカオー 58kg ウイン

勝ち馬予想に役立つ!阪神カップの注目馬分析

ママコチャ

クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ブチコ キングカメハメハ Kingmanbo
マンファス
シラユキヒメ サンデーサイレンス
ウェイブウインド

ママコチャは今年のスプリンターズSの優勝馬。これまで16戦6勝2着2回3着2回前走は3番人気で、ハナを奪ったジャスパークローネを追う展開。ゴール前で抜け出し、迫るマックドールの追撃をハナ差凌いでの勝利。勝ち時計は1分8秒0

ママコチャの父は芝・ダートGⅠ勝ちのクロフネ。キングカメハメハ産駒の母ブチコはダートの3勝馬。毛色は違えども1つ上の全姉は白毛のGⅠ3勝馬のソダシ。

もともと1400~1600mを中心に使っていた馬。1400m戦は5戦3勝3着1回。中4戦が阪神芝1400mで、2勝3着1回。唯一馬券を外したのは新馬戦なので、コース・距離とも得意。スプリンターズSから中3か月と休養も十分。勝ち負け。

アグリ

カラヴァッジオ Scat Daddy ヨハネスブルグ
Love Style
Mekko Hokte Holy Bull
Aerosilver
オールドタイムワルツ War Front Danzig
Starry Dreamer
Together Galileo
Shadow Song

アグリは今年の阪急杯の優勝馬。これまで13戦5勝2着2回3着2回重賞は他に今年のセントウルSで2着。高松宮記念では3番人気、スプリンターズSでは2番人気に推されていますが、共に7着と掲示板を外しています。

アグリの父はストームキャット系で欧州短距離GⅠ2勝のカラヴァッジオ。母オールドタイムワルツはGⅠクイーンエリザベス2世チャレンジCSを勝ち、GⅠ2着5回の3勝馬という良血。

ここ4戦は1200m戦を使っていますが、元々は1400mで連勝してきた馬。1200m戦が5戦2着1回に対し、1400m戦は4戦3勝3着1回で、全て阪神でのものまた1分19秒5の持ち時計もあります。テンが早いスプリンターズSでは後方からの競馬で届きませんでしたが、距離が延びれば追走も楽。勝ち負け。

グレナディアガーズ

Frankel Galileo Sadler’s Wells
Urban Sea
Kind デインヒル
Rainbow Lake 
ウェイヴェルアベニュー Harlington Unbridled
Serena’s Song
Lucas Street Silver Deputy
Ruby Park

グレナディアガーズは2020年の朝日杯フューチュリティーSの優勝馬で、2021年の阪神カップも優勝。これまで15戦3勝2着3回3着2回。昨年の阪神カップでも2着しており、今年は3回目の参戦。

グレナディアガーズの父は14戦無敗、欧州中長距離GⅠ10勝のフランケル。母ウェイヴェルアベニューは米国ダート1400mGⅠブリーダーズカップ・フィリー&メアスプリントの優勝馬という良血。距離適性は母系から。

前走スワンSでは2番人気に推されるものの、スタートで馬群に包まれ後方から。最後はメンバー中2番目の脚で大外を回って追い上げるも届かず。そのため調子自体は悪くありません。

一昨年、昨年の阪神カップでは1分20秒3、1分20秒2、今年の阪急杯では1分20秒1と持ち時計通りには走ります。ただし今年の阪急杯ではアグリ0.6秒差を付けられており、重賞実績では上も、能力的には相手が上手か。抑えまで。

ララクリスティーヌ

ミッキーアイル ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
スターアイル ロックオブジブラルタル
アイルドフランス
スーパーマダム タニノギムレット ブライアンズタイム
タニノクリスタル
オメガフォーチュン フジキセキ
エリンバード

ララクリスティーヌは今年の京都牝馬Sの優勝馬。これまで15戦6勝2着4回昨年と今年のスワンSで2着しています。前走スワンSでは2番手で抜け出した10番人気のウイングレイテストに首差及ばず。上りはララクリスティーヌが0.2秒早く、あと一歩の惜敗。

ララクリスティーヌの父はディープインパクト産駒でマイルGⅠ2勝のミッキーアイル。ダニノギムレット産駒の母スーパーマダムは芝中距離の1勝馬。遠縁に毎日杯勝ちのミュゼエイリアン、オークス馬のエリンコートがいます。また血統内にサンデーサイレンスの3×4の濃いクロスを持ちます

1400~1600m戦を中心に使われ、1400m戦は9戦4勝2着4回、中阪神は3戦1勝2着1回3歳時に参戦したフィリーズレビューだけ唯一掲示板を外しています。

今回は馬齢定量戦なので斤量は56kg、前走より1kg増。今年のヴィクトリアマイルで背負っていますが、14着惨敗。450kg台の牝馬なので、斤量増はマイナス。抑えまで。

ピクシーナイト

モーリス スクリーンヒーロー グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス カーネギー
メジロモントレー
ピクシーホロウ キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ラインレジーナ サクラバクシンオー
シンコウエンジェル

ピクシーナイトは2021年のスプリンターズSの優勝馬で、同年のシンザン記念も優勝。これまで13戦3勝2着2回3着1回同年の香港スプリントで事故に巻き込まれ、左足にボルトを入れるほどのケガ。以後長期休養し、ここ4戦は掲示板を外しています。

ピクシーナイトの父はマイルGⅠ6勝のモーリス。母ピクシーホロウはキングヘイロー産駒でマイルの3勝馬。祖母から重賞3勝のウキヨノカゼ、阪神牝馬S勝ちのクィーンズバーン。ピクシーナイトの一つ下の半弟にラジオNIKKEI賞勝ちのフェーングロッテン。血統的にはマイラー。

復帰戦だった今年の高松宮記念こそ優勝馬から1.4秒離されましたが、京王杯スプリングCで0.4秒差、セントウルSで0.5秒差、前走スプリンターズSでは0.6秒差をそれほど負けていません。もともとシンザン記念勝ちがあるので距離延長は守備範囲。秋叩き3戦目でもう少し前進があるか。抑えで。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました