【2024年度版】桜花賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る桜花賞の入賞馬

桜花賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 2 リバティアイランド 牝3 55kg 1.32.1 ドゥラメンテ All American
2 5 コナコースト 牝3 55kg 1.32.3 キタサンブラック キングカメハメハ
3 7 ベリファーニア 牝3 55kg 1.32.3 モーリス ハーツクライ
2022 1 4 スターズオンアース 牝3 55kg 1.32.9 ドゥラメンテ Smart Strike
2 3 ウォーターナビレラ 牝3 55kg 1.32.9 シルバーステート キングヘイロー
3 1 ナムラクレア 牝3 55kg 1.33.0 ミッキーアイル Storm Cat
2021 1 2 ソダシ 牝3 55kg 1.31.1 クロフネ キングカメハメハ
2 8 サトノレイナス 牝3 55kg 1.31.1 ディープインパクト Not For Sale
3 1 ファインルージュ 牝3 55kg 1.31.2 キズナ ボストンハーバー
2020 1 5 デアリングタクト 牝3 55kg 1.36.1 エピファネイア キングカメハメハ
2 8 レシステンシア 牝3 55kg 1.36.3 ダイワメジャー Lizard Island
3 2 スマイルカナ 牝3 55kg 1.36.6 ディープインパクト Distorted Humor
2019 1 4 グランアレグリア 牝3 55kg 1.32.7 ディープインパクト Tapit
2 8 シゲルピンクダイヤ 牝3 55kg 1.33.1 ダイワメジャー High Chaparral
3 2 クロノジェネシス 牝3 55kg 1.33.1 パゴ クロフネ
2018 1 7 アーモンドアイ 牝3 55kg 1.33.1 ロードカナロア サンデーサイレンス
2 1 ラッキーライラク 牝3 55kg 1.33.4 オルフェーブル Flower Alley
3 5 リリーノーブル 牝3 55kg 1.33.5 ルーラーシップ クロフネ
2017 1 5 レーヌミノル 牝3 55kg 1.34.5 稍重 ダイワメジャー タイキシャトル
2 3 リスグラシュー 牝3 55kg 1.34.6 ハーツクライ American Post
3 7 ソウルスターリング 牝3 55kg 1.34.6 Frankel Monsun
2016 1 7 ジュエラー 牝3 55kg 1.33.4 ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu
2 6 シンハライト 牝3 55kg 1.33.4 ディープインパクト シングスピール
3 5 アットザシーサイド 牝3 55kg 1.33.7 キングカメハメハ アグネスタキオン
2015 1 3 レッツゴードンキ 牝3 55kg 1.36.0 キングカメハメハ マーベラスサンデー
2 4 クルミナル 牝3 55kg 1.36.7 ディープインパクト Candy Stripes
3 1 コンテッサトゥーレ 牝3 55kg 1.36.8 ディープインパクト トニービン
2014 1 8 ハープスター 牝3 55kg 1.33.3 ディープインパクト ファルブラヴ
2 6 レッドヴェール 牝3 55kg 1.33.3 ステイゴールド Dixieland Band
3 5 ヌーヴォレコルト 牝3 55kg 1.33.4 ハーツクライ スピニングワールド

桜花賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 1 リバティアイランド クイーンC 1 2
2 6 コナコースト チューリップ賞 6 2
3 5 ベリファーニア チューリップ賞 2 3
2022 1 7 スターズオンアース クイーンC 1 2
2 2 ウォーターナビレラ チューリップ賞 3 5
3 6 ナムラクレア フィリーズレビュー 1 2
2021 1 2 ソダシ 阪神JF 1 1
2 1 サトノレイナス 阪神JF 2 2
3 8 ファインルージュ フェアリーS 3 1
2020 1 2 デアリングタクト L 3 1
2 1 レシステンシア チューリップ賞 1 3
3 9 スマイルカナ チューリップ賞 5 7
2019 1 2 グランアレグリア 朝日FS 1 3
2 7 シゲルピンクダイヤ チューリップ賞 4 2
3 3 クロノジェネシス クイーンC 1 1
2018 1 2 アーモンドアイ シンザン記念 1 1
2 1 ラッキーライラク チューリップ賞 1 1
3 3 リリーノーブル チューリップ賞 2 3
2017 1 8 レーヌミノル フィリーズレビュー 1 2
2 3 リスグラシュー チューリップ賞 2 3
3 1 ソウルスターリング チューリップ賞 1 1
2016 1 3 ジュエラー チューリップ賞 1 2
2 2 シンハライト チューリップ賞 2 1
3 6 アットザシーサイド フィリーズレビュー 1 2
2015 1 5 レッツゴードンキ チューリップ賞 2 3
2 7 クルミナル チューリップ賞 1 11
3 8 コンテッサトゥーレ チューリップ賞 4 6
2014 1 1 ハープスター チューリップ賞 1 1
2 2 レッドヴェール 阪神JF 5 1
3 5 ヌーヴォレコルト チューリップ賞 4 2

桜花賞と馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 2勝2着3回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 4勝2着2回3着0回、連対率7割、複勝率7割

3番人気 1勝2着1回3着3回、連対率2割、複勝率5割

1番人気は連対率5割、複勝率6割で馬券になりますが、過去10年で勝ち鞍2勝と人気の割に勝ち切れない印象。一方で2番人気が4勝2着2回と抜群の成績。2番人気に推される程あなので実力は1番人気とそん色なく、1番人気をマークすれば良いという気楽な立場。目標が明確な分好成績につながっている印象。

3番人気は1、2番人気の連対率が良いため3着以下で考えるのが妥当。牝馬限定戦の割に馬連は堅め。1~3番人気以内で決まった年が5回過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は無し。10年中9回は1~3着まで8番人気以内の馬で決まっているので、2番人気を中心に下馬評通りに馬券を選ぶのが賢明です。

前走と馬券

チューリップ賞   3勝2着7回3着5回、占有率50.0%

フィリーズレビュー 1勝2着0回3着3回、占有率13.3%

アネモネスS    0勝2着0回3着0回、占有率0.0%

2歳GⅠ      3勝2着2回3着0回、占有率13.3%

その他重賞     2勝2着1回3着2回、占有率16.7%

OP・条件戦    1勝2着0回3着0回、占有率3.4%

同じコースで行われるチューリップ賞組が3勝、占有率50%と他の路線を圧倒。チューリプ賞組は前走の成績より人気が重要で、賞金が足りていた馬なら前走は叩き台なので、凡走していても巻き返してきます。

一方で同じトライアルレースのフィリーズレビューは全体の13%と成績が悪く、中山芝1600mのアネモネSに至っては過去10年で1頭も馬券に絡んでいません。

前走2歳GⅠからの4頭馬券に絡んでいますが、いずれも前走でも馬券。また他の重賞やOP・Lクラスからは前走マイル戦で連対が条件。

血統と馬券

サンデーサイレンス系    19頭

ミスタープロスペクター系 6頭

ノーザンダンサー系    2頭

ロベルト系        2頭

その他          1頭

サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が19頭、全体の6割以上を占め他を圧倒。内半分近くの10頭がディープインパクト系。他はダイワメジャーが3頭、ハーツクライが2頭なのでマイル適性の高い種牡馬が強いレース。

ミスタープロスペクター系6頭はいずれもキングカメハメハの血。他の系統は父、母の父どちらかがマイラー系種牡馬です。

桜花賞のレース及びコースの攻略法

桜花賞はコーナーを2つ回る阪神芝外回り1600mのコースを使用。スタートはスタンド向こう側、ホームストレッチの中央付近から。

スタートから最初のコーナーまで433mと十分な距離がるためポジション争いはスムーズ。また最初のコーナーまでほぼ平坦、第3~第4コーナーの径も緩やかでスピードを持続しながらコーナーを回れます。しかも第3コーナー手前から緩やかな下り坂が続きます。

最後の直線は476mと長く、ゴール前1ハロンに高低差1.9mの急坂が待ち受けます。気性が不安定な若駒のレースなので乱ペースになりやすく、圧倒的に差し、追い込み馬が有利。

過去10年で馬券になった30頭中、19頭が第4コーナーを回った時点で5番手以下が、全体の6割以上。さらに10番低下の馬が14頭と半分近くを占め、差し切り勝ちも6頭

また乱ペース故に勝馬の上り時計は年ごとにマチマチ。基本的に直線ヨーイ・ドンの競馬なので、如何に道中スタミナロスせず、直線で能力を出し切るかがカギ。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました