2024年第117回GⅡ京都記念予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年京都記念の注目馬を分析!

京都記念の特徴

GⅡ京都記念は第2回京都開催6日目に行われる4歳以上芝2200m別定戦です。負担重量は4歳牡・騙馬56kg、同牝馬54kg。5歳以上牡・騙馬57kg、同牝馬55kg。過去の重賞勝利実績により負担重賞が加算されます。加算される重量と条件は以下の通り。

2kg増・・・1年以内に牝馬限定を除くGⅠ勝利馬。

1kg増・・・1年以内の牝馬限定GⅠ及び牝馬限定を除くGⅡ勝利馬、1年以前に牝馬限定GⅠを除くGⅠ勝利馬(2歳戦を除く)。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走にも指定され、地方所属馬は認定馬のみ2頭まで登録できます。

京都記念優勝馬には当年に開催されるオーストラリアのGⅠコーフィールドカップへの優先出走権が与えられます。

↓過去10年の京都記念入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年京都記念出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 バビット ナカヤマフェスタ 牡7 団野大成 大北牧場
浜田多実 (栗東) タイキシャトル 57kg 宮田直也
2 2 ブレイヴロッカー ドゥラメンテ 牡4 酒井学 社台ファーム
本田優(栗東) Elusive City 56kg 吉田照哉
3 3 プラダリア ディープインパクト 牡5 池添謙一 オリエント牧場
池添学(栗東) クロフネ 58kg 名古屋友豊
4 4 ジェットモーション ハーツクライ 騙8 田口寛太 ノーザンファーム
藤岡健一 (栗東) シンボリクリスエス 57kg G1レーシング
5 5 ベラジオオペラ ロードカナロア 牡4 横山和生 社台ファーム
上村洋行 (栗東) ハービンジャー 57kg 林田祥来
5 6 ラヴェル キタサンブラック 牝4 M.デムーロ ノーザンファーム
矢作芳人 (栗東) ダイワメジャー 54kg キャロットファーム
6 7 プラチナトレジャー キングカメハメハ 牡6 岩田康誠 服部牧場
国枝栄(美浦) クロフネ 57kg 嶋田賢
6 8 ナイママ ダノンバラード 牡8 和田竜二 道見牧場
武藤善則 (美浦) ジャングルポケット 53kg 岡田繁幸
7 9 ルージュエヴァイユ ジャスタウェイ 牝5 松山弘平 社台ファーム
黒岩陽一 (美浦) Frankel 55kg 東京ホースレーシング
7 10 シュヴァリエローズ ディープインパクト 牡6 西村淳也 ノーザンファーム
清水久詞 (栗東) evres Rose 56kg キャロットファーム
8 11 マテンロウレオ ハーツクライ 牡5 横山典弘 野毛牧場
昆貢 (栗東) ブライアンズタイム 57kg 寺田千代乃
8 12 アフリカンゴールド ステイゴールド 騙9 国分恭介 ゴドルフィン
西園正都 (栗東) Gone West 57kg ダーレー・ジャパン・F

勝ち馬予想に役立つ!京都記念の注目馬分析

ルージュエヴァイユ

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル Wild Again 
シャロン 
ナッシングバットドリームズ Frankel Galileo
Kind
Danedream Lomitas
Danedrop

ルージュエヴァイユはこれまで11戦4勝2着3回重賞勝ちはありませんが、昨年はエプソムカップ、府中牝馬S、エリザベス女王杯と3戦連続2着しています。

ルージュエヴァイユの父はジャスタウェイ。フランケル産駒の母ナッシングバットドリームズは未出走馬。祖母は凱旋門賞他欧州GⅠ5勝、全8勝の名牝デインドリーム。ルージュエヴァイユは血統内にデインヒルの4×4の濃いクロスを持ちます。

重賞3連戦で優勝馬の着差は全て0.2秒以内の接戦。近2走はメンバー中上り2番目の脚を使っています。父は晩成型なので現在が充実期か。また今回は前走に比べ負担重量が1kg減。前走と同じ距離、コースでレースが行えるのも強みです。勝ち負け。

ベラジオオペラ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
エアルーティーン ハービンジャー Dansili
Penang Pearl 
エアマグダラ サンデーサイレンス
エアデジャヴー

ベラジオオペラは前走のチャレンジカップ優勝で、スプリングSに続き重賞2勝目。これまで6戦4勝2走前のダービーではメンバー中最速の脚を使い、優勝馬タスティエーラとはタイム差無し4着の接戦を演じています。

ベラジオオペラの父はロードカナロア。ハービンジャー産駒の母エアルーティンは芝中距離の1勝馬。母の半兄でシンボリクリスエス産駒のエアアンセムが函館記念勝ち。一族は中距離馬が多数。父は短距離志向のロードカナロアも、母系は中距離志向で距離適性は母系から。

夏バテしたため昨秋は菊花賞には向かわず。復帰初戦のチャレンジカップでは馬体重が+20kg、それでも先行して上りはメンバー中2番目の脚を使い、実績馬のボッケリーニの追撃をかわしているので力があります。

今回は叩き2戦目。前走でもまだ緩かったというレース後のコメントからも、まだ上昇が望めます。前走に比べ距離は1ハロン延長されますが、ダービーで接戦を演じていることからも問題ありません。勝ち負け。

プラダリア

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
シャッセロール クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
ポポラス フォーティナイナー
リトルオードリー

プラダリアは2022年青葉賞、2023年の京都大賞典でGⅡ2勝馬。これまで14戦3勝2着2回3着2回。重賞は他に昨年の日経新春杯、京都記念で連続3着前走有馬記念に参戦していますが、優勝馬ドウデュースから1秒離され14着に敗れています。

プラダリアの父はディープインパクト。クロフネ産駒のシャッセロールは短距離の3勝馬。祖祖母は3歳牝馬限定GⅡ勝ち、オークス3着のリトルオードリー。5代先までクロスが無いアウトブリードですが、近親に活躍馬はいません。

クラシックディスタンスを中心に使われ、2000~2500mのGⅡ戦は6戦して掲示板を外したのは2回と安定しています。ゆったりした京都外回り2200mは適鞍も、ディープインパクト産駒の割に一瞬の切れ味は無く、基本的に長くいい脚を使うタイプ切れ味勝負では見劣り抑えまで。

ブレイヴロッカー

ドゥラメンテ キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
アドマイヤグルーヴ サンデーサイレンス
エアグルーヴ
シティイメージ Elusive City Elusive Quality
Star of Paris
Photophore Clodovil
Multicolour Wave

ブレイヴロッカーはこれまで15戦4勝2着2回3着2回重賞経験はなくここ2戦で2、3勝クラスを連勝京都記念に駒を進めています。

ブレイヴロッカーの父はクラシック2冠のドゥラメンテ。アイルランド産の母シティイメージは海外で2勝。祖母の半妹にGⅠ仏1000ギニー他重賞4勝、全6勝を挙げたイルーシヴウェーヴがいます。

未勝利戦脱出まで5戦を要しましたが、その後は条件戦を10戦して全レースで上りがメンバー中3番手以内。掲示板を外したのも1回だけと安定しています。クラシックディスタンスを選んでレースをしており、京都2200mも経験済み。

今回は初重賞でしかもGⅡ。ただし、メンバーで近走好走しているのはベラジオオペラとルージュエヴァイユだけとやや手薄。末脚に徹すれば掲示板は狙えます。抑えまで。

マテンロウレオ

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
サラトガヴィーナス ブライアンズタイム Roberto
Kelley’s Day
レディダンジグ Danzig
Lady’s Secret

マテンロウレオは2022年のきさらぎ賞の勝馬で、これまで16戦3勝2着2回。重賞は他に2022年の中日新聞杯と2023年の京都記念で2着昨年の大阪杯4着、天皇賞春で5着と好走しています。

マテンロウレオの父はハーツクライ。ブライアンズタイム産駒の母サラトガヴィーナスはダート短距離の3勝馬。近親に函館記念勝ちのマイスタイル。

前走の金杯ではトップハンデの58.5kgを背負い7着。優勝馬とのハンデ差は2.5kgで、着差は0.6秒なので同斤量でも逆転できなかった計算。2走前のチャレンジカップでは優勝馬ベラジオオペラと0.3秒差。今回も同斤量なので能力的に逆転はできません。見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました