2024年第68回GⅢ阪急杯予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024阪急杯の注目馬を分析!

阪急杯の特徴

GⅢ阪急杯は第1回阪神開催6日目に行われる4歳以上芝1400mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、同牝馬55kg。過去の重賞勝利実績で負担重量が加算されます。加算される負担重量は以下の通り。

2kg増・・・1年以内に牝馬限定を除くGⅠ優勝馬

1kg増・・・1年以内に牝馬限定GⅠ優勝馬、同牝馬限定を除くGⅡ優勝馬、1年以上前に牝馬限定を除くG1優勝馬。

国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方交流競走に指定され、地方所属馬は3頭まで出走登録できます。

なおJRA所属で阪急杯を優勝すると、当年の高松宮記念への優先出走権が与えられます。また地方所属馬は2着までに入ると高松宮記念に出走登録できます。

↓過去10年の阪急杯入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年阪急杯出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ウインマーベル アイルハヴアナザー 牡5 松山弘平 コスモヴューファーム
深山雅史 (美浦) フジキセキ 58kg ウイン
1 2 サンライズロナウド ハービンジャー 牡5 古川吉洋 ノーザンファーム
安田隆行 (栗東) アドマイヤベガ 57kg ライフハウス
2 3 サトノアイ ハーツクライ 牝6 田口貫太 三嶋牧場
須貝尚介 (栗東) Catcher In The Rye 55kg 里見治
2 4 ルプリュフォール ロードカナロア 騙8 岩田康誠 社台ファーム
松永幹夫 (栗東) サンデーサイレンス 57kg 名古屋友豊
3 5 メイショウチタン ロードカナロア 牡7 藤岡康太 松田牧場
本田優 (栗東) マイネルラブ 57kg 松本好雄
3 6 タマモブラックタイ デクラレーションオブウォー 牡4 角田大和 タマモ
角田晃一 (栗東) ブラックタイド 57kg 対馬正
4 7 スマートクラージュ ディープインパクト 牡7 池添謙一 いとう牧場
池江泰寿 (栗東) キングヘイロー 57kg 大川徹
4 8 カルロヴェローチェ シルバーステート 牡4 酒井学 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) ロックオブジブラルタル 57kg 大野照旺
5 9 サトノレーヴ ロードカナロア 牡5 小崎綾也 白井牧場
堀宜行(美浦) サクラバクシンオー 57kg 里見治
5 10 デュガ Practical Joke 牡5 松若風馬 Erv Woolsey & Ralph Kinder
森秀行 (栗東) Canadian Frontier 57kg 藤田晋
6 11 ボルザコフスキー キズナ 牡5 B.ムルザバエフ ハクレイファーム
清水久嗣(栗東) Orpen 57kg 犬塚悠治郎
6 12 ホープフルサイン モンテロッソ 牡8 原優介 日進牧場
本間忍 (美浦) グラスワンダー 57kg アドバンス・サッポロ
7 13 ワールドウインズ ルーラーシップ 騙7 角田大河 藤原牧場
武幸四郎 (栗東) フジキセキ 56kg 川勝裕之
7 14 エンペザー ロードカナロア 牡5 高倉稜 上村清志
田中克典 (栗東) シンボリクリスエス 57kg リーヴァ
7 15 ダノンティンパニー ディープインパクト 牡6 A.ルメートル 三嶋牧場
中内田充正(栗東) Marju 57kg ダノックス
8 16 アサカラキング キングヘイロー 牡4 斎藤新 場 協和牧場
斎藤誠(美浦) キズナ 57kg 山口 雄司
8 17 カリボール ジャスタウェイ 牡8 和田竜二 ノーザンファーム
須貝尚介 (栗東) サクラバクシンオー 57kg 大和屋暁
8 18 メイショウホシアイ モーリス 牝6 泉谷楓真 富田牧場
高橋亮(栗東) ダンスインザダーク 55kg 松本好雄

勝ち馬予想に役立つ!阪急杯の注目馬分析

ウインマーベル

アイルハヴアナザー Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア
Arch’s Gal Edith Arch
Force Five Gal
コスモマーベラス フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
ロモーラ Nijinsky
Single Blade

ウインマーベルは前走阪神カップで葵Sに続き重賞2勝目。これまで20戦5勝2着4回3着3回。重賞は他に2022年のキーランドカップ、スプリンターズS、2023年京王杯スプリングCで2着しています。

ウインマーベルの父は米クラシック2冠のアイルハヴアナザー。基本的にダート中距離系種牡馬も、小回りなら短距離なら芝も走ります。フジキセキ産駒の母コスモマーベルはオープン2勝、愛知杯2着の実績もある7勝馬。ウインマーベルの全姉ウインジェルベーラが函館2歳Sで2着。

今回は前走と同じ阪神1400mGⅡ勝ちがあるため他馬より負担重量が重い58kgも、前走で同斤量を背負い1分19秒3の好時計勝ちを収めているので問題ありません。ただし目標は次走の高松宮記念。出走条件は足りているのでここは叩き台か得意な距離なので大崩れは無いと思いますが、連下で。

ダノンティンパニー

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ランニングパール Marju ラストタイクーン
Flame of Tara
ジョコンダII Rossini
La Joconde

ダノンティンパニーはこれまで8戦6勝2着1回。3勝は園田でのもので、JRA移籍後5戦3勝2着1回。2、3勝クラスを連勝して臨んだ前走中山芝1600mLクラスで1番人気でしたが、優勝馬から0.3秒離され5着に敗れています。

ダノンティンパニーの父はディープインパクト。アイルランド産の母ライトニングパールは英短距離GⅠ勝ちがある3勝馬。母の全弟は宝塚記念・香港ヴァーズ他重賞6勝のサトノクラウンという良血。

父譲りの末脚は堅実で、8戦共上りはメンバー中3番手以内。地方ダート戦を含め1400m戦は5戦5勝。前走1600mは幾分距離が長かったか。今回は1400m戦に戻り、しかも2戦2勝の阪神1400m戦。1分20秒3の持ち時計もあるので対応可能か。

ただし、ウインマーベルの持ち時計は1分19秒3。時計通りではウインマーベルには対抗できません。抑えまで。

アサカラキング

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
アサカラヴァーズ キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
キョウワノコイビト トニービン
エールノコイビト

アサカラキングはこれまで10戦4勝2着1回重賞経験はありませんが、現在1勝クラスから3勝クラスまで3連勝。近2戦は1400m戦を2着に0.4秒差を付けて逃げ切っています。

アサカラキングの父はキズナ。キングヘイロー産駒の母アサカラヴァーズは地方で3勝。近親にこれといった活躍馬はいません。アサカラキングは血統内にヘイローの4×4の濃いクロスを持ちます。

3戦連続逃げ切り勝ちですが、2走前の阪神芝1400mは1分20秒3、前日の阪神カップの勝ち時計は1分19秒3なので、単純計算ならウインマーベルには勝てませんまた2走前の勝ち時計も1分20秒9なので、スローで展開が向いた可能性が大。見送り。

スマートクラージュ

ディープインパクト ディープインパクト Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
エジェトウショウ キングヘイロー ダンシングブレーヴ
グッバイヘイロー
ウイッチトウショウ ジェイドロバリー
サマンサトウショウ

スマートクラージュはこれまで17戦5勝2着2回3着5回。過去に重賞を4戦して2022年京阪杯、2023年CBC賞、セントウルSで3着。今回はセントウルS以来の参戦です。

スマートクラージュの父はディープインパクト。キングヘイロー産駒の母レジェトウショウは中央短距離3勝、地方2勝。母の半弟でアンライバルド産駒のトウリョウドラフタがファルコンS勝ちを含む中央5勝、地方で8勝。

また祖母の姉妹からJRA最優秀4歳以上牝馬に輝いたスイープトウショウが出ています。スマートクラージュは血統内にヘイローの3×4、リファールの4×4の濃いクロスを持ちます。

父がディープインパクトも距離適性も走りも母系から。重賞では1200m戦も、1400m戦は6戦2勝2着1回3着1回、更に阪神1400m戦は3戦2勝と相性は悪くありません。また2022年のオーシャンSで1番人気に推さた実力がありながら、高松宮記念出走には賞金不足。ここは全力で勝負。。勝ち負け。

サトノレーヴ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
チリエージェ サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
メガミゲラン シュイディハイツ
モガミゲラン

サトノレーヴはこれまで5戦4勝2着1回。1勝クラスから3勝クラスまで1番人気で3連勝を飾っていますが、昨年4月から1年間休養。今回は初重賞挑戦です。

サトノレーヴの父はロードカナロア。サクラバクシンオー産駒の母チリエージェは芝短距離を5勝サトノレーヴの半兄でアドマイヤムーン産駒のハクサンムーンは短距離重賞3勝を含む7勝、ヴィクトワールピサ産駒のワリングステイツが海外でGⅢ勝ちを収めています。

前走後セントウルSに登録も回避。5歳馬ですがまだ5戦しかしておらず、前走でも完調でない状態から勝っているので能力の高さが伺えます体調を見ながらの出走ですが、高いポテンシャルを秘めていると考えられ、メンバーが手薄な今回のレースなら上位に食い込めるか。連下で。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました