2024年第69回GⅡ京王杯スプリングカップ予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2024年京王杯スプリングカップの注目馬を分析!

京王杯スプリングカップの特徴

GⅡ京王杯スプリングカップは第2回東京開催7日目に行われる4歳以上芝1400mの別定戦です。負担重量は牡・騙馬57kg、牝馬55kg。過去の重賞勝利実績により負担重量が加算されます。加算条件は以下の通り。

2kg増・・・1年以内に牝馬限定を除くGⅠ優勝馬。

1kg増・・・1年以内の牝馬限定GⅠ及び牝馬限定を除くGⅡ優勝馬、1年以前に牝馬限定GⅠを除くGⅠ勝利馬(2歳戦を除く)。

国際競争に指定され、外国調教馬は9頭まで優先出走権が与えられます。また地方所属馬は安田記念出走候補馬のみ3頭まで出走登録が可能です。

安田記念のステップレースに指定され、JRA所属馬は優勝馬に、地方所属馬は2着までに入った馬に同レースへの優先出走権が与えられます。

↓過去10年の京王杯スプリングカップ入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2024年京王杯スプリングカップ出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 トウシンマカオ ビッグアーサー 牡5 菅原明良 服部牧場
高柳瑞樹 (美浦) スペシャルウィーク 57kg サトー
2 2 リュミエールノワル ロードカナロア 牡5 川田将雅 G1レーシング
上原佑紀(美浦) ディープインパクト 57kg 白老ファーム
2 3 ソーヴァリアント オルフェーヴル 牡6 J.モレイラ 社台ファーム
大竹正博 (美浦) シンボリクリスエス 57kg 社台レースホース
3 4 レッドモンレーヴ ロードカナロア 牡5 横山和生 ノーザンファーム
蛯名正義 (美浦) ディープインパクト 58kg 東京ホースレーシング
3 5 クリノガウディー スクリーンヒーロー 牡8 松岡正海 三輪牧場
藤沢則雄(栗東) ディアボロ 57kg 栗本博晴
4 6 プルパレイ イスラボニータ 牡5 松岡正海 社台ファーム
須貝尚介 (栗東) Fusaichi Pegasus 57kg Gリビエール・R
4 7 グランデマーレ ロードカナロア 牡7 T.オシェア 白老ファーム
藤岡健一 (栗東) ネオユニヴァース 57kg キャロットファーム
5 8 アネゴハダ キズナ 牝5 津村明秀 サンデーヒルズ
佐々木晶 (栗東) ウォーエンブレム 55kg 岡浩二
5 9 ダノンスコーピオン ロードカナロア 牡5 三浦皇成 ケイアイファーム
安田隆行 (栗東) Sligo Bay 58kg ダノックス
6 10 ロードマックス ディープインパクト 牡6 戸崎圭太 ケイアイファーム
藤原英昭 (栗東) Dubawi 57kg ロードホースクラブ
6 11 スズハローム サトノダイヤモンド 牡4 吉田豊 アラキファーム
牧田和弥(栗東) ローレルゲレイロ 57kg 森達郎
7 12 メイショウチタン ロードカナロア 牡7 鮫島克駿 松田牧場
本田優 (栗東) マイネルラブ 57kg 松本好雄
7 13 ダディーズビビッド キズナ 牡6 浜中俊 上水牧場
千田輝彦 (栗東) フレンチデピュティ 57kg 田島大史
8 14 バルサムノート モーリス 牡4 北村友一 ノーザンファーム
高野友和(栗東) ダイワメジャー 57kg 吉田勝己
8 15 ウインマーベル アイルハヴアナザー 牡5 松山弘平 コスモヴューファーム
深山雅史 (美浦) フジキセキ 58kg ウイン

勝ち馬予想に役立つ!京王杯スプリングカップの注目馬分析

ウインマーベル

アイルハヴアナザー Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア
Arch’s Gal Edith Arch
Force Five Gal
コスモマーベラス フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
ロモーラ Nijinsky
Single Blade

ウインマーベルは葵S、阪神C、阪急杯と重賞3勝馬。これまで22戦6勝2着4回3着3回。重賞は他に2022年のキーランドC、スプリンターズSで2着。昨年の京王杯スプリングステークスでも2着しています。

ウインマーベルの父は米クラシック2冠のアイルハヴアナザー。基本的にダート中距離系種牡馬も、小回りコースの短距離なら芝も走ります。フジキセキ産駒の母コスモマーベルはオープン2勝、愛知杯2着の実績もある7勝馬。ウインマーベルの全姉ウインジェルベーラが函館2歳ステークスで2着しています。

前走高松宮記念では8番人気で12着。優勝馬マックドールから1.6秒も離され大差負け。ただし当日は重で、のめって走っていたので競馬にならず結果は度外視。

今回は同距離重賞2勝を挙げ、昨年も本レースで2着している芝1400m戦。同距離は6戦3勝2着1回で、掲示板を外したのは3歳で1度だけ。目標は先のスプリングSも、まだ先なのでここは賞金稼ぎで全力の公算が大。負担重量は他馬より1kgも、58kgは背負い慣れています。勝ち負け。

レッドモンレーヴ

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
ラストグルーヴ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール

レッドモンレーヴは昨年の京王杯2歳Sの優勝馬。これまで13戦5勝2着3回。重賞は他に昨年の富士Sで2着の実績。前走中山記念では8番人気で優勝馬マテンロウスカイから2.8秒も離されブービー負けを喫しています。

レッドモンレーヴの父はロードカナロア。ディープインパクト産駒の母ラストグルーヴは1戦1勝で引退。祖母はオークス・天皇賞秋を制したエアグルーヴで、母の全姉にマーメイドS馬のグルヴェイグ、一族に種牡馬のルーラーシップやドゥラメンテ、GⅠ馬アドマイヤグルーヴなど活躍馬多数。

前走中山記念ではレース中に嫌気し、気性的に1800mは長かったか。父が短距離志向のロードカナロアなので距離短縮はプラス。主戦は1600m戦。ただし東京は得意で7戦3勝2着2回。末脚勝負の馬なので、ゴール前直線の長い東京は合っています。

今回も対抗は昨年と同じウインマーベルで、斤量の条件も同じ。前走は昨年の馬体重より8kg重かったので、一度叩いて絞れていれば能力的に馬券内。

ダノンスコーピオン

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム Storm Cat
サラトガデュー
レキシールー Sligo Bay Sadler’s Wells
Angelic Song
Oneexcessivenite In Excess
Favored One

ダノンスコーピオンは2022年のNHKマイルカップの優勝馬。重賞は他にアーリントンC勝ちがあり、これまで14戦4勝3着2回。ただしNHKマイルC勝ち以降、勝ち星から見放され、昨年は5戦して全て2桁着順で惨敗。

ダノンスコーピオンの父はロードカナロアカナダ産の母レキシールーは海外重賞3勝を含む10勝馬。母の父スライゴーベイは米芝中距離GⅠ馬。母系にサドラーズウェルズの血が入っているので、快速ロードカナロア産駒でもスタミナ勝負の展開に有利な血統です。

前走阪神Cでは本レースに登録している優勝馬ウインマーベルから0.7秒差の13着。ブランカー着用で先行してレースをするものの、最後の直線で気持ちがなえているように気性面で問題を抱えています。前走に比べメンバーは手薄も、一変までは程遠い印象。見送り。

トウシンマカオ

ビッグアーサー サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
シヤボナ Kingmambo
Relish
ユキノマーメイド スペシャルウィーク サンデーサイレンス
キャンペンガール
サスペンスクイーン Woodman
Crystal Cup

トウシンマカオは京阪杯を連覇し、今年のオーシャンS勝ちを含め重賞3勝馬。これまで17戦6勝2着1回3着2回前走高松宮記念では4番人気に推されるものの、優勝馬マックドールから0.8秒離され6着に敗れています。

トウシンマカオの父はサクラバクシンオー産駒で高松宮記念優勝のビッグアーサー。スペシャルウィーク産駒の母ユキノマーメイドは芝中距離の4勝馬。トウシンマカオの半兄でタイキシャトル産駒のベステダンクがマイラーズカップ2着他7勝を挙げています。

兄もマイルまでの活躍で、母系の影響力は余り強くないと考えられます。また血統内にミスタープロスペターの4×4のクロスがあり、よりスピードが強調された配合。1400m勝ちもありますが、基本的には1200m向きのスプリンター。

NHKマイルC以降は昨年のスワンS以外は全て芝1200m戦。そのスワンSでは4番人気に推されましたが、優勝馬からは0.7秒差、本レースに登録しているウインマーベルからも0.3秒離されています。

そのウインマーベルとは今回負担重量が1kg軽いものの、計算上は逆転できずまたウインマーベルは近走芝1400m重賞で2勝を挙げており、成績でも相手が上。スプリント能力は高いものの、今回は抑えまで。

ソーヴァリアント

オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン
エレクトロアート 
ソーマジック シンボリクエスエス Kris S. 
Tee Kay 
スーア  Fairy King 
Bold Starlet 

ソーヴァリアントは2021、22年のチャレンジカップを連覇。これまで18戦5勝2着2回3着8回。重賞は他にセントライト記念2着、昨年の札幌記念、富士Sで2着前走マイラーズCでは7番人気で5着。ただし優勝馬ソウルフラッシュから0.9秒も離されています。

ソーヴァリアントの父はオルフェーヴル。シンボリクリスエス産駒の母ソーマジックは桜花賞3着馬。ソーヴァリアントの半姉にディープインパクト産駒で愛知杯を勝ち、秋華賞2着、ヴィクトリアマイルカップ3着のマジックキャッスル。

2~4歳夏まで中距離路線も、昨年の富士S3着からはマイル戦にシフト。前走はスタートで躓き最後方付近からの競馬で、それでも諦めずに伸びてきているので根性はあります。

ただし、今回の1400m戦は初。目標は安田記念と思われ出走条件は足りており、また血統的に短距離馬ではないため、ここは叩き台の公算が大見送り。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました