【2024年度版】菊花賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る重賞の入賞馬

菊花賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 8 ドゥレッツァ 牡3 57kg 3.03.1 ドゥラメンテ More Than Ready
2 4 タスティエーラ 牡3 57kg 3.03.7 サトノクラウン マンハッタンカフェ
3 7 ソールオリエンス 牡3 57kg 3.04.0 キタサンブラック Motivator 
2022 1 7 アスクビクターモア 牡3 57kg 3.02.4 ディープインパクト Rainbow Quest
2 2 ボルドグフーシュ 牡3 57kg 3.02.4 スクリーンヒーロー Layman
3 8 ジャスティンパレス 牡3 57kg 3.02.5 ディープインパクト Royal Anthem
2021 1 2 タイトルホルダー 牡3 57kg 3.04.6 ドゥラメンテ Motivator
2 8 オーソクレース 牡3 57kg 3.05.4 エピファネイア ディープインパクト
3 6 ディヴァインラヴ 牡3 57kg 3.05.4 エピファネイア ディープインパクト
2020 1 2 コントレイル 牡3 57kg 3.05.5 ディープインパクト Unbridled’s Song
2 5 アリストテレス 牡3 57kg 3.05.5 デピファネイア ディープインパクト
3 5 サトノフラッグ 牡3 57kg 3.06.1 ディープインパクト Not For Sale
2019 1 5 ワールドプレミア 牡3 57kg 3.06.0 ディープインパクト Cactus Ridge
2 7 サトノルークス 牡3 57kg 3.06.0 ディープインパクト Sadler’s Wells
3 7 ヴェロックス 牡3 57kg 3.06.2 ジャスタウェイ Monsun
2018 1 6 フィエールマン 牡3 57kg 3.06.1 ディープインパクト Green Tune
2 5 エタリオウ 牡3 57kg 3.06.1 ステイゴールド Cactus Ridge
3 4 ユーキャンスマイル 牡3 57kg 3.06.3 キングカメハメハ ダンスインザダーク
2017 1 7 キセキ 牡3 57kg 3.18.9 不良 ルーラシップ ディープインパクト
2 2 クリンチャー 牡3 57kg 3.19.2 ディープスカイ ブライアンズタイム
3 7 ポポカテペトル 牡3 57kg 3.19.2 ディープインパクト Mr. Greeley
2016 1 2 サトノダイヤモンド 牡3 57kg 3.03.3 ディープインパクト Orpen
2 6 レインボーライン 牡3 57kg 3.03.7 ステイゴールド フレンチデピュティ
3 7 エアスピネル 牡3 57kg 3.03.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2015 1 2 キタサンブラック 牡3 57kg 3.03.9 ブラックタイド サクラバクシンオー
2 6 リアルスティール 牡3 57kg 3.03.9 ディープインパクト Storm Cat
3 8 リアファル 牡3 57kg 3.04.0 ゼンノロブロイ エルコンドルパサー
2014 1 1 トーホウジャッカル 牡3 57kg 3.01.0 スペシャルウィーク Unbridled’s Song
2 2 サウンドオブアース 牡3 57kg 3.01.1 ネオユニヴァース Dixieland Band
3 5 ゴールドアクター 牡3 57kg 3.01.7 スクリーンヒーロー キョウワアリシバ

菊花賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 4 ドゥレッツァ 3勝クラス 1 1
2 2 タスティエーラ ダービー 4 1
3 1 ソールオリエンス セントライト記念 1 2
2022 1 2 アスクビクターモア セントライト記念 1 2
2 7 ボルドグフーシュ 神戸新聞杯 4 3
3 4 ジャスティンパレス ダービー 10 9
2021 1 4 タイトルホルダー セントライト記念 1 13
2 3 オーソクレース セントライト記念 5 3
3 6 ディヴァインラヴ 2勝クラス 1 1
2020 1 1 コントレイル 神戸新聞杯 1 1
2 4 アリストテレス 2勝クラス 2 1
3 5 サトノフラッグ セントライト記念 1 2
2019 1 3 ワールドプレミア 神戸新聞杯 3 3
2 8 サトノルークス セントライト記念 8 2
3 1 ヴェロックス 神戸新聞杯 2 2
2018 1 7 フィエールマン ラジオNIKKEI賞 1 2
2 2 エタリオウ 神戸新聞杯 3 2
3 10 ユーキャンスマイル 1000万下 2 1
2017 1 1 キセキ 神戸新聞杯 2 2
2 10 クリンチャー セントライト記念 4 9
3 13 ポポカテペトル 1000万下 2 1
2016 1 1 サトノダイヤモンド 神戸新聞杯 1 1
2 9 レインボーライン 札幌記念 4 3
3 6 エアスピネル 神戸新聞杯 2 5
2015 1 5 キタサンブラック セントライト記念 6 1
2 2 リアルスティール 神戸新聞杯 1 2
3 1 リアファル 神戸新聞杯 3 1
2014 1 3 トーホウジャッカル 神戸新聞杯 9 3
2 4 サウンドオブアース 神戸新聞杯 8 2
3 7 ゴールドアクター 1000万下 1 1

菊花賞と馬券の傾向

過去10年の集計より。2021、2022年は阪神開催。

人気と馬券

1番人気 3勝2着0回3着3回、連対率3割、複勝率6割

2番人気 1勝2着3回3着0回、連対率4割、複勝率3割

3番人気 2勝2着1回3着0回、連対率3割、複勝率3割

1番人気は3勝、連対率3割、複勝率6割と馬券的にはイマイチ1~3番人気の連対率は3~4割。2、3番人気は3着が無いので3歳GⅠの割に上位陣が信用できません。

前走のトライアルレースで成績が悪くとも春の実績馬は叩き台で使ったという認識が先に立ち、ダービー上位馬が菊花賞でも人気上位になる傾向があります。実際は距離が合わなかったり、本調子でなかったりと馬券になり難いのが実情。

逆に馬連で活躍するのが5~9番人気の馬。過去10年で6回も5~9番人気が馬連に絡んでいます。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は2回で、馬連は1回のみ。3着に突っ込んできた2桁人気は前走2勝クラス(旧1000万下)を5番人気以内で勝ち上がっています。この時期の3歳が古馬混合2勝クラスを勝つのは3歳限定重賞勝ちに等しい力量なので注意が必要。

前走と馬券

菊花賞はセントライト記念と神戸新聞杯の2レースがトライアルに指定されていますが、圧倒的に強いのは神戸新聞杯組。

セントライト記念 4勝2着3回3着1回 占有率26.6%

神戸新聞杯    4勝2着4回3着3回 占有率36.6%

神戸新聞杯組で馬連に絡んだ馬は前走の人気に関係なく優先出走権を獲得した馬。3着までも前走掲示板に載っているので、正直神戸新聞杯の1~3着馬は全部買いが正解。

セントライト記念組で馬券になった8頭中5頭が前走の人気に関わらず1~3着馬。2021年の菊花賞馬タイトルホルダーはセントライト記念で13着でしたが、人気は1番人気。

その他ではダービーから直行が2頭、2勝クラスを勝ち上がって出走してきた馬が6頭。1勝2着1回3着5回なので穴として3連単や3連複で加えるとハマる可能性があります。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   19頭

ロベルト系         5頭

ミスタープロスペクター系  5頭

ノーザンダンサー系     1頭

馬券になった30頭中、サンデーサイレンス系の種牡馬を持つ馬が19頭全体の2/3を占めます。その内最多はディープインパクト系11頭と半数を占めます。他に複数頭馬券になっているのはステイゴールドが3頭。2頭共長距離適性が高い種牡馬。

次いでロベルト系とミスタープロスペクターが共に5頭。ここ5年ではロベルト系のエピファネイア産駒が3頭、ミスタープロスペクター系のドゥラメンテ産駒が2頭なので今後注目。

エピファネイア産駒は3頭とも母の父はディープインパクト。ドゥラメンテのエピファネイアも母系にサンデーサイレンスの血が入っています。4代先までサンデーサイレンスの血を持たない馬は一頭もいないので、サンデーサイレンスの血は必須。

菊花賞のレース及びコースの攻略法

菊花賞はコーナーを6つ回る京都芝外回り3000mAコースを使用。スタートはスタンド向こう側、バックストレッチにある登り坂の頂上付近から。スタートから最初のコーナーまで217mと短いものの、3000mの長丁場なのでテンから早くなることはほとんどありません。

最初のコーナーを回ると、最初の長い下り坂。京都コースを経験している利口な馬だとゴール前と勘違いして掛かる可能性があります。3000mは各馬初経験なのでスタミナを温存のため内ラチ沿いに進み、基本的に縦長の展開で淡々とレースが流れます。

レースが動くのは2回目の下り坂から。スタミナに自信がある先行馬はここからロングスパートをかけてきます。第4コーナーを過ぎるとゴールまで403mありますが、直線平坦でしかも芝の状態が良いので前はなかなか止まりません。

基本的に逃げ、先行が有利ですが、過去10年で阪神開催の2021、2022年以外は逃げ切り勝ちが無く3着が1回のみ。道中は中盤辺りに控え、3から4コーナーで前に進出して直線までに7番手以内に押し上げ、そのまま勢いで押し切るパターンとして多い傾向です。

そのため瞬発力よりジリ脚でも長く良い脚が使えるスタミナ豊富な馬が有力です。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました