2021年第26回G3ユニコーンステークス注目馬分析

重賞レースの注目馬分析

2021年ユニコーンステークスの注目馬を分析!

ユニコーンステークスの特徴

G3ユニコーンステークスは第3回東京開催6日目に行われる3歳限定ダート1600mの別定戦です。負担重量は牡馬56kg、牝馬54kg。過去の重賞勝利実績により負担重量が加算され、G1勝利馬は2kg増、G2勝利馬は1kg増。

国際競走に指定され、外国調教馬は8頭まで出走可能。また地方所属馬は4頭まで出走できます。地方競馬のジャパンダートダービー、ダービーグランプリを併せ3歳ダート3冠レースを形成し、その初戦になります。

ここ数年の優勝馬ノンコノユメ、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ルヴァンスレーヴ、ワイルドファラオ、昨年のカフェファラオなど後にJRAか地方の古馬ダートG1競走を制しています。

↓過去10年のユニコーンステークス入賞馬のデータを見たい方はこちら↓

2021年ユニコーンステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ゲンパチフォルツァ    ヘニーヒューズ 牡3 木幡巧也 飛野牧場
堀井雅広 (美浦) ストラヴィンスキー 56kg 平野武志
1 2 スマッシャー マジェスティックウォリアー 牡3 坂井瑠星 宮内牧場
吉岡辰弥 (栗東) キングカメハメハ 56kg ヒダカ・ブリーダーズ・U
2 3 ティアップリオン リオンディーズ 牡3 内田博幸 高昭牧場
奥平雅士 (美浦) クロフネ 56kg 田中昇
2 4 ラペルーズ ペルーサ 牡3 C.ルメール 富田牧場
藤沢和雄 (美浦) エンパイアメーカー 56kg 多田信尊
3 5 イグナイター  エスポワールシチー 牡3 武藤雅 春木ファーム
福永敏 (地方) ウォーニング 56kg 野田善己
3 6 クリーンスレイト ディスクリートキャット 牡3 田辺裕信 ダーレー・ジャパン・F
久保田貴 (美浦) A.P. Indy 56kg ゴドルフィン
4 7 ケイアイロベージ ヘニーヒューズ 騙3 三浦皇成 佐竹学
野中賢二 (栗東) クロフネ 56kg ケイアイスタリオン
4 8 サンライズウルス ヘニーヒューズ 牡3 藤井勘一郎 松岡隆雄
安田翔伍 (栗東) チチカステナンゴ 56kg 村上欽哉
5 9 ブラックアーメット ブラックタイド 牡3 津村明秀 千代田牧場
角田晃一 (栗東) ケイムホーム 56kg 窪田芳郎
5 10 プロバーティオ トランセンド 牡3 M.デムーロ 土居牧場
田中剛 (美浦) ダンスインザダーク 56kg ノースヒルズ
6 11 ヴィゴーレ キズナ 牡3 丸山元気 ノースヒルズ
松永幹夫 (栗東) キングカメハメハ 56kg ノースヒルズ
6 12 ローウェル キズナ 牡3 団野大成 白老ファーム
斉藤崇史 (栗東) Songandaprayer 56kg シルクレーシング
7 13 ピンクカメハメハ リオンディーズ 牡3 北村宏司 畠山牧場
森秀行 (栗東) ダンシングブレーヴ 56kg 木村久子
7 14 カレンロマチェンコ マクフィ 牡3 松若風馬 高柳隆男
高柳大輔 (栗東) アドマイヤジャパン 56kg 鈴木隆司
8 15 サヴァ アイルハヴアナザー 牡3 石川裕紀人 大北牧場
上村洋行 (栗東) ブライアンズタイム 56kg 藤田孟司
8 16 ルーチェドーロ マクフィ 牡3 戸崎圭太 アキラファーム
高橋裕 (美浦) クロフネ 56kg ディアレストクラブ

勝ち馬予想に役立つ!ユニコーンステークスの注目馬分析

マクフィ Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
Dhelaal Green Desert
Irish Valley
アラフネ クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
サイレンスマンボウ サンデーサイレンス
アサカマンボウ

ルーチェドーロはこれまで7戦2勝2着1回3着1回2歳時に函館2歳ステークスで2着し、その後は地方ダート重賞を転戦。昨年のG1全日本2歳優駿で3着、前走OP端午ステークスで2着に0.3秒差を付けて優勝しています。

ルーチェドーロに父は英2000ギニーとジャック・ル・マロワナ賞とマイルG1を2勝したマカフィ。海外で芝G1馬を多数輩出しおり、2016年から日本軽種牡馬協会で繁用。母アラフネはクロフネ産駒の3勝馬。近親に活躍馬はいません。

父から見れば芝馬も、ダート適正を見ると母の父クロフネの影響か。全日本2歳優駿で3着も、優勝馬アランバラローズには1.8秒もぶっちぎられており、前々走の昇竜ステークスでも本レース登録馬のカレンロマンチェコに0.3秒差で負けているので人気なら評価されすぎか。見送り。

ラペルーズ

ペルーサ ステイゴールド サンデーサイレンス
ローミンレイチェル
アルゼンチンスター Candy Stripes
ディフェレンテ
ハットシテグー エンパイアメーカー Unbridled
Toussaud
Naughty Mambo Kingmambo
Naughty Notions

ラペルーズはこれまで7戦4勝2着1回、内2勝は門別でのもの。前々走でリミテッドクラスのヒヤシンスステークスを優勝しており、前走のオープン青竜ステークスでは単勝1.8倍の1番人気でしたが優勝馬に2.3秒離されブービー負け。

ラペルーズの父はゼンノロブロイ産駒で青葉賞勝ちのペルーサ。母ハットシテグーはエンパイアメーカー産駒の1勝馬。近親に東京ジャンプステークス勝ちのラヴァンドポップがいますが、それ以外はこれといった活躍馬はいません。

前走はスタートから行きたがらずただ回ってきただけ。父のペルーサは天皇賞秋で2着しているものの、気性難で青葉賞勝以オープンを1勝しただけで終わっているので、本馬も気性難を抱えている可能性が大基礎能力から一発を期待できても安定性に欠けます

また母の父エンパイアメーカーも米国ダートでは活躍馬を出すものの、日本の成績はイマイチ強調できません。良くて連下まで。

ピンクカメハメハ

リオンディーズ キングカメハメハ Kingmambo 
マンファス 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール
タバサトウショウ ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
サマンサトウショウ トウショウボーイ
マーブルトウショウ

ピンクカメハメハはこれまで8戦2勝。2走前に優勝賞金150万ドルの海外ダートレース、サウジダービーを優勝しています。ただし中央では芝しか走っておらず、新馬戦以外は馬券に絡んでいません。

ピンクカメハメハの父は朝日フューチュリティーステークス馬のリオンディーズ。母タバサトウショウはダンシングブレーヴ産駒の1勝馬。ピンクカメハメハの半姉に宝塚記念とエリザベス女王杯を制したスウィープトウショウ、半兄にダート重賞2着4回のトウショウリーク。

サウジダービーはダートと雖も、日本とは異なりウッドチップが入っているなどスピードが出やすく軽い砂。実質日本のダートは初めてなので、スタミナ切れの可能性が大。今回は見送り。

ゲンパチフォルツァ

ゲンパチフォルツァは前走ユニコーンステークスと関連性が青竜ステークスを優勝。これまで6戦して全てダート戦。3勝3着1回の成績で全戦掲示板に載っています。

ゲンパチフォルツァの父ヘニーヒューズは米ダート短距離G1を2勝。ストラヴィンスキー産駒の母アイラブリリは短距離の5勝馬で京阪杯2着の実績。ただし、近親にこれといった活躍馬はいません。

500kg近い大型馬で、3勝は全てスピードに任せて2番手で押し切り勝ち。父ヘニーヒューズの血が濃いと思われます。緩急はつけられないタイプと考えられます。自分のペースで行ければ勝ち負けも、スローペースでは最後に置いて行かれる可能性が。連下で。

カレンロマチェンコ

マクフィ Dubawi Dubai Millennium
Zomaradah
Dhelaal Green Desert
Irish Valley
カレンステイシー アドマイヤジャパン サンデーサイレンス
ビワハイジ
カレンママ エンドスウィープ
アズウィロー

カレンロマチェンコは前走ユニコーンステークスと関連性が高い昇竜ステークスの優勝馬で、これまで6戦3勝。前走で2連勝を飾り波に乗っています。

カレンロマチェンコの父は欧州マイルG1を2勝したマクフィで、欧米での産駒はほとんど芝馬。アドマイヤジャパン産駒の母カレンステイシーはダート1400mを3勝。近親にこれといった活躍馬はいません。

カレンアロマチェンコも3勝は全てダート1400mなので、影響力はフォーティナイナー系母系から。恐らくスピード任せの馬と考えられ、距離延長はプラスにはなりません。連下までの評価です。

レディバグ


ホッコータルマエ
キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
マダムチェロキー Cherokee Run
アンフォイルド
フェバリットガール ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
ソロシンガー リヴリア
ミストモカゼ

レディバグはこれまで6戦1勝2着3回3着1回2歳時に兵庫ジュニアグランプリで0.1秒差2着しており、前々走端午ステークス、前走昇竜ステークスで連続2着。前走ではゲンパチフォルツァとは首差。6戦中5戦でメンバー中があり2番手以内と末脚は安定。

レディバグの父は中央と地方でダートG1を10勝したホッコータルマエで、この世代がファーストクロップ。ダンスインザダーク産駒のフェイバリットガールは1勝馬も、母の半兄に共同通信杯勝ちのラトゥザフリーズ、祖母ソロシンガーはオープンで2勝を挙げています。

5代までクロスが無いアウトブリードで、全体的にスタミナやパワーを感じさせる血が並びます。しかし母系はせいぜい2000mまでの走破距離なので気性的な遺伝が影響か。爆発力はあるので抑えられれば直線の長い東京コースは有利。

ユニコーンステークスでは過去10年で牝馬の優勝は無く、2着2回が最高ただし強敵相手に常に差のない競馬をしていることからも、今回は勝ち負け。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました