【2021年度版】武蔵野ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る武蔵野ステークスの入賞馬

武蔵野ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 3 サンライズノヴァ 牡6 58kg 1.35.0 ゴールドアリュール サンダーガルチ
2 6 ソリストサンダー 牡5 56kg 1.35.1 トビーズコーナー スペシャルウィーク
3 4 エアスピネル 牡7 56kg 135.3 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2019 1 4 ワンダーリーデル 牡6 56kg 1.34.6 スタチューオブリバティ マヤノトップガン
2 5 タイムフライヤー 牡4 56kg 1.34.6 ハーツクライ ブライアンズタイム
3 8 ダノンフェイス 牡6 56kg 1.34.9 キングカメハメハ アグネスタキオン
2018 1 2 サンライズノヴァ 牡4 56kg 1.34.7 ゴールドアリュール サンダーガルチ
2 2 クインズサタン 牡5 56kg 1.34.9 パイロ クロフネ
3 5 ナムラミラクル 牡5 56kg 1.34.9 スパイキュール サクラバクシンオー
2017 1 7 インカテーション 牡7 57kg 1.35.5 シニスターミニスター Machiavellian
2 5 サンライズソア 牡3 55kg 1.35.6 シンボリクリスエス スペシャルウィーク
3 4 アキトクレッセント 牡5 56kg 1.35.9 ウォーエンブレム フレンチデピュティ
2016 1 6 タガノトネール 騙6 56kg 1.33.8 ケイホーム キングカメハメハ
2 4 ゴールドドリーム 牡3 56kg 1.34.0 ゴールドアリュール フレンチデピュティ
3 2 カフジテイク 牡4 56kg 1.34.2 プリサイスエンド スキャン
2015 1 6 ノンコノユメ 牡3 58kg 1.34.7 稍重 トワイニング アグネスタキオン
2 8 タガノトネール 騙5 57kg 1.34.7 ケイホーム キングカメハメハ
3 4 モーニン 牡3 55kg 1.35.0 ヘニーヒューズ Distorted Humor
2014 1 6 ワイルドバッハ 牡5 56kg 1.35.2 アジュディケーティング スキャン
2 1 エアハリファ 牡5 56kg 1.35.3 Discreet Cat Afternoon Deelites
3 2 グレープブランデー 牡6 58kg 1.35.8 マンハッタンカフェ ジャッジアンジェルーチ
2013 1 3 ベルシャザール 牡5 56kg 1.35.3 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 2 アドマイヤロイヤル 牡6 57kg 1.35.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 7 ベストウォーリア 牡3 56kg 1.35.4 マジェスティックウォリアー Mr. Greeley
2012 1 2 イジゲン 牡3 55kg 1.36.4 エンパイアメーカー Dixieland Band
2 7 ガンジス 牡3 55kg 1.36.5 ネオユニヴァース Silver Deputy
3 6 ダノンカモン 牡6 56kg 1.36.7 シンボリクリスエス オジジアン
2011 1 8 ナムラタイタン 牡5 56kg 1.35.2 サウスヴィクラス アフリリート
2 6 ダノンカモン 牡5 56kg 1.35.3 シンボリクリスエス オジジアン
3 1 アドマイヤロイヤル 牡4 56kg 1.35.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス

武蔵野ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 3 サンライズノヴァ 盛岡マイルCS 1 4
2 11 ソリストサンダー L 3 3
3 8 エアスピネル エルムS 3 7
2019 1 9 ワンダーリーデル リミテッドクラス 2 3
2 8 タイムフライヤー シリウスS 1 6
3 13 ダノンフェイス リミテッドクラス 6 4
2018 1 1 サンライズノヴァ OP 1 1
2 7 クインズサタン シリウスS 6 9
3 2 ナムラミラクル OP 4 1
2017 1 6 インカテーション 白山大賞典 1 1
2 8 サンライズソア OP 1 3
3 15 アキトクレッセント OP 4 4
2016 1 8 タガノトネール サマーチャンピン(G3) 2 3
2 2 ゴールドドリーム ジャパンダートダービー 1 3
3 6 カフジテイク OP 6 1
2015 1 2 ノンコノユメ ジャパンダートダービー 2 1
2 5 タガノトネール 盛岡マイルCS 4 2
3 1 モーニン 1600万下 1 3
2014 1 7 ワイルドバッハ OP 3 1
2 1 エアハリファ OP 2 1
3 11 グレープブランデー 日本テレビ盃 2 5
2013 1 1 ベルシャザール OP 1 1
2 3 アドマイヤロイヤル 盛岡マイルCS 4 5
3 7 ベストウォーリア ジャパンダートダービー 3 5
2012 1 1 イジゲン 1600万下 1 1
2 4 ガンジス OP 2 1
3 6 ダノンカモン 中京記念 8 15
2011 1 4 ナムラタイタン OP 1 4
2 1 ダノンカモン マイルCS南部杯(東京) 3 2
3 3 アドマイヤロイヤル 1600万下 1 1

武蔵野ステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着2回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 1勝2着1回3着1回、連対率2割、複勝率3割

3番人気 1勝2着1回3着1回、連対率2割、複勝率3割

1番人気は連対率5割、複勝率6割と連軸としてはまずまずの成績。一方で、2、3番人気は共に連対率2割、複勝率3割と人気の割にほとんど信用できません。

馬連では昨年を除き1桁人気同士でしか絡んでおらず1番人気以外はおよそ均等に馬券に絡んでいます。そのため上位人気馬はさほど実力差はないと考えられ、当日の馬の調子や仕上げ具合が重要。1~5番人気同士で決まった年は3回しかなく、馬連は中穴狙いで手広くが正解。

2桁人気が馬券に絡んだのは過去10年で4回で、2着1回3着3回。2桁人気が馬券に絡んだ年は馬連も荒れているので、上位人気馬に不安があるなら思い切って大穴狙いしても良いかもしれません。

前走と馬券

前走重賞からと、リミテッド~条件クラスの格上挑戦とで馬券は半々。重賞では3歳G1のジャパンダートダービー、地方G1盛岡マイルチャンピオンシップ、JRAのシリウスステークス組の成績が馬券に絡む傾向。ただし前走2桁着順からの巻き返しは1回のみで3着が最高。

一方で優勝は前走リミテッド、オープンクラスが多く、その多くがグリーンチャンネルカップかブラジルカップからまた馬券に絡んだ下位クラスの多くが、前走4番人気以内、着順も4着以内。特に前に挙げたオープンクラスで前走1着だと馬券の信用度が上がります。

血統と馬券

ミスタープロスペクター系  12頭

サンデーサイレンス系     7頭

ノーザンダンサー系        5頭

APインディ系            3頭

ロベルト系              3頭

パワーと瞬発力に優れたミスタープロスペクター系種牡馬を父に持つ馬が30頭中12頭、全体の40%を占めます。その内5頭がキングカメハメハ産駒次いでサンデーサイレンス系が7頭で、内3頭はゴールドアリュール産駒。

ノーザンダンサー系はストームバード系などアメリカ馬で日本では短距離系統の馬が大半。APインンディ系も同様で日本では短距離志向のダート馬を多く出す種牡馬が占めます。ロベルト系3頭は全てシンボリクリスエス産駒です。

性齢と馬券

3歳   2勝2着3回3着2回、占有率23.3%

4歳   1勝2着1回3着2回、占有率13.3%

5歳   3勝2着5回3着2回、占有率33.4%

6歳   3勝2着1回3着3回、占有率23.3%

7歳以上 1勝2着0回3着1回、占有率6.7%

馬券は3~6歳でほぼ均等に割れますが、馬連中心は3勝2着5回の5歳馬一方7歳以上の高齢馬は苦戦傾向。ダート実績に乏しい高齢馬は無視して良いでしょう。また過去10年で牝馬は馬券に絡んでいません。

武蔵野ステークスのレース及びコースの攻略法

武蔵野ステークスはコーナーを2つ回る東京ダート1600mコースを使用。スタートはスタンド向こう側の引き込み線から。

引き込み線は芝コースで、ダートコースに入るまで150mほど芝を走ります。内より外が30m長く芝を走ため外枠が有利で知れていますが、実際は着順で内外の明確な差は無し。ただし、芝を走るのが苦手な先行馬が内枠だとこの150mで多少出遅れます

芝コースを含めるとバックスストレッチは600m近くあり、ポジション争いはさほど厳しくありません。前半からスピードを出しやすいコース設定で、コーナーも大きく2回しか回らないため、スピード能力がフルに生かせます。

ゴールまでの直線は約500mと非常に長く、第4コーナーを回ると高低差2.4mの坂が待ち受けます。直線が長いため差し、追い込み有利と思われますが、実際に先行馬と追い込み馬で馬券になる確率は半々。

勝負は坂を駆け上った残り200mからで瞬発力勝負になりやすく、ダートでも勝ち馬の上がり時計は平均35秒前半です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました