【2022年度版】札幌記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る札幌記念の入賞馬

札幌記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2021 1 8 ソダシ 牝3 52kg 1.59.5 クロフネ キングカメハメハ
2 4 ラヴズオンリーユー 牝5 55kg 1.59.6 ディープインパクト Storm Cat
3 5 ペルシアナイト 牡7 57kg 1.59.6 ハービンジャー サンデーサイレンス
2020 1 1 ノームコア 牝5 55kg 1.59.4 ハービンジャー クロフネ
2 2 ペルシアナイト 牡6 57kg 1.59.6 ハービンジャー サンデーサイレンス
3 5 ラッキーライラック 牝5 55kg 1.59.8 オルフェーヴル Flower Alley
2019 1 1 ブラストワンピース 牡4 57kg 2.00.1 ハービンジャー キングカメハメハ
2 6 サングレーザー 牡5 57kg 2.00.1 ディープインパクト Deputy Minister
3 6 フィエールマン 牡4 57kg 2.00.3 ディープインパクト Green Tune
2018 1 1 サングレーザー 牡4 57kg 2.01.1 稍重 ディープインパクト Deputy Minister
2 3 マカヒキ 牡5 57kg 2.01.1 ディープインパクト フレンチデピュティ
3 8 モズカッチャン 牝4 55kg 2.01.1 ハービンジャー キングカメハメハ
2017 1 1 サクラアンプルール 牡6 57kg 2.00.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 2 ナリタハリケーン 牡8 57kg 2.00.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 ヤマカツエース 牡5 57kg 2.00.6 キングカメハメハ グラスワンダー
2016 1 7 ネオリアリズム 牡5 57kg 2.01.7 ネオユニヴァース Meadowlake
2 8 モーリス 牡5 57kg 2.02.0 スクリーンヒーロー カーネギー
3 1 レインボーライン 牡3 54kg 2.02.1 ステイゴールド フレンチデピュティ
2015 1 6 ディサイファ 牡6 57kg 1.59.0 ディープインパクト Dubai Millennium
2 3 ヒットザターゲット 牡7 57kg 1.59.0 キングカメハメハ タマモクロス
3 3 ダービーフィズ 牡5 57kg 1.59.0 ジャングルポケット サンデーサイレンス
2014 1 5 ハープスター 牝3 52kg 1.59.1 ディープインパクト ファルブラヴ
2 4 ゴールドシップ 牡5 57kg 1.59.2 ステイゴールド メジロマックイーン
3 6 ホエールキャプチャ 牝6 55kg 2.00.0 クロフネ サンデーサイレンス
2013 1 7 トウケイヘイロー 牡4 57kg 2.06.5 ゴールドヘイロー ミルジョージ
2 7 アスカクリチャン 牡6 57kg 2.07.5 スターリングローズ ダイナレター
3 4 アンコイルド 牡4 57kg 2.08.2 Giant’s Causeway Alzao
2012 1 4 フミノイマージン 牝6 55kg 1.58.7 マンハッタンカフェ Dixieland Band
2 3 ダークシャドウ 牡5 57kg 1.58.8 ダンスインザダーク Private Account
3 3 ヒルノダムール 牡5 57kg 1.59.9 マンハッタンカフェ ラムタラ

札幌記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2021 1 2 ソダシ オークス 1 8
2 1 ラヴズオンリーユー QE2世カップ 3 1
3 8 ペルシアナイト 鳴尾記念 7 4
2020 1 2 ノームコア 安田記念 7 4
2 6 ペルシアナイト 宝塚記念 13 15
3 1 ラッキーライラック 宝塚記念 3 6
2019 1 3 ブラストワンピース 目黒記念 1 8
2 4 サングレーザー 安田記念 6 5
3 1 フィエールマン 天皇賞春 1 1
2018 1 2 サングレーザー 安田記念 3 5
2 1 マカヒキ ジャパンカップ 6 4
3 4 モズカッチャン ドバイシーマクラシック 4 6
2017 1 6 サクラアンプルール 函館記念 8 9
2 12 ナリタハリケーン 函館記念 12 7
3 1 ヤマカツエース 大阪杯 4 3
2016 1 5 ネオリアリズム 函館記念 4 6
2 1 モーリス 安田記念 1 2
3 4 レインボーライン ダービー 12 8
2015 1 5 ディサイファ エプソムカップ 4 3
2 8 ヒットザターゲット 目黒記念 11 1
3 4 ダービーフィズ 函館記念 3 1
2014 1 2 ハープスター オークス 2 1
2 1 ゴールドシップ 宝塚記念 1 1
3 7 ホエールキャプチャ 安田記念 7 15
2013 1 2 トウケイヘイロー 函館記念 3 1
2 8 アスカクリチャン 函館記念 8 3
3 14 アンコイルド 函館記念 7 2
2012 1 4 フミノイマージン クイーンS 5 8
2 1 ダークシャドウ ドバイデューティフリー 5 9
3 2 ヒルノダムール 天皇賞春 5 1

札幌記念と馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 0勝2着5回3着3回、連対率5割、複勝率8割

2番人気 5勝2着0回3着1回、連対率5割、複勝率6割

3番人気 1勝2着0回3着0回、連対率1割、複勝率1割

過去10年で1・2番人気は共に連対率5割も、1番人気は優勝が無く複勝率は8割なので買い。逆に2番人気は優勝5回と、連軸にするなら2番人気複勝率も6割あるので、こちらも馬券必須。一方3番人気は連対率・複勝率共に1割と馬券的に信用無し

秋のG1でゆったりとしたローテーションを組みたいG1常連組が多数出走し、人気もG1馬に集中。ただしG1馬は明らかにたたき台なので、本気で仕上げていません。2番人気になる馬は賞金加算を狙っている可能性があり、本気度が違います。

定量戦なので馬連は過去10年で6回が5番人気以内同士の決着。相対的に馬券は堅め。2桁人気は2回しか絡んでおらず、優勝はありません。2桁人気馬は共に函館記念からの転戦馬で、洋芝適正が高い馬です。

前走と馬券

サマー2000シリーズに指定されているため、単独重賞では函館記念からの転戦馬が3勝2着3回3着2回と占有率は全体の約1/4を占めます。また前走GⅠだった馬が17頭と過半数を占めます。

宝塚記念 0勝2着2回3着1回

安田記念 2勝2着2回3着1回

3歳G1  2勝2着0回3着1回

その他  0勝2着3回3着3回

函館記念 3勝2着2回3着2回

他重賞  3勝2着1回3着1回

同じ中距離で間隔的に2カ月と通常のローテーションとあまり変らない宝塚記念、安田記念組の成績が良く、GⅠからの転戦であれば、前走よりメンバーが手薄になっているため前走の人気、着順はあまり関係ありません。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   14頭

ノーザンダンサー系        8頭

ミスタープロスペクター系   5頭

その他            3頭

G1級のメンバーが揃うのでG1馬が多いサンデーサイレンス系種牡馬を父に馬が14頭、全体の約半分を占めます。その内複数頭馬券に絡んでいるのはディープインパクト6頭、ステイゴールド系3頭、マンハッタンカフェ3頭と偏りがあります。

次がノーザンダンサー系で8頭ハービンジャー産駒が5頭クロフネ産駒が2頭ミスタープロスペクター系も5頭中4頭がキングカメハメハ産駒と全体的パワーがある種牡馬が台頭。全体的に偏りがあります。

札幌は洋芝かつ小回りなので、スピード良いパワー優先。切れ味よりしぶとさが持ち味の馬が台頭します。

性齢と馬券

3歳   2勝2着0回3着1回、占有率10.0%

4歳   3勝2着0回3着3回、占有率20.0%

5歳   2勝2着6回3着4回、占有率40.0%

6歳   3勝2着2回3着1回、占有率20.0%

7歳以上 0勝2着2回3着1回、占有率10.0%

勝ち星は4~6歳馬が分け合いますが、馬券の中心は2着6回3着回の5歳馬スピードよりパワーが優先されるため7歳馬でも2着が2回あります。

過去10年で牝馬は4勝2着0回3着2回馬券になった6頭中5頭はGⅠで勝ち負けしており、残り1頭も重賞を3勝しています。よほど実力が無ければ札幌記念で非力な牝馬は馬券になりません。

札幌記念のレース及びコースの攻略法

札幌記念はコーナーを4つ回る札幌芝2000mのコースで行われます。スタートはスタンド手前、2000m専用の引き込み線から。スタートから第1コーナーまで385mとやや短めでポジション争が厳しくなります。

札幌コースは平坦小回りで知られますが、コーナーは比較的緩やかでスピードを上げたまま回る構造。一方でホームストレッチ、バックストレッチとも直線が短いので大飛びの馬はスピードが出しにくいコース設定なっています。

第4コーナーにスパイラルカーブは設けられておらず、しかもゴール前直線は266mしかなく全競馬場で2番目の短さで坂もありません。そのため逃げ、先行馬が有利で、追い込み馬は圧倒的に不利ただし器用な馬であれば後方でもマクリを決められます。

札幌競馬場の芝は洋芝で時計がかかりパワーが必要。非力なタイプでは勝ち切れません。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました