【2020年度版】中京記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る中京記念の入賞馬

中京記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 馬場 母の父
2019 1 3 グルーヴィット 牡3 52kg 松山弘平 1.33.6 稍重 ロードカナロア スペシャルウィーク
2 3 クリノガウディー 牡3 52kg 森裕太朗 1.33.6 スクリーヒーロー ディアブロ
3 4 プリモシーン 牝4 55.5kg 福永祐一 1.33.7 ディープインパクト Fastnet Rock
2018 1 8 グレーターロンドン 牡6 56.5kg 田辺裕信 1.32.3 ディープインパクト ドクターデヴィアス
2 6 ロジクライ 牡5 56kg 浜中俊 1.32.4 ハーツクライ Machiavellian
3 2 リライアブルエース 牡5 54kg 戸崎圭太 1.32.6 ディープインパクト Unusual Heat
2017 1 2 ウインガニオン 牡5 57kg 津村明秀 1.33.2 ステイゴールド ポリッシュネイビー
2 3 グランシルク 牡5 56kg 福永祐一 1.33.6 ステイゴールド Unusual Heat
3 8 ブラックムーン 牡5 57kg M.デムーロ 1.33.6 アドマイヤムーン ジェネラス
2016 1 7 ガルバルディ 牡5 55kg 福永祐一 1.33.6 ディープインパクト Zafonic
2 4 ピークトラム 牡5 56kg 小牧太 1.33.7 チチカステナンゴ スペシャルウィーク
3 6 ケントオー 牡4 56kg 和田竜二 1.33.8 ダンスインザダーク トウカイテイオー
2015 1 3 スマートオリオン 牡5 57kg M.デムーロ 1.33.4 グラスワンダー ウイニングチケット
2 1 アルマディヴァン 牝5 52kg 藤岡佑介 1.34.4 メジロベイリー メジロライアン
3 5 ダローネガ 牡6 55kg 浜中俊 1.33.5 ダイワメジャー ホワイトマズル
2014 1 8 サダムパテック 牡6 58kg 田中勝春 1.37.1 稍重 フジキセキ エリシオ
2 7 ミッキードリーム 牡7 56kg 太宰啓介 1.37.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 4 マジェスティハーツ 牡4 56kg 森一馬 1.37.1 ハーツクライ ボストンハーバー
2013 1 8 フラガラッハ 牡6 57kg 高倉稜 1.33.5 デュランダル トニービン
2 6 ミッキードリーム 牡6 57kg 太宰啓介 1.33.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 リルダヴァル 牡6 57kg 福永祐一 1.33.8 アグネスタキオン サンダーガルチ
2012 1 1 フラガラッハ 牡5 57kg 高倉稜 1.35.1 デュランダル トニービン
2 8 ショウリュウムーン 牝5 54kg 小牧太 1.35.3 キングカメハメハ ダンスインザダーク
3 5 トライアンフマーチ 牡6 58kg 池添謙一 1.35.4 スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ
小倉芝2000m
2011 1 2 ナリタクリスタル 牡5 56kg 武豊 2.00.0 稍重 スペシャルウィーク ペンタイア
2 8 シャドウゲイト 牡9 58kg 田中勝春 2.00.4 ホイワイトマズル サンデーサイレンス
3 1 アンノルーチェ 牡6 56kg 佐藤哲三 2.00.4 サッカーボーイ フジキセキ
中京芝2000m
2010 1 3 シャドウゲイト 牡8 57.5kg 田中勝春 2.02.0 ホイワイトマズル サンデーサイレンス
2 8 タスカータソルテ 牡6 57kg 松田大作 2.02.2 ジャングルポケット ノーザンテースト
3 2 ホッコーバドゥシャ 牡8 57kg 鮫島良太 2.02.3 マヤノトップガン ヤマニンスキー

中京記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 3 グルーヴィット NHKマイルカップ 4 10
2 6 クリノガウディー NHKマイルカップ 13 14
3 1 プリモシーン ヴィクトリアマイル 4 2
2018 1 1 グレーターロンドン 京王杯スプリングC 3 4
2 5 ロジクライ マイラーズC 3 7
3 4 リライアブルエース 京王杯スプリングC 6 6
2017 1 5 ウインガニオン OP 3 1
2 2 グランシルク OP 1 2
3 1 ブラックムーン OP 1 1
2016 1 7 ガルバルディ OP 2 5
2 6 ピークトラム OP 2 1
3 4 ケントオー OP 4 1
2015 1 6 スマートオリオン OP 11 1
2 13 アルマディヴァン OP 9 8
3 3 ダローネガ 1600万下 2 1
2014 1 7 サダムパテック 安田記念 17 7
2 11 ミッキードリーム OP 12 5
3 5 マジェスティハーツ エプソムカップ 1 6
2013 1 5 フラガラッハ 京王杯スプリングC 14 15
2 13 ミッキードリーム OP 9 6
3 3 リルダヴァル エプソムカップ 6 4
2012 1 5 フラガラッハ OP 11 1
2 6 ショウリュウムーン OP 1 15
3 10 トライアンフマーチ OP 1 1
小倉開催芝2000m
2011 1 2 ナリタクリスタル 新潟記念 5 1
2 8 シャドウゲイト 京都記念 10 10
3 12 アンノルーチェ OP 5 7
中京芝2000m
2010 1 4 シャドウゲイト 中山記念 2 6
2 12 タスカータソルテ 中日新聞杯 8 9
3 15 ホッコーバドゥシャ 小倉大賞典 10 9

中京記念と馬券の傾向

現在と同じ夏の中京芝1600mで開催する2012年から8年間の集計

人気と馬券

1番人気 1勝2着0回3着2回 連対率12.5%、複勝率37.5%

2番人気 0勝2着1回3着0回 連対率12.5%、複勝率12.5%

3番人気 1勝2着0回3着2回 連対率12.5%、複勝率37.5%

ハンデキャップ戦のため上位人気の連対率が12.5%と極端に信頼度が低いレース。2番人気に至っては複勝率も12.5%なので、他のハンデキャップマッチに比べても相当低いといえます。一方で、

5番人気 3勝2着1回3着1回 連対率50%、複勝率62.5%

6番人気 1勝2着3回3着0回 連対率50%、複勝率50%

と、5、6番人気の活躍が目立ちます。過去の実績よりも現在の調子が重視される証拠です。

また2桁人気も過去8年で4回絡んでおり、しかも馬連で3回絡んでいます。馬券もかなり荒れるレースです。

前走と馬券

マイルG1(NHKマイルカップ、安田記念)

2勝2着1回3着1回

G2(マイラーズカップ、京王杯スプリングC)

2勝2着1回3着1回

G3(エプソムカップ)

0勝2着0回3着2回

オープン・リミテッドクラス

4勝2着5回3着3回

その他格下条件

0勝2着0回3着1回

ハンデキャップ競争なので馬券はオープンクラスからの挑戦馬が大多数を占めます。また前走がG1からの挑戦であれば下位の着順ほどハンデが軽くなるので、2桁着順でも馬券になります。やはりここでも格より調子が重視されるレースであることが証明できます。

血統と馬券

マイル戦ですが中京コースはバックストレッチとホームストレッチがともに長くスピードを生かしやすいため、サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が全体の66.7%を占めます。その種牡馬もデープインパクトやハーツクライ、ステイゴールドなど長くいい足を使う中距離系の種牡馬の活躍が目立ちます。

性齢と馬券

3歳   1勝2着1回3着0回 占有率8.3%

4歳   0勝2着0回3着3回 占有率12.5%

5歳   4勝2着5回3着2回 占有率45.8%

6歳   3勝2着1回3着3回 占有率29.2%

7歳以上 0勝2着1回3着0回 占有率4.2%

5歳馬が4勝2着5回、占有率45.8%と圧倒。その次が6歳馬。この2世代で全体の3/4を占めます。格言で「夏は高齢馬」と言われますが、中京競馬場(今年は阪神競馬場)は蒸し暑いので高齢馬と雖もバテ、むしろ体力的に充実している5、6歳馬が有利と言えます。

牡・騙馬 8勝2着6回3着7回 占有率87.5%

牝馬   0勝2着2回3着1回 占有率12.5%

「夏は牝馬」という格言がありますが、中京記念に限っては格言ほど牝馬は走りません。基本的に牡馬から馬券を考えるのが賢明です。

斤量と馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回 占有率0%

52~53.5kg  1勝2着2回3着0回 占有率12.5%

54~55.5kg  1勝2着1回3着3回 占有率20.8%

56~57.5kg  5勝2着5回3着4回 占有率58.4%

58kg以上   1勝2着0回3着1回 占有率8.3%

ハンデは56~57.5kgが全体の6割近くを占めます。馬齢で課せられる負担斤量に近く、前走の競争成績が今回の競争成績に反映される結果です。実際に軽ハンデの人気薄(2桁人気)が突っ込んできたことは過去8年で1回しかありません。あまりハンデは気にしないほうが良いでしょう。

中京記念のレース及びコースの攻略法

例年であれば中京競馬場で行われますが、今年は阪神芝外回り1600mのコースで行われます。スタートはスタンド向こう側、第2コーナーを過ぎた辺りから。最初のコーナーまで直線が433mほどと比較的長いので先行争いは厳しくありません。阪神外回りのコーナーは比較的緩やかで、ほぼ平坦なためスピードに乗りやすい構造です。

第4コーナー真ん中あたりからゴール手前200メートルまで長い下り坂が続き加速がつきやすく、さらに最後の直線が長ぃ476m近くあります。そのためで差し、追い込みが有利さらに残り200mで高低差1.9mの急坂が待ち構えているのでパワーが必要。

今回の阪神は連続開催で内ラチの芝が痛んでいるので、単純にスピードだけではなくスタミナも必要。馬場の良い外を回れる外枠の馬が有利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました