【2020年度版】毎日王冠入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る毎日王冠の入賞馬

毎日王冠の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 8 ダノンキングリー 牡3 54kg 1.44.4 ディープインパクト Storm Cat
2 3 アエロリット 牝5 55kg 1.44.6 クロフネ ネオユニヴァース
3 4 インディチャンプ 牡4 58kg 1.44.8 ステイゴールド キングカメハメハ
2018 1 6 アエロリット 牝4 55kg 1.44.5 クロフネ ネオユニヴァース
2 4 ステルヴィオ 牡3 55kg 1.44.7 ロードカナロア ファルブラヴ
3 1 キセキ 牡4 58kg 1.44.7 ルーラーシップ ディープインパクト
2017 1 6 リアルスティール 牡5 57kg 1.45.6 ディープインパクト Storm Cat
2 8 サトノアラジン 牡6 58kg 1.45.6 ディープインパクト Storm Cat
3 6 グレーターロンドン 牡5 56kg 1.45.8 ディープインパクト ドクターデヴィアス
2016 1 7 ルージュバック 牝4 54kg 1.46.6 稍重 マンハッタンカフェ Awesome Again
2 6 アンビシャス 牡5 57kg 1.46.6 ディープインパクト エルコンドルパサー
3 1 ヒストリカル 牡7 56kg 1.47.1 ディープインパクト ノーザンテースト
2015 1 8 エイシンヒカリ 牡4 56kg 1.45.6 ディープインパクト Storm Cat
2 4 ディサイファ 牡6 57kg 1.45.8 ディープインパクト Dubai Millennium
3 5 イスラボニータ 牡4 57kg 1.45.8 フジキセキ Cozzene
2014 1 2 エアソミュール 牡5 56kg 1.45.2 ジャングルポケット サンデーサイレンス
2 4 サンレイレーザー 牡5 56kg 1.45.2 ラスカルスズカ Cozzene
3 5 スピルバーグ 牡5 56kg 1.45.2 ディープインパクト Lycius
2013 1 6 エイシンフラッシュ 牡6 58kg 1.46.7 キングズベスト プラティニ
2 8 ジャスタウェイ 牡4 56kg 1.46.8 ハーツクライ Wild Again
3 7 クラレント 牡4 56kg 1.46.8 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2012 1 2 カレンブラックヒル 牡3 56kg 1.45.0 ダイワメジャー Grindstone
2 4 ジャスタウェイ 牡3 54kg 1.45.0 ハーツクライ Wild Again
3 4 タッチミーノット 牡6 56kg 1.45.1 ダンスインザダーク Mr. Prospector
2011 1 7 ダークシャドウ 牡4 57kg 1.46.7 ダンスインザダーク Private Account
2 6 リアルインパクト 牡3 57kg 1.46.7 ディープインパクト Meadowlake
3 8 ミッキードリーム 牡4 57kg 1.46.8 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2010 1 4 アリゼオ 牡3 56kg 1.46.4 稍重 シンボリクリスエス フジキセキ
2 3 エイシンアポロン 牡3 55kg 1.46.4 Giant’s Causeway Sadler’s Wells
3 1 ネヴァブション 牡7 58kg 1.46.6 マーベラスサンデー Mill Reef

毎日王冠入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 1 ダノンキングリー ダービー 3 2
2 2 アエロリット 安田記念 3 2
3 3 インディチャンプ 安田記念 3 3
2018 1 1 アエロリット 安田記念 5 2
2 3 ステルヴィオ ダービー 6 6
3 6 キセキ 宝塚記念 2 8
2017 1 3 リアルスティール 中山記念 2 8
2 5 サトノアラジン 安田記念 5 1
3 4 グレーターロンドン 安田記念 6 4
2016 1 1 ルージュバック エプソムカップ 1 1
2 3 アンビシャス 宝塚記念 3 16
3 11 ヒストリカル エプソムカップ 8 6
2015 1 1 エイシンヒカリ エプソムカップ 2 1
2 4 ディサイファ 札幌記念 5 1
3 7 イスラボニータ 中山記念 7 3
2014 1 8 エアソミュール 札幌記念 5 5
2 11 サンレイレーザー 関屋記念 11 7
3 5 スピルバーグ OP 1 1
2013 1 4 エイシンフラッシュ クイーンエリザベス2世C 4 3
2 6 ジャスタウェイ 関屋記念 6 2
3 5 クラレント エプソムカップ 4 1
2012 1 1 カレンブラックヒル NHKマイルカップ 1 1
2 12 ジャスタウェイ ダービー 15 11
3 9 タッチミーノット 新潟記念 9 2
2011 1 1 ダークシャドウ エプソムカップ 1 1
2 2 リアルインパクト 安田記念 9 1
3 5 ミッキードリーム 朝日チャレンジC 1 1
2010 1 6 アリゼオ ダービー 6 13
2 8 エイシンアポロン NHKマイルカップ 4 9
3 9 ネヴァブション 宝塚記念 12 5

毎日王冠と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 6勝2着0回3着0回、連対率6割、複勝率6割

2番人気 0勝2着2回3着0回、連対率3割、複勝率3割

3番人気 1勝2着2回3着1回、連対率3割、複勝率4割

1番人気6勝も、勝つか馬券に絡まないかという極端な結果2、3番人気も連対率3割、複勝率もさほど変わらず信用ができません。毎日王冠の人気馬は過去のG1好走馬で、前走の結果が如実に反映されます。これらの馬は秋のG1出走へ向け賞金が足りていることが多く、完全に仕上げ来ていません。

毎日王冠で1番人気になり優勝しているのは、過去東京1600~2000mを好走しコース適性が高い馬です。それ以外で上位人気になっているなら、疑う必要があります。

一方で2桁人気が馬券に絡んだ年は過去10年で3回、その内2回が馬連。基礎能力が高い馬が出走するので、極端な人気が突っ込んでくることはあまり多くありません。

基本的に狙いは4~9番人気で、過去にG1出走歴がありながら秋のG1出走に賞金が足りない馬、あるいは3歳クラシック路線で菊花賞に向かわず天皇賞秋出走を目指している馬です。

前走と馬券

夏を休養に当て毎日王冠を秋初戦にする馬が多く、毎日王冠と同じ東京で行われる安田記念とエプソムカップから出走している馬が馬券に多く絡みます。

安田記念    1勝2着3回3着2回

エプソムカップ 3勝2着0回3着2回

同じコース・距離で行われるエプソムカップ組が3勝と好相性。秋のG1に出走するにはエプソムカップに優勝しただけでは賞金が足りず、ここでも本気で仕上げて来るのが分かります。安田記念組で馬券に絡んでいる馬はコース適性が高く、全頭前走掲示板に載っています。

また3歳で毎日王冠に出走し馬券に絡んでくる馬は前走ダービーかNHKマイルに出走しており、それなりに素質が必要。条件戦やオープン戦からの格上挑戦は過去10年で3着が1回だけなので、非常にレベルが高いG2と言えます。

血統と馬券

ディープインパクト産駒が圧倒的に強レース

ディープインパクト 3勝2着4回3着3回

馬券に絡んだ30頭中10頭、全体の1/3を占めるほどのハイアベレージ。他にダンスインザダーク産駒の3頭が目立ちます。開幕週で芝が軽く、持続するスピードを活かせるサンデーサイレンス系の種牡馬が強く、全体の2/3を占めます。

一方で現在サンデーサイレンス系と双璧を成すミスタープロスペクター系種牡馬の成績が悪く3頭、10%しか馬券に絡んでいません

性齢と馬券

3歳     3勝2着4回3着0回、占有率23.3%

4歳     4勝2着1回3着5回、占有率33.4%

5歳     2勝2着3回3着2回、占有率23.3%

6歳     1勝2着2回3着1回、占有率13.4%

7歳以上   0勝2着0回3着2回、占有率6.6%

4歳馬が4勝と、馬体が完成する4歳馬が強いのが分かります。しかし連軸にするなら3歳馬で、出走数が少ない中で3勝2着4回ならかなり信用できる数字。実際、毎日王冠で賞金を獲得しないと秋のマイル~中距離のG1に出走できないため、本気で仕上げてきている可能性大。

一方、スピード能力が落ちてくる6歳以上の馬の成績が良くありません。6歳以上で馬連に絡んだ馬は、過去東京コースのG1で連対した馬か、東京マイル重賞を優勝しています。

なお、過去10年で馬券になった牝馬はアエロリットとルージュバックのみ。両馬とも東京で行われるG1で馬券に絡み、かつ東京マイルが得意でした。

毎日王冠のレース及びコースの攻略法

毎日王冠はコーナーを3つ回る東京競馬場芝1800mのAコースを使用して行われます。

スタートはスタンド向こう側、芝1800m専用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまでの156mと極端に短く、ポジション争いは熾烈。テンから早い展開になります。そのため外から被せられる1枠は不利。過去10年で3着が3回と馬連で馬券になっていません。

第3個オーナーまでのバックストレッチは542mと非常に長く、跳びが大きな馬にはスピードが出しやすいコース。第3コーナー手前で高低差1.5mの坂を上りますがさほど気にする必要はありません。この坂を上ると第4コーナーを過ぎるまで長い下り坂で加速が付けやすい構造。

第4コーナーを回ると最後の直線は525mと長く、差し・追い込みが有利なコース。ただし第4コーナーを過ぎた直後に高低差2.1mの上り坂が待ち構えているので、勝負は坂を上り切った残り2ハロン。ここからゴールまでの約400mは平坦です。

東京の最後が長いため騎手同士が互いにけん制し合い追い出しが遅くなる傾向があります。また毎日王冠は開幕週に行われるため芝の状態が絶好で、前がなかなか止まりません。実際に過去10年で逃げ切り勝ちが2回、2着2回3着1回と、2回に1回馬券に絡んでいるので狙い目。

さらに芝が速く一流馬が集うため、先行馬でも33秒台の上りを繰り出します。基本的に馬場が悪化しない限り追い込み一気は難しく差し馬ならコンスタントに33秒前半の上りを繰り出せる馬でなければ馬券になりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました