【2020年度版】秋華賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る秋華賞の入賞馬

秋華賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 3 クロノジェネシス 牝3 55kg 1.59.9 稍重 パゴ クロフネ
2 4 カレンブーケドール 牝3 55kg 2.00.2 ディープインパクト Scat Daddy
3 7 シゲルピンクダイヤ 牝3 55kg 2.00.4 ダイワメジャー High Chaparral
2018 1 6 アーモンドアイ 牝3 55kg 1.58.5 ロードカナロア サンデーサイレンス
2 7 ミッキーチャーム 牝3 55kg 1.58.7 ディープインパクト Dansili
3 1 カンタービレ 牝3 55kg 1.58.9 ディープインパクト Galileo
2017 1 7 ディアドラ 牝3 55kg 2.00.2 ハービンジャー スペシャルウィーク
2 4 リスグラシュー 牝3 55kg 2.00.4 ハーツクライ American Post
3 2 モズカッチャン 牝3 55kg 2.00.4 ハービンジャー キングカメハメハ
2016 1 4 ヴィブロス 牝3 55kg 1.58.6 ディープインパクト American Post
2 2 パールコード 牝3 55kg 1.58.7 ヴィクトワールピサ Lost Code
3 7 カイザーバル 牝3 55kg 1.58.8 エンパイアメーカー サンデーサイレンス
2015 1 8 ミッキークイーン 牝3 55kg 1.56.9 ディープインパクト Gold Away
2 5 クイーンズリング 牝3 55kg 1.56.9 マンハッタンカフェ Anabaa
3 3 マキシマムドパリ 牝3 55kg 1.57.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014 1 3 ショウナンパンドラ 牝3 55kg 1.57.0 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 2 ヌーヴォレコルト 牝3 55kg 1.57.0 ハーツクライ スピニングワールド
3 6 タガノエトワール 牝3 55kg 1.57.2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2013 1 8 メイショウマンボ 牝3 55kg 1.58.6 スズカマンボ グラスワンダー
2 1 スマートレイアー 牝3 55kg 1.58.8 ディープインパクト ホワイトマズル
3 7 リラコサージュ 牝3 55kg 1.58.8 ブライアンズタイム Kingmambo
2012 1 7 ジェンティルドンナ 牝3 55kg 2.00.4 ディープインパクト Bertolini
2 1 ヴェルシーナ 牝3 55kg 2.00.4 ディープインパクト Machiavellian
3 1 アロマティコ 牝3 55kg 2.00.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2011 1 2 アヴェンチュラ 牝3 55kg 1.58.2 稍重 ジャングルポケット サンデーサイレンス
2 1 キョウワジャンヌ 牝3 55kg 1.58.4 ハーツクライ Seeking the Gold
3 6 ホエールキャプチャ 牝3 55kg 1.58.6 クロフネ サンデーサイレンス
2010 1 7 アパパネ 牝3 55kg 1.58.4 キングカメハメハ Salt Lake
2 5 アニメイトバイオ 牝3 55kg 1.58.5 ゼンノロブロイ フレンチデピュティ
3 2 アプリコットフィズ 牝3 55kg 1.58.6 ジャングルポケット サンデーサイレンス

秋華賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 4 クロノジェネシス オークス 2 3
2 2 カレンブーケドール 紫苑S 1 3
3 10 シゲルピンクダイヤ ローズS 4 4
2018 1 1 アーモンドアイ オークス 1 1
2 5 ミッキーチャーム 1000万下 1 1
3 3 カンタービレ ローズS 5 1
2017 1 3 ディアドラ 紫苑S 1 1
2 4 リスグラシュー ローズS 3 3
3 5 モズカッチャン ローズS 2 7
2016 1 3 ヴィブロス 紫苑S 3 2
2 4 パールコード 紫苑S 2 5
3 8 カイザーバル ローズS 6 3
2015 1 1 ミッキークイーン ローズS 1 2
2 5 クイーンズリング ローズS 5 5
3 8 マキシマムドパリ 500万下 1 1
2014 1 3 ショウナンパンドラ 紫苑S 1 2
2 1 ヌーヴォレコルト ローズS 2 1
3 4 タガノエトワール ローズS 15 2
2013 1 3 メイショウマンボ ローズS 4 4
2 2 スマートレイアー 1000万下 1 1
3 15 リラコサージュ ローズS 12 18
2012 1 1 ジェンティルドンナ ローズS 1 1
2 2 ヴェルシーナ ローズS 2 2
3 6 アロマティコ 1600万下 1 3
2011 1 2 アヴェンチュラ クイーンS 1 1
2 7 キョウワジャンヌ ローズS 7 3
3 1 ホエールキャプチャ ローズS 1 1
2010 1 1 アパパネ ローズS 1 4
2 6 アニメイトバイオ ローズS 4 1
3 2 アプリコットフィズ クイーンS 2 1

秋華賞と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 4勝2着1回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 1勝2着3回3着1回、連対率4割、複勝率5割

3番人気 4勝2着0回3着1回、連対率4割、複勝率5割

1番人気と3番人気が共に4勝と強い結果。ただし連対率と複勝率を見ると5~6割なので絶対的な連軸にはでません。馬連に関しては上位人気が強く、過去10年で1~5番人気で収まった年は8回と、馬券的な硬い結果に。

2桁人気が馬券になったのは2回だけで、共に3着。また2桁人気で馬券になった2頭ともローズステークスからの出走だったのは注目です。

前走と馬券

夏の上り馬より、春のクラッシック路線で活躍した馬が強いレース。前走トライアルの紫苑ステークスとローズステークスを叩いてきた馬が大半を占めます。

紫苑ステークス  3勝2着2回3着0回 占有率16.7%

ローズステークス 4勝2着6回3着7回 占有率56.7%

優勝では紫苑ステークス3勝、ローズステークス4勝とさほど差はありませんが、馬券ではローズステークス組が圧倒。

紫苑ステークス組で馬券に絡んだのは前走1~3番人気で掲示板に載った馬。

ローズステークス組は前走の人気とは関係なく前走掲示板に載った馬が全体の88%。ローズステークス組で前走掲示板を外した2頭の中1頭はオークス2着、もう1頭はフラワーカップ3着と、やはり春のクラッシクでそれなりに実績があった馬です。・

なお、2018年はオークス馬アーモンドアイが、2019年はオークス3着だったクロノジェネシスがオークスから直行で1着になっています。近年は有力クラブ馬主所有場の実力馬はトライアルでの消耗を避けるため外厩制度を使いできっちり仕上げてくるため、ぶっつけ本番でも走ります。

一方で夏の上り馬ならクイーンステークス1着馬が1勝3着1回と、古馬オープンクラスに競り勝つ実力があれば馬券になります。また条件からの挑戦で馬券になった4頭中3頭は前走1番人気で1着、もう1頭は3勝クラス(旧1600万下)1番人気で3着と、3勝クラスの実力がないと馬券になりません。

血統と馬券

ディープインパクト 4勝2着4回3着1回 占有率30%

キングカメハメハ  1勝2着0回3着3回 占有率13.3%

ハーツクライ    0勝2着3回3着0回 占有率10%

開幕週から2週目と芝の状態が良好な中で行われるため、中距離で早い時計勝負に強いディープインパクト産駒が占有率30%と数字的には圧倒。瞬発力とパワーに秀でたキングカメハメハ産駒や、長くいい脚が使えるハーツクライ産駒では勝ち切れないことが分かります。

基本的に中距離のスピード勝負になるため馬券に絡んだ30頭中26頭が父か母の父にサンデーサイレンス系の血を持っています。キングカメハメハ産駒で馬券に絡んだ4頭中3頭は母の父がサンデーサイレンスです。

ただし、中距離以上のG1レースに強いサンデーサイレンスの血を持つステイゴールドの血が1頭も絡んでいないのは注目。

秋華賞のレース及びコースの攻略法

秋華賞は京都芝内回り2000mAコースを使用。スタートはスタンド正面、ホームストレッチの中間地点から。スタートから最初のコーナーまで308mと短く、先行争いは熾烈。テンが早くなりがちです。向こう正面も403mとさほど長くありません。

3コーナー手前から約3mの上り坂を上り、3コーナーを過ぎると一転して下り坂になるので先行馬はここで加速をし、一気に展開が動きます。最後の直線は平坦で、しかもゴールまで328mと短め。芝の状態も良いので前は止まりにくく、逃げ・先行有利なコースです。

しかし、こと秋華賞では先行馬同士で決まったのは過去10年で1度しかありません良好な芝を利用して先行馬が飛ばすため早い時計決着になることが多く、逃げ・先行馬がゴール前でスタミナ切れを起こし失速する場合がほとんど。実際は差し、追い込みが有利です。

先行有利なコースにもかかわらず、過去10年で逃げ馬が馬連に絡んだのは2回だけ。馬券に絡んだ30頭中19頭が第4コーナーを回った時点で6番低下です。また勝ち時計は10年の中8年は2分を切り、平均すると1分58秒台前半。さらに良馬なら勝ち馬の上がりは34.0前後と瞬発力も必要です。

2020年秋華賞の注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました