【2020年度版】京阪杯入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る京阪杯の入賞馬

京阪杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 3 ライトオンキュー 牡4 56kg 1.08.8 Shamardal Raven’s Pass
2 6 アイラブテーラー 牝3 53kg 1.09.1 トーセンラー ダンスインザダーク
3 4 カラクレナイ 牝5 54kg 1.09.2 ローエングリン アグネスタキオン
2018 1 2 ダノンスマッシュ 牡3 55kg 1.08.0 ロードカナロア ハードスパン
2 3 ナインテイルズ 牡7 56kg 1.08.3 ローエングリン メジロライアン
3 4 ダイナヘイロー 牝5 55kg 1.08.3 キングヘイロー グラスワンダー
2017 1 2 ネロ 牡6 58kg 1.08.8 ヨハネスブルグ サンデーサイレンス
2 3 ビップラブリー 牡4 56kg 1.08.8 ダイワメジャー フォーティナイナー
3 7 イッテツ 牡5 56kg 1.08.9 Invincible Spirit Machiavellian
2016 1 1 ネロ 牡5 57kg 1.10.3 ヨハネスブルグ サンデーサイレンス
2 8 エイシンスパルタン 牡5 56kg 1.11.0 Zensational Mutakddim
3 4 アースソニック 牡7 56kg 1.11.2 クロフネ サクラユタカオー
3 1 フミノムーン 牡4 56kg 1.11.2 アドマイヤムーン サンダーガルチ
2015 1 2 サトノルパン 牡4 56kg 1.07.4 ディープインパクト ダンシングブレーヴ
2 3 ビッグアーサー 牡4 56kg 1.07.4 サクラバクシンオー Kingmambo
3 5 アースソニック 牡6 56kg 1.08.0 クロフネ サクラユタカオー
2014 1 4 アンバルブライベン 牝5 54kg 1.08.3 ルールオブロー スプレンディドモーメント
2 8 サドンストーム 牡5 56kg 1.08.5 ストーミングホーム Green Desert
3 6 サカジロロイヤル 牡6 56kg 1.08.5 パゴ ブライアンズタイム
2013 1 2 アースソニック 牡4 56kg 1.07.5 クロフネ サクラユタカオー
2 1 アイラブリリ 牝4 54kg 1.07.5 ストラヴィンスキー トワイニング
3 3 スギノエンデバー 牡5 56kg 1.07.6 サクラユタカオー ブライアンズタイム
2012 1 1 ハクサンムーン 牡3 55kg 1.08.5 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
2 4 アドマイヤセプター 牝4 54kg 1.08.5 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 シュプリームギフト 牝4 54kg 1.08.6 ディープインパクト Souvenir Copy
2011 1 2 ロードカナロア 牡3 55kg 1.08.1 キングカメハメハ Storm Cat
2 6 グランプリエンゼル 牝5 54kg 1.08.3 アグネスデジタル サンデーサイレンス
3 4 ワンカラット 牝5 55kg 1.08.4 ファルブラヴ Pistolet Bleu
2010 1 3 スプリングソング 牡5 56kg 1.08.0 サクラバクシンオー トニービン
2 4 ケイアイアストン 牡5 56kg 1.08.0 フジキセキ Wolfhound
3 5 モントグランデ 牡6 56kg 1.08.1 Wolfhound Capote

京阪杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 2 ライトオンキュー キーランドC 11 4
2 3 アイラブテーラー 3勝クラス 1 1
3 7 カラクレナイ リミテッドクラス 5 3
2018 1 1 ダノンスマッシュ キーランドC 4 2
2 12 ナインテイルズ OP 1 8
3 11 ダイナヘイロー セントウルS 4 11
2017 1 9 ネロ JBCスプリント 8 4
2 6 ビップラブリー スワンS 9 4
3 14 イッテツ OP 6 3
2016 1 2 ネロ スプリンターズS 8 6
2 3 エイシンスパルタン スワンS 6 3
3 10 アースソニック セントウルS 11 4
3 6 フミノムーン 1600万下 6 1
2015 1 4 サトノルパン スワンS 3 8
2 1 ビッグアーサー OP 1 1
3 5 アースソニック OP 6 2
2014 1 5 アンバルブライベン OP 2 1
2 11 サドンストーム スワンS 13 4
3 15 サカジロロイヤル OP 15 3
2013 1 7 アースソニック 1600万下 1 1
2 8 アイラブリリ OP 3 5
3 10 スギノエンデバー スプリンターズS 11 12
2012 1 10 ハクサンムーン OP 1 15
2 1 アドマイヤセプター スワンS 7 3
3 12 シュプリームギフト OP 12 3
2011 1 1 ロードカナロア OP 1 1
2 3 グランプリエンゼル OP 3 4
3 5 ワンカラット スワンS 11 7
2010 1 2 スプリングソング 1600万下 2 1
2 13 ケイアイアストン OP 6 3
3 5 モントグランデ OP 2 1

京阪杯と馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 2勝2着2回3着0回、連対率4割、複勝率4割

2番人気 3勝2着0回3着0回、連対率3割、複勝率3割

3番人気 0勝2着3回3着0回、連対率3割、複勝率3割

1番人気2勝、2番人気は3勝と勝ち鞍こそありますが、1~3番人気の連対率が3~4割、3着に至っては過去10年で1~3番人気が1頭も絡んでいないというかなり荒れレース。2桁人気が馬券に絡んだ年は7回、その内3回も2桁人気が複数頭3着以内に入るなど、他の重賞に比べても大荒れします。

秋初戦のスプリンターズステークスが終わるとスプリント重賞が2カ月ほどなく、春の短距離G1高松宮記念まで時間があるため、海外を目指すスプリンター以外の有力馬はほぼ休養状態。この時期のスプリント路線はメンバーが手薄なので、出走馬はほぼドングリの背比べと言えます。

前走と馬券

スプリンターズステークス    1勝2着0回3着1回 占有率6.5%

G2・G3クラス(地方重賞含)  4勝2着4回3着3回 占有率33.3%

リミテッド・OPクラス     3勝2着5回3着6回 占有率45.2%

条件クラス           2勝2着1回3着1回 占有率12.9%

※2016年は3着同着。

G3ですがオープン大将で停滞している馬でも十分馬券になるレース。前走重賞組と格上挑戦組でほぼ半数。連対率や3着では格上挑戦組が大きく上回ります。

前走スプリンターズステークス出走馬であれば前走の人気、着順に関係なく馬券に絡む可能性があります前走G2,G3は前走との間隔が短いスワンステークス組が6頭で最多。スワンステークス組は全て前走8位入線を果たしています。

リミテッド・オープンクラスで馬券に絡んだ14頭中11頭が前走3着以内3勝クラス(旧1600万下クラス)から挑戦し馬券に絡んだ馬は全て桂川ステークス組なので、出走してきたら注意が必要です。

血統と馬券

父サンデーサイレンス系とミスタープロスペクター系が多い中央競馬の中で、父ノーザンダンサー系が全体の40%近くを占める珍しいレース。次いでミスタープロスペクター系が32%。逆にサンデーサイレンス系が16.1%と、サンデーサイレンス系が圧倒的に弱いレースだとが分かります。

京都の芝は軽くスピードが出ますが、開催最終で芝が荒れパワーとスタミナが必要です。ノーザンダンサー系はパワーとタフさが売りなで必然的に多数派を占めます。ミスタープロスペクター系も同様でスピードとパワーが売り。

一方、軽い馬場が得意なサンデーサイレンス系は分が悪く、母系にパワーやスタミナを伝える血が無いと対応できません。

性齢と馬券

3歳     3勝2着1回3着0回、占有率9.1%

4歳     3勝2着4回3着2回、占有率29.1%

5歳     3勝2着4回3着5回、占有率38.7%

6歳     1勝2着0回3着3回、占有率12.9%

7歳以上   0勝2着1回3着1回、占有率3.2%

勝ち鞍は3~5歳馬が共に3勝ですが、馬券の中心は4、5歳馬。特に5歳馬は3着に絡む確率が50%とハイアベレージ。一方瞬発力に陰りが見える6歳以上の成績は振るいません6愛以上で馬券に絡んだ馬は父ノーザンダンサー系か他系統の馬。高齢馬で日本で主流の父サンデーサイレンス系やミスタープロスペクター系の馬は1頭もいないので、選んだ高齢馬がこの2系統なら切っても良いでしょう。

牡・騙馬 9勝2着6回3着7回

牝馬   1勝2着4回3着4回

勝ち鞍は牡馬が9勝と多いものの、牝馬は2着4回3着4回と出頭割合からすればハイアベレージ。比較的人気が無くても馬券になるので調子が良さそうなら馬券に組み込んでも良いかもしれません。

京阪杯のレース及びコースの攻略法

京阪杯は本来であれば京都芝内回り1200mで開催されますが、2020年度はコーナーを2つ回る阪神芝内回り1200mで開催されます。スタートはスタンド向こう側、第2コーナーを過ぎた辺りから。

スタートから最初のコーナーまで247mしかなくポジション争いは熾烈。テンから早くなります。また阪神内回りの第3コーナーはゆるやかなので、スタートダッシュでスピードに乗ったままコーナーを回れるのでスピードが落ち着くことはほぼありません。

阪神内回りは第3コーナーから緩やかな下り坂が始まり、さらに第4コーナー手前からさらに下りの勾配がきつくなり、さらにスピードが加速します。ただし、阪神内回りの第4コーナーは直角に近く、スピードを上げ過ぎると遠心力で外に振られ距離ロスを起こします。

最後の直線は356mと短く、逃げ・先行有利。ゴール前1ハロンの所に高低差1.9mの急坂が待ち構えているので上り切るパワーと勝負根性が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました