【2024年度版】安田記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る安田記念の入賞馬

安田記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 8 ソングライン 牝5 56kg 1.31.4 キズナ シンボリクリスエス
2 2 セリフォス 牡4 58kg 1.31.6 ダイワメジャー Le Havre
3 7 シュネルマイスター 牡5 58kg 1.31.6 Kingman Soldier Hollow
2022 1 7 ソングライン 牝4 56kg 1.32.3 キズナ シンボリクリスエス
2 5 シュネルマイスター 牡4 58kg 1.32.3 Kingman Soldier Hollow
3 8 サリオス 牡5 58kg 1.32.3 ハーツクライ Lomitas
2021 1 7 ダノンキングリー 牡5 56kg 1.31.7 ディープインパクト Storm Cat
2 4 グランアレグリア 牝5 56kg 1.31.7 ディープインパクト Tapit
3 8 シュネルマイスター 牡3 54kg 1.31.8 Kingman Soldier Hollow
2020 1 7 グランアレグリア 牝4 56kg 1.31.6 稍重 ディープインパクト Tapit
2 4 アーモンドアイ 牝5 56kg 1.32.0 ロードカナロア サンデーサイレンス
3 4 インディチャンプ 牡5 56kg 1.32.1 ステイゴールド キングカメハメハ
2019 1 3 インディチャンプ 牡4 58kg 1.30.9 ステイゴールド キングカメハメハ
2 1 アエロリット 牝5 56kg 1.30.9 クロフネ ネオユニヴァース
3 2 アーモンドアイ 牝4 56kg 1.30.9 ロードカナロア サンデーサイレンス
2018 1 5 モズアスコット 牡4 58kg 1.31.3 Frankel ヘネシー
2 2 アエロリット 牝4 56kg 1.31.3 クロフネ ネオユニヴァース
3 1 スワーヴリチャード 牡4 58kg 1.31.4 ハーツクライ Unbridled’s Song
2017 1 7 サトノアラジン 牡6 58kg 1.31.5 ディープインパクト Storm Cat
2 8 ロゴタイプ 牡7 58kg 1.31.5 ローエングリン サンデーサイレンス
3 3 レッドファルクス 牡6 58kg 1.31.6 スウェプトオヴァーボード サンデーサイレンス
2016 1 5 ロゴタイプ 牡6 58kg 1.33.0 ローエングリン サンデーサイレンス
2 6 モーリス 牡5 58kg 1.33.2 スクリーンヒーロー カーネギー
3 7 フィエロ 牡7 58kg 1.33.2 ディープインパクト デインヒル
2015 1 3 モーリス 牡4 58kg 1.32.0 スクリーンヒーロー カーネギー
2 7 ヴァンセンヌ 牡6 58kg 1.32.0 ディープインパクト ニホンピロウイナー
3 6 クラレント 牡6 58kg 1.32.2 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2014 1 5 ジャスタウェイ 牡5 58kg 1.36.8 不良 ハーツクライ Wild Again
2 6 グランプリボス 牡6 58kg 1.36.8 サクラバクシンオー サンデーサイレンス
3 6 ショウナンマイティ 牡6 58kg 1.37.3 マンハッタンカフェ Storm Cat

安田記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 4 ソングライン ヴィクトリアマイル 4 1
2 3 セリフォス ドバイターフ(GⅠ) 3 5
3 1 シュネルマイスター マイラーズC 1 1
2022 1 4 ソングライン ヴィクトリアマイル 2 5
2 2 シュネルマイスター ドバイターフ(GⅠ) 1 8
3 8 サリオス 高松宮記念 4 15
2021 1 8 ダノンキングリー 天皇賞秋 3 12
2 1 グランアレグリア ヴィクトリアマイル 1 1
3 4 シュウネルマイスター NHKマイルカップ 2 1
2020 1 3 グランアレグリア 高松宮記念 2 2
2 1 アーモンドアイ ヴィクトリアマイル 1 1
3 2 インディチャンプ マイラーズC 1 1
2019 1 4 インディチャンプ マイラーズC 2 4
2 3 アエロリット ヴィクトリアマイル 2 5
3 1 アーモンドアイ ドバイターフ 1 1
2018 1 9 モズアスコット OP 1 2
2 5 アエロリット ヴィクトリアマイル 3 4
3 1 スワーヴリチャード 大阪杯 1 1
2017 1 7 サトノアラジン 京王杯スプリングS 1 9
2 8 ロゴタイプ 中山記念 7 3
3 3 レッドファルクス 京王杯スプリングS 2 1
2016 1 8 ロゴタイプ ダービー卿CT 4 2
2 1 モーリス 香チャンピオンマイル 1 1
3 6 フィエロ マイラーズC 1 4
2015 1 1 モーリス ダービー卿CT 1 1
2 3 ヴァンセンヌ 京王杯スプリングS 2 2
3 12 クラレント マイラーズC 9 10
2014 1 1 ジャスタウェイ ドバイフューチュリティー 1 1
2 16 グランプリボス マイラーズC 5 1
3 10 ショウナンマイティ 大阪杯 4 5

安田記念と馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 2勝2着2回3着3回、連対率4割、複勝率7割

2番人気 0勝2着1回3着1回、連対率1割、複勝率2割

3番人気 1勝2着3回3着1回、連対率4割、複勝率5割

1番人気は4連対、複勝率7割なので馬券は押さえる必要があります。3番人気も連対率4割、複勝率5割でこちらも馬券。一方で、2番人気の連対率は1割、複勝率も2割しかないので人気ほどの信頼はおけません。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は2回、優勝は無いものの2桁人気が2頭絡んだ年が1回あります。

ただしクラブ所属馬が増え、馬の使い方がスペシャリスト化したここ8年は2桁人気が馬券に絡まず相対的に堅め。馬連は4~6番人気より7~8番人気が対抗で絡みやすく、馬券は中穴狙いが妥当。

前走と馬券

マイラーズカップ  1勝2着1回3着2回

京王杯スプリングC 1勝2着1回3着1回

ヴィクトリアマイル 2勝2着4回3着0回

大阪杯       0勝2着0回3着2回

高松宮記念     1勝2着0回3着1回 

NHKマイルC         0勝2着0回3着1回

海外他GⅠ        2勝2着3.回3着1回  

マイラーズカップも京王杯スプリングカップも過去10年で優勝馬がその年の安田記念を勝った例はなく2着1回が最高。むしろ前走を安田記念への叩き台とし使って馬が馬券に絡んでおり、前走の着順より人気で見た方が馬券になります。

以前なら東京マイルは他の競馬場で1800mを勝ち負けできなければ通用しないと言われてきましたが、近年芝の高速化が進んでいるため高松宮記念や京王杯スプリングカップ組の成績が良いことからも分かるように、短距離からでも十分勝ち負けできます。

基本的に前走GⅡ以上をから転戦している馬が勝ち負けしており、GⅢクラスはダービー卿チャレンジトロフィー組が2勝、OP1勝があるのみ。マイラーの頂点を目指すレースなので半端な実力の馬は馬券になりません。

血統と馬券

サンデーサイレンス系 16頭

ノーザンダンサー系   8頭

ミスタープロスペター系 3頭

ロベルト系       2頭

サクラバクシンオー   1頭

スピードと瞬発力、勝負根性の3つが同時に試されるレース。サンデーサイレンス系種牡馬を父持つ馬は30頭中16頭と、他の芝のマイル重賞に比べるとやや低め。中半数の8頭がディープインパクト系。他はハーツクライ3頭、ステイゴールド2頭、マンハッタンカフェ2頭なので馬券になる種牡馬はある程度絞られます。

次点がノーザンダンサー系で8頭。ノーザンダンサー系だとクロフネかサドラーズウェルズの血を持つ種牡馬。ミスタープロスペクター系は3頭で、中2頭はロードカナロア産駒。またまた変わったところではロベルト系が2頭馬券に絡んでおり、こちらは現役時代2400m戦で実績のある馬。

マイル戦ですが、種牡馬を見るとクラシックディスタンスで活躍する馬がほとんど。一方で母の父を見るとサンデーサイレンスやストームキャット、キングカメハメハなどスピード系が目立ちます。そのため父クラッシックディスタンスの馬×母の父スピード馬の組み合わせが安田記念に適した血と言えます。

性齢と馬券

3歳   0勝2着0回3着1回、占有率3.4%

4歳   5勝2着3回3着2回、占有率33.3%

5歳   3勝2着4回3着3回、占有率33.3%

6歳   2勝2着2回3着3回、占有率23.3%

7歳以上 0勝2着1回3着1回、占有率6.7%

馬券は4、5、6歳世代で分け合いますが、1着は4歳、2着は5歳の図式が見えます。またリピーターが非常に多いレースで、過去10年で10頭、しかも毎年前年度の3着以内の馬が1頭馬券に絡んでいます。4、5歳持に安田記念で馬券になった馬が翌年も出走してきたら要チェック。

牝馬は3勝2着4回3着1回と出走頭数のわりに牝馬優勢。馬券に絡んだ牝馬は全て過去に牡馬混合GⅠで馬券になっています。

安田記念のレース及びコースの攻略法

安田記念はコーナーを2つ回る東京芝1600mCコースを使用。タートはスタンド向こう側の引き込み線からで、スタート後直線が長く、しかも下り坂なので加速が付けやすいコース設定。また東京のコーナーは径が大きく加速をつけたまま回れます。

既に開幕週から6週目と芝ややや時計がかかる状態。内より外の方が時計は早くなります。またゴール前直線が長いため、差し・追い込みが有利。過去10年で馬券に絡んだ馬の中、実に2/3が4コーナーを回った時8番手以下です。

かつては東京マイルを走り切るには、他の競馬場で1800mを勝ち切るスタミナが必要と言われましたが、近年は高速馬場偏重で短めのマイラーでも十分勝ち切れます。また不良馬場で無ければ時計は1分32秒を切るため持ち時計は必須です。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました