【2020年度版】エプソムカップ入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るエプソムカップの入賞馬

エプソムカップの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 母の父
2019 1 6 レイエンダ 牡4 56kg 1.49.1 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2 4 サラキア 牝4 54kg 1.49.2 ディープインパクト Lomitas
3 3 ソーグリッタリング 牡5 57kg 1.49.4 ステイゴールド シンボリクリスエス
2018 1 8 サトノアーサー 牡4 56kg 1.47.4 ディープインパクト Redoute’s Choice
2 3 ハクサンルドルフ 牡5 56kg 1.47.5 アドマイヤムーン Theatrical
3 3 グリュイエール 牡6 56kg 1.47.6 ディープインパクト キングカメハメハ
2017 1 6 ダッシングブレイズ 牡5 56kg 1.45.9 Kitten’s Joy Honour and Glory
2 5 アストラエンブレム 牡4 56kg 1.46.0 ダイワメジャー ウォーエンブレム
3 4 マイネルハニー 牡4 56kg 1.46.0 マツリダゴッホ ナリタブライアン
2016 1 8 ルージュバック 牡4 54kg 1.46.2 マンハッタンカフェ Awesome Again
2 8 フルーキー 牡6 58kg 1.46.6 Redoute’s Choice サンデーサイレンス
3 7 マイネルミラノ 牡6 56kg 1.46.6 ステイゴールド Polish Precedent
2015 1 5 エイシンヒカリ 牡4 56kg 1.45.4 ディープインパクト Storm Cat
2 2 サトノアラジン 牡4 56kg 1.45.4 ディープインパクト Storm Cat
3 8 ディサイファ 牡6 57kg 1.45.5 ディープインパクト Dubai Millennium
2014 1 1 ディサイファ 牡5 56kg 1.46.2 ディープインパクト Dubai Millennium
2 3 マイネルラクリマ 牡7 57kg 1.46.2 チーフベアハート サンデーサイレンス
3 2 ダークシャドウ 牡7 59kg 1.46.4 ダンスインザダーク Private Account
2013 1 3 クラレント 牡4 56kg 1.45.7 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2 8 ジャスタウェイ 牡4 56kg 1.45.7 ハーツクライ Wild Again
3 1 サンレイレーザー 牡4 56kg 1.45.8 ラスカルスズカ Cozzene
2012 1 3 トーセンレーヴ 牡4 56kg 1.46.7 ディープインパクト Caerleon
2 7 ダノンシャーク 牡4 56kg 1.46.7 ディープインパクト Caerleon
3 2 マイネルスターリー 牡7 57kg 1.46.9 スターオブコジーン サンデーサイレンス
2011 1 2 ダークシャドウ 牡4 56kg 1.47.3 ダンスインザダーク Private Account
2 4 エーブチュアマン 牡4 56kg 1.47.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 セイクリッドバレー 牡5 56kg 1.47.8 タニノギムレット フジキセキ
2010 1 1 セイウンワンダー 牡4 57kg 1.46.1 グラスワンダー サンデーサイレンス
2 4 シルポート 牡5 56kg 1.46.1 ホワイトマズル サンデーサイレンス
3 2 キャプテンベガ 牡7 56kg 1.46.1 アドマイヤベガ トニービン

エプソムカップ入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 5 レイエンダ OP 1 9
2 7 サラキア 阪神牝馬スークス 5 10
3 1 ソーグリッタリング リミテッド 2 1
2018 1 2 サトノアーサー OP 2 3
2 4 ハクサンルドルフ 新潟大賞典 4 8
3 5 グリュイエール 1600万下 3 1
2017 1 5 ダッシングブレイズ 京王杯スプリングカップ 5 7
2 1 アストラエンブレム OP 1 2
3 6 マイネルハニー 小倉大賞典 3 16
2016 1 1 ルージュバック ヴィクトリアマイル 4 5
2 3 フルーキー 新潟大賞典 1 2
3 6 マイネルミラノ 新潟大賞典 9 5
2015 1 2 エイシンヒカリ OP 1 1
2 1 サトノアラジン OP 1 1
3 4 ディサイファ 中日新聞杯 5 1
2014 1 2 ディサイファ OP 1 2
2 4 マイネルラクリマ 香港チャンピオンズマイル 13 10
3 8 ダークシャドウ 中山記念 12 11
2013 1 4 クラレント マイラーズカップ 2 8
2 3 ジャスタウェイ 中日新聞杯 2 8
3 7 サンレイレーザー マイラーズカップ 8 2
2012 1 1 トーセンレーヴ マイラーズカップ 2 8
2 2 ダノンシャーク マイラーズカップ 6 2
3 15 マイネルスターリー 新潟大賞典 15 8
2011 1 1 ダークシャドウ 大阪杯 8 2
2 6 エーブチュアマン 1600万下 3 1
3 2 セイクリッドバレー 新潟大賞典 2 1
2010 1 1 セイウンワンダー マイラーズカップ 4 4
2 3 シルポート OP 3 2
3 9 キャプテンベガ OP 6 9

エプソムカップと馬券の傾向

人気と馬券

過去10年の集計で

1番人気 4勝2着2回3着1回 連対率6割、複勝率7割

2番人気 3勝2着2回3着1回 連対率5割、複勝率6割

3番人気 0勝2着3回3着0回 連対率3割、複勝率3割

1、2番人気の信頼度が高く、共に複勝率が5割を超えます。優勝馬は5番人気以内で決まっており、馬連は堅いレースといえます。また2桁人気が馬連に絡んだことはなく、3着も1回のみ。実力がほぼ反映されると言って良く、あまり穴狙いはしない方が良いでしょう。

前走と馬券

過去10年で馬券に絡んだ馬の全層で多いのがマイラーズカップ組と新潟大賞典組。

マイラーズカップ 3勝2着1回3着1回

新潟大賞典    0勝2着2回3着3回

マイラーズカップ組は前走人気で安田記念を目指していたが入着できず、こちらにエプソムカップに回ってきた口。調教過程やローテーションも丁度よく、G2→G3と格落ちしているので、マイラーズカップで人気だったら前走の着順に関係なく馬券になります。

新潟大賞典は左回りで直線が長いといったコース形態が東京競馬場と同じ。こちらはG3→G3と同格ですが、出走メンバーがG2クラスなので勝ちきるには難しい模様。前走人気でそれなりに上位に食い込んでいる馬が馬券に絡んできます。

オープンやリミテッドクラスからの挑戦であれば、前走3番人気以内、着順も3着以内の馬が馬券に絡みます。

血統と馬券

ディープインパクト産駒が強く過去10年で馬券に絡んだ馬の30%を占めます。全体的には軽い馬場が得意なサンデーサイレンス系の種牡馬が全体の60%近く占めます。

コーナーを3つ回るため一本調子になりやすいミスタープロスペクター系の種牡馬は全体の10%とかなり苦戦。

性齢と馬券

4歳 8勝2着6回3着2回 占有率53.4%

5歳 2勝2着2回3着2回 占有率20%

6歳 0勝2着1回3着3回 占有率13.3%

7歳 0勝2着1回3着3回 占有率13.3%

圧倒的に4歳馬有利。次いで5歳馬。6、7歳馬はほぼ3着までなので馬連は4、5歳馬で。牝馬2着が1回あるのみ。完全に牡馬偏重のレースです。

エプソムカップのレース及びコースの攻略法

エプソムカップは東京芝1800mを使用。スタートは第2コーナー奥の1800m専用の引き込み線から。

スタートからはじめのコーナーから160mほどしかありません。しかし東京2000mに比べるとコーナーがかなり緩やかでほぼ直線と言って良く、そのためスタート後直線が750mと非常に長くポジション争いはさほど厳しくありません。

最後の直線が525mと長いため差し、追い込みがゆうりに思われがちです。しかし最終コーナーを回った時に5番手以内がほぼ半数を占め、実際は前週の安田記念に比べ逃げ、先行が残ります。また逃げ馬が残りやすく過去10年で3着以内が5回もあります。

2020年第37回G3エプソムカップ予想 注目出走馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました