【2020年度版】みやこステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るみやこステークスの入賞馬

みやこステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

2018年はJBC競走が京都競馬場で開催されたため未開催です。

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 1 ヴェンジェンス 牡6 56kg 1.49.1 カジノドライブ スペシャルウィーク
2 2 キングズガード 牡8 56kg 1.49.2 シニスターミニスター キングヘイロー
3 7 ウェスタールンド 騙7 56kg 1.49.2 ネオユニヴァース Marquetry
2017 1 8 テイエムジンソク 牡5 56kg 1.50.1 クロフネ フォーティナイナー
2 5 ルールソヴァール 騙5 56kg 1.50.5 フレンチデピュティ フジキセキ
3 6 キングズガード 牡6 57kg 1.50.7 シニスターミニスター キングヘイロー
2016 1 5 アポロケンタッキー 牡4 56kg 1.50.1 Langfuhr Gone West
2 3 グレンツェント 牡3 55kg 1.50.1 ネオユニヴァース Kingmambo
3 4 ロワジャルダン 牡5 57kg 1.50.2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2015 1 2 ロワジャルダン 牡4 56kg 1.47.8 不良 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 4 カゼノコ 牡4 58kg 1.47.8 アグネスデジタル ラグビーボール
3 1 ローマンレジェンド 牡7 58kg 1.47.8 スペシャルウィーク Awesome Again
2014 1 7 インカテーション 牡4 56kg 1.50.2 シニスターミニスター Machiavellian
2 2 ランウェイワルツ 牡3 54kg 1.50.3 ゴールドアリュール アフリリート
3 5 ナムラビクター 牡5 57kg 1.50.3 ゼンノロブロイ エンドスウィープ
2013 1 2 ブライトライン 牡4 56kg 1.49.2 フジキセキ キングオブキングス
2 6 インカテーション 牡3 55kg 1.49.2 シニスターミニスター Machiavellian
3 3 ローマンレジェンド 牡5 59kg 1.49.4 スペシャルウィーク Awesome Again
2012 1 1 ローマンレジェンド 牡4 57kg 1.49.6 スペシャルウィーク Awesome Again
2 4 ニホンピロアワーズ 牡5 58kg 1.49.6 ホワイトマズル アドマイヤベガ
3 3 ホッコータルマエ 牡3 55kg 1.49.7 キングカメハメハ Cherokee Run
2011 1 3 エスポワールシチー 牡6 58kg 1.48.4 稍重 ゴールドアリュール ブライアンズタイム
2 3 トウショウフリーク 牡4 56kg 1.49.0 キングカメハメハ ダンシングブレーヴ
3 2 ニホンピロアワーズ 牡4 56kg 1.49.1 ホワイトマズル アドマイヤベガ
2010 1 1 トランセンド 牡4 56kg 1.49.8 ワイルドラッシュ トニービン
2 2 キングズエンブレム 牡5 57kg 1.50.0 ウォーエンブレム サンデーサイレンス
3 7 サクラロミオ 牡5 56kg 1.50.2 サクラローレル サクラチヨノオー

みやこステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 7 ヴェンジェンス OP 3 2
2 10 キングズガード シリウスS 10 5
3 6 ウェスタールンド アンタレスS 6 3
2017 1 2 テイエムジンソク エルムS 1 2
2 9 ルールソヴァール 1600万下 6 1
3 3 キングズガード 盛岡マイルCS 5 3
2016 1 4 アポロケンタッキー OP 1 8
2 1 グレンツェント レパードS 2 1
3 7 ロワジャルダン OP 2 3
2015 1 7 ロワジャルダン OP 1 4
2 6 カゼノコ OP 4 7
3 4 ローマンレジェンド 平安S 5 3
2014 1 2 インカテーション OP 1 1
2 9 ランウェイワルツ OP 2 2
3 4 ナムラビクター シリウスS 3 2
2013 1 2 ブライトライン エルムS 1 3
2 7 インカテーション OP 7 2
3 1 ローマンレジェンド 帝王賞 2 6
2012 1 1 ローマンレジェンド エルムS 1 1
2 3 ニホンピロアワーズ 白山大賞典 1 1
3 5 ホッコータルマエ レパードS 2 1
2011 1 1 エスポワールシチー 盛岡マイルCS 2 4
2 4 トウショウフリーク 1600万下 1 1
3 5 ニホンピロアワーズ 白山大賞典 1 2
2010 1 2 トランセンド 日本テレビ盃 2 2
2 1 キングズエンブレム シリウスS 1 1
3 9 サクラロミオ シリウスS 10 4

みやこステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より。2018年はJBC競走が京都競馬場で開催されたため未開催です。

人気と馬券

1番人気 2勝2着2回3着1回、連対率44.4%、複勝率55.6%

2番人気 3勝2着0回3着0回、連対率33.3%、複勝率33.3%

3番人気 0勝2着1回3着1回、連対率11.1%、複勝率22.2%

1番人気の連対率は44.4%、複勝率55.6%なので馬券になるものの連軸とするには信頼度がイマイチ。2番人気は1番人気に比べ勝ち鞍が多いものの勝つか馬券に絡まないかで、こちらも信用度が低い結果に。3番人気に至ってはほぼ信用が置けません。

しかしながら過去9回の開催で7回は1番人気か2番人気が連軸として馬券に絡んでいるので、どちらか一方の力を見比べて連軸にするのが馬券の近道。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだことは馬連で1回あるのみ。一方で、9番人気は3回も馬券に絡んでいるので、1桁人気であればほぼ平等に馬券になると見た方が無難。人気より出走馬の力関係を慎重に見極める必要があります。

前走と馬券

前走重賞組とオープン組でほぼ半々重賞組であれば夏のJRAダート重賞エルムステークス組が3勝と最多。またダート2000mのシリウスステークス組が4頭馬券になっています。他では地方の盛岡マイルCS、白山大賞典など、やはり1600m以上のダート経験馬が多いのが特徴。

オープンクラスからでは東京ダート2100mのブラジルカップ組の成績が良いので、出走してきたら注意が必要。前走2桁着順からの無き返しは無く、すべての馬が入着を果たしているので調子の良さは十分考慮する必要があります。

血統と馬券

キングカメハメハ   1勝2着1回3着2回

シニスターミニスター 1勝2着1回3着1回

父がミスタープロスペクター系種牡馬なら母の父に中距離以上のスタミナを有する種牡馬の血が必要。またシニスターミニスターが3回馬券にからんでおり、他に同じシアトルスルー系のカジノドライブが入るなど、他のJRAダート重賞ではあまり目にしない異系統の米ダート血統が活躍します。

また父がサンデーサイレンス系の種牡馬であれば芝で中距離以上の実績があり、母の父にダート馬の血が必要

性齢と馬券

3歳     0勝2着3回3着1回、占有率14.8%

4歳     6勝2着2回3着1回、占有率33.3%

5歳     1勝2着3回3着4回、占有率29.7%

6歳     2勝2着0回3着1回、占有率11.1%

7歳以上   0勝2着1回3着2回、占有率11.1%

4歳馬が6勝と最多。連下に3~5歳馬、3着に5歳馬を中心に高齢馬という構図が見て取れます。ダートとしては長距離でチャンピオンカップのステップレースとしてたたき台になっており、リピーターが多いレースです。高齢馬ならば過去にこのレースで好走しているかチェックが必要。

なお牝馬な過去10年で1頭も絡んでいないので軽視して良いでしょう。

みやこステークスのレース及びコースの攻略法

本来であればみやこステークスは京都コースで行われますが、2020年はコーナーを4つ回る阪神ダート1800mで行われます。

スタートはスタンド正面、ゴール手前の坂下から。スタートから最初のコーナーまで298mしかありませんが、上り坂あるのでテン早くならず、先行争いはさほど厳しくありません。また阪神の第1、第2コーナーは径が急なので前半は比較的スローで流れます。

バックストレッチは343mでほぼ平坦。第3コーナー手前から第4コーナーを過ぎるまで長い下り坂が続くのでここで一気にピッチが上がります。ゴール前直線は352mと長くも短くもない標準の距離ですが、ゴール前に高低差1.6mの上り坂が待ち構えます。

レース中上り坂を2度登るので距離以上にスタミナが必要。またゴール直線で坂を上り切るパワーと勝負根性が必要なので、非常にタフな競馬になります。

2020年みやこステークスの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました