【2020年度版】有馬記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る有馬記念の入賞馬

有馬記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2019 1 3 リスグラシュー 牝5 55kg 2.30.5 ハーツクライ American Post
2 5 サートゥルナーリア 牡3 55kg 2.31.3 ロードカナロア スペシャルウィーク
3 4 ワールドプレミア 牡3 55kg 2.31.4 ディープインパクト Acatenango
2018 1 4 ブラストワンピース 牡3 55kg 2.32.2 稍重 ハービンジャー キングカメハメハ
2 6 レイデオロ 牡4 57kg 2.32.2 キングカメハメハ シンボリクリスエス
3 8 シュヴァルグラン 牡6 57kg 2.32.4 ハーツクライ Machiavellian
2017 1 1 キタサンブラック 牡5 57kg 2.33.6 ブラックタイド サクラバクシンオー
2 2 クイーンズリング 牝5 55kg 2.33.8 マンハッタンカフェ Anabaa
3 5 シュヴァルグラン 牡5 57kg 2.33.8 ハーツクライ Machiavellian
2016 1 6 サトノダイヤモンド 牡3 55kg 2.32.6 ディープインパクト Orpen
2 1 キタサンブラック 牡4 57kg 2.32.6 ブラックタイド サクラバクシンオー
3 1 ゴールドアクター 牡5 57kg 2.32.7 スクリーンヒーロー ショウワアリシバ
2015 1 4 ゴールドアクター 牡4 57kg 2.33.0 スクリーンヒーロー ショウワアリシバ
2 5 サウンズオブアース 牡4 57kg 2.33.0 ネオユニヴァース Dixieland Band
3 6 キタサンブラック 牡3 55kg 2.33.1 ブラックタイド サクラバクシンオー
2014 1 2 ジェンティルドンナ 牝5 55kg 2.35.3 ディープインパクト Bertolini
2 3 トゥザワールド 牡3 55kg 2.35.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 7 ゴールドシップ 牡5 57kg 2.35.4 ステイゴールド メジロマックイーン
2013 1 3 オルフェーブル 牡5 57kg 2.32.3 ステイゴールド メジロマックイーン
2 2 ウインバリアシオン 牡5 57kg 2.33.6 ハーツクライ Storm Bird
3 7 ゴールドシップ 牡4 57kg 2.33.8 ステイゴールド メジロマックイーン
2012 1 7 ゴールドシップ 牡3 55kg 2.31.9 ステイゴールド メジロマックイーン
2 3 オーシャンブルー 牡4 57kg 2.32.1 ステイゴールド Dashing Blade
3 5 ルーラーシップ 牡5 57kg 2.32.2 キングカメハメハ トニービン
2011 1 6 オルフェーブル 牡3 55kg 2.36.0 ステイゴールド メジロマックイーン
2 4 エイシンフラッシュ 牡4 57kg 2.36.1 キングズベスト プラティニ
3 5 トゥザグローリー 牡4 57kg 2.36.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2010 1 1 ヴィクトワールピサ 牡3 55kg 2.32.6 ネオユニヴァース Machiavellian
2 4 ブエナビスタ 牝4 55kg 2.32.6 スペシャルウィーク Caerleon
3 6 トゥザグローリー 牡3 55kg 2.32.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス

有馬記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2019 1 2 リスグラシュー コックスプレート(豪G1) 2 1
2 3 サートゥルナーリア 天皇賞秋 2 6
3 4 ワールドプレミア 菊花賞 3 1
2018 1 3 ブラストワンピース 菊花賞 1 4
2 1 レイデオロ 天皇賞秋 2 1
3 9 シュヴァルグラン ジャパンカップ 5 4
2017 1 1 キタサンブラック ジャパンカップ 1 3
2 8 クイーンズリング エリザベス女王杯 8 7
3 3 シュヴァルグラン ジャパンカップ 5 1
2016 1 1 サトノダイヤモンド 菊花賞 1 1
2 2 キタサンブラック ジャパンカップ 1 1
3 3 ゴールドアクター ジャパンカップ 3 4
2015 1 8 ゴールドアクター アルゼンチン共和国杯 1 1
2 5 サウンズオブアース ジャパンカップ 5 5
3 4 キタサンブラック 菊花賞 5 1
2014 1 4 ジェンティルドンナ ジャパンカップ 1 4
2 9 トゥザワールド 菊花賞 2 16
3 1 ゴールドシップ 凱旋門賞 7 14
2013 1 1 オルフェーブル 凱旋門賞 1 2
2 4 ウインバリアシオン 金鯱賞 8 3
3 2 ゴールドシップ ジャパンカップ 2 15
2012 1 1 ゴールドシップ 菊花賞 1 1
2 10 オーシャンブルー 金鯱賞 6 1
3 2 ルーラーシップ ジャパンカップ 2 2
2011 1 6 オルフェーブル 菊花賞 1 1
2 4 エイシンフラッシュ ジャパンカップ 5 8
3 5 トゥザグローリー ジャパンカップ 8 11
2010 1 2 ヴィクトワールピサ ジャパンカップ 8 3
2 1 ブエナビスタ ジャパンカップ 1 2(降)
3 14 トゥザグローリー 中日新聞杯 1 1

有馬記念と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着2回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 2勝2着1回3着2回、連対率3割、複勝率5割

3番人気 1勝2着1回3着2回、連対率2割、複勝率4割

1番人気は3勝、連対率5割、複勝率6割と連軸としてはまぁまぁの数字。2番人気は2勝も連対率3割と連軸としてはいまいちも、複勝率は5割あるので馬券に組み込んでおいた方が無難一方で3番人気は連対率2割、複勝率4割と馬連では信用できません。

二桁人気が馬券に絡んだ年は2回で、そのうち一回が馬連でのもの。ただし、2回とも1、2番人気が共に馬券に絡んでおり、さほど荒れるレースではありません。

馬連だと1~4番人気以内で決まった年が5回。意外なところでは8、9番人気が共に2ずつ馬券に絡んでいるので堅く収まるか、中穴かでほとんど決まります。

前走と馬券

過去10年で馬券に絡んだ馬30頭中26頭が前走G1からの出走

菊花賞       4勝2着1回3着2回

天皇賞秋      0勝2着2回3着0回

エリザベス女王杯  0勝2着1回3着0回

ジャパンカップ   3勝2着4回3着6回

海外G1       2勝2着0回3着1回

勝ち星では菊花賞組が4勝と最多。優勝した4頭中3頭が菊花賞馬で、それ以外の菊花賞組で馬券に絡んだ馬のほとんどが菊花賞の着順に関係なく前走5番人気以内。中山の2500mは実際の距離以上にスタミナが試されます。菊花賞後十分なローテションで臨めるステイヤーにはある意味最適なレース。

馬券に多く絡んでいるのは3勝を挙げているジャパンカップ組で、全体の4割以上を占めます。ジャパンカップ組で馬券に絡んだ13頭中10頭が前走の着順に関係なく、前走5番人気以内。こちらは誰もが評価する実力が無ければ有馬記念で勝ち負けできないことを意味します。

その他重賞や海外G1からでは、前走2000m以上を使っていることが条件。マイラーやスピードタイプの馬では勝てないレースです。

血統と馬券

ステイゴールド    3勝2着1回3着1回

ハーツクライ     1勝2着2回3着2回

ディープインパクト※ 3勝2着1回3着2回(※全兄のブラックタイド含む)

ネオユニヴァース   1勝2着1回3着0回

サンデーサイレンス系で現役時代も2400m以上で実績のある種牡馬を父に持つ馬が全体の2/3を占めます。それ以外ではミスタープロスペクター系でもキングマンボの血を持つ馬が7頭と、この2系統で全体の9割を占めるレース。

スタミナかパワーが無いと勝てないレースです。

性齢と馬券

3歳     5勝2着2回3着3回、占有率33.3%

4歳     1勝2着6回3着2回、占有率30.0%

5歳     4勝2着2回3着4回、占有率33.3%

6歳     0勝2着0回3着1回、占有率3.4%

7歳以上   0勝2着0回3着0回、占有率0%

3~5歳まで馬券になる確率はほぼ変わりませんが、勝ち鞍は3歳馬が最多の5勝で、その次に5歳馬が続きます。連軸にするなら3歳馬で、そのほとんどが菊花賞組のため馬券が絞りやすいと言えます。一方で6歳以上は3着が1回あるのみ。たとえ人気が出ても軽視した方が良いでしょう。

牝馬は過去10年で2勝2着2回。いずれの牝馬も過去に2200m以上の距離のG1を勝っているのでスタミナの裏付けが必要です。

有馬記念のレース及びコースの攻略法

有馬記念は6回コーナーを回る中山内回り2500mAコースで行われます。スタートは外回りコースの第3コーナー手前から。スタートから最初のコーナーまで192mと非常に短いものの、2500mと走破距離が無くテンから早くなることもなく、先行争いは厳しくありません。

中山内回りは1周1667mと小回りで、コーナーからコーナーまでの直線が短いため全体的に時計が早くなることはありません。またコース全体の高低差が5.3mもあり、中山名物のゴール前の急坂を2度登るので実際の走破距離よりスタミナが必要です。

レースが動くのは残り1000mから。向こう正面から第4コーナーまでほぼ平坦なので一気にスピードがアップします。特にスタミナが豊富でまくりを使えるような器用な馬だとここで一気に勝負をかけてきます。

最後の直線は310mと短く、ゴール手前1ハロンの所に高低差2.2mの急坂が待ち受けます。中山芝2500mは逃げ、先行馬有利と言われますが、実際は言われるほどの差はなく第4コーナーを回った時点で5番手以内と6番低下とでは成績は五分五分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました