【2021年度版】フェアリーステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るフェアリーステークスの入賞馬

フェアリーステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 1 スマイルカナ 牝3 54kg 1.34.0 ディープインパクト Distorted Humor
2 4 チューンオブラブ 牝3 54kg 1.34.4 ハーツクライ Street Cry
3 3 ボレンティア 牝3 54kg 1.34..6 ハーツクライ Orpen
2019 1 1 フィリアプーラ 牝3 54kg 1.36.0 ハービンジャー サンデーサイレンス
2 4 ホウオウカトリーヌ 牝3 54kg 1.36.0 マツリダゴッホ Henrythenavigator
3 7 グレイスアン 牝3 54kg 1.36.1 ディープブリランテ ファルブラヴ
2018 1 1 プリモシーン 牝3 54kg 1.34.6 ディープインパクト Fastnet Rock
2 4 スカーレットカラー 牝3 54kg 1.34.8 ヴィクトワールピサ ウォーエンブレム
3 7 レッドベルローズ 牝3 54kg 1.34.8 ディープインパクト Unbridled’s Song
2017 1 8 ライジングリーズン 牝3 54kg 1.34.7 ブラックタイド キングカメハメハ
2 2 アエロリット 牝3 54kg 1.34.8 クロフネ ネオユニヴァース
3 4 モリトシラユリ 牝3 54kg 1.34.9 クロフネ サンデーサイレンス
2016 1 3 ビービーバーレル 牝3 54kg 1.34.3 パイロ Silver Hawk
2 2 ダイワドレッサー 牝3 54kg 1.34.6 ネオユニヴァース スウェプトオーヴァボード
3 3 ダイワダッチェス 牝3 54kg 1.34.7 ワークフォース フレンチデピュティ
2015 1 2 ノットフォーマル 牝3 54kg 1.35.2 ヴァーミリアン マンハッタンカフェ
2 8 ローデッド 牝3 54kg 1.35.3 ディープインパクト リンドシェーバー
3 1 テンダリーヴォイス 牝3 54kg 1.35.4 ディープインパクト キングカメハメハ
2014 1 4 オメガハートロック 牝3 54kg 1.36.3 ネオユニヴァース エルコンドルパサー
2 8 ニシノアカツキ 牝3 54kg 1.36.3 オペラハウス アグネスタキオン
3 2 リラヴァティ 牝3 54kg 1.36.4 ゼンノロブロイ シングスピール
2013 1 4 クラウンロゼ 牝3 54kg 1.34.7 ロサード ヒシアケボノ
2 6 ウキヨノカゼ 牝3 54kg 1.34.7 オンファイア フサイチコンコルド
3 7 サンブルエミューズ 牝3 54kg 1.34.7 ダイワメジャー フレンチデピュティ
2012 1 4 トーセンベニザクラ 牝3 54kg 1.35.5 ダイワメジャー ホワイトマズル
2 3 マイネエポナ 牝3 54kg 1.35.5 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 2 ダイワミストレス 牝3 54kg 1.35.5 ダイワメジャー ホワイトマズル
2011 1 2 ダンスファンタジア 牝3 54kg 1.33.7 ファルブラヴ サンデーサイレンス
2 7 スピードリッパー 牝3 54kg 1.34.1 ファルブラヴ サンデーサイレンス
3 1 アドマイヤセプター 牝3 54kg 1.34.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス

フェアリーステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 3 スマイルカナ 1勝クラス 6 1
2 7 チューンオブラブ 1勝クラス 6 4
3 5 ボレンティア 新馬(中5カ月) 2 1
2019 1 3 フィリアプーラ 未勝利(中3週) 1 1
2 4 ホウオウカトリーヌ 500万下 1 1
3 5 グレイスアン 新馬(中3週) 1 1
2018 1 2 プリモシーン 未勝利(中3か月) 1 1
2 6 スカーレットカラー 500万下 6 2
3 7 レッドベルローズ 新馬(中7週) 3 1
2017 1 10 ライジングリーズン アルテミスS 12 13
2 1 アエロリット 500万下 1 2
3 7 モリトシラユリ 未勝利(中4週) 1 1
2016 1 3 ビービーバーレル 500万下 4 3
2 10 ダイワドレッサー 500万下 12 9
3 7 ダイワダッチェス 未勝利(中8週) 1 1
2015 1 11 ノットフォーマル 500万下 6 8
2 8 ローデッド 未勝利(中4週) 4 1
3 3 テンダリーヴォイス 500万下 3 2
2014 1 1 オメガハートロック 新馬(中10週) 1 1
2 10 ニシノアカツキ 500万下 10 11
3 4 リラヴァティ 未勝利(中6週) 3 1
2013 1 10 クラウンロゼ 新馬(中7週) 10 1
2 5 ウキヨノカゼ 新馬(中10週) 10 1
3 2 サンブルエミューズ 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 8
2012 1 3 トーセンベニザクラ 阪神ジュベナイルフィリーズ 9 10
2 14 マイネエポナ 未勝利(中5週) 6 1
3 5 ダイワミストレス 500万下 1 2
2011 1 1 ダンスファンタジア 阪神ジュベナイルフィリーズ 2 9
2 7 スピードリッパー 500万下 3 3
3 2 アドマイヤセプター 500万下 1 7

フェアリーステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 2勝2着1回3着0回、連対率3割、複勝率3割

2番人気 1勝2着0回3着2回、連対率1割、複勝率3割

3番人気 4勝2着0回3着0回、連対率4割、複勝率4割

上位人気馬が信頼できないレース。1番人気は連対率3割、2番人気に至っては1割しかありません。一方3番人気は4勝を挙げているものの、2、3着がありません。2桁人気が馬券に絡んだ年は6回で、その内5回が馬連でのもの。優勝も2回あるのでかなり荒れます

上位人気に押された馬は前走重賞やオープンクラスで好走していまが、この頃の牝馬は調整が難しい上、2歳重賞で好走した馬は早熟傾向が少なくありません。また1、2戦したけでは実力評価が難しく、人気や新聞の印を鵜呑みにはできません。

牝馬クラッシックを目指す馬は年明けからが本番で、メンバーがまだ手薄なこのレースを新馬戦勝ちや1勝クラスの素質馬が本賞金加算のために出走してきます。そのため前走の走破時計や血統で馬券を判断した方が賢明です。

前走と馬券

阪神JF          2勝2着0回.3着1回、占有率10%

2歳重賞        1勝2着0回3着0回、占有率3.4%

OP・リミテッドクラス 0勝2着0回3着0回、占有率0%

1勝クラス       3勝2着7回3着3回、占有率43.3%

新馬・未勝利       4勝2着3回3着6回、占有率43.3%

前走重賞組より1勝クラスや新馬、未勝利戦からの出走が好成績を収めるレース。

本来格上である阪神ジュベナイルフィリーズからは2勝しか挙げていません。阪神ジュベナイルフィリーズからの転戦で馬券になった3頭中に2頭は2番人気で惨敗した口。まだ調教で仕上げた余力があるうちに賞金を加算したいという思惑が見えます。

また2歳重賞で勝ち負けした馬はこの時期春のクラッシックに備え休養に当てています。2歳重賞から転戦して来た馬は早熟と考えられ、手薄なメンバーのうちに賞金を獲得したい考えがあります。

ただしフェアリーステークスから素質馬が始動し始めるので、成長度で逆転されると考えられます。そのため阪神ジュベナイルフィリーズで実力を発揮できなかった馬以外、2歳重賞で勝ち負けできなかった転戦馬は人気になっても無視して方が賢明です

血統と馬券

ディープインパクト 2勝2着1回3着2回

ダイワメジャー   1勝2着0回3着2回

ディープインパクトをはじめとしたサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ競走馬が強いレース。全30頭中19頭、63%が父サンデーサイレンス系種牡馬。母の父まで含めると96.7%が父か母の父にサンデーサイレンスの血を持っています。

ディープインパクト産駒が過去10年で5頭馬券に絡んでいますが、全兄のブラックタイド産駒が1勝、全弟のオンファイア産駒が2着1回しているので、この血統が如何に強いか分かります。

日本の主流血統になりつつあるミスタープロスペクター系を父に持つ馬は弱く30頭中僅か4頭で、ノーザンダンサー系の5頭より少ない数字。ミスタープロスペクター系であればどの馬もキングマンボの血を持っています。

フェアリーステークスのレース及びコースの攻略法

京成杯オータムハンデはコーナーを3つ回る中山芝外回り1600mのCコースを使用。スタートは1600m専用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまでの直線が212mと非常に短く先行争いは激化。さらに最初のコーナーが直角に近いため外枠が圧倒的に不利。

最初のコーナーを回ると第3コーナーまで緩やかな下り坂が続き、加速が付けやすい構造。外回りの第3コーナーは径が緩やかで加速を付けたまま回れます。第4コーナーを回るとゴール前直線は310mと短く、さらに中山名物高低差2.2mの急坂が待ち受けます。

基本的に逃げ、先行馬が有利。過去10年で逃げ馬が4勝し、馬券に絡んだ30頭中2/3が4コーナーを回った時点で5番手以内。この時期の中山の芝はやや荒れで時計が掛かり、勝ち時計も1分34秒後半から35秒前半と、3歳マイル戦としては遅め。勝ち馬の上がりも35±0.5秒で切れ味より粘りが必要です。

ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました