【2021年度版】東海ステークス入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る東海ステークスの入賞馬

東海ステークスの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
京都1800m
2020 1 4 エアアルマス 牡5 56kg 1.50.2 マジェスティックウォリアー エンパイアメーカー
2 8 ヴェンジェンス 牡7 56kg 1.50.3 カジノドライヴ スペシャルウィーク
3 7 インティ 牡6 58kg 1.50.4 ケイホーム Northern Afleet
中京1800m
2019 1 4 インティ 牡5 56kg 1.49.8 ケイホーム Northern Afleet
2 3 チョウワウィザード 牡4 56kg 1.50.1 キングカメハメハ デュランダル
3 4 スマハマ 牡4 55kg 1.50.1 ネオユニヴァース アフリート
2018 1 4 テイエムジンソク 牡6 56kg 1.51.8 クロフネ フォーティナイナー
2 3 コスモカナディアン 牡5 56kg 1.51.9 ロージズインメイ With Approval
3 2 モルトベーネ 牡6 56kg 1.51.9 ディープスカイ アフリート
2017 1 4 グレンツェント 牡4 55kg 1.53.2 ネオユニヴァース Kingmambo
2 2 モルトベーネ 牡5 56kg 1.53.3 ディープスカイ アフリート
3 7 メイショウウタゲ 牡6 56kg 1.53.4 プレサイスエンド フジキセキ
2016 1 5 アスカノロマン 牡5 56kg 1.51.9 アグネスデジタル タバスコキャット
2 7 モンンドクラッセ 牡5 56kg 1.52.2 アグネスデジタル ラグビーボール
3 5 ロワジャルダン 牡5 56kg 1.52.8 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2015 1 4 コパノリッキー 牡5 58kg 1.50.9 ゴールドアリュール ティンバーカントリー
2 8 グランドシチー 牡8 56kg 1.51.6 キングカメハメハ ブライアンズタイム
3 3 インカテーション 牡5 56kg 1.51.6 シニスターミニスター Machiavellian
2014 1 7 ニホンピロアワーズ 牡7 57kg 1.50.4 ホワイトマズル アドマイヤベガ
2 6 グランドシチー 牡7 56kg 1.50.7 キングカメハメハ ブライアンズタイム
3 2 マイネルバイカ 牡5 56kg 1.51.1 ロージズインメイ フォーティナイナー
2013 1 8 グレープブランデー 牡5 57kg 1.51.0 マンハッタンカフェ ジャッジアンジェルーチ
2 5 ナムラタイタン 牡7 56kg 1.51.5 サウスヴィグラス アフリート
3 3 ホッコータルマエ 牡4 55kg 1.51.6 キングカメハメハ Cherokee Run
京都1900m5月
2012 1 3 ソリタリーキング 牡5 56kg 1.56.4 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2 6 ニホンピロアワーズ 牡5 57kg 1.56.4 ホワイトマズル アドマイヤベガ
3 1 サイレントメロディ 牡5 56kg 1.56.5 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
2011 1 4 ワンダーアキュート 牡5 57kg 1.53.7 不良 カリズマティック Pleasant Tap
2 8 ランフォルセ 牡5 57kg 1.53.8 シンボリクリスエス Machiavellian
3 1 シルクメビウス 牡5 58kg 1.54.2 ステイゴールド ポリッシュネイビー

東海ステークス入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
京都1800m
2020 1 2 エアアルマス 武蔵野ステークス 1 11
2 3 ヴェンジェンス チャンピオンズカップ 10 7
3 1 インティ チャンピオンズカップ 3 3
中京1800m
2019 1 1 インティ 1600万下 1 1
2 2 チョウワウィザード 名古屋グランプリ(G2) 2 1
3 4 スマハマ OP 1 2
2018 1 1 テイエムジンソク チャンピオンズカップ 1 2
2 13 コスモカナディアン OP 13 2
3 6 モルトベーネ チャンピオンズカップ 13 13
2017 1 1 グレンツェント OP 1 1
2 12 モルトベーネ みやこS 11 6
3 10 メイショウウタゲ OP 11 4
2016 1 4 アスカノロマン OP 3 2
2 2 モンンドクラッセ みやこS 2 7
3 1 ロワジャルダン チャンピオンズカップ 8 4
2015 1 1 コパノリッキー 東京大賞典 2 2
2 9 グランドシチー OP 4 4
3 3 インカテーション チャンピオンズカップ 4 10
2014 1 1 ニホンピロアワーズ 東京大賞典 3 3
2 3 グランドシチー ジャパンンカップダート 15 6
3 8 マイネルバイカ 1600万下 1 1
2013 1 4 グレープブランデー ジャパンカップダート 11 5
2 8 ナムラタイタン 東京大賞典 7 4
3 1 ホッコータルマエ OP 1 2
京都1900m5月
2012 1 4 ソリタリーキング OP 5 1
2 3 ニホンピロアワーズ アンタレスS 2 5
3 11 サイレントメロディ マーチS 6 1
2011 1 2 ワンダーアキュート アンタレスS 1 2
2 6 ランフォルセ OP 2 1
3 5 シルクメビウス フェブラリーS 6 8

東海ステークスと馬券の傾向

過去10年の集計より

2020年は京都ダート1800mで、2012、2011年は5月開催で京都ダート1900mで行われています。

人気と馬券

1番人気 5勝2着0回3着3回、連対率5割、複勝率8割

2番人気 2勝2着2回3着0回、連対率4割、複勝率4割

3番人気 0勝2着3回3着1回、連対率3割、複勝率4割

1番人気が5勝、連対率5割、複勝率8割と、1番人気はかなり信頼できるレース。まずは馬券に組み込んだ方が賢明です。2番人気が2勝、連対率、複勝率共に4割。3番人気は優勝無しも、連対率3割、複勝率4割と人気と成績がある程度直結するレースと言えます。

馬連で5番人気以内で決まった年は過去10年で5回と、紐はやや荒れ気味。2桁人気が馬券に絡んだ年は10年中3回、その内2回は馬連でのもの。馬連で2桁人気が馬券に絡んだ年の優勝馬は1番人気なので、1番人気から2、3番人気を抑え且つ人気薄に流すと高確率で高額馬券が取れるレースと言えます。

前走と馬券

チャンピオンズカップ  2勝2着2回3着4回、占有率26.6%(ジャパンカップダートを含む)

東京大賞典       2勝2着1回3着0回、占有率10.0%

みやこS          0勝2着2回3着0回、占有率6.6%

アンタレスS        1勝2着1回3着0回、占有率6.6%

他ダート重賞      1勝2着1回3着2回、占有率13.3%

OP・リミテッドクラス    3勝2着3回3着3回、占有率33.3%

条件クラス        1勝2着0回3着1回、占有率6.7%

前走ダートG1のチャンピオンズカップや東京大賞典に出走していた馬が強いレース。前走の人気や着順はあまり関係なく馬券に絡みます。東海ステークスはチャンピオンズカップと同じコースを使う上、前走強いメンバーにもまれてから格下メンバーとの対戦なので上位に食い込みやすくなります。

また他の重賞はアンタレスステークスやみやこステークスなど1800mからが多く、このステップからは前走上位人気も本賞金を獲得できずチャンピオンズカップに出走出来なかった口。ただし、元々重賞に一歩届かない馬たちなのでG1から来る馬に太刀打ちないの印象。

一方で、オープンやりリミテッドクラスからの格上挑戦の活躍が目立ち4勝、馬券全体の40%。こちらは勝ってフェブラリーステークスへの優先出走権獲得のためきっちり仕上げてきます。これらの条件の馬は前走全ての馬が掲示板に載り、9頭中8頭が連対しています。

血統と馬券

キングカメハメハ 1勝2着3回3着2回、占有率20%

ミスタープロスペクター系の種牡馬を持つ馬が強いレースで、馬券に絡んだ馬の40%、そのうち半分を父キングカメハメハが占めます。次いでサンデーサイレンス系で23.3%、7頭中6頭がダート馬を多く出す種牡馬です。

異系統の種牡馬が活躍するレースで、大抵の馬の父系の種牡馬の父がアメリカダート中距離で活躍した大種牡馬の血を持っています。

性齢と馬券

4歳     1勝2着1回3着2回、占有率13.3%

5歳     7勝2着5回3着5回、占有率56.7%

6歳     1勝2着0回3着3回、占有率13.3%

7歳以上   1勝2着4回3着0回、占有率16.7%

5歳馬が7勝、馬券全体をみても56.7%も占めているように5歳馬が強いレース。また7歳以上の馬が5頭馬連で馬券に絡んでいます。その内4頭は7歳馬で前走G1を走っています。そのため前走G1を走っていた高齢馬が出走していれば紐として買い。

なお過去10年で牝馬は1頭も絡んでおらず、無視して良いでしょう。

東海ステークスのレース及びコースの攻略法

東海ステークスは中京ダート1800mを使用。スタートはスタンド正面、ゴール前の上り坂中腹辺りから。スタートから最初のコーナーまで291mありダートコースとしてはやや長め。

中京の第1から第2コーナーの径は小さめなので、第2コーナー中腹から向こう正面1/3くらいまで緩やかな上り坂が続くので、前半ペースが速くなることはほとんどありません。

一方、向こう正面中盤辺りから第4コーナー終わりまで高低差3mの長い下り坂が続きます。このため後半からペースがアップします。中京コースは第3から第4コーナーにスパイラルカーブが設けられているので、スピードを上げ過ぎると遠心力で外に振られます。

最後の直線はゴールまで410mもあり差し、追い込み有利です。

しかし、次走のフェブラリーステークまで余力を残していたい多いと見られ東海ステークスでは前残りが多い印象。馬券に絡んだ30頭中20頭が4コーナーを回った時点で5番手以内。さらに逃げ馬は2勝2着2回。逃げ馬を目標にゴール寸前まで追い出しを我慢していることが分かります。

ゴールまで残り2ハロンの場所に高低差2mの急坂が待ち受けているため、実際の距離よりスタミナとタフな根性が必要なコースです。そのためダート中距離以上で実績のある馬が馬券に絡みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました