【2021年度版】AJCC入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るAJCCの入賞馬

AJCCの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 8 ブラストワンピース 牡5 57kg 2.15.0 稍重 ハービンジャー キングカメハメハ
2 7 ステイフーリッシュ 牡5 56kg 2.15.2 ステイゴールド キングカメハメハ
3 2 ラストドラフト 牡4 55kg 2.15.5 ノヴェリスト ディープインパクト
2019 1 7 シャケトラ 牡6 56kg 2.13.7 マンハッタンカフェ シングスピール
2 4 フィエールマン 牡4 57kg 2.13.7 ディープインパクト Green Tune
3 8 メートルダール 牡6 56kg 2.13.8 ゼンノロブロイ Silver Hawk
2018 1 6 タンビュライト 牡4 55kg 2.13.3 ルーラーシップ サンデーサイレンス
2 3 ミッキースワロー 牡4 56kg 2.13.6 トーセンホマレボシ ジャンブルポケット
3 7 マイネルミラノ 牡8 56kg 2.13.7 ステイゴールド Polish Precedent
2017 1 4 タンタアレグリア 牡5 56kg 2.11.9 ゼンノロブロイ Stuka
2 5 ゼーヴィント 牡4 55kg 2.12.0 ディープインパクト ブライアンズタイム
3 1 ミライヘノツバサ 牡4 55kg 2.12.2 ドリームジャーニー シルバーチャーム
2016 1 2 ディサイファ 牡7 57kg 2.12.0 ディープインパクト Dubai Millennium
2 6 スーパームーン 牡7 56kg 2.12.2 ブライアンズタイム Sadler’s Wells
3 4 ショウナンバッハ 牡5 56kg 2.12.2 ステイゴールド サクラバクシンオー
2015 1 6 クリールカイザー 牡6 56kg 2.13.6 キングヘイロー サッカーボーイ
2 7 ミトラ 騙7 56kg 2.13.8 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
3 5 エアソミュール 牡6 57kg 2.13.9 ジャンブルポケット サンデーサイレンス
2014 1 5 ヴェルデグリーン 牡6 57kg 2.14.0 ジャンブルポケット スペシャルウィーク
2 1 サクラアルディート 牡6 56kg 2.14.0 ディープインパクト マルゼンスキー
3 1 フェイゲーム 牡4 55kg 2.14.1 ハーツクライ アレミロード
2013 1 3 ダノンバラード 牡5 56kg 2.13.1 ディープインパクト Unbridled
2 5 トランスワープ 騙8 56kg 2.13.3 ファルブラヴ リアルシャダイ
3 4 アドマイヤラクティ 牡5 56kg 2.13.6 ハーツクライ エリシオ
2012 1 3 ルーラーシップ 牡5 57kg 2.17.3 キングカメハメハ トニービン
2 4 ナカヤマナイト 牡4 55kg 2.17.8 ステイゴールド カコイーシーズ
3 7 ゲシュタルト 牡5 56kg 2.18.1 マンハッタンカフェ エンドスウィープ
2011 1 6 トーセンジョーダン 牡5 58kg 2.14.2 ジャンブルポケット ノーザンテースト
2 6 ミヤビランベリ 牡8 57kg 2.14.3 オペラハウス ホリスキー
3 2 ネヴァブション 牡8 58kg 2.14.4 マーベラスサンデー Mill Reef

AJCC入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 1 ブラストワンピース 凱旋門賞 5 11
2 5 ステイフーリッシュ チャレンジC 4 10
3 4 ラストドラフト 中日新聞杯 3 2
2019 1 7 シャケトラ 有馬記念 7 6
2 1 フィエールマン 菊花賞 7 1
3 5 メートルダール 中日新聞杯 3 5
2018 1 2 タンビュライト 1600万下 1 1
2 1 ミッキースワロー 菊花賞 3 6
3 8 マイネルミラノ 中山金杯 12 11
2017 1 7 タンタアレグリア 天皇賞春 10 4
2 1 ゼーヴィント 福島記念 1 2
3 3 ミライヘノツバサ 1600万下 2 1
2016 1 2 ディサイファ 金鯱賞 1 2
2 3 スーパームーン OP 1 2
3 7 ショウナンバッハ ジャパンカップ 15 12
2015 1 4 クリールカイザー ステイヤーズS 1 3
2 7 ミトラ 福島記念 6 1
3 2 エアソミュール 金鯱賞 2 3
2014 1 2 ヴェルデグリーン 有馬記念 8 10
2 11 サクラアルディート 中山金杯 4 9
3 6 フェイゲーム OP 8 6
2013 1 3 ダノンバラード 金鯱賞 2 8
2 5 トランスワープ 天皇賞秋 9 17
3 2 アドマイヤラクティ 金鯱賞 4 3
2012 1 1 ルーラーシップ 有馬記念 11 4
2 2 ナカヤマナイト OP 2 1
3 4 ゲシュタルト 中日新聞杯 4 2
2011 1 1 トーセンジョーダン 有馬記念 7 5
2 6 ミヤビランベリ 中日新聞杯 8 18
3 3 ネヴァブション 有馬記念 12 8

AJCCと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 3勝2着3回3着0回、連対率6割、複勝率6割

2番人気 2勝2着1回3着2回、連対率3割、複勝率5割

3番人気 1勝2着1回3着2回、連対率2割、複勝率4割

1人気は連対率6割、複勝率も6割なので連軸としては信頼できる数字。1番人気で馬券にからんだ6頭中4頭がG1馬か過去にG1で入着歴があり、4歳馬であれば同じ舞台で行われるセントライト記念で連対している実績があります。

2、3番人気は連対率が3割、2割とあてにできませんが、複勝率は5割、4割なので連下で抑えておいた方が無難。

馬連で1、2番人気同士で決まった年は2回。逆に共に馬券を外した年は3回。外ししたとしても馬連は7番人気以内同士で決まっているので全体として馬券は堅め。

有力馬の加算重量が少ないため馬券は馬の調子より格で決まるレースで、1、2番人気のどちらかを軸にし3~7番人気の馬で流すと高確率で馬券が取れます。

前走と馬券

G1        6勝2着3回3着2回

G2        3勝2着0回3着2回

G3        0勝2着5回3着4回

OP・リミテッド  0勝2着2回2格1回

条件クラス     1勝2着0回3着1回

前走のレースの格が成績に直結するレース。前走有馬記念組が4勝3着1回、有馬記念組は前走の人気、着順はあまり関係なく馬券に絡んでいます。やはりG1実績馬の中で厳しい流れでもまれると、G2クラスでは1枚上手か。

G2クラスから3勝2着2回がありますが、その内4頭が以前この時期に行われていた金鯱賞から。中山金杯、福島記念、中日新聞など芝中距離G3からの格上挑戦組は別定戦ではやはり荷が重いと思われ優勝はありませんが、2着5回3着4回なので連下としては注目に値します。

血統と馬券

サンデーサイレンンス系の種牡馬を父に持つ競走馬が全体の60%。サンデーサイレンス系であればディープインパクトやステイゴールド、ハーツクライ、マンハッタンカフェなど競走馬時代に2400m以上のレースで実績がある馬しか馬券に絡んでいません。

一方、日本競馬で主流になりつつあるミスタープロスペクター系の種牡馬を父に持つ競走馬は過去10年で2頭しか馬券に絡んでおらず、共にキングカメハメハの血を持つ馬。

他の種牡馬も競走馬時代に2400m以上で実績のある馬がほとんどなので、2200mと中距離のレースですが血統的にスタミナの裏付けが無いと勝ち切れないレースです。

性齢と馬券

4歳     1勝2着4回3着3回、占有率26.7%

5歳     5勝2着1回3着3回、占有率30.0%

6歳     3勝2着1回3着2回、占有率20.0%

7歳以上   1勝2着4回3着2回、占有率23.3%

優勝は5歳馬が多く、連下は4歳馬が中心。優勝は5、6歳馬の実績馬が争うイメージです。各世代で馬券になる確率はさほど変わりません。ただし、明け8歳馬が4頭も絡んでいるので注意が必要。8歳という数字で見誤りますが、実質は7歳馬なのでまだまだ戦えます。

過去10年で牝馬が絡んだことは1度もありません。牝馬が出てきたら軽視して良いでしょう。

AJCCのレース及びコースの攻略法

オールカマーはコーナーを4つ回る中山芝外回り2200mCコースを使用。小回りコースで知られる中山ですが、外回りコースをフルに使う2200mは1周1839mと大きく、さらに三角形に近いおむすび型でコーナーの径が緩や。中山でもまぐれが少ないコースです。

スタートはスタンド正面、第4コーナーを過ぎた辺りから。スタートから最初のコーナーまで432mありポジション争いはスムーズ。さらにスタート直後に中山名物の急坂を上ることになるのでテンが早くなることはありません。

第2コーナー過ぎから第3コーナーを過ぎるまで長く緩やかな下り坂が続きスピードが出しやすく、レース後半はピッチが上がります。外回りコースの第3コーナーは緩やかなのでスピードを落とさず回れます。

中山競馬場は1周の高低差が5.3mもあり、2200mでは中山の急坂を2度駆け上がります。さらに中山連続開催最終週なので芝は荒れスタミナとパワーが求められます。第4コーナーを回るとゴールまでの直線は310mと短く、基本的に逃げ・先行馬有利。

実際に過去10年で馬券に絡んだ30頭中、4コーナーを回った時点で6番手以内の馬が全体の80%を占めます。また4コーナーを回った時点で10番以降だった馬は1頭も馬券に絡んでいません。スタミナに任せ前々で粘り込む馬が圧倒的に有利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました