【2021年度版】東京新聞杯入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る東京新聞杯の入賞馬

東京新聞杯の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 1 プリモシーン 牝5 56kg 1.33.0 ディープインパクト Fastnet Rock
2 6 シャドウディーヴァ 牝4 54kg 1.33.1 ハーツクライ Dansili
3 7 クリノガウディー 牡4 56kg 1.33.1 スクリーンヒーロー ディアブロ
2019 1 2 インディチャンプ 牡4 56kg 1.31.9 ステイゴールド キングカメハメハ
2 4 レッドオルガ 牝5 54kg 1.32.0 ディープインパクト ダンシングブレーヴ
3 1 サトノアトラス 牡5 56kg 1.32.0 ディープインパクト デインヒル
2018 1 4 リスグラシュー 牝4 55kg 1.34.1 ハーツクライ American Post
2 2 サトノアトラス 牡4 57kg 1.34.3 ディープインパクト デインヒル
3 8 ダイワギャグニー 牡4 56kg 1.34.3 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2017 1 2 ブラックスピネル 牡4 56kg 1.34.9 タニノギムレット アグネスデジタル
2 5 プロディガサン 牡4 56kg 1.34.9 ディープインパクト Storm Cat
3 7 エアスピネル 牡4 57kg 1.35.0 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2016 1 4 スマートレイアー 牝6 55kg 1.34.1 ディープインパクト ホワイトマズル
2 3 エキストラエンド 牡7 57kg 1.34.4 ディープインパクト Garde Royale
3 6 マイネルアウラート 牡5 56kg 1.34.6 ステイゴールド トウカイテイオー
2015 1 3 ヴァンセンヌ 牡6 56kg 1.35.7 稍重 ディープインパクト ニホンピロウイナー
2 7 アルフレード 牡6 56kg 1.35.7 シンボリクリスエス サンデーサイレンス
3 5 フルーキー 牡5 56kg 1.35.8 Redoute’s Choice サンデーサイレンス
2014 1 4 ホエールキャプチャ 牝6 57kg 1.33.2 クロフネ サンデーサイレンス
2 6 エキストラエンド 牡5 56kg 1.33.4 ディープインパクト Garde Royale
3 6 クラレント 牡5 57kg 1.33.4 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2013 1 3 クラレント 牡4 56kg 1.32.9 ダンスインザダーク ダンシングブレーヴ
2 1 ダイワマジョーレ 牡4 56kg 1.33.0 ダイワメジャー Law Society
3 4 トライアンフマーチ 牡7 56kg 1.33.0 スペシャルウィーク ダンシングブレーヴ
2012 1 3 ガルボ 牡5 56kg 1.32.8 マンハッタンカフェ ジェネラス
2 3 コスモセンサー 牡5 56kg 1.32.8 キングカメハメハ リヴリア
3 4 ヒットジャポット 牡5 56kg 1.33.2 フジキセキ リアルシャダイ
2011 1 8 スマイルジャック 牡6 57kg 1.32.5 タニノギムレット サンデーサイレンス
2 2 キングストリート 牡5 56kg 1.32.5 キングカメハメハ Red Ransom
3 1 ゴールスキー 牡4 56kg 1.32.7 ネオユニヴァース Nureyev

東京新聞杯入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 4 プリモシーン マイルCS 9 11
2 6 シャドウディーヴァ 3勝クラス 2 1
3 5 クリノガウディー マイルCS 12 7
2019 1 1 インディチャンプ 1600万下 1 1
2 6 レッドオルガ ターコイズS 6 6
3 4 サトノアトラス 阪神C 5 15
2018 1 3 リスグラシュー エリザベス女王杯 7 8
2 5 サトノアトラス OP 2 2
3 2 ダイワギャグニー 中山金杯 3 5
2017 1 3 ブラックスピネル 京都金杯 6 2
2 5 プロディガサン 菊花賞 11 11
3 1 エアスピネル 京都金杯 1 1
2016 1 5 スマートレイアー エリザベス女王杯 8 5
2 6 エキストラエンド 京都金杯 4 7
3 11 マイネルアウラート 阪神C 12 9
2015 1 3 ヴァンセンヌ 1600万下 2 1
2 9 アルフレード OP 9 2
3 1 フルーキー 京都金杯 2 4
2014 1 8 ホエールキャプチャ エリザベス女王杯 4 6
2 3 エキストラエンド 京都金杯 6 1
3 5 クラレント 阪神C 7 3
2013 1 2 クラレント 阪神C 4 5
2 5 ダイワマジョーレ 中山金杯 3 5
3 4 トライアンフマーチ 京都金杯 6 2
2012 1 8 ガルボ OP 3 2
2 4 コスモセンサー OP 1 1
3 7 ヒットジャポット OP 2 3
2011 1 5 スマイルジャック マイルCS 5 6
2 7 キングストリート OP 2 5
3 2 ゴールスキー 阪神C 1 5

過去10年の東京新聞入賞馬のデータを見たい方はこちら

東京新聞杯と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 1勝2着0回3着2回、連対率1割、複勝率3割

2番人気 1勝2着0回3着2回、連対率1割、複勝率3割

3番人気 3勝2着1回3着0回、連対率4割、複勝率4割

ハンデキャップ戦らしく1、2人気が共に連対率1割、複勝率3割と超不振。一方3番人気は3勝、連対率・複勝率共に4割なので妙味。

2桁人気が馬券に絡んだのは過去10年で1回のみで3着。基本的に1桁人気ならどの馬も馬券に絡む可能性があるレースと言えます。

前走と馬券

マイルチャンピオンシップ 2勝2着0回3着1回、占有率10.0%

エリザベス女王杯     3勝2着0回3着0回、占有率10.0%

阪神カップ        1勝2着0回3着4回、占有率16.6%

京都金杯         1勝2着2回3着3回、占有率20.0%

中山金杯         0勝2着1回3着1回、占有率6.7%

その他重賞        0勝2着2回3着0回、占有率6.7%

OP・リミテッドクラス   1勝2着4回3着1回、占有率20.0%

条件戦          2勝2着1回3着0回、占有率10.0%

別定戦なので前走のレースの格で着順がある程度決まるレース。2200mのエリザベス女王杯からの出走馬が3勝を挙げていますが、もともとマイラーだった馬が牝馬限定のG1を狙って出走していた場合が多く、適距離に戻って勝利を挙げたと考えられます。

また連下はオープンクラス3着は阪神カップや京都金杯組が多いという特徴があります。

血統と馬券

馬場状態が良くゴール前直線の長い東京コースのレースのため、軽い芝が得意でスピードがあるサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が強いレース。過去10年で馬券になった30頭中20頭が父サンデーサイレンス系種牡馬。

その中でも特出しているのがディープインパクトで3勝2着5回3着1回、全体の30%を占めます。マイル戦ですが、サンデーサイレンス系種牡馬であれば中距離以上で実績のある種牡馬が目立ちます。

一方、他の系統ではミスタープロスペクター系が3頭、全てキングカメハメハ。ロベルト系4頭なら現役時代2400mで実績のある馬、他ノーザンダンサー系2頭。やはり現役時代はマイルより長い距離で活躍している種牡馬がほとんどです。

性齢と馬券

4歳   4勝2着4回3着4回、占有率40.0%

5歳   2勝2着4回3着5回、占有率36.7%

6歳   4勝2着1回3着0回、占有率16.7%

7歳以上 0勝2着1回3着1回、占有率6.6%

馬券の中心は全体の40%を占める4歳馬。フレッシュな馬ほど成績が良いことが分かります。6歳馬が4勝を挙げていますが、その内3頭が前走G1実績がない高齢馬は軽視した方が良いでしょう。

また牝馬は4勝2着2回3着0回優勝した牝馬は全て前走G1です。

東京新聞杯のレース及びコースの攻略法

東京新聞杯はコーナーを2つ回る東京芝1600mのコースを使用。タートはスタンド向こう側の引き込み線からで、スタート後直線が長く、しかも下り坂なので加速が付けやすいコース設定。また東京のコーナーは径が大きく加速をつけたまま回れます。

開幕から4日目なので芝の状態は良好。内外の差はあまりません。ゴール前直線が525.9mと長く、第4コーナーを回るとゴール手前300m辺りまで高低差2mの上り坂なので上り切るまでスタミナ御温存。上り切ると全馬一斉にスパートを切ります。

そのため上がりが早く馬券になった30頭中20頭が上がり33秒台なので、過去の上がり時計の確認は必至。基本的に差し、追い込みが有利で、第4コーナーを回った時点で6番低下が全体の60%を占めます。しかし芝状態が良好なので前が止まらず、逃げ馬も2勝2着1回と先行馬も十分残れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました