【2021年度版】小倉大賞典入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る小倉大賞典の入賞馬

小倉大賞典の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 母の父
2020 1 2 カデナ 牡6 57kg 1.48.3 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 7 ドゥオーモ 牡7 52kg 1.48.6 ディープインパクト コマンダーインチーフ
3 8 ジナンボー 牡5 55kg 1.48.6 ディープインパクト キングカメハメハ
2019 1 7 スティッフェリオ 牡4 57kg 1.46.7 ステイゴールド Mtoto
2 3 タニノフランケル 牡4 54kg 1.46.7 Frankel タニノギムレット
3 1 サイモンラムセス 牡9 53kg 1.46.9 ブラックタイド マヤノトップガン
2018 1 7 トリンオフ 騙4 54kg 1.46.1 タートルボウル ダンスインザダーク
2 8 クインズミラーグロ 牝6 53kg 1.46.5 マンハッタンカフェ In Excess
3 1 スズカデヴィアス 牡7 56.5kg 1.46.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2017 1 4 マルターズアポジー 牡5 56kg 1.45.8 ゴスホースケン Old Trieste
2 7 ヒストリカル 牡8 57kg 1.46.1 ディープインパクト ノーザンテースト
3 8 クラリティスカイ 牡5 57.5kg 1.46.2 クロフネ スペシャルウィーク
2016 1 1 アルバートドック 牡4 55kg 1.46.7 ディープインパクト Unusual Heat
2 1 ダコール 牡8 58kg 1.46.7 ディープインパクト Unbridled
3 6 ネオリアリズム 牡5 55kg 1.46.8 ネオユニヴァース Meadowlake
2015 1 3 カレンブラックヒル 牡6 58kg 1.48.3 ダイワメジャー Grindstone
2 1 コスモソーンパーク 牡7 56kg 1.48.4 ロージズインメイ ジェニュイン
3 1 ダコール 牡7 57kg 1.48.5 ディープインパクト Unbridled
2014 1 2 ラストインパクト 牡4 55kg 1.45.3 ディープインパクト ティンバーカントリー
2 1 カフナ 牡6 57kg 1.45.7 キングカメハメハ サンデーサイレンス
3 3 ブレイズアトレイル 牡5 55kg 1.45.7 ダイワメジャー エルコンドルパサー
2013 1 3 ヒットザターゲット 牡5 57kg 1.46.4 キングカメハメハ タマモクロス
2 1 ダコール 牡5 55kg 1.46.4 ディープインパクト Unbridled
3 6 タローネガ 牡4 55kg 1.46.7 ダイワメジャー ホワイトマズル
2012 1 4 エーシンジーライン 牡7 56kg 1.46.3 Giant’s Causeway Danzig
2 2 スマートギア 牡7 56kg 1.46.3 マーベラスサンデー パドスール
3 6 コスモファントム 牡5 57.5kg 1.46.3 Stephen Got Even Paris House
2011 1 5 サンライズベガ 牡7 55kg 1.45.3 アドマイヤベガ Theatrical
2 7 バトルバニヤン 牡7 57kg 1.45.3 ジャングルポケット Crafty Prospector
3 2 リルダヴァル 牡4 56kg 1.45.3 アグネスタキオン サンダーガルチ

小倉大賞典入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 4 カデナ 中山金杯 7 11
2 10 ドゥオーモ 2勝クラス 7 1
3 2 ジナンボー ジャパンカップ 11 13
2019 1 3 スティッフェリオ 福島記念 2 1
2 1 タニノフランケル 中山金杯 9 3
3 14 サイモンラムセス チャレンジC 11 8
2018 1 1 トリンオフ 1600万下 3 1
2 15 クインズミラーグロ 愛知杯 9 16
3 4 スズカデヴィアス OP 4 2
2017 1 4 マルターズアポジー 有馬記念 12 15
2 8 ヒストリカル チャレンジC 6 6
3 5 クラリティスカイ AJCC 8 10
2016 1 2 アルバートドック OP 2 3
2 6 ダコール 日経新春杯 9 4
3 5 ネオリアリズム 中山金杯 4 7
2015 1 3 カレンブラックヒル 金鯱賞 5 5
2 6 コスモソーンパーク OP 8 1
3 11 ダコール 日経新春杯 8 5
2014 1 1 ラストインパクト 1600万下 1 1
2 8 カフナ 目黒記念 3 3
3 4 ブレイズアトレイル 中山金杯 11 4
2013 1 6 ヒットザターゲット 中山金杯 6 10
2 2 ダコール 日経新春杯 2 10
3 5 タローネガ 中山金杯 5 13
2012 1 5 エーシンジーライン 中山金杯 6 4
2 10 スマートギア 日経新春杯 10 2
3 1 コスモファントム 中山金杯 5 3
2011 1 6 サンライズベガ AJCC 5 11
2 9 バトルバニヤン 京都金杯 10 10
3 1 リルダヴァル OP 1 8

小倉大賞典と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 2勝2着1回3着2回、連対率3割、複勝率5割

2番人気 1勝2着1回3着1回、連対率2割、複勝率3割

3番人気 2勝2着0回3着0回、連対率2割、複勝率2割

ハンデキャップ戦らしく1~3番人気の連対率が2~3割と上位人気が信頼できないレース。それでも1番人気は複勝率で5割はあるので馬券には組み込んでおいた方が無難。過去10年で馬連1~3番人気同士で決まった年は1度もありません

また過去10年で1~3番人気が1頭も馬連で絡まなかった年が5回もあり、さらに2桁人気が馬券に絡んだ年は4回もあり全体的難解。

一応過去10年で優勝馬は全て6番人気以内から出ており、4番人気と6番人気が共に2勝ずつ挙げているので、上位人気から調教で良さそうな馬をピックアップし手広く流すのが良いレースです。

前走と馬券

G1       1勝2着0回3着1回

日経新春杯    0勝2着3回3着1回

他G2      2勝2着1回3着1回

中山金杯     3勝2着1回3着4回

他G3      1勝2着3回3着1回

OP・Lクラス   1勝2着1回3着2回

条件戦      1勝2着1回3着0回

同じハンデキャップ戦の中山金杯組との親和性が高いレース。過去30年で馬券になった30頭中8頭が中山金杯組で、実に馬券の1/4を占めます。また前走同じG3クラスの中距離のレースを走っていた馬が馬券に多く絡んできます。

他は日経新春杯組ですが、こちらは勝ち星が無く2着が多い傾向。前走好走してローテーション的に適当なため出走してきますが、ハンデを背負わされている馬が多く苦戦気味。前走G1だった馬が2頭馬券に絡んでいますが、こちらは前走大敗組で軽ハンデ。

昨年G1で好走したヴェロックスが重賞初勝利を狙い出走してきましたが、ハンデを背負わされて大敗しています。

前走オープンや条件戦からは6頭、全体の20%に過ぎず他のハンデキャップ重賞に比べると少なめ。実力馬が休養中で手薄なメンバーの中に本賞金を加算したい実績馬が多いので、条件戦からの格上挑戦組はやや厳しいレースと言えます。

血統と馬券

平坦で直線が短く、さらに第2コーナーから長く下り坂が続くという特異なコース形態で、スピード能力が試されるためサンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が強いレース。過去10年で馬券になった30頭中19頭が父サンデーサイレンス系の種牡馬。

その中でもディープインパクト産駒が飛び抜けて成績が良く、同じ血統背景のブラックタイドを含め10頭、実に全体の1/3を占めます。他にはダイワメジャー産駒が3頭。

一方でミスタープロスペクター系はたった3頭と苦戦気味で、全てキングカメハメハ産駒一方ノーザンダンサー系は5頭も馬券になっていますが、こちらは特に決まって系統があるわけではありません。長く持続するスピードが持ち味の種牡馬が強く、瞬発力勝負の馬は難しいレースです。

性齢と馬券

4歳     4勝2着1回3着2回、占有率23.3%

5歳     2勝2着1回3着5回、占有率26.7%

6歳     2勝2着2回3着0回、占有率13.3%

7歳以上   2勝2着6回3着3回、占有率36.7%

勝ち鞍こそ4歳馬が4勝を挙げていますが、馬券の中心は7歳以上の高齢馬。2着が6回もあります。年齢が懸念され人気薄になりますが、明け7歳なので実質はまだ6歳馬。人気薄になる上、絞りやすいので馬券的にはかなり妙味。8、9歳馬でも馬券になっています。

また3着に5歳馬が5回とやたら多いく、こちらは前走中山金杯やAJCCなど中山で走っていた馬が4。前走中山だった5歳馬がいれば3着付けか。

なお、牝馬は過去10年で2着が1回あるのみ。基礎代謝が落ち馬体の変動が少ない高齢牝馬なので、それ以外の牝馬なら軽視して良いでしょう。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着1回3着0回、占有率3.3%

53~54kg   1勝2着2回3着1回、占有率13.3%

55~56kg   5勝2着3回3着6回、占有率46.7%

57kg以上   4勝2着4回3着3回、占有率36.7%

他のハンデキャップ戦に比べ重ハンデ馬でも十分馬券になるレース。逆に実力が伴わない軽ハンデ馬は苦戦傾向。平坦でゴール直前まで下り坂が続きため、一度スピードに乗ってしまえばハンデはあまり気にならないからと考えられます。

小倉大賞典のレース及びコースの攻略法

小倉大賞典はコーナーを4つ回る芝1800mで行われます。スタートはスタンド正面ゴール前1ハロン辺りから。スタートから最初の直線まで217mと短めで、先行争いは熾烈。先行馬はある程度の脚が必要です。

台コーナーは高低差3mの上り坂になっているので、ここでいったんスピードが落ちますが、第2コーナーから第4コーナー半ばまで段階的に長い下り坂が続きます。そのため全体的にスピードが出やすいコース設定。第4コーナーにはスパイラルカーブが設けられています。

ゴール前の直線は293mと短く、しかも平坦。下り坂でスピードに乗ったまま直線に入れます。先行馬ならカーブで外に振られても、内ラチは荒れているため寧ろ好都合。そのままなだれ込めます。そのため逃げ、先行馬が有利

過去10年で馬券になった30頭中60%は第4コーナーを回った時点で5番手以内さらに勝ち時計は1800m戦としては早く勝ち時計は1分45~46台が8回。一方瞬発力勝負にはならず上りは34~35秒台。持続するスピードをもった先行馬が有利なレースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました