【2021年度版】七夕賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る七夕賞の入賞馬

七夕賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 2 クレッシェンドラヴ 牡6 57kg 2.02.5 ステイゴールド Sadler’s Wells
2 7 ブランヴァス 牡4 55kg 2.02.7 キングカメハメハ ディープインパクト
3 6 ヴァンケルドミンゴ 牡4 54kg 2.02.8 ルーラーシップ アグネスタキオン
2019 1 6 ミッキースワロー 牡5 57.5kg 1.59.6 稍重 トーセンホマレボシ ジャングルポケット
2 8 クレッシェンドラヴ 牡5 55kg 1.59.7 ステイゴールド Sadler’s Wells
3 5 ロードヴァンドール 牡6 55kg 2.00.2 ダイワメジャー Storm Cat
2018 1 4 メドウラーク 牡7 54kg 2.00.8 タニノギムレット クロフネ
2 5 マイネルサージュ 牡6 55kg 2.00.8 ハービンジャー サンデーサイレンス
3 6 パワーポケット 牡6 50kg 2.01.2 エンパイアメーカー タマモクロス
2017 1 6 ゼーヴィント 牡4 57kg 1.58.2 ディープインパクト ブライアンズタイム
2 8 マイネルフロスト 牡6 57kg 1.58.3 ブラックタイド グラスワンダー
3 8 ソールインパクト 牡5 53kg 1.58.5 ディープインパクト Exchange Rate
2016 1 4 アルバートドック 牡4 57kg 1.58.4 ディープインパクト Unusual Heat
2 2 ダコール 牡8 58kg 1.58.5 ディープインパクト Unbridled
3 6 オリオンザジャパン 騙6 53kg 1.59.0 クロフネ サンデーサイレンス
2015 1 6 グランデッツァ 牡6 57kg 1.58.2 アグネスタキオン Marju
2 6 ステラウインド 牡6 56kg 1.58.4 ゼンノロブロイ スピニングワールド
3 4 マデイラ 牡6 52kg 1.58.5 クロフネ サンデーサイレンス
2014 1 1 メイショウナルト 騙6 56kg 1.58.7 ハーツクライ カーネギー
2 2 ニューダイナスティ 牡5 55kg 1.59.0 ディープインパクト Dynaformer
3 4 マイネルラクリマ 牡6 58kg 1.59.1 チーフベアハート サンデーサイレンス
2013 1 2 マイネルラクリマ 牡5 57kg 1.58.9 チーフベアハート サンデーサイレンス
2 5 トレイルブライザー 牡6 58kg 1.59.3 ゼンノロブロイ フォーティナイナー
3 1 タガノエルシコ 牡8 55kg 1.59.4 マヤノトップガン ダンスインザダーク
2012 1 3 アスカクリチャン 牡5 55kg 2.01.1 稍重 スターリングローズ ダイナレター
2 3 トーセンラー 牡4 57kg 2.01.1 ディープインパクト Lycius
3 4 ミキノバンジョー 牡5 55kg 2.01.2 グラスワンダー リヴリア
2011 1 8 イタリアンレッド 牝5 52kg 2.00.5 ネオユニヴァース Indian Ridge
2 5 タッチミーノット 牡5 55kg 2.00.5 ダンスインザダーク Mr. Prospector
3 1 アミメイトバイオ 牝4 55kg 2.00.8 ゼンノロブロイ フレンチデピュティ

七夕賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 3 クレッシェンドラヴ 中山金杯 3 1
2 7 ブランヴァス 新潟大賞典 2 4
3 6 ヴァンケルドミンゴ 3勝クラス 2 1
2019 1 3 ミッキースワロー エプソムカップ 2 10
2 2 クレッシェンドラヴ リミテッド 2 2
3 12 ロードヴァンドール 天皇賞(春) 7 12
2018 1 11 メドウラーク OP 8 11
2 4 マイネルサージュ OP 5 1
3 12 パワーポケット 1600万下 8 8
2017 1 1 ゼーヴィント AJCC 1 2
2 5 マイネルフロスト 鳴尾記念 7 3
3 7 ソールインパクト 1000万下 1 1
2016 1 3 アルバートドック エプソムカップ 5 7
2 5 ダコール 新潟大賞典 5 4
3 11 オリオンザジャパン OP 8 4
2015 1 2 グランデッツァ 鳴尾記念 3 5
2 8 ステラウインド 目黒記念 5 12
3 16 マデイラ OP 13 10
2014 1 5 メイショウナルト 鳴尾記念 7 11
2 10 ニューダイナスティ OP 8 10
3 1 マイネルラクリマ エプソムカップ 4 2
2013 1 1 マイネルラクリマ OP 1 2
2 7 トレイルブライザー ドバイシーマC 6 11
3 14 タガノエルシコ OP 8 8
2012 1 14 アスカクリチャン 東京新聞杯 11 10
2 1 トーセンラー 鳴尾記念 5 3
3 7 ミキノバンジョー OP 5 1
2011 1 7 イタリアンレッド マーメイドS 3 4
2 2 タッチミーノット 新潟大賞典 1 6
3 4 アミメイトバイオ エプソムカップ 3 7

七夕賞と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 2勝2着1回3着1回 連対率3割、複勝率4割

2番人気 1勝2着2回3着0回 連対率3割、複勝率3割

3番人気 3勝2着0回3着0回 複勝率3割、複勝率2割

ハンデキャップ戦なので人気馬の連対率は良くありません。1~3番に人気の連対率は共に3割、1番人気は複勝率4割ですが人気が下がるごとに複勝率も悪くなり、あてにできません。一方で2桁人気が馬券に絡んだ年は7年もあり、そのうち優勝は2回、馬連では3回と荒れるレースです。

前走と馬券

G1        0勝2着1回3着1回、占有率6.7%

鳴尾記念    2勝2着2回3着0回、占有率13.3%

エプソムカップ 2勝2着0回3着2回、占有率13.3%

新潟大賞典   0勝3着3回3着0回、占有率10.0%

その他重賞   4勝2着1回3着0回、占有率16.7%

L・OP     2勝2着3回3着4回、占有率30.0%

条件クラス   0勝2着0回3着3回、占有率10.0%

重賞組ではローテーション的に適当な鳴尾記念、エプソムカップ、新潟大賞典組で全体の4割近くを占めます。この3レースは前走でそこそこ人気になりながら賞金が加算できなかった馬が多く、前走の調子を維持できているかがカギ。

他の重賞組は4勝を挙げていますが、紐としてはほとんど馬券に絡みません。4頭中3頭は前走2000~2200mで勝ち負けしています。

またリミテッド・オープンクラスからが全体の30%。こちらは前走の成績が悪かった馬が多く、軽ハンデをもらい馬券になっています。条件クラスからでは3着が精いっぱいなので、やはり重賞経験がある馬から狙った方が良いでしょう。

血統と馬券

サンデーサイレンス系       18頭

ノーザンダンサー系            5頭

ミスタープロスペクター系   4頭

ロベルト系                      3頭

開幕から2週目でまだ芝の状態が良いため、スピード能力が高いサンデーサイレンス系種牡馬を父に持つ馬が18頭、全体の60%。その内複数頭馬券になっているのは一瞬の切れ味が武器のディープインパクト系7頭、スピードが持続するゼンノルブロイ3頭、小回りが得意なステイステイゴールド2頭

ノーザンダンサー系の5頭は全て母の父がサンデーサイレンス。一方で日本の主流血統になりつつあるミスタープロスペクター系は相性が悪く4頭しか馬券に絡んでいません。

また雨季の福島は雨で馬場が悪化しやすく、重馬場ではミスタープロスペクター系やロベルト系といったパワー型の種牡馬を父に持つ馬が台頭しています。

性齢と馬券

3歳   0勝2着0回3着0回 占有率0%

4歳   2勝2着2回3着2回 占有率20.0%

5歳   4勝2着3回3着2回 占有率30.0%

6歳   3勝2着4回3着5回 占有率40.0%

7歳以上 1勝2着1回3着1回 占有率10%

馬券の中心は5、6歳馬一度夏を経験しているため猛暑に慣れていると考えられます。また6歳馬で馬券に絡んだ12頭中8頭は前走で重賞を使っているので絞りやすいか。

牝馬は過去10年で1勝2着1回。に10年前で、ここ9年は1頭も馬券に絡んでいません「夏は牝馬が強い」という格言がありますが、七夕賞では軽視して良いでしょう。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着1回

52~53kg台 1勝2着0回3着3回

54~55kg台 2勝2着5回3着5回

56~57kg台 5勝2着3回3着0回

57kg以上   2勝2着2回3着1回

馬齢定量に近い56~57kg台が5勝、57kg以上も2勝を挙げているので、それなりにハンデキャッパーが実力を認めている馬が勝ちやすいレース。一方で、馬齢定量り2kg以上軽い軽ハンデ馬が2着5回、3着8回なので、対抗は52~55kgの軽ハンデ馬で流すのが得策

七夕賞のレース及びコースの攻略法

七夕賞はコーナーを4つ回る福島芝2000mコースを使用。福島コースは1週約1600mとJARの競馬場の中では最も小回り。コース全体で1.9mの高低差があり、ゴール前にも高低差1mほどの坂がありますが、勾配がきつくないため基本平坦コースとされます。

スタートはスタンド手前の2000m専用の引き込み線から。直線が短いとはいえ、引き込み線からのスタートなので最初の直線は500mと長く、先行争いはさほど厳しくありません。ただ、その後きついコーナーを4つ回り、第4コーナーもバンケットになっているので全体的にレースは落ち着き気味。

平坦2000mコースにしては時計がかかり、しかも勝ち馬の上がり時計早くても34.5秒前後、たいていは35秒以上かかるので、切れ味より持久力重視最後の直線も292mしかなく、逃げ・先行が有利第4コーナーを回った時点で6番手以内が全体の7割以上を占めます。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました