【2021年度版】CBC賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るCBC賞の入賞馬

CBC賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2020 1 2 ラブカンプー 牝5 51kg 1.08.7 稍重 ショウナンカンプ マイネルラヴ
2 3 アンヴァル 牝5 54kg 1.09.0 ロードカナロア フレンチデピュティ
3 1 レッドアンシェル 牡6 57kg 1.09.3 マンハッタンカフェ Storm Cat
2019 1 6 レッドアンシェル 牡5 56kg 1.09.8 不良 マンハッタンカフェ Storm Cat
2 4 アレスバローズ 牡7 57.5kg 1.09.8 ディープインパクト トニービン
3 3 セイウンコウセイ 牡6 58kg 1.09.9 アドマイヤムーン Capote
2018 1 4 アレスバローズ 牡6 54kg 1.07.0 ディープインパクト トニービン
2 5 ナガラフラワー 牝6 52kg 1.07.2 ダンスインザダーク ロックオブジブラルタル
3 5 セカンドテーブル 牡6 56kg 1.07.3 トワイニング サンデーサイレンス
2017 1 4 シャイニングレイ 牡5 56kg 1.08.0 ディープインパクト クロフネ
2 7 セカンドテーブル 牡5 56kg 1.08.0 トワイニング サンデーサイレンス
3 2 アクティブミノル 牡5 56kg 1.08.3 スタチューオブリバティ アグネスタキオン
2016 1 7 レッドファルクス 牡5 56kg 1.07.2 スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
2 5 ラヴァーズポイント 牝6 50kg 1.07.2 マイネルラヴ タマモクロス
3 4 ベルカント 牝5 55.5kg 1.07.3 サクラバクシンオー ボストンハーバー
2015 1 3 ウリウリ 牝5 55.5kg 1.09.1 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 4 ダンスディレクター 牡5 55kg 1.09.2 アルテバランⅡ サンデーサイレンス
3 7 サンドストーム 牡6 57kg 1.09.2 ストーミングホーム Green Desert
2014 1 6 トーホウアマポーラ 牝5 53kg 1.08.6 フジキセキ Unbridled’s Song
2 4 エピセアローム 牝5 55kg 1.08.7 ダイワメジャー Cozzene
3 8 ニンジャ 牡5 54kg 1.08.9 グラスワンダー アドマイヤベガ
2013 1 8 マジンプロスパー 牡6 58kg 1.08.0 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
2 7 ハクサンムーン 牡4 57.5kg 1.08.0 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
3 3 サンドストーム 牡4 56kg 1.08.4 ストーミングホーム Green Desert
2012 1 8 マジンプロスパー 牡5 57.5kg 1.08.7 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー
2 8 スプリングサンダー 牝5 54kg 1.08.8 クロフネ Kingmambo
3 6 ダッシャーゴーゴー 牡5 59kg 1.08.9 サクラバクシンオー Miswaki
2011 1 6 ダッシャーゴーゴー 牡4 58.5kg 1.08.1 サクラバクシンオー Miswaki
2 2 ヘッドライナー 騙7 57.5kg 1.08.2 サクラバクシンオー Nureyev
3 1 タマモホットプレイ 牡6 56kg 1.08.3 フジキセキ ノーザンテースト

CBC賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 13 ラブカンプー OP 10 7
2 11 アンヴァル 阪急杯 14 16
3 3 レッドアンシェル 京王杯スプリングC 5 11
2019 1 1 レッドアンシェル 1600万下 1 1
2 7 アレスバローズ 高松宮記念 7 9
3 2 セイウンコウセイ 高松宮記念 12 3
2018 1 4 アレスバローズ OP 4 5
2 9 ナガラフラワー 1600万下 5 1
3 8 セカンドテーブル OP 1 4
2017 1 2 シャイニングレイ OP 6 1
2 13 セカンドテーブル OP 5 10
3 8 アクティブミノル OP 8 9
2016 1 3 レッドファルクス OP 5 1
2 7 ラヴァーズポイント 1600万下 1 6
3 2 ベルカント アルクオーツスプリント(G1) 10 12
2015 1 2 ウリウリ OP 1 1
2 1 ダンスディレクター 京王杯スプリングS 4 12
3 3 サンドストーム 高松宮記念 10 4
2014 1 4 トーホウアマポーラ 阪神牝馬S 2 10
2 3 エピセアローム 阪神牝馬S 6 4
3 10 ニンジャ OP 6 3
2013 1 1 マジンプロスパー マイラーズC 10 6
2 2 ハクサンムーン 高松宮記念 10 3
3 3 サンドストーム 1600万下 1 1
2012 1 2 マジンプロスパー 高松宮記念 5 5
2 7 スプリングサンダー ヴィクトリアマイル 15 13
3 1 ダッシャーゴーゴー 高松宮記念 6 4
2011 1 1 ダッシャーゴーゴー 高松宮記念 2 11(降)
2 4 ヘッドライナー OP 12 1
3 13 タマモホットプレイ OP 3 3

CBC賞と馬券の傾向

過去10年の集計より。2011年と2020年は阪神開催

人気と馬券

1番人気 3勝2着1回3着1回 連対率4割、複勝率5割

2番人気 3勝2着1回3着2回 連対率4割、複勝率6割

3番人気 1勝2着1回3着3回 連対率2割、複勝率4割

1番人気と2番人気は共に3勝、複勝率5、6割と戦績に差は無く、それなりに信頼はできます。馬連で1~3番人気が絡まなかった年は2回のみ。

過去10年で2桁人気が馬券に絡んだ年は3回で、その内2回が馬連でのもの。昨年は1、2着が2桁人気で荒れましたが阪神開催でのもの。中京競馬場で開催されている時は1~3番人気を主軸にほとんどのレースが8番人気以内で収まっているので大穴狙いは禁物。

前走と馬券

高松宮記念 2勝2着2回3着3回、占有率23.3%

他G1     0勝2着1回3着1回、占有率6.7%

G2      2勝2着2回3着1回、占有率16.7%

G3      0勝2着1回3着0回、占有率3.3%

OP・L   6勝2着2回3着4回、占有率40.0%

条件クラス 0勝2着2回3着1回、占有率10.0%

前走高松宮記念組とオープンクラスからの挑戦組の成績が良いレース。高松宮記念後は春に適当なスプリント重賞が組まれていないため有力馬は休養。その後サマースプリントシリーズを2回叩いてスプリンターズステークへが大抵のパターン。

そのため、高松宮記念組が全体の約1/4。上位クラスのレースの流れを経験しているため、G3クラスなら相手関係も楽で、前走2桁大敗でも馬券に絡んでくるので注意。

前走重賞からでは1400~1600mのG2を使っている馬が大半前述の通り高松宮記念以後サマースプリントシリーズまで古馬路線で芝1200mの重賞が無く、無理して少し長めの距離を使っています。やはり上のクラスの流れを経験しているため、G1同様に前走2桁着順でも巻き返してきます

実質的に馬券に絡む確率が多いのは前走オープンやリミテッドクラスを使っている馬。こちらはある程度前走で人気になっているか、掲示板に載っているかが重要。さらにオープンクラスからは5、6歳馬が多く馬券に絡んでいるので夏場に強い馬を選ぶのがベター。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   10頭

ミスタープロスペクター系  7頭

ノーザンダンサー系     5頭

サクラバクシンオー系    5頭

その他           3頭

サンデーサイレンス系が10頭、全体の1/3を占めますが、他の芝重賞に比べると低め複数頭馬券に絡んでいるのはディープインパクト3頭。マンハッタンカフェ2頭、フジキセキ3頭。サンデーサイレンス系種牡馬と父に持つ馬の母の父がスプリンターからマイラーの種牡馬であることがが多いのが特徴。

ミスタープロスペクター系はフォーティーナイナー系が7頭中5頭と、スピードを活かした短距離系が主。同様にノーザンダンサー系もストームキャットやデピュティミニスター系なのでやはり短距離のスピードタイプ。

実際にサクラバクシンオー系が5頭も馬券に絡んでいるのでサンデーサイレンス系以外は短距離系種牡馬を選ぶのがベスト。

性齢と馬券

3歳     0勝2着0回3着0回、占有率0.0%

4歳     1勝2着1回3着1回、占有率10.0%

5歳     7勝2着5回3着4回、占有率46.6%

6歳     2勝2着2回3着5回、占有率36.7%

7歳以上   0勝2着2回3着0回、占有率6.7%

5歳馬が中心。7勝2着5回、馬券全体の半数近の46.6%を占めます。また6歳馬が馬券全体の36.7%、この2世代で80%以上を占めます。5、6歳馬は夏慣れしているのでここで実力を発揮か。

基本的に有力馬は夏を休養に充てるので、オープンで頭打ちの馬が有力馬のいない間にハンデを活かして活躍するケースが目立ちます。また3歳も参戦可能ですが、過去10年で1頭も馬券に絡んでいません。4歳馬も猛暑の経験が乏しく、苦戦傾向。

牡馬・騙馬 7勝2着6回3着8回 占有率70.0%

牝馬    3勝2着4回3着2回 占有率30.0%

夏は牝馬が強いいといわれますが、ハンデキャップ戦ということもあり他の季節のスプリント戦とさほど性差はなく、通常の牡馬・牝馬の出走比率とあまり差はありません。

ハンデと馬券

52kg以下  1勝2着2回3着0回、10.0%

53~54kg台 2勝2着2回3着1回、16.7%

55~56kg台 4勝2着3回3着5回、40.0%

57kg以上  3勝2着3回3着4回。33.3%

ハンデは、上は58.5kgから下は50kgまで馬券に絡んでいます。重ハンデ馬でも信頼度は高く、トップハンデを背負っても優勝しています。52kg以下で馬券になった軽ハンデ馬はいずれも人気薄なので注意が必要です。

CBC賞のレース及びコースの攻略法

2021年のCBC賞はコーナーを2つ回る小倉芝1200mを使用、スタートはスタンド向こう側、1200m専用の引き込み線から。小回りコースで知られる小倉競馬場ですが、1200mコースはスタートから最初のコーナーまで直線まで479mもあります。これは全競馬場最長。

そのためスタート直後のポジション争いは厳しくありませんが、スタートから第4コーナー途中まで長くなだらかな下り坂が続くため非常にスピードが出やすいコース設定。さらに最後の直線は293mと短く、圧倒的に逃げ、先行馬が有利なコース設定。

しかも開幕から2週目なので芝の状態は良く、同じ舞台の北九州記念を参考にすれば1分7秒前半で走ってしまいます。そのため過去の時計実績は重要。

スピードが出やすいので先行馬はオーバーペースになりがちで、スタミナ切れで差し、追い込み馬が台頭。「小倉は小回りで逃げ、先行が有利」と頭にあるため逃げ、先行馬に人気が偏るため、実力より人気が無かった差し、追い込み馬が穴をあけ馬券が荒れます。

コメント

  1. […] 【2021年度版】CBC賞入賞馬データ過去10年のデータから見るCBC賞の入賞馬CBC賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧年着枠番馬名性齢斤量タイム馬場父母の父202012ラブカン […]

タイトルとURLをコピーしました