【2021年度版】秋華賞入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る秋華賞の入賞馬

秋華賞の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 母の父
2020 1 7 デアリングタクト 牝3 55kg 2.00.6 エピファネイア キングカメハメハ
2 6 マジックキャッスル 牝3 55kg 2.00.8 ディープインパクト シンボリクリスエス
3 4 ソフトフルート 牝3 55kg 2.00.9 ディープインパクト Kingmambo
2019 1 3 クロコジェネシス 牝3 55kg 1.59.9 パゴ クロフネ
2 4 カレンブーケドール 牝3 55kg 2.00.2 ディープインパクト Scat Daddy
3 7 シゲルピンクダイヤ 牝3 55kg 2.00.4 ダイワメジャー High Chaparral
2018 1 6 アーモンドアイ 牝3 55kg 1.58.5 ロードカナロア サンデーサイレンス
2 7 ミッキーチャーム 牝3 55kg 1.58.7 ディープインパクト Dansili
3 1 カンタービレ 牝3 55kg 1.58.9 ディープインパクト Galileo
2017 1 7 ディアドラ 牝3 55kg 2.00.2 ハービンジャー スペシャルウィーク
2 4 リスグラシュー 牝3 55kg 2.00.4 ハーツクライ American Post
3 2 モズカッチャン 牝3 55kg 2.00.4 ハービンジャー キングカメハメハ
2016 1 4 ヴィブロス 牝3 55kg 1.58.6 ディープインパクト American Post
2 2 パールコード 牝3 55kg 1.58.7 ヴィクトワールピサ Lost Code
3 7 カイザーバル 牝3 55kg 1.58.8 エンパイアメーカー サンデーサイレンス
2015 1 8 ミッキークイーン 牝3 55kg 1.56.9 ディープインパクト Gold Away
2 5 クイーンズリング 牝3 55kg 1.56.9 マンハッタンカフェ Anabaa
3 3 マキシマムドパリ 牝3 55kg 1.57.1 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014 1 3 ショウナンパンドラ 牝3 55kg 1.57.0 ディープインパクト フレンチデピュティ
2 2 ヌーヴォレコルト 牝3 55kg 1.57.0 ハーツクライ スピニングワールド
3 6 タガノエトワール 牝3 55kg 1.57.2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2013 1 8 メイショウマンボ 牝3 55kg 1.58.6 スズカマンボ グラスワンダー
2 1 スマートレイアー 牝3 55kg 1.58.8 ディープインパクト ホワイトマズル
3 7 リラコサージュ 牝3 55kg 1.58.8 ブライアンズタイム Kingmambo
2012 1 7 ジェンティルドンナ 牝3 55kg 2.00.4 ディープインパクト Bertolini
2 1 ヴェルシーナ 牝3 55kg 2.00.4 ディープインパクト Machiavellian
3 1 アロマティコ 牝3 55kg 2.00.6 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2011 1 2 アヴェンチュラ 牝3 55kg 1.58.2 ジャングルポケット サンデーサイレンス
2 1 キョウワジャンヌ 牝3 55kg 1.58.4 ハーツクライ Seeking the Gold
3 6 ホエールキャプチャ 牝3 55kg 1.58.6 クロフネ サンデーサイレンス

秋華賞入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2020 1 1 デアリングタクト オークス 1 1
2 10 マジックキャッスル 紫苑ステークス 6 4
3 9 ソフトフルート 2勝クラス 1 1
2019 1 4 クロコジェネシス オークス 2 3
2 2 カレンブーケドール 紫苑ステークス 1 3
3 10 シゲルピンクダイヤ ローズステークス 4 4
2018 1 1 アーモンドアイ オークス 1 1
2 5 ミッキーチャーム 1000万下 1 1
3 3 カンタービレ ローズステークス 5 1
2017 1 3 ディアドラ 紫苑ステークス 1 1
2 4 リスグラシュー ローズステークス 3 3
3 5 モズカッチャン ローズステークス 2 7
2016 1 3 ヴィブロス 紫苑ステークス 3 2
2 4 パールコード 紫苑ステークス 2 5
3 8 カイザーバル ローズステークス 6 3
2015 1 1 ミッキークイーン ローズステークス 1 2
2 5 クイーンズリング ローズステークス 5 5
3 8 マキシマムドパリ 500万下 1 1
2014 1 3 ショウナンパンドラ 紫苑ステークス 1 2
2 1 ヌーヴォレコルト ローズステークス 2 1
3 4 タガノエトワール ローズステークス 15 2
2013 1 3 メイショウマンボ ローズステークス 4 4
2 2 スマートレイアー 1000万下 1 1
3 15 リラコサージュ ローズステークス 12 18
2012 1 1 ジェンティルドンナ ローズステークス 1 1
2 2 ヴェルシーナ ローズステークス 2 2
3 6 アロマティコ 1600万下 1 3
2011 1 2 アヴェンチュラ クイーンステークス 1 1
2 7 キョウワジャンヌ ローズステークス 7 3
3 1 ホエールキャプチャ ローズステークス 1 1

秋華賞と馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 4勝2着1回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 1勝2着3回3着0回、連対率4割、複勝率4割

3番人気 4勝2着0回3着1回、連対率4割、複勝率5割

1番人気と3番人気が共に4勝と強い結果。ただし連対率と複勝率を見ると5~6割なので絶対的な連軸にはでません。馬連は上位人気が強く、過去10年で1~5番人気で収まった年は8回と馬券な堅い傾向。

過去10年で2桁人気が馬券になったのは3回、中馬連は1回だけ。また2桁人気で馬券になった2頭ともトライアルレースからの出走組です。

前走と馬券

夏の上り馬より、春のクラッシック路線で活躍した馬が強いレース。前走トライアルの紫苑ステークスとローズステークスを叩いてきた馬が大半を占めます。

紫苑ステークス  3勝2着3回3着0回 占有率20.0%

ローズステークス 3勝2着5回3着7回 占有率50.0%

優勝では紫苑ステークス、ローズステークス共に3勝とさほど差はありませんが、馬券ではローズステークス組が圧倒。

紫苑ステークス組で馬券に絡む馬は前走上位人気で掲示板に載った馬ローズステークス組では前走の人気とは関係なく前走掲示板に載った馬が全体の86.7%。ローズステークス組で前走掲示板を外した2頭の中1頭はオークス2着、もう1頭はフラワーカップ3着と、やはり春のクラッシクでそれなりに実績があった馬です。

また2018年は牝馬三冠のアーモンドアイ、2019年はオークス3着だったクロコジェネシス、昨年牝馬三冠に輝いたデアリングタクトと3年連続オークスから直行組が1着有力クラブ馬主所有場の実力馬は外厩きっちり仕上げてくるためぶっつけ本番でも走ります。

一方、夏の上り馬を狙うならクイーンステークス組が1着馬が1勝3着1回と、やはり古馬オープンクラスに競り勝てる能力なら馬券内。また条件からの挑戦で馬券になった4頭中3頭は前走1番人気で1着、もう一頭は3勝クラス(旧1600万下)1番人気で3着と、古馬3勝クラスの実力が必須

血統と馬券

サンデーサイレンス系    18頭

ミスタープロスペクター系   5頭

ノーザンダンサー系      3頭

ロベルト系          2頭

その他            2頭

開幕2週目で芝の状態が良く、平坦な京都内回りで行われるためスピード能力に秀でたサンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が馬券に絡んだ30頭18頭、全体の6割を占めます。

その中複数頭馬券になっているのはディープインパクトの11頭、実に4勝を挙げています。他ではハーツクライ3頭と全体的に現役時代中長距離で活躍した種牡馬が多数

次いでミスタープロスペクター系が5頭で、中4頭がキングカメハメハの血を持っています。またミスタープロスペクター系で馬券になった馬は全て母の父がサンデーサイレンス父、母の父共に非サンデーサイレンス系の馬は僅か3頭と、サンデーサイレンス系の血はほぼ必須。

秋華賞のレース及びコースの攻略法

2021年の秋華賞はコーナーを4つ回る阪神の内回りコースを使用。スタートはスタンド手前、第四コーナーを過ぎた辺りから。スタート直後に急な上り坂があり、カーブが急な第1、第2コーナーを回るため、ペースが早くなることはほとんどなく、よどみなく進みます。

実際にレースが動くのは3コーナー付近から。中山に比べるとカーブが緩やかなためある程度スピードを上げてもコーナーをスムーズに回れます。最後の直線は359mと短めで、ゴール前200mの所に高低差1.9mの急坂が待ち受けます。

開幕から2週目で芝の状態が良く、またゴール前に急坂があると言っても直前まで下り坂なので勢いをつけたまま駆け上がれるのでそれほどパワーは必要ありません。基本的に逃げ、先行が有利なコースです。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました