【2022年度版】高松宮記念入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見る高松宮記念の入賞馬

高松宮記念の枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2021 1 7 ダノンスマッシュ 牡6 57kg 1.09.2 ロードカナロア ハードスパン
2 8 レシステンシア 牝4 55kg 1.09.2 ダイワメジャー Lizard Island
3 5 インディチャンプ 牡6 57kg 1.09.3 ステイゴールド キングカメハメハ
2020 1 8 モズスーパーフレア 牝5 55kg 1.08.7 Speightstown Belong to Me
2 4 グランアレグリア 牝4 55kg 1.08.7 ディープインパクト Tapit
3 2 ダイアトニック 牡5 57kg 1.08.7 ロードカナロア サンデーサイレンス
2019 1 2 ミスターメロディ 牡4 57kg 1.07.3 Scat Daddy Deputy Minister
2 2 セイウンコウセイ 牡6 57kg 1.07.4 アドマイヤムーン Capote
3 4 ショウナンアンセム 牡4 57kg 1.07.4 ジャンブルポケット クロフネ
2018 1 5 ファインニードル 牡5 57kg 1.08.5 アドマイヤムーン Mark of Esteem
2 4 レッツゴードンキ 牝6 55kg 1.08.5 キングカメハメハ マーベラスサンデー
3 4 ナックビーナス 牝5 55kg 1.08.6 ダイワメジャー More Than Ready
2017 1 3 セイウンコウセイ 牡4 57kg 1.08.7 稍重 アドマイヤムーン Capote
2 2 レッツゴードンキ 牝5 55kg 1.08.9 キングカメハメハ マーベラスサンデー
3 4 レッドファルクス 牡6 57kg 1.09.0 スウェプトオーヴァーボード サンデーサイレンス
2016 1 2 ビッグアーサー 牡5 57kg 1.06.7 サクラバクシンオー Kingmambo
2 3 ミッキーアイル 牡5 57kg 1.06.8 ディープインパクト ロックオブジブラルタル
3 4 アルビアーノ 牝4 55kg 1.07.1 Harlan’s Holiday Unbridled
2015 1 2 エアロヴェロシティ 騙7 57kg 1.08.5 稍重 Pins Kaapstad
2 7 ハクサンムーン 牡6 57kg 1.08.6 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
3 8 ミッキーアイル 牡4 57kg 1.08.6 ディープインパクト ロックオブジブラルタル
2014 1 3 コパノリチャード 牡4 57kg 1.12.2 不良 ダイワメジャー ロニービン
2 8 スノードラゴン 牡6 57kg 1.12.7 アドマイヤコジーン タヤスツヨシ
3 5 ストレイトガール 牝5 55kg 1.12.9 フジキセキ タイキシャトル
2013 1 6 ロードカナロア 牡5 57kg 1.08.1 キングカメハメハ Storm Cat
2 6 ドリームバレンチノ 牡6 57kg 1.08.3 ロージズインメイ マイネルラヴ
3 7 ハクサンムーン 牡4 57kg 1.08.3 アドマイヤムーン サクラバクシンオー
2012 1 5 カレンチャン 牝5 55kg 1.10.3 クロフネ トニービン
2 8 サンカルロ 牡6 57kg 1.10.3 シンボリクリスエス Crafty Prospector
3 1 ロードカナロア 牡4 57kg 1.10.4 キングカメハメハ Storm Cat

高松宮記念入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2021 1 2 ダノンスマッシュ 香港スプリント(G1) 3 1
2 1 レシステンシア 阪急杯 1 1
3 3 インディチャンプ 阪急杯 3 4
2020 1 9 モズスーパーフレア シルクロードS 2 4
2 2 グランアレグリア 阪神C 1 1
3 4 ダイアトニック 阪急杯 1 3(降)
2019 1 3 ミスターメロディ 阪急杯 1 7
2 12 セイウンコウセイ シルクロードS 5 15
3 17 ショウナンアンセム オーシャンS 13 5
2018 1 2 ファインニードル シルクロードS 4 1
2 3 レッツゴードンキ フェブラリーS 10 5
3 10 ナックビーナス オーシャンS 2 2
2017 1 5 セイウンコウセイ シルクロードS 4 2
2 2 レッツゴードンキ 京都牝馬S 1 1
3 1 レッドファルクス 香港スプリント(G1) 3 12
2016 1 1 ビッグアーサー シルクロードS 1 5
2 2 ミッキーアイル 阪急杯 1 1
3 3 アルビアーノ オーシャンS 1 5
2015 1 4 エアロヴェロシティ チェアマンズS(香港G1) 1 2
2 6 ハクサンムーン オーシャンS 1 2
3 5 ミッキーアイル 阪急杯 4 2
2014 1 3 コパノリチャード 阪急杯 2 1
2 8 スノードラゴン オーシャンS 11 2
3 1 ストレイトガール シルクロードS 2 1
2013 1 1 ロードカナロア 阪急杯 1 1
2 2 ドリームバレンチノ シルクロードS 9 3
3 10 ハクサンムーン オーシャンS 3 9
2012 1 2 カレンチャン オーシャンS 1 4
2 3 サンカルロ 阪急杯 1 3
3 1 ロードカナロア シルクロードS 1 1

高松宮記念の馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 2勝2着1回3着3回、連対率3割、複勝率6割

2番人気 3勝2着4回3着0回、連対率7割、複勝率7割

3番人気 1勝2着2回3着2回、連対率3割、複勝率5割

1番人気の連対率3割、複勝率6割なので馬連は厳しくても馬券には組み込んでおきたい数値。一方で2番人気の成績が良く、連対率・複勝率共に7割のハイアベレージ。馬連は2番人気固定か。3番人気も連対率3割、複勝率5割で、1番人気程度の成績。

過去1年で1~3番人気が馬連で絡まなかった年は1回のみ。逆に1~3番人気以内で決まった年が5回と馬連は比較的堅め。

過去10年で2桁人気が馬券になった年は3回で、馬連は1回。2桁人気が馬券に絡まなかった7回中6回は3着まで8番人気以内での決着。大穴狙いをせず基本は実力通りに馬券を組むレースです。

前走と馬券

スプリントG1 2勝2着0回3着1回

阪急杯      3勝2着3回3着3回

オーシャンS  1勝2着2回3着4回

シルクロードS 4勝2着2回3着2回

その他重賞    0勝2着3回3着0回

馬券になるレースに偏りがあり、ステップレースの阪急杯、オーシャンステークス、及びスプリントG3のシルクロードステークスの3レースで全体の80%を占めます。

成績が良いのは4勝を挙げているシルクロードステークス組と、全体でも3割を占める阪急杯組。同じステップレースのオーシャンステークス組はローテショーンと前走とのコースギャップでやや成績が落ちます。過去10年でオープンなど前走格下の条件から馬券になった馬はいません。

血統と馬券

ミスタープロスペクター系 13頭

サンデーサイレンス系     8頭

ノーザンダンサー系     2頭

ロベルト系         1頭

その他           5頭

スピードと瞬発力に秀でたミスタープロスペクター系が強く30頭中13頭、全体の約4割を占めます。内6頭はキングカメハメハ系。残りはフォーティナイナー系と傾向がハッキリしています。

次点がサンデーサイレンス系で8頭。内ダイワメジャー産駒が3頭、ディープインパクト産駒が3頭

中京芝1200mはホームストレッチ、バックストレッチとも直線が長く、ワンターンなのでスピード能力が存分に活かしやすく、緩急を付けられない一本調子の種牡馬でも十分馬券になります。とにかくスピード重視。

性齢と馬券

4歳   3勝2着2回3着4回、占有率30.0%

5歳   5勝2着2回3着3回、占有率33.3%

6歳   1勝2着6回3着2回、占有率33.3%

7歳以上 1勝0着0回3着0回、占有率3.4%

5勝を挙げている5歳馬が中心6歳馬は2着が6回もありますが、1勝止まり。年齢が上がりスピード能力が落ちてくるため、よほどの実力馬でなければ勝ち切れないことが分かります。7歳馬が1勝を挙げていますが香港のG1馬です。

尚、牝馬は2勝2着4回3着3回。ほとんどが人気馬ですが、人気があっても頭で狙うには難しく、紐づけが正解。

高松宮記念のレース及びコースの攻略法

高松宮記念はコーナーを2つ回る中京芝1200mコースを使用。スタートはスタンド向こう側で、最初のコーナーまで約300m。コーナー手前から第4コーナー終わりまで下り坂が続き、テンにスピードが出やすいコース設計です。

ただし、第4コーナーにスパイラルカーブが設けられているので、先行馬があまり飛ばし過ぎると外に振られてしまうため、内側が開いてしまいます。

ゴール前直線は412mと長く、第4コーナー過ぎからゴール前220mの所まで高低差3.1mの急坂、その後も0.4mの上り坂が続きます。そのためテンに飛ばした馬はこの付近でバテ気味。

過去10年で逃げ馬は1勝2着0回3着1回。4コーナーを回った時点で5番手以内が12頭と、やや差し馬有利。過去10年で10番手以下からの差し切り勝ちは無く2着が最高も、2着5回と半数近くを占めます

直線が長いため仕掛けが遅く、同じG1のスプリンターズステークス比べ時計は遅めそのため上りが33秒台になることも珍しくありません。基本的に好位付け、最後に瞬発力勝負に出られる短距離馬が強いレースです。

↓ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました