【2024年度版】ダービー卿チャレンジトロフィー入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るダービー卿チャレンジトロフィーの入賞馬

ダービー卿チャレンジトロフィーの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 4 インダストリア 牡4 56kg 1.33.2 リオンディーズ ハーツクライ
2 2 ジャスティンカフェ 牡5 58kg 1.33.3 エピファネイア ワークフォース
3 8 ゾンニッヒ 牡5 56kg 1.33.4 ラブリーデイ ディープインパクト
2022 1 2 タイムトゥヘヴン 牡4 55kg 1.32.3 ロードカナロア アドマイヤベガ
2 1 フォルコメン 騙6 54kg 1.32.3 ヴィクトワールピサ Storm Cat
3 5 ダーリントンホール 牡5 56kg 1.32.5 New Approach Pivotal
2021 1 5 テルツェット 牝4 53kg 1.32.6 ディープインパクト Danehill Dancer
2 6 カテドラル 牡5 56kg 1.32.8 ハーツクライ ロックオブジブラルタル
3 1 ボンセルヴィーソ 牡7 55kg 1.32.8 ダイワメジャー サクラローレル
2020 1 2 クルーガー 牡8 57kg 1.32.8 キングカメハメハ ディクタット
2 3 ポンセルヴィーソ 牡6 54kg 1.33.1 ダイワメジャー サクラローレル
3 5 レイエンダ 牡5 57kg 1.33.1 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2019 1 1 フィアーノロマーノ 牡5 55kg 1.31.7 Fastnet Rock Lion Heart
2 6 プリモシーン 牝4 55kg 1.31.7 ディープインパクト Fastnet Rock
3 7 マイスタイル 牡5 56kg 1.31.7 ハーツクライ フォーティナイナー
2018 1 5 ヒーズインラブ 牡5 55kg 1.32.2 ハービンジャー Include
2 2 キャッベルジュニア 牡6 55kg 1.32.3 Encosta de Lago Redoute’s Choice
3 8 ストーミーシー 牡5 54kg 1.32.4 アドマイヤムーン ゼンノエルシド
2017 1 2 ロジチャリス 牡5 56kg 1.34.7 稍重 ダイワメジャー ロックオブジブラルタル
2 3 キャッベルジュニア 牡5 55kg 1.34.8 Encosta de Lago Redoute’s Choice
3 4 グランシルク 牡5 55kg 1.34.8 ステイゴールド Dynaformer
2016 1 5 マジックタイム 牝5 53kg 1.32.8 ハーツクライ ブライアンズタイム
2 7 ロゴタイム 牡6 58kg 1.32.8 ローエングリン サンデーサイレンス
3 3 サトノアラジン 牡5 57kg 1.33.0 ディープインパクト Storm Cat
2015 1 5 モーリス 牡4 55kg 1.32.2 スクリーンヒーロー カーネギー
2 5 クラリティシチー 牡4 56kg 1.32.8 キングカメハメハ スペシャルウィーク
3 2 インパルスヒーロー 牡5 56kg 1.32.9 クロフネ サンデーサイレンス
2014 1 1 カレンブラックヒル 牡5 57.5kg 1.34.6 稍重 ダイワメジャー Grindstone
2 8 カオスモス 牡4 55kg 1.34.6 マイネルラブ ファルブラヴ
3 5 インプロヴァイズ 牡4 55kg 1.34.7 ウォーエンブレム サンデーサイレンス

ダービー卿チャレンジトロフィー入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 3 インダストリア 東京新聞杯 5 7
2 2 ジャスティンカフェ 東京新聞杯 1 4
3 5 ゾンニッヒ L 1 2
2022 1 11 タイムトゥヘヴン L 3 11
2 12 フォルコメン L 13 4
3 1 ダーリントンホール L 4 2
2021 1 3 テルツェット 3勝クラス 2 1
2 4 カテドラル 東京新聞杯 12 2
3 5 ボンセルヴィーソ L 6 3
2020 1 4 クルーガー 東京新聞杯 12 5
2 13 ポンセルヴィーソ L 3 12
3 5 レイエンダ 東京新聞杯 7 8
2019 1 2 フィアーノロマーノ 1600万下 1 1
2 3 プリモシーン ターコイズS 1 8
3 7 マイスタイル 小倉大賞典 2 10
2018 1 4 ヒーズインラブ 1600万下 2 1
2 6 キャッベルジュニア 阪神C 5 11
3 9 ストーミーシー 東京新聞杯 12 10
2017 1 5 ロジチャリス OP 3 3
2 1 キャッベルジュニア 1600万下 1 1
3 2 グランシルク OP 1 2
2016 1 5 マジックタイム 京都牝馬S 6 2
2 4 ロゴタイム 中山記念 5 7
3 2 サトノアラジン 香港C(G1) 9 11
2015 1 1 モーリス 1600万下 1 1
2 4 クラリティシチー OP 3 1
3 9 インパルスヒーロー OP 12 3
2014 1 4 カレンブラックヒル 阪急杯 6 11
2 9 カオスモス OP 2 4
3 8 インプロヴァイズ 1600万下 2 1

ダービー卿チャレンジトロフィーと馬券の傾向

過去10年の集計より

人気と馬券

1番人気 1勝2着1回3着0回、連対率2割、複勝率2割

2番人気 1勝2着1回3着2回、連対率2割、複勝率4割

3番人気 3勝2着1回3着0回、連対率4割、複勝率4割

1、2番人気の連対率が2割、3番人気も4割とハンデキャップ戦らしく上位人気が信頼できません。ただし4番人気の成績が良く4番人気 3勝2着3回3着0回、連対率・複勝率6割、複勝率5割、5番人気も3勝3着1回と馬券的に妙味。

過去1年で2桁人気が馬券に絡んだのは2回で共に馬連。馬券は難いものの、優勝馬は過去10年中9回1~5番人気から出ているので、4、5番人気を連軸に薄目に流すと高確率で馬券が取れます。

前走と馬券

GⅠ     0勝2着0回3着1回

GⅡ     0勝2着2回3着1回

GⅢ     5勝2着4回3着3回

OP・L   1勝2着3回3着4回

条件クラス 4勝2着1回3着1回

前走GⅢや条件クラスの馬が強いレース。前走GⅢで馬券になりダービー卿チャレンジトロフィーで重ハンデを背負った馬が再び馬券になるケースが多いのが特徴。

一方で勝ち鞍は格上挑戦組も4勝を挙げており、こちらは全頭前走3番人気以内で1着OP・Lクラスからよりハンデをもらえるので、好調が持続していれば買い。逆に前走GⅠやGⅡからでは重ハンデを背負わされるので勝ち負けが難しく、良くて2、3着。一段評価を落として見た方が賢明です。

血統と馬券

サンデーサイレンス系    12頭

ミスタープロスペクター系   9頭

ノーザンダンサー系      7頭

ロベルト系          2頭 

過去10年で馬券に絡んだ馬30頭中、サンデーサイレンス系の種牡馬を父に持つ馬が12頭、全体の4割と、他のマイル重賞に比べやや少なめ。マイル戦に強いダイワメジャー産駒が3頭、他はディープインパクト、ハーツクライ産駒が複数と馬券に絡み、基本的にマイラーを多く出す種牡馬が強い傾向。

他ではミスタープロスペクター系9頭で残体の3割。近年はほぼキングカメハ系。ノーザンダンサー系が共に7頭で全体の23.3%。サドラーズウェルズやストームキャット系の血が強く、急坂を上り切るパワーが必要だと分かります。

性齢と馬券

4歳   4勝2着3回3着1回、占有率26.7%

5歳   5勝2着3回3着8回、占有率53.3%

6歳   0勝2着4回3着0回、占有率13.3%

7歳以上 1勝2着0回3着1回、占有率6.7%

馬券の中心は5勝を挙げ、全体でも半数以上の53.3%を占める5歳馬。馬体が完成し能力のピークに達しているので実績馬なら多少ハンデを背負っても勝ち切り、格上挑戦組ならハンデが軽くなるので有利。

牝馬は過去2勝2着1回。ハンデキャップ戦とはいえ重賞経験馬が多く揃い、ゴール前直線に急坂がある中山マイル戦だと牝馬にはきついと考えられます。

ハンデと馬券

52kg以下   0勝2着0回3着0回、占有率0%

53~54kg台  2勝2着2回3着1回、占有率16.7%

55~56kg台 6勝2着6回3着7回、占有率63.3%

57kg以上   2勝2着2回3着4回、占有率20.0%

軽ハンデだからといって馬券になるわけではなく、前走の成績で馬齢定量より1kg程度軽い馬がハンデをもらった馬が馬券に絡みやすい―ス。一方馬齢定量以上のハンデをもらった馬も実力があれば十分馬券に十分絡んできます。当日の調子より前走の実績を重視。

ダービー卿チャレンジトロフィーのレース及びコースの攻略法

ダービー卿チャレンジトロフィーはコーナーを3つ回る中山芝1600m外回りBコースを使用。スタートは芝1600m専用の引き込み線から。スタートから最初のコーナーまで226mと短く、さらに中山外回りの第2コーナーは直角に近く外枠が圧倒的不利。

さらに仮柵が移動された初日なので内外の芝の差は少なく、内側を走れる内枠がさらに有利に働きます。実際に過去10年で7、8枠の優勝は無く、馬券に絡んだのも7枠2頭、8枠3頭に過ぎません。

中山芝コースは高低差が5.3mありますが、芝1600m戦はその頂上からスタート、ゴール手前200mまでなだらかな下り坂がひたすら続くのでスピードが出しやすく、良なら勝ち時計は1分32~33秒台。時計の裏付けも必要。

最後の直線は310mと短く、ゴール前1ハロンに高低差2.2mの急坂が待ち受けます。基本的に逃げ、先行馬が有利ですが、下り坂が長く続くコースなのでオーバーペースになりやすく、差し、追い込み馬も十分台頭できます。

過去10年で馬券になった30頭中、第4コーナーを回った時点で5番手以内は10頭なので、やや後続馬有利。10番低下からも7頭が馬券に絡んでいるので、人気薄の追い込み馬がいれば2、3着の穴候補として狙い目。

2024年ダービー卿チャレンジトロフィーの注目馬分析はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました