【2024年度版】キーランドカップ入賞馬データ

重賞レースの注目馬分析

過去10年のデータから見るキーランドカップの入賞馬

キーランドカップの枠番・走破時計・馬場・種牡馬(父、母の父)一覧

枠番 馬名 性齢 斤量 タイム 馬場 母の父
2023 1 7 ナムラクレア 牝4 55kg 1.09.1 ミッキーアイル Storm Cat
2 4 シナモンスティック 牝4 55kg 1.10.1 ジョーカプチーノ マイネルラヴ
3 6 トウシンマカオ 牡4 57kg 1.10.1 ビッグアーサー スペシャルウィーク
2022 1 4 ヴェントヴォーチェ 牡5 56kg 1.09.1 タートルボウル Distant View
2 3 ウインマーベル 牡3 54kg 1.09.2 アイルハヴアナザー フジキセキ
3 1 ヴァトレニ 騙4 56kg 1.09.3 グラスワンダー サンデーサイレンス
2021 1 6 レイハリア 牝3 51kg 1.09.1 ロードカナロア マンハッタンカフェ
2 5 エイティーンガール 牝5 55kg 1.09.1 ヨハネスブルグ アグネスタキオン
3 4 セイウンコウセイ 牡8 58kg 1.09.2 アドマイヤムーン Capote
2020 1 7 エイティーンガール 牝4 54kg 1.10.6 ヨハネスブルグ アグネスタキオン
2 6 ライトオンキュー 牡5 57kg 1.10.8 Shamardal Raven’s Pass
3 8 ディメンシオン 牝6 54kg 1.10.9 ディープインパクト モンジュー
2019 1 7 ダノンスマッシュ 牡4 57kg 1.09..2 稍重 ロードカナロア ハードスパン
2 4 タワーオブロンドン 牡4 58kg 1.09.3 Raven’s Pass Dalakhani
3 8 リナーテ 牝5 54kg 1.09.3 ステイゴールド Orpen
2018 1 6 ナックビーナス 牝5 54kg 1.09.4 稍重 ダイワメジャー More Than Ready
2 4 ダノンスマッシュ 牝3 53kg 1.09.8 ロードカナロア ハードスパン
3 2 ペイシャフェリシタ 牝5 54kg 1.09.9 ハーツクライ Cape Cross
2017 1 6 エポワス 騙9 56kg 1.09.0 ファルブラヴ サンデーサイレンス
2 7 ソルヴェイグ 牝4 54kg 1.09.0 ダイワメジャー ジャングルポケット
3 5 ナックビーナス 牝4 54kg 1.09.1 ダイワメジャー More Than Ready
2016 1 8 ブランボヌール 牝3 51kg 1.08.5 ディープインパクト サクラバクシンオー
2 3 シュウジ 牡3 53kg 1.08.6 キンシャサノキセキ Kingmambo
3 7 レッツゴードンキ 牝3 55kg 1.08.7 キングカメハメハ マーベラスサンデー
2015 1 7 ウキヨノカゼ 牝5 54kg 1.08.6 オンファイア フサイチコンコルド
2 8 トーホウアマポーラ 牝6 54kg 1.08.7 フジキセキ Unbridled’s Song
3 5 ティーハーフ 牡5 57kg 1.08.8 ストーミングホーム Green Desert
2014 1 4 ローブティサージュ 牝4 54kg 1.09.0 ウォーエンブレム シングスピール
2 8 レッドオーヴァル 牝4 54kg 1.09.0 ディープインパクト Smart Strike
3 7 マジンプロスパー 牡7 56kg 1.09.0 アドマイヤコジーン バブルガムフェロー

キーランドカップ入賞馬と前走の人気・着順一覧

人気 馬名 前走 人気
2023 1 1 ナムラクレア ヴィクトリアマイル 5 8
2 8 シナモンスティック OP 2 1
3 2 トウシンマカオ 函館スプリントS 2 3
2022 1 6 ヴェントヴォーチェ アイビスサマーダッシュ 1 9
2 2 ウインマーベル 葵S 1 1
3 4 ヴァトレニ OP 3 1
2021 1 3 レイハリア 葵S 13 1
2 7 エイティーンガール OP 5 13
3 9 セイウンコウセイ 京王杯スプリングC 14 8
2020 1 5 エイティーンガール OP 1 7
2 2 ライトオンキュー OP 2 1
3 9 ディメンシオン 中京記念 10 9
2019 1 1 ダノンスマッシュ 高松宮記念 1 4
2 2 タワーオブロンドン 函館スプリントS 1 3
3 3 リナーテ OP 1 1
2018 1 1 ナックビーナス 函館スプリント 1 3
2 4 ダノンスマッシュ 1600万下 3 1
3 9 ペイシャフェリシタ アイビスサマーダッシュ 3 11
2017 1 12 エポワス OP 6 2
2 2 ソルヴェイグ ヴィクトリアマイル 9 5
3 5 ナックビーナス 高松宮記念 12 8
2016 1 2 ブランボヌール NHKマイルカップ 15 6
2 1 シュウジ 函館スプリントS 2 2
3 3 レッツゴードンキ 函館スプリントS 3 3
2015 1 8 ウキヨノカゼ 1600万下 10 1
2 9 トーホウアマポーラ CBC賞 9 7
3 1 ティーハーフ 函館スプリントS 4 1
2014 1 3 ローブティサージュ 函館スプリントS 6 2
2 1 レッドオーヴァル 1600万下 1 1
3 5 マジンプロスパー 高松宮記念 10 18

キーランドカップと馬券の傾向

過去10年の集計より。

人気と馬券

1番人気 3勝2着2回3着1回、連対率5割、複勝率6割

2番人気 2勝2着3回3着1回、連対率5割、複勝率6割

3番人気 2勝2着0回3着2回、連対率2割、複勝率4割

1、2番人気は連対率5割、複勝率は6割と馬連では信頼度が高い数値。3番人気は連対率2割も複勝率4割なので馬連ではあてにできません。

過去10年の中、馬連で1~6番人気以内で決まったことが6回、そのうち1~3番人気で決まったのが3回とかなり堅め。2桁人気の優勝が1度ありますが、2桁人気が馬券に絡んだのはこの1頭のみ。しかも対抗が2番人気なのでそれほど荒れません。

前走と馬券

サマースプリントシリーズ第5戦なので、同シリーズのCBC賞、函館スプリントS、アイビスサマーダッシュからの出走が多いのが特徴。

CBC賞          0勝2着1回3着0回

函館スプリントS     2勝2着2回3着3回

サイビスサマーダッシュ  1勝2着0回3着1回

同じ洋芝の函館スプリントS組が良いことが分かります。

春GⅠ    3勝2着1回3着2回

その他重賞  1勝2着1回3着2回

OP・L    2勝2着3回3着2回  

条件クラス  1勝2着2回3着0回

他は春GⅠに参戦し、スプリンターズSに向けここを叩き台にしている馬の活躍が目立ちます。またOP・L・条件クラスからの馬が全体の3割を占めていますが、オープンはUHB賞、条件クラスは日刊スポーツ杯と北海道開催のレースから。

下級条件からの挑戦馬は人気が落ちますが、好走馬の前走レースが限定されるので出走してきたら狙い。

血統と馬券

サンデーサイレンス系   13頭

ミスタープロスペクター系  9頭

ノーザンダンサー系     5頭

その他           3頭

サンデーサイレンス系の種牡馬を持つ馬が13頭、全体の約4割を占めます。その内複数頭馬券に絡んでいるのはディープインパクト系5頭、ダイワメジャー3頭、フジキセキ系2頭。

短距離でほとんど実績がないディープインパクト系が走るのは、洋芝で時計が掛かり、ダッシュが不得手なディープインパクト産駒でも道中追いつけるため。

札幌競馬場はパワーが必要なのでミスタープロスペクター系やノーザンダンサー系が好走するのが特徴。ミスタープロスペクター系はもともと短距離志向の馬が目立ち、ノーザンダンサー系であれば父系に長距離志向の血が入っている馬の活躍が目立ちます。

特にここ5年はノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系で馬券の6割を占めています。

 

性齢と馬券

3歳     2勝2着3回3着1回、占有率20.0%

4歳     5勝2着4回3着3回、占有率40.0%

5歳     2勝2着2回3着3回、占有率23.3%

6歳     0勝2着1回3着1回、占有率6.7%

7歳以上   1勝2着0回3着2回、占有率10.0%

4、5歳馬が中心。連軸は4歳馬。瞬発力とパワーが必要なので馬の完成期に入る4歳馬の方が有利です。3歳馬は春の3歳限定GⅠ出走経験か重賞勝ちがある馬が条件。一方で6歳以上はあまりあてになりません。7歳以上で絡んだ3頭中2頭は、GⅠ出走歴あり。

牡・騙馬 3勝2着5回3着5回、占有率46.7%

牝馬   6勝2着5回3着5回、占有率53.37%

出走割合からしても牝馬の6勝、占有率53.3%はハイアベレージ。圧倒的に牝馬が強いレースです。人気薄の牝馬がいたら狙いです。

キーランドカップのレース及びコースの攻略法

キーランドカップはコーナーを2つ回る札幌芝1200mのコースを使用。スタートはスタンド向こう側の1200m専用の引き込み線から。小回りの札幌コースですが引き込み線からのスタートなので最初のコーナーまでの直線が約400mあり、ダッシュが付きやすい構造。

札幌コースのコーナーは緩やかなので、先行馬はスピードを落とさずそのままコーナーを回れます。最終コーナーには差し、追い込み馬に有利になるスパイラルカーブは設けられていません。ゴール前直線は平坦で266mと短く、そのため圧倒的に逃げ、先行馬有利。

実際に過去10年で逃げ切り勝ちは2回、馬券に絡んだ馬の4割以上は最終コーナーを回った時点で5番手以内。またこの時期は内ラチが荒れ、終始馬場の悪い場所を走らなければならない内枠が圧倒的に不利。各10で1枠から3枠で優勝は0回、馬券になったのも5回だけで全体の2割以下とかなり低い数値。

札幌競馬場は洋芝で時計が掛かり、ほとんどのレースの勝ち時計は1分8~9秒台。スピードと共にパワーとスタミナが必要。持ち時計が無くてもパワーさえあれば勝ち負けできます。

↓ここをクリックすると他の重賞の【データ】【注目出走馬分析】を検索できます。↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました