2020年第37回フェブラリーステークスの予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2020年フェブラリーステークスの注目馬を分析!

毎年最初のG1として注目を浴びるフェブラリーステークス。今年は前年のチャンピオンズカップの1、2着馬のクリソベリルとゴールドドリームがサウジで開催される優勝賞金11億円のサウジカップに招待されたため不在です。

フェブラリーステークスの優勝賞金が1億円なので、そりゃ招待されれば行くでしょう。ゴールドドリームは引退撤回していくのですから、万が一勝てばウハウハです。今回は実力が抜けているこの2頭がいないので、出走馬もやや小粒。直前の登録馬は馬齢順に以下の通りです。

フェブラリーステークス出走登録馬及び主な成績

登録馬 馬齢 主なダートレース成績
クリノガウディー 牡4  
デルマルーヴル 牡4 川崎記念3着、ジャパンダートダービー2着
ミューチャリー 牡4 川崎記念4着、ジャパンダートダービー3着
ロードグラディオ 牡4  
ラプタス 騙4  
ワイドファラオ 牡4 ユニコーンS1着
アルクトス 牡5 マイルチャンピオンシップ南部杯2着
テーオージーニアス 牡5 カペラS2着
タイムフライヤー 牡5 武蔵野S2着
モジアナフレイバー 牡5 東京大賞典3着
ミッキーワイルド 牡5 プロキオンS2着
インティ 牡6 東海S3着、19年フェブラリーS1着
サンライズノヴァ 牡6 マイルチャンピオンシップ南部杯1着
モズアスコット 牡6 根岸S1着
ヴェンジェンス 牡7 東海S2着、みやこS1着
ケイティブレイブ 牡7 川崎記念6着、浦和記念1着
ダノンフェイス 牡7 すばるS1着、武蔵野S3着
ヨシオ 牡7 ジャニュアリーS1着
ワンダーリーデル 牡7 武蔵野S1着
スマートアヴァロン 牡8 武蔵野S2着
ドリームキラリ 牡8 オアシスS2着、欅S2着
ノンコノユメ 騙8 帝王賞3着、東京大賞典2着
ブルドッグボス 牡8 JBCスプリント1着
キングズガード 牡9 チャンピオンズC5着

2020.02.17現在

勝ち馬予想に役立つ!フェブラリーステークスの注目馬分析

インティ

ケイホーム Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Nice Assay Clever Trick
インフルヴュー
キティ Northarn Afleet アフリート
Nuryette
フォレストキティ Forestry
Haleakala

 

前年同レースのチャンピオンで、前々走のG1チャンピオンズカップを逃げてクリソベリル、ゴールドドリームの3着に粘ったインティを中心に予想を立てるのが普通でしょう。明け6歳でダート馬として充実期に入っています。父も米国ダート血統のミスタープロスペクター系です。

インティは前走の東海Sで58kgを背負い1番人気で3着。1、2着馬は56kgで着差は0.2秒なので、同じ斤量なら1馬身差で勝っている計算が成り立ちます。ダートでは一級戦の安定した実力があることの証明です。

右回りより左回りに良績があり、今回のフェブラリーステークスは得意の左回り。3着だった左回りのチャンピオンズカップでは、1・2着が首差なのに対し、逃げ粘ったインティは勝馬に0.2秒差しかありません。

同チャンピオンズカップに出走し、今回のフェブラリーステークスに登録している5着キングズガードが0.6秒差、8着タイムフライヤーが0.7秒差なので、この2頭に先着できない馬は基本的に勝ち負けになりません。

ノンコノユメ

トワイニング フォーティナイナー Mr.Prospector
File
Courtly Dee Never Bend
Tulle
ノンコ アグネステキオン サンデーサイレンス
アグネスフローラ
レディータイクーン クリミナルタイプ
ビューパーダンス

 

明け9歳のキングズガードがチャンピオンズカップでインティに0.4秒差なら、18年のフェブラリーステークス1着で騙馬8歳のノンコノユメも十分馬券圏内と考えられます。騙馬にすると体質は強化されますが種牡馬の夢は断たれるので、使うレースは常に賞金獲得が最大の目的です。

フェブラリーステークス優勝以降は中央の勝ち星から見放され、19年5月に大井所属に転厩。転厩後は地方競馬の重賞で全て馬券に絡み、前走の東京大賞典ではJRA所属の優勝馬オメガパヒュームに0.2秒差2着。この時点では引退表明していたゴールドドリームに先着しています。

ただし好走は稍重、重など軽い馬場のダートに集中。そのため当日の馬場は要注意。雨が降って馬場が軽くなったら迷わず買いでしょう。

アルクトス

アドマイヤオーラ アグネスタキオン サンデーサイレンス
アグネスフローラ
ビワハイジ Caerleon
アグサン
ホシニイノリヲ シンボリクエスエス Kris.S
Tee kay
コンキスタドレス Seeking the Gold
Bless You

 

盛岡G1南部杯1着で6歳のサンライズノヴァよりも、3歳でG3プロキシキシオンステークス勝ち、南部杯0.3秒差2着のアルクトスに妙味があります。東京ダート1600mは4戦4勝と相性が良く、馬体の成長がさらに見込まれる明け4歳ならサンライズノヴァに先着する可能性は十分あります。

父が皐月賞馬アグネスタキオンを父、母が名牝ビワハイジを持つ良血アドマイヤオーラなので、芝血統のイメージがあります。しかしアグネスタキオンの血が2代目に入るとダートで好走する馬が多く、アドマイヤオーラ産駒で良績を挙げる馬もダート路線がほとんどです。

アグネスタキオンの母のアグネスフローラも桜花賞馬ですが、その父は地方のダート馬を多く輩出したロイヤルスキーなので、アドマイヤオーラの場合は隔世遺伝でこの血を濃く出すと考えられます。

また母系にダート馬を多く出すシボリクエスエス、米国ダート血統であるミスタープロスペクター系のシーキングザゴールドが入り、ダートを走る下地は揃っています。3歳で540kgとシンボリクエスエス勝りの雄大な馬体をしており、力の要る冬のダートに適していると予想できます。

モズアスコット

Frankel Galileo Sadler’s Wells
Urban Sea
Nice Assay デインヒル
Rainbow Lake
India ヘネシー Storm Cat
Island Kitty
Misty Hour Miswaki
Our Tina Marie

 

2018年の安田記念勝馬で、前走初ダートにもかかわらず1400mの根岸ステークスを圧勝したモズアスコットも注目馬の1頭。近年芝のG1馬がダートG1に参戦しても専門性が向上しているので惨敗が多いのですが、今回はダート一級戦が少なく勝ち負けまで十分期待できます。

芝の2000m勝もありますが未勝利戦のもので、基礎能力差勝ちに過ぎません。基本的に良績は1400~1600mに集中していますが、距離が延びる1600mだと安定性に欠けます。また父が欧州芝G1を10勝、14戦無敗のフランケルなのでやはり芝馬のイメージが付きまといます。

しかし母系にストームバード系のヘネシーの血が入っており、日本ではフェブラリーステークス勝ちのサンライズバッカスを輩出。同じヘネシーを父に持つヘニーヒューズが同じくフェブラリーステークス勝ちのモーニンを輩出しており、日本のダートは良く走ります。

またヘニーヒューズが芝の朝日杯フューチュリティステークス勝ちのアジアエクスプレスも輩出し、ストームバード系は芝のスピード路線でも走ります。そのため距離延長で安定性に欠けるモズアスコットは、父フランケルより母系のヘネシーの血が濃いと考えられます。

東京のダート1600mはスタート直後に芝コースを走り、外枠ほど芝コースを長く走れて有利です。芝で好走実績があるモズアスコットが外枠に入ったら要注意です。

第37回フェブラリーステークス出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ブルドッグボス ダイワメジャー 牡8 和田竜二 Him Rock Racing.H
加用正(栗東) デインヒル 57kg 鮫川啓一
1 2 アルクトス アドマイヤオーラ 牡5 田辺裕信 須崎牧場
栗田徹(美浦) シンボリクエスエス 57kg 山口巧一郎
2 3 ワイドファラオ ヘニーヒューズ 牡4 福永祐一 フジワラファーム
角居勝彦(栗東) アグネスタキオン 57kg 幅田昌伸
2 4 タイムフライヤー ハーツクライ 牡5 S.フォーリー 白老ファーム
松田国英(栗東) ブライアンズタイム 57kg サンデーレーシング
3 5 インティ ケイホーム 牡6 武豊 山下恭茂
野中健司(栗東) Northarn Afleet 57kg 武田茂男
3 6 ミッキーワイルド ロードカナロア 牡5 北村友一 ノーザンファーム
安田隆行(栗東) ファルブラブ 57kg 野田みづき
4 7 ウェンジエンス カジノドライブ 牡7 幸英明 富田牧場
大根田裕之(栗東) スペシャルウィーク 57kg 宮川純造
4 8 キングズガード シニスターミニスター 牡9 秋山真一郎 日進牧場
寺島良(栗東) キングヘイロー 57kg 日進牧場
5 9 サンライズノヴァ ゴールドアリュール 牡6 松山弘平 ヤナガワ牧場
音無秀孝(栗東) サンダーガルチ 57kg 松岡隆雄
5 10 ノンコノユメ トワイニング 騙8 真島大輔 社台ファーム
荒山勝則(大井) アグネスタキオン 57kg 山田広太郎
6 11 モジアナフレイバー バトルブラン 牡5 繁田健一 桜井牧場
福永敏(大井) フレンチデピュティ 57kg 尾田信夫
6 12 モズアスコット Frankel 牡6 C.ルメール Summer Wind Farm
矢作芳人(栗東) Hennessy 57kg キャピタル・システム
7 13 デルマルーヴル パイロ 牡4 M.デムーロ 坂東牧場
戸田博文(美浦) コマンズ 57kg 浅沼廣幸
7 14 ミューチャリー パイロ 牡4 御神本訓史 芳住鉄兵
矢野義幸(船橋) ブライアンズタイム 57kg 石瀬丈太郎
8 15 ケイティブレイブ アドマイヤマックス 牡7 長岡禎仁 岡野牧場
杉山晴紀(栗東) サクラローレル 57kg 瀧本和義
8 16 ワンダーリーデル スタチューオブリバティ 牡7 横山典弘 大島牧場
安田翔伍(栗東) マヤノトップガン 57kg 山本能成

 

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました