2020年第80回G1桜花賞予想 注目出走馬分析

重賞レースの注目馬分析

2020年桜花賞の注目馬を分析!

無敗の2歳女王レシステンシアが前走敗れたことで大混戦模様の今年の桜花賞。レシステンシアに先着したマルターズディオサやクラヴァシュドール、まだ未対戦のサンクテュエールやデアリングタクト、ミヤマザクラが虎視眈々と女王の座を狙い臨戦態勢。

桜花賞に登録している馬の中から注目馬をピックアップし、優勝争いできるかを分析します。

桜花賞の特徴

桜花賞はJRAの牝馬三冠の第一弾であり、権威ある八大競争の一つ。毎年阪神第2回開催6日目に、芝外回り1600mのコースで行われます。負担重量は55kg。

かつては内国産馬だけのレースでしたが、2010年に国際競争に指定され最大9頭まで外国調教馬の出走が可能。チューリップ賞、アネモネステークス、フィリーズレビューで出走権を得た馬に加え、獲得賞金順に出走が可能。残りは抽選で出走が決まります。

過去10年では同じコースと距離を経験しているチューリップ賞組が圧倒的に強く、馬券に絡んだ馬の60%が同レースに出走。ただしチューリップ賞勝ちで桜花賞に優勝したのは1頭のみ。2ケタ着順以外なら巻き返して馬券に絡む可能性は十分あります。

また他に馬券に絡む馬は、やはり阪神コースを経験していることが重要で、2018年の桜花賞馬アーモンドアイ以外は全て以前阪神コースで馬券に絡んだ経験があります。

1番人気は過去10年で2勝2着2回3着1回と馬券に絡む確率は5割。逆に2番人気は4勝2着3回3着0回と軸としては2番人気の方が堅実。2桁人気は3着までが過去に2回のみ。基本的に上位人気馬+中穴の馬で決着することが多く極端な穴狙いは禁物。

また種牡馬ではディープインパクト産駒が強いレースで、過去10年でディープインパクト産駒が桜花賞を制したのは5回。複勝率も33%と驚異的な数字を誇ります。

なお桜花賞5着までにオークスへの優先出走権が与えられます。

桜花賞のレース及びコースの攻略法

阪神外回り芝1600mを使用。コーナーはゆったりして3コーナーから4コーナーに掛けてスピードに乗りやすく、直線も474mと長いため先行馬、後続馬共に有利、不利が無いコースです。またゴール前に急坂が待ち構えているのでスピード以外にパワーも必要です。

ただし、この時期は内ラチが荒れているため、スタートから内側を通らなければならない1枠2枠はかなり不利。過去10年で優勝馬は出ておらず、馬券に絡んだのも3頭と低調。

馬券になるのは真ん中より外側。ある程度距離も稼げる真ん中の3~5枠から優勝馬が7頭、合計14頭が馬券に絡んでします。

G1なので逃げ馬は目標にされやすく、逃げ粘ったのは2頭のみ。牝馬同士の戦いなので最後は瞬発力勝負になりやすく、先行するにしても差すにしても早い上がり時計を持っていなければなりません。

前日に同じコースで行われる古馬の阪神牝馬ステークスでは4コーナーを回った時に6番手以内にいないと勝ち切れませんが、桜花賞では有力馬と抽選組で実力差があるので位置取りは後ろでも良く、過去10年で3頭とも後方待機組で決まったことが3回あります。

2020年桜花賞出走表

枠番 馬番 出走馬 馬齢 騎手 生産牧場
所属 母の父 斤量 馬主
1 1 ナイントゥファイブ スクリーンヒーロー 牝3 松田大作 ノーザンファーム
西園正都(栗東) Blu Air Force 55kg 桑田牧場
1 2 チェーンオブラブ ハーツクライ 牝3 石橋脩 ノースヒルズ
小笠倫弘 (美浦) Street Cry 55kg 前田幸治
2 3 スマイルカナ ディープインパクト 牝3 柴田大和 木田牧場
高橋祥泰 (美浦) Distorted Humor 55kg 岡田繁幸
2 4 サンクテュエール ディープインパクト 牝3 C.ルメール ノーザンファーム
藤沢和雄 (美浦) Canadian Frontier 55kg キャロットファーム
3 5 マルターズディオサ キズナ 牝3 田辺裕信 天羽禮治
手塚貴久 (美浦) Grand Slam 55kg 藤田在子
3 6 ウーマンズハート ハーツクライ 牝3 藤岡康太 ダーレー・ジャパン・F
西浦勝一 (栗東) Shamardal 55kg ゴドルフィン
4 7 ヒルノマリブ ゴールドアリュール 牝3 北村友一 山岡ファーム
北出成人 (栗東) シアトルダンサーII 55kg ヒルノ
4 8 リアアメリア ディープインパクト 牝3 川田将雅 ノーザンファーム
中内田充 (栗東) Rockport Harbor 55kg シルクレーシング
5 9 デアリングタクト エピファネイア 牝3 松山弘平 長谷川牧場
杉山晴紀 (栗東) キングカメハメハ 55kg ノルマンディーTR
5 10 フィオリキアリ キズナ 牝3 藤井勘一郎 槙和美
清水久詞(栗東) Successful Appeal 55kg ノースヒルズ
6 11 クラヴァシュドール ハーツクライ 牝3 M.デムーロ 下河辺牧場
中内田充 (栗東) Giant’s Causeway 55kg 山紫水明
6 12 インターミッション ディープインパクト 牝3 石川裕紀人 下河辺牧場
手塚貴久 (美浦) キングカメハメハ 55kg 下河辺牧場
7 13 マジックキャッスル ディープインパクト 牝3 浜中俊 社台ファーム
国枝栄 (美浦) シンボリクリスエス 55kg 社台レースホース
7 14 ミヤマザクラ ディープインパクト 牝3 福永祐一 ノーザンファーム
藤原英昭 (栗東) Mr. Greeley 55kg 金子真人H
7 15 ヤマカツマーメイド ロードカナロア 牝3 池添謙一 岡田牧場
池添兼雄(栗東) グラスワンダー 55kg 山田和夫
8 16 ケープコッド ダイワメジャー 牝3 岩田望来 ダーレー・ジャパン・F
高柳瑞樹(美浦) Elusive Quality 55kg ゴドルフィン
8 17 レシステンシア ダイワメジャー 牝3 武豊 ノーザンファーム
松下武士 (栗東) Lizard Island 55kg キャロットファーム
8 18 ポス ジャスタウェイ 牝3 岩田康誠 フジワラファーム
北出成人(栗東) Smart Strike 55kg フジワラ・ファーム

勝ち馬予想に役立つ!桜花賞の注目馬分析

レシステンシア

ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
スカーレットブーケ ノーザンテースト 
スカーレットインク 
マラコスタムブラダ Lizard Island Danehill Dancer 
Add 
Mapul Wells Poliglote 
Pulma 

レシステンシアは昨年の阪神ジュベナイルフィリーズまで3連勝で戴冠。圧倒的なスピードが身上で、阪神ジュベナイルフィリーズは1:32.7と古馬並みの好時計で、2着以下に0.8秒差を付けて圧勝。これは過去の桜花賞の勝ち時計より上です。

前走は阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞と同じ舞台のチューリップ賞で逃げて3着。阪神ジュベナイルフィリーズの上位組と順位が入れ替わる結果に。ただし逃げても持ち時計で走っておらず、勝ち馬とは0.2秒差でしかありません。

レシステンシアは桜花賞出走の賞金は足りており、出走を確実にしたい他馬とは立場が違います。

レシステンシアの父はマイルに強いダイワメジャー。過去にもダイワメジャー産駒のレーヌミノルが桜花賞を制し実績あり。ダイワメジャー産駒は早い脚はないものの先行して図太く伸びる脚質。ダイワメジャーもレコード勝ちがあり時計勝負は強い血統です。

レシステンシアの母マラコスタムブラダはアルゼンチンのG1馬。その母のプルマもアルゼンチン2歳G1を3勝した2歳牝馬チャンピオンと母系の底力は十分。

母系が早熟傾向で、ダイワメジャーも仕上がり早。血統面からもこの桜花賞が基本成長のピーク。きっちり仕上げてきて阪神ジュベナイルフィリーズの持ち時計通りに走れれば基本勝ち負け。

 

マルターズディオサ

キズナ ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア 
キャットクイル Storm Cat 
Pacific Princess 
トップオブドーラ Grand Slam Gone West 
Bright Candles 
Maltese Dianne スピニングワールド 
Lavish Gift 

マルターズディオサは前走のチューリップ賞の勝ち馬。阪神ジュベナイルフィリーズでも2着し、これまで5戦3勝2着2回と抜群の安定度を誇ります。さらに末脚が強力で。阪神ジュベナイルフィリーズ以外は全て上がり33秒台を繰り出しています

マルターズディオサの父は新種牡馬のキズナ。キズナはディープインパクト産駒で姉は桜花賞馬のファレノプシス。近親にナリタブライアンがいる良血。キズナはディープインパクト譲りの強烈な末脚でダービーを制しているので、マルターズディオサの末脚も父譲りです。

マルターズディオサの母トップオブドーラからはこれといった活躍馬は出ていませんが、サンデーサイレンス家と相性が良いミスタープロスペクター系であり、血の中にヌレイエフやジェネラスといった底力のある血は秘めています。

前走のチューリップ賞では前で競馬しても上がり33秒台の末脚を繰り出しています。今回はレシステンシアもさらにスピードを上げてくるはずなので、前崩れの展開なら浮上する可能性は十分ある一頭です。

 

クラヴァシュドール

ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well 
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス 
パスオブドリームズ Giant’s Causeway Storm Cat 
Mariah’s Storm 
Path of Thunder サンダーガルチ 
Drina 

クラヴァシュドールは前走のチューリップ賞で勝馬マルターズディオサとはタイム差無で2着。阪神ジュベナイルフィリーズでは勝馬レシステンシアに0.8秒差離され3着でしたが、2着馬のマルターズディオサとはタイム差はありません。

クラヴァシュドールもマルターズディオサと同様に阪神ジュベナイルフィリーズ以外は全て上がり33秒台。さらに芝1600mの持ち時計では1:33.9とレシステンシアとは遜色ありません。

クラヴァシュドールの父はマイル以上で良質馬を輩出するハーツクライ。ハーツクライ産駒は末脚が強力で大飛びの馬が多く、東京など直線が長いコースを得意としています。そのため直線が長い阪神外回りの桜花賞は末脚を活かせる絶好の舞台。

母系はG1ブリダーズカップディスタフ、ラブレアステークスなど9勝したスペインを輩出した活力ある血統。ハーツクライは晩成血統で、これからもっと良くなる可能性を秘めています。レシステンシアやマルターズディオサを逆転できる可能性は十分あります。

 

ミヤマザクラ

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere 
ミスパスカリ Mr. Greeley  Gone West 
Long Legend 
ブルーアヴェニュー Classic Go Go 
Eliza Blue 

ミヤマザクラは前走東京芝1600mの3歳牝馬限定クイーンカップの勝ち馬。その前走のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスでは牡馬相手に2着しています。

ミヤマザクラの父も阪神マイルに強いディープインパクト母のミスパスカリの半兄はNHKマイルカップ勝馬のクロフネです。またミヤマザクラの全兄はG2スプリングステークス勝ちのマウントロブソン、菊花賞で3着したポポカテペトルと重賞級の力は秘めています。

ただし全兄のマウントロブソンがその後も2000mを走っているように、本馬も1600mは忙しいと思われます。前走マイル勝ちでも、今回はメンバーはさらに強力。桜花賞に強いディープインパクト産駒とはいえ、勝ち負けはやや厳しいと判断します。

マジックキャッスル

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ソーマジック シンボリクエスエス Kris S. 
Tee Kay 
スーア  Fairy King 
Bold Starlet 

マジックキャッスルは1勝馬ですが、2歳時のG3ファンタジーステークスで2着。クイーンカップでもミヤマザクラにタイム差無しの2着です。末脚が強力な馬で、2走目以外は全て上がり最速。これは父のディープインパクトの影響を強く受け継いだ証拠。

マジックキャッスルの母は重賞勝ちこそありませんが、桜花賞で3着。その後も旧1600万条件で勝ち負けしていた馬です。その母オースはイギリスのG1ダービーオークスの勝ち馬。母の父シンボリクリエスから持続するスピードを受け継いだ格好です。

マイル適性ならクイーンカップ勝馬のミヤマザクラよりも上。ただし馬体は父ディープインパクト同様に小柄で420kg台しかないので、当日馬場が悪化しないことが好走の条件。無欲で終いに賭ければ、上位入賞の可能性は十分あります。

デアリングタクト

エピファネイア シンボリクリスエス Kris S. 
Tee Kay 
シーザリオ スペシャルウィーク
キロフプリミエール 
デアリングバード キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
デアリングハート  サンデーサイレンス
デアリングダンジグ 

デアリングタクトは2戦2勝で、前走は出世レースのエルフィンステークスを2着に0.7秒差を付けて圧勝しています。時計の出やすい京都1600mとはいえ、1:33.6の時計は優秀です。

デアリングタクトの父は新種牡馬エピファネイア。父にシンボリクリスエス、母に日米オークス馬のシーザリを持つ良血。エピファネイア自身も持続するスピードとスタミナを武器に菊花賞とジャパンカップを勝っています。

母のデアリングバードは未勝利馬ですが、その母デアリングハートは重賞3勝。NHKマイルカップ2着、桜花賞とヴィクトリアマイルで3着した実力馬です。またエピファネイアとの組み合わせで、血統内にサンデーサイレンスの3×4のクロスができています。

デアリングタクトがマイル戦を連勝したのはこのデアリングハートの血。父系、母系共にパワーのあるシンボリクリスエスとキングカメハメハが入っているので阪神の坂もこなせる下地はあり。重賞勝ちはありませんが、当日の気配次第で狙いたい1頭です。

サンクテュエール

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo 
Wishing Well 
ウインドインハーヘア Alzao 
Burghclere 
ヒルダズパッション Canadian Frontier  Gone West 
Borodislew 
Executricker  El Prado 
Trick Trick 

サンクテュエールは前走牡馬を相手にしたG3シンザン記念の優勝馬。その前走アルテミスステークスではリアアメリアに0.1秒差で2着。新馬戦から1600mを使っているように本番の桜花賞を見据えたローテションで、2018年の桜花賞場アーモンドアイと同じです。

サンクテュエールの父は桜花賞に強いディープインパクト母のヒルダズパッションは米国でG1バレリーナステークスをはじめ重賞5勝した活躍馬。サンクテュエールの半兄にハーツクライが父のヨシダがおり、海外を主戦場に1800mのG1を2勝しています。

持ち時計こそありませんが、先行してゴール前きっちり差しに行ける器用さが魅力。また3戦とも上がりは3番以内と堅実です。良血なので本番でも期待できる1頭です。

 

リアアメリア

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル  Wild Again 
シャロン 
ストライクルート Smart Strike Mr. Prospector 
Classy’n Smart 
Tadwiga  Fairy King 
Euromill 

リアアメリアは2歳重賞アルテミスステークスの優勝馬。前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に押されましたが、レシステンシアのスピードの前に歯が立たず1.5秒離され6着に沈んでします。

リアアメリアの父も桜花賞の舞台に強いディープインパクト。母リアアントニアは米国BCジュベナイルフィリーズの優勝馬。その父ロックポートハーバーは目立った成績はありませんが、種牡馬として2013年の米国2歳リーディングサイアーに輝いています。

リアアメリアは血統面からからはマイルが適鞍ですが、母系が早熟なので今後の活躍は疑問。持ち時計も他の有力馬に比べると遅く、今回再びレシステンシアがハイペースで飛ばした時には追走できない可能性が大です。

エーポス

ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
シビル  Wild Again 
シャロン 
ストライクルート Smart Strike Mr. Prospector 
Classy’n Smart 
Tadwiga  Fairy King 
Euromill 

エーポスは前走桜花賞のトライアルレースであるフィリーズレビューの勝ち馬。勝ち時計なら同じ週に行われたファルコンステークスの優勝馬より上です。1600mも新馬戦で勝っているので経験済み。

エーポスの父ジャスタウェイは強力な末脚が武器だった馬。その父ハーツクライとは違い、重馬場は苦にせず追い込んできます。ただし、ジャスタウェイもハーツクラインも晩成型だったので、エーポスの本格化はまだ先でしょう。

新馬戦以来馬体重が減り続けているので、調教や当日の気配のチェックは必要。桜花賞当日に雨が降って馬場が荒れるようなら狙える1頭です。

ここをクリックすると他の重賞の【注目出走馬分析】を検索できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました